CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月16日

参加者レビュー 里山さんぽ・山菜探しに出かけよう!

IMG_3367.jpg
(シシトウチームのワラビ収穫体験)

天空の里 いもい農場では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応で、活動回毎、グループ分けや、時間をずらすといった工夫をして活動を組み立てています。その工夫をするために、フォームを活用して参加者から出欠確認に合わせて、参加者レビューも寄せていただきました。5月8日に参加した参加者の声の一部を紹介します。ぜひご覧ください。


▽5/8参加者レビュー
●5/8はお世話になりました。子どもたちが暑さでバテてしまった時に、芋井社会会館の中で休憩させていただけて助かりました。ありがとうございました。

●暑い日になりました。私のチーム(花摘みチーム)では、散歩はしませんでしたが、気候によって臨機応変にして頂きありがとうございました。わらび、セリを食べるよい機会を作っていただきありがとうございました。

●子どもはとても楽しんでおり、植物や自然への興味や親しみが増しています。いつもスタッフのみなさんに声がけしていただきありがたいです。

●運営スタッフとしての初活動日でしたが、周りの皆さんに良くしていただき、楽しく参加できました。娘は山楽会さんに草笛を教えてもらい、大事に持っています。また色々教えていただけたら嬉しいです!今日植えた苗の収穫も今から楽しみです。運営スタッフとして参加者をサポートできるように、今後も頑張ります!!

●里山散歩楽しかったです。別チームで取り組んだ草笛を教えていただきたいです。今後ともよろしくお願いします!

●たくさんの参加者で、賑やか和やか、お世話になりありがとうございました!アンドンがけ、ワラビ収穫など、初めての体験で喜んでいました。


▽5月16日の畑の様子
IMG_3495.JPG
(突然変異のリンゴの花)
リンゴの花びらは5枚で構成していますが、ほかの花が終わった中で、ポツンと1輪、バラのような花が咲いていました。リンゴはバラ科だな、と感じる可憐なリンゴの花でした。

IMG_3498.JPG
(アンドンの中のナス)
一気に春が来たか、と思えば、その後の気温が安定せず、苗づくりで苦労をした今年、植え付け後の成長を促すためにアンドンをして、幼い苗を養生しています。昨日までは雨が無く、過酷な条件ではありましたが、立ち枯れは一つもなく、順調に生育中。アンドンして良かったです。

▽田植え前の草刈りボランティア
5/9・5/15に、田植え前の草刈りを行いました。草との闘いの幕開けです。棚田の土手は、しっかり草刈りをしないと、森林化してしまうので、重労働。4輪の草刈り機に憧れますが、傾斜がありすぎて導入ができず、結局は刈払い機による手作業の対応がベストとなります。草刈りは、負担の大きな活動ですが、対応の結果が、美しい景観となるので、達成感を味わえる機会にもなります。
IMG_3453.jpg
(棚田の土手の草刈り)

IMG_3464.jpg
(2枚の田んぼの土手と畦まわりの草刈り、終了)

posted by 西沢 at 18:17| Comment(0) | 活動こぼれ話