CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月27日

「月例情報市場200回記念」に参加しました

IMG_1479.jpg
諸団体とのパートナーシップを大切にしながら、食農体験の場をつくる天空の里 いもい農場は24日、企業・行政・ボランティアが枠を超えて集まって情報交換をする「月例情報市場200回記念」(ながのボランティア・市民活動支援ネットワーク主催)に、事務局長の西沢がパネリストとして参加し、いもい農場と情報市場の「過去・現在・未来」について発表をしました。

私たちの活動は、2014年にクワやカマ、シャベルといった手作業の道具だけで始めましたが、さすがに「道具は少ないし、劣化してボロボロだし、限界・・・」と、悩みを抱えていました。活動の広がりの策を検討した2016年に「農機具を追加して、多くの参加者に農業体験をしてもらいたい」と、月例情報市場に相談を持ち掛けました。そこに参加していた企業トップや地域活動に取り組む方々を前に、しどろもどろになりながらのプレゼンでも、私たちに寄り添ったアドバイスをたくさん頂戴することができました。何よりも驚いたのが、参加されていたおひとりから「使っていない耕運機、譲ります」と申し出があったこと。現在、その耕運機無しの活動は考えられないくらい、良い仕事をしてくれる相棒を得ることができました。
それ以降、月例情報市場に定期的に参加をして、活動がマンネリとならないよう、広がるよう、情報交換を重ね、今回の200回記念ではパネリストをさせていただくことができました。多くの方々とのご縁に感謝です。引き続き、情報市場を活用しながら、食農体験活動を軸とした子どもたちの居場所として、また、地域振興の一助となる活動となるよう、務めてまいります。

▽10月27日(火)長野市民新聞
2020.10.27長野市民新聞.jpg
(クリックすると拡大して見ることができます)

▽10月25日(日)信濃毎日新聞
2020.10.25信濃毎日新聞.jpg
(クリックすると拡大して見ることができます)
posted by 西沢 at 21:12| Comment(0) | イベント参加報告