CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月05日

運営スタッフ会議を開催しました

IMG_5411.jpg
(順調に育っているダイコンとハクサイ)
長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は5日、前半の活動を参加者レビューとともに振り返り、後半の活動の進め方などを話し合う、運営スタッフ会議を開催しました。

▼運営スタッフ会議をオンライン(Zoom)で開催
9.5運営スタッフ会議.jpg
●天空の里 いもい農場の活動紹介PowerPoint資料を活用し、活動を進めるうえで押さえておくことを再確認しました。その後の交流では、「コロナ禍が収まれば、地域全体で楽しめる活動にしていかれればよい。」といった声が上がった一方で、「事務局に負荷のかかる体制は持続可能ではない。次年度に向けて、体制を検討しないといけないのではないか。」といった意見もありました。ステップアップできるよう、検討を進めていくこととしました。
●9/11・12の運営については、丁寧に話し合いました。長野県が発出する「命と暮らしを救う集中対策期間」となるため、活動日を二日間に増やし、稲刈りなどの活動内容を、両日、午前・午後の4分割にすることで、1回あたりの参加人数を普段の1/3以下で進めていくこととしました。
●前半の活動の参加者レビューをもとに、前半活動の振り返りました。運営スタッフが楽しく活動を推進している様子が伝わってか、運営スタッフをねぎらっていただく声が多く寄せられました。「さらに楽しんで活動をしていこう」と、意思統一ができました。また、「子どもの成長を、親が実感できる場でもある」と、寄せてもらいました。うれしい限りです。
●後半の活動について、方向性を話し合いました。コロナ禍で制約がある中、中止とせざるを得ない内容もありますが、コロナ禍だからできる企画を実施していくこととしました。

▼9/5の畑の様子
稲刈りの下見ついでに畑の様子をチラッと見てきました。その様子を紹介します。
IMG_5409.jpg
(ジャンボピーマン、来週末にはもっと大きくなっているかもしれません)

IMG_5410.jpg
(デジマ。11月に新ジャガイモ、味わいたいと思います。)

IMG_5413.jpg
(落花生、鳥獣被害(カラスかも)。きっとおいしく実っていたんだと思います。)

IMG_5414.jpg
(落花生をかごで囲ってみたり、ひもで囲ってみました。)
posted by 西沢 at 20:34| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2021年03月04日

2021年度の活動の打ち合わせをしました

芋井地区住民自治協議会訪問 (2).jpeg
(県道小川長野線の小鍋地区から飯縄山麓を眺める)

食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は1日、五味代表と運営スタッフの山崎、事務局の西沢の3人で、活動の後援をいただいている芋井地区住民自治協議会を訪問し、2021年度活動スタートに向けた打ち合わせを行いました。

▽芋井地区住民自治協議会での打ち合わせ
芋井地区住民自治協議会訪問 (3).jpeg
(ポスターを手に説明をする代表の五味と運営スタッフの山崎)
芋井地区住民自治協議会では、事務局長の山口様と長野市芋井支所長補佐の羽賀様の同席で、活動への招聘計画や、文字絵リンゴ作りの進め方を共有し、合わせて、地域おこし協力隊についての情報共有も行いました。そのほか、「第二期コロナに負けない信州応援基金(長野県みらい基金)」を活用した新型コロナウイルス感染症対策について報告を行い、地域に不安を届けることのないよう運営することも共有しました。

「子どもたちの未来のために、体験の機会は大切。宿泊やキャンプ体験も良いのでは。」と、山口事務局長。羽賀支所長補佐(長野市きらめき隊・長野市地域活動支援課)からは、「さらに地域とのコミュニケーションが深まっていくと、市の立場としてありがたい。」とのお話も頂戴しました。「SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう」が肌で感じられる、和やかな懇談の場になりました。

この後、地主の和田さん宅も訪問し、今年の計画を共有。援農ボランティア活動の進め方、2/28で終了した大日方さんの写真展を4月以降、芋井社会会館に常設展示していくことを話し合いました。

▽安心できる場づくりに向けて
コロナ対応備品.jpeg
(新型コロナウイルス感染症対策備品)
助成金を活用して、備品の準備を進めています。昨年は見送った「野菜を作って、とりたてを味わう」の「食べる」活動を、対策をして実施したいと思います。
posted by 西沢 at 21:23| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2021年01月31日

