CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月22日

活動報告 お米を作ろう!(田植え)

▼5月22日(土)の概要
・参加人数:大人28人・子ども18人(合計46人)
・活動テーマ:「お米を作ろう!(田植え)」
・内容:オリエンテーション、お米作りの講話、田植え、野菜の支柱たてと苗の植え付け、枝豆の種まき、長ネギ・ジャガイモの土寄せ

00_IMG_3555.jpg
食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は22日、2年ぶりの田植えを天空田んぼで実施しました。今回も、フィールドの3密防止のため、家族単位のチームで田植えをしてもらい、進捗を合わせて、畑の作業へ流れるように運営を行いました。参加者それぞれ、昔ながらのお手植えで、少々曲がってもOKな田植え体験をすることができました。

▽田植え前にお米作りの講話
01_IMG_3535.jpg
(苗を手に、田の特徴や水源、代々続いている稲作のお話をする地主の和田さん)
江戸時代から続く棚田での稲作、先人の開墾をした苦労や、1粒のお米から収穫できる量のクイズを織り交ぜてお話をいただきました。和田さんには、気温や様々な気象条件でも、田植えに合わせて苗を準備してもらいました。今日を迎えるまでも、多くの準備があり、ただの田植えやお米作りでないことを、発信し続けていこうと思います。

02_IMG_3542.jpg
(家族単位ごとのチームプレーで、田植え開始!)
田引車のひもを頼りに、家族単位ごと、苗の補給、植え付けを、1列ごと行っていきました。田は斜面に沿った、ゆるい直角三角形のような形をしているので、早く終わるチームと、最後まで田植えを行うチームに自然に分かれてしまいます。その点を活かし、密にしないために、終了次第、次の作業に移行していく流れ作業としました。

03_IMG_3560.jpg
(いち早く田植えを終えた参加者ら)
終了間際に転んで、泥だらけになってしまいましたが、「楽しく田植えができた」と、八代さんと藤沢さん。田んぼを上がる前に笑顔でそう語っていただきました。この後、畑に移動をして、少人数単位で畑の作業をしました。

04_IMG_1271.jpg
(徐々に人数が少なくなる中で、ペースが上がる田植え)
先述の新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応で、徐々に人数が減る中での田植えとなりましたが、植えるコツをつかんで、ペースが上がっていきました。

05_IMG_3592.jpg
(完全お手植えでの田植え、終了!※下の田)

06_IMG_1278.jpg
(田んぼのあちこちにサワガニ)

▽畑での作業
07_IMG_3519.jpg
(ジャガイモの芽が出そろった畑の様子)
畑では、田植えを終えて、順番にやって来る参加者と一緒に、野菜の支柱立て、野菜苗の植え付け、枝豆の種まき、ジャガイモと長ネギの土寄せをしました。

▼次回は6月5日!
次回は、畑作業や摘果が中心ですが、お楽しみは「大人のクラフトタイム」です。活動報告、お楽しみに!
posted by 西沢 at 20:20| Comment(0) | 【活動報告】食農体験