CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月06日

長野県青少年サポーター、始動!

00_2021 (7).jpeg
(農道の側溝清掃、自信をもってきれいにしました!)

長野市芋井広瀬地区で食農体験活動を行う天空の里 いもい農場は4日、農道を活動で使用しているいもい農場とグリーンヒルズ小・中学校の先生とともに、地区からの依頼に応えて農道清掃を行いました。

▽側溝は、一冬で枯れ葉や山肌から崩れた土砂でいっぱいに
01_2021 (4).jpeg
(枯れ葉や土砂が入り込んでいる側溝)

朝6:00、天空の里 いもい農場から運営スタッフを中心に4人、グリーンヒルズ小・中学校からは3人の合計7人が芋井社会会館に集いました。地域の方々に、活動で訪れる方々に、気持ちよく感じてもらえるよう、分担して農道の清掃を行いました。環境美化活動を通じて、美しい里山づくりの一端を担いました。

02_2021 (5).jpg
(手分けをして側溝と路面清掃)

03_2021 (1).jpg
(U字港が土砂で完全埋没の箇所も、一気に除去)

依頼された農道終了後、全員で芋井社会会館周辺の市道の一部も清掃を行いました。

04_2021 (3).jpeg
(終了後に、全員で記念撮影)

▽長野県青少年サポーターとしての活動をスタート
長野県では、青少年の健全育成と自主活動をサポートするボランティアとして、長野県知事が「長野県青少年サポーター」を委嘱し、その活動を支援しています。いもい農場の運営スタッフ12人全員が青少年サポーターに登録を行い、今回の活動から、県から支給のあった青いビブスを着用して活動をスタートしました。

長野県青少年サポーター制度について
↑クリックすると別画面が開きます

次回は雑草が生い茂る6月。ビーバー(刈払機)隊の初出動となります。長野県青少年サポーター制度と刈払機取扱作業者安全衛生教育を活かして、安全第一で取り組むとともに、今回のような地域活動へ参加が広がるよう、広報を行っていきます。
posted by 西沢 at 20:41| Comment(0) | 活動こぼれ話