第7回通常総会を開催しました

画像2.jpg
(総会終了後、参加したスタッフ全員で「ピース!」)

長野市芋井地区で、食農体験活動の場を設ける天空の里 いもい農場は30日、新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的に、リアル開催をオンライン(Zoom)に変更し、第7回通常総会を開催しました。

冒頭、五味代表から、活動を支えていただいたスタッフに労いを伝えるとともに、「コロナ禍における活動でも、多くの諸団体とつながりが広がったこと、農場が、社会の中で位置づけられてきたことを感じた一年になった。2020年度を振り返り、2021年の活動に向けて、十分討議をお願いしたい」と、挨拶がありました。挨拶後、議題に沿って論議を行い、すべての議案が可決、承認されました。

【2020年度第7回通常総会概要】
●日時 1月30日(土)10:00〜12:09
●会場 Zoom
●参加構成員 
・ 正会員(議決権あり)9名中9名参加(内1名は委任参加・1名は書面参加) 
・ オブザーバー(議決権なし)3名参加(運営スタッフ候補2名・NPO法人さとやまネット信州1名)
●議事
1.代表挨拶
2.備忘録・議事録・各種活動報告の確認
3.2020年度のまとめと2021年度の進め方
(1)「2020年の記録(映像)」「活動通信(冊子)」
(2)食農体験活動
(3)文字絵リンゴ作り
4.2020年度会計報告
(1)経費執行状況
(2)会計監査報告
5.2021年度活動計画
(1)活動計画&地元招聘計画
(2)畑レイアウト
(3)広報予定記事と広報計画、食農体験チラシ
(4)「天空の里 いもい農場」のご案内【参加要項】
(5)楽しく安全に参加するために
(6)諸団体との関わりについて
(7)回覧板・壁新聞について
(8)援農ボランティア・地域の環境美化活動のすすめ方(青少年Sについて)
6.2021年度体制
(1)運営スタッフ体制について
(2)運営スタッフの役割について
7.その他
(1)個人情報管理学習(BLOG・Facebook・メールの決まりごと)
(2)衛生教育(手洗い、ノロ)
(3)Withコロナ 安全な活動を目指して
(4)参考資料:広瀬区の情報

●2021年度の進め方
基本的な考え方:新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の対応を行い、開催を見送った2020年度の内容を具体化します。ボランティア団体としてできる事で、地域とのつながりを深め、頼りにされる存在を目指します。
@ 楽しい食農活動を実施します。
・ 安全な運営を第一に、スタッフの体制と運営方法を見直します。
・ 多世代交流の場を充実させ、参加することで、参加者それぞれの暮らしが豊かになるような気付きの場となることを目指します。
・ 参加者それぞれ、参加して良かった、と思ってもらえるような場を作ります。
A 活動を社会貢献につなげます。
・ 芋井地区住民自治協議会、長野市芋井支所をはじめ、諸団体とコミュニケーションを深め、活動の広がりと充実につなげます。
・ 栽培した野菜の一部は、社会貢献の位置づけで諸団体に提供します。
・ 様々な媒体、さまざまな場で、活動の情報発信を強めます。

●新任運営スタッフが着任しました!
画像1.jpg
新たに運営スタッフ3名が着任し、12人体制となりました。楽しくて安全な運営を第一に、活動を地域のお役立ちにつなげてまいります。
posted by 西沢 at 20:20| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2021年01月11日

【再掲】第7回通常総会 開催のお知らせ

画像5.jpg

1月4日に公告を開始した総会のお知らせについて、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、オンライン開催に変更をいたしました。ご参加を希望される方におかれては、
imoi.hirose@gmail.com
まで、お申込みくださいますようお願いします。尚、締め切りは、資料の発送準備の関係で、1/23(土)とさせていただきます。


(以下、再掲・修正内容)
ボランティアで食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を取りながら、2020年度の活動のまとめと2021年度の進め方などを議題にした総会を開催します。
参加希望の方におかれては、運営事務局まで申し込みをお願いします。
尚、総会での議決は正会員のみとなります。



