CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月27日

開催告知!写真家・大日方さんの写真展を開催します!

大日方2.jpg

長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る、天空の里 いもい農場。そのフィールドで活動する参加者にフォーカスして、写真撮影を続けてきた写真家、大日方 宏衣さんの写真展を開催します。コロナ禍、工夫して運営している様子や、活動の風景や農作業を通じた参加者の喜び・感動の様子を写真パネルにして、芋井地区で取り組む私たちの活動の一端を発信する機会にします。皆様のお越しをお待ちしています。

▽日時 12月5日(土)9:30〜12:00 時間内、出入り自由
▽会場 芋井社会会館(長野市広瀬2261)
▽入場無料 ただし、同時刻で、いもい農場の活動を実施しているため、飛び入り参加を希望される方は1人500円の参加費がかかります。
▽新型コロナウイルス感染症対策 … 会場の消毒・換気に最大の留意を図って運営します。来場者は、ソーシャルディスタンス・マスクの着用のご協力をお願いします。県独自の非常事態宣言(レベル5)になった場合は中止とします。来場者が多い場合は、入場制限を行います。受付で検温と記帳(お名前・住所・連絡先)がございます。37.5℃以上の方は参加できません。


▽大日方 宏衣(オビナタ ヒロエ)プロフィール              
数年前に不慮の交通事故に遭い、入院生活中に見た写真に感動した事がキッカケでカメラの世界に入る。写真を始め数年、色々な写真を撮影してきた中で、目標をフォトコンテストに一つでも多くの作品を出品するというところにたどり着き、鋭意、多くのコンテストへ挑戦中。2020年の写真のテーマを「子どもたちの自然な笑顔や大人たちの生き生きした表情」とし、『天空の里 いもい農場』のフィールドで、活動に関わる参加者の姿を精力的に撮影。
・2017年 長野県障がい者文化芸術祭/写真部門 優秀賞(長野県教育委員会賞)
・2018年 長野県障がい者文化芸術祭/写真部門 最優秀賞(長野県知事賞)
・2019年 6/25〜7/8 箱清水郵便局内にて個展を開催
・2020年 長野県障がい者文化芸術祭/写真部門 出展


【問い合わせ】090-9358-3286(天空の里 いもい農場運営事務局・西沢)
posted by 西沢 at 20:50| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年08月16日

ステイクホルダー向けの活動通信、発行しました。

天空の里 いもい農場は16日、コロナ禍で、その時の状況に合わせて実施している2020年度前半の活動の様子を、地域やお世話になっている皆さまへお伝えする目的で、活動通信を発行しました。ぜひ、ご覧ください。

活動通信夏号01.jpg

活動通信夏号02.jpg
※クリックすると拡大してみることができます。

この活動通信は、芋井地区住民自治協議会を通じて、地域の回覧板で回覧ができるように準備を進めています。
posted by 西沢 at 15:21| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年08月07日

8/1活動こぼれ噺

10_IMG_0042.jpg

天空の里 いもい農場は1日、平和学習会の他に、いろいろな活動を組み合わせて実施しました。その様子をご覧ください。

▽畑の収穫隊
収穫適期ギリギリの野菜たちの収穫作業に、平和学習会対応以外の運営スタッフとその子どもたちが対応に当たりました。

11_IMG_0041.jpg
(ジャガイモ畑。芋ほりを待つのみ)
草だらけになってしまったジャガイモ畑、収穫を前に最後の草取りをしました。天気さえよければ、スムーズに収穫できそうです。

12_IMG_0043.jpg
(激アマのアイコ)
畑で完熟(ほったらかし栽培)のアイコ。甘味は太鼓判!畑作業中、つまみ食い連発で、知らず知らずのうちに消えていきました。

13_IMG_0050.jpg
(収穫を頑張った運営スタッフジュニアたち)
アイコの収量がかなり少ないのは、お腹にしまってしまったから?!みんな、暑い中、頑張りました。

▽獣害からの稲を守れ!ネット張り。
昨年はお盆の時期にイノシシに入られてしまいました。そのことから、一足早く、田の周りをネットで覆う作業を行いました。ネット張りの日にち確保ができず、平和学習会当日、5:30からのすがすがしい中で作業をしました。

14_IMG_0039.jpg
(下の天空田んぼと、上の大きな和田農園の田んぼの2枚をネット張り)

15_IMG_0268.jpg
(ネットを張る、運営スタッフ4人)


▽芋井広瀬区の一斉清掃に参加しました
同じく、8/1の5:30から、広瀬区の一斉清掃に参加しました。今回も、芋井社会会館から畑に通じる農道を、いもい農場の谷川と西沢、いいづな