【第7回通常総会】
日時:1/30(土)10:00〜12:00頃
会場:オンライン(Zoom)
議題:2020年度活動のまとめと2021年度の進め方、会計報告、2021年度活動計画、2021年度体制、衛生学習、感染症対応学習、他

留意事項:申込者には、前日までにIDとパスコードをお知らせします。


【問い合わせ・申し込み】
天空の里 いもい農場 運営事務局(西沢)
TEL:090-9358-3286

以上
posted by 西沢 at 09:57| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2021年01月04日

第7回通常総会 開催のお知らせ

画像4.jpg

ボランティアで食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を取りながら、2020年度の活動のまとめと2021年度の進め方などを議題にした総会を開催します。
参加希望の方におかれては、運営事務局まで申し込みをお願いします。
尚、総会での議決は正会員のみとなります。



【第7回通常総会】
日時:1/30(土)10:00〜12:00頃
会場:長野市ふれあい福祉センター4-2会議室(長野市大字鶴賀緑町緑町1714-5)
議題:2020年度活動のまとめと2021年度の進め方、会計報告、2021年度活動計画、2021年度体制、衛生学習、感染症対応学習、他

留意事項:新型コロナウイルス感染症の状況次第で、開催形式を書面議決形式または、オンライン開催に変更する場合があります。


【問い合わせ・申し込み】
天空の里 いもい農場 運営事務局(西沢)
TEL:090-9358-3286

以上
posted by 西沢 at 15:42| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2020年12月19日

2020年度のお礼と活動報告で、地域を回りました。

長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は16日、五味代表、運営スタッフの山崎、事務局の西沢で、芋井地区住民自治協議会・長野市芋井支所、地主の和田さん宅を訪問し、今年度の活動のお礼と、活動報告のビデオを視聴しながら懇談の場を持ちました。

▽芋井地区住民自治協議会と長野市芋井支所でご挨拶
ファイル_001.jpeg
(ビデオを視聴する、山口芋井地区住民自治協議会事務局長と羽賀芋井支所長補佐、運営スタッフ)
先ずはじめに、芋井地区住民自治協議会・長野市芋井支所を訪問しました。
コロナ禍の活動の様子を編集したビデオ映像と、参加者から寄せてもらったレビューをもとに報告し、来年の活動や、飯綱高原に建設される山の駅等について懇談をしました。山口事務局長から、「ぜひ、芋井地区に在住する方の他に、国内外から移住されてきた方々を巻き込んで、交流の充実を!」と、期待を述べていただきました。

▽地主さん宅でご挨拶
ファイル_002.jpeg
(フルコースでおもてなしいただいた和田さん宅での懇談)
陰ながら支えていただいている和田さん宅での懇談では、冒頭、和田さんから援農ボランティア活動へのお礼を頂戴しました。その後、今年度の振り返りに合わせて、2021年度がさらに活動が充実するよう、話し合いました。

▽訪問を通じて
コロナ禍で活動を模索して進めた2020年度、今回の懇談会が事実上最後の活動となりました。無事、報告を終えることができ、来年にバトンをつなぐことができました。2021年度は、2020年度できなかったことを具体化して、楽しい体験の機会の充実を図っていきたいと思います。


posted by 西沢 at 21:29| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2020年05月10日

2020年度全活動中止を議決する臨時総会を開催しました

IMG_8724.jpg
(満開となったリンゴの花)

天空の里 いもい農場は10日、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、2020年度全ての活動中止・会則の変更等を議決するために、臨時総会を開催しました。

DSC_0049.JPG
(直前の通り雨で、スタンディング会議)

各案は、全会一致で可決し、正式に中止が決まりました。議決を受け、早速、申し込みいただいた皆様へ、中止のご案内と返金対応方法を記載した文書を発送しました。

中止となっても、季節は例年通り、移り変わっています。その時に必要な作業も、変わりありません。非常事態宣言下、最低限の作業で今年を乗り切り、来年の活動につなげてまいります。


【臨時総会概要】
●日時 5月10日(日)9:00〜9:15
●場所 天空の里 いもい農場 圃場
●参加構成員
・ 正会員(議決権あり)9名中9名参加(内、4名は書面参加)
●議案
(1)「2020年度全活動の中止」の件
(2)「会則に付則を加筆」の件
現行の会則『第3章第11条「既納の入会金、会費およびその他の拠出金品は返還しない』⇒『第3章第11条 付則 新型コロナ蔓延防止の中止に伴い、既納の会費は、返還を可能とする』
(3)「活動再開基準」の件
(4)年間計画修正の件

posted by 西沢 at 20:16| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2020年04月22日

臨時総会のお知らせ

ボランティアで食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、新型コロナウイルス蔓延防止対策として、2020年度活動と会則の一部変更などを議題にした臨時総会を開催します。

参加希望の方におかれては、運営事務局まで申し込みをお願いします。
尚、臨時総会での議決は正会員のみとなります。


【臨時総会に向けた協議会】
日時:4/24(金)9:00〜10:00頃
会場:天空の里 いもい農場の圃場(または芋井社会会館)
議題:2020年度活動について 会則の一部変更について、他


【臨時総会】
日時:5/10(日)9:00〜10:00頃
会場:天空の里 いもい農場の圃場(または芋井社会会館)
議題:2020年度活動について 会則の一部変更について、他
※正会員は、可能な限り、電磁的書面参加をお願いします。


問合せ・申込
天空の里 いもい農場 運営事務局(西沢)
TEL:090-9358-3286

以上
posted by 西沢 at 21:00| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2020年01月25日

2019年度「天空の里 いもい農場 総会」を開催しました

00_IMG_7744.jpg
長野市芋井地区をフィールドに食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は25日、台風19号災害で全国から寄せられた支援物資があふれる、長野市ふれあい福祉センター5階ホールに於いて、第6回通常総会を開催しました。

01_IMG_7746.jpg
(五味代表の挨拶)
冒頭、五味代表から「6年目(通算17年目)の活動を無事、終えることができました。今年も、芋井地区住民自治協議会の後援を活かして、参加を広く呼び掛けることと、行政諸団体とのつながりを深めながら企画を実施し、芋井地区のファンづくりにつながる活動ができました。ボランティア団体ではありますが、どこに紹介しても恥ずかしくないように、この場を活かしていきたい」と挨拶がありました。挨拶後に議事に移り、2019年度の活動の振り返り、2019年度会計監査、2020年度活動計画、2020年度体制の提案をおこない、全ての議案で可決、承認されました。

02_IMG_7749.jpg
(2019年活動報告の映像を視聴し、活動を振り返る参加者ら)

03_IMG_7752.jpg
(会計監査報告を代表に提出する、運営スタッフの鋤柄)

05_IMG_7756.JPG
(こどもすたっふエプロンの試作品を紹介する、運営スタッフの山崎)

総会を終え、2020年度が本格的にスタートしました。まもなく、新たな活動計画の紹介と、参加者の募集が始まりますので、お楽しみに!

【2019年度総会概要】
●日時 1月25日(土)10:15〜11:35
●会場 長野市ふれあい福祉センター5階ホール
●参加構成員 
・ 正会員(議決権あり)6名中6名参加(内1名は委任参加) 
・ オブザーバー(議決権なし)6名参加+子ども2名
●議事
1.代表挨拶
2.備忘録・議事録・各種活動報告の確認
3.2019年度のまとめと2020年度の進め方
(1)「2019年の記録(映像)」「活動通信(冊子)」
(2)食農体験活動
(3)リンゴの木オーナー制度
(4)平和学習会開催
(5)長野県みらい基金
4.2019年度会計報告
(1)経費執行状況
(2)会計監査報告
5.2020年度活動計画
(1)参加費改訂について
(2)活動計画&地元招聘計画
(3)2020年度畑レイアウト
(4)広報予定記事と広報計画、チラシ
(5)2020年度「天空の里 いもい農場」のご案内
(6)2020年度「リンゴの木オーナー制度」のご案内
(7)楽しく安全に参加するために
(8)諸団体との関わりについて
(9)回覧板・壁新聞について
(10)地域づくり出会いのひろば出展について
(11)援農ボランティア・地域の環境美化活動のすすめ方
(12)長野県×「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」賛同について
6.2020年度体制
(1)運営スタッフ体制、並びに“こどもすたっふ”について
7.その他
(1)個人情報管理学習(BLOG・Facebook・メールの決まりごと)
(2)衛生教育(手洗い、ノロ)
(3)芋井社会会館の歴史について

●2020年度方針
【テーマ】ボランティア団体としてできる事で、地域とのつながりを深め、頼りにされる存在を目指します。
@楽しい食農活動を実施します。
・安全な運営を第一に、スタッフの体制と運営方法を見直します。
・多世代交流の場を充実させ、参加することで、参加者それぞれの暮らしが豊かになるような気付きの場となることを目指します。
・参加者それぞれ、参加して良かった、と思ってもらえるような場を作ります。
A活動を社会貢献につなげます。
・芋井地区住民自治協議会、長野市芋井支所をはじめ、諸団体とコミュニケーションを深め、活動の広がりと充実につなげます。
・栽培した野菜の一部は、社会貢献の位置づけで諸団体に提供します。
・様々な媒体、さまざまな場で、活動の情報発信を強めます。

▼新運営スタッフに水越さんが着任しました
2020年度の新体制の中で、2019年度の参加者の水越さんが運営スタッフに着任しました。運営スタッフになっても、参加者同様、活動を楽しみながらの参加で、運営を担っていきます。
04_IMG_7755.jpg
(挨拶をする水越新運営スタッフ)

▼総会後、長野県学びの県づくりフォーラムに参加しました
午前中に総会を終え、運営スタッフ4名が、午後、総会第2部・研修の位置づけで、長野県・長野県教育委員会、(一財)地域活性化センターが主催するフォーラムに参加しました。

06_IMG_7757.jpg
(フォーラムのポスターの横に、長野県×「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」パネルが掲示)

タイトルは、「一緒に考えてみませんか?これからの地域の暮らしと学び合い」。基調講演「学ぶ喜び」に池上彰さん。パネルディスカッションに、長野県各地で活躍する地域づくりに関わる3団体と阿部長野県知事が登壇し、「これからの地域の暮らしと学び合い」について話がありました。いもい農場の私たちの活動と照らして、何が秀でていて、何が足りないのか、考える機会としました。池上さんが述べた、「無知の知」には、私たちの活動の広がりに、大きな可能性が秘めていると感じる場となりました。
posted by 西沢 at 21:23| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…

2019年12月19日

2019年のお礼と活動報告で地域を回りました

長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は19日、五味代表、運営スタッフの山崎、事務局の西沢で、芋井地区住民自治協議会・長野市芋井支所、地主の和田さん宅を訪問し、今年度の活動のお礼と、活動報告のビデオを視聴しながら懇談の場を持ちました。

IMG_7503-1.jpg
(活動報告を視聴する芋井地区住民自治協議会と長野市芋井支所のみなさん)

▽芋井地区住民自治協議会と長野市芋井支所でご挨拶
先ずはじめに、芋井地区住民自治協議会・長野市芋井支所を訪問しました。
芋井地区住民自治協議会の山口事務局長と長野市芋井支所の羽賀支所長補佐との懇談では、少子高齢化と過疎、荒廃農地だらけとなっている地域の課題の中で、私たちの活動への期待を述べていただきました。

▽地主さん宅でご挨拶
陰ながら支えていただいている和田さん宅での懇談では、今年度の振り返りに合わせて、「平和学習会」「リンゴの木オーナー制度」について深め、2020年度がさらに活動が充実するよう、話し合いました。さらに、懇談の中で和田さんから、活動拠点の芋井社会会館(元・芋井小学校第2分校)の成り立ちについて教えていただきました。1976年の分校閉校来、少子化の進行で子どもが一人もいなくなってしまった場に、再び子どもたちの声を響かさせていることは、「地域の教育拠点を何らかの形で残したい」という、地域の願いに応えることにつながっていることを知りました。

▽訪問を通じて
天空の里 いもい農場として発足してから、最大の参加人数である「786人(2018年は405人)」の方にお越しいただいた2019年。たくさんの方々が、暮らしに活きる知恵を、地域、人から学ぶことができました。限界集落ではあるけれど、「人を育む場に、大勢の方々が集った」と言えます。2020年も、引き続き、地域から頼られる存在を目指しながら、ボランティアでできる事で楽しい活動を推進して参ります。
posted by 西沢 at 21:44| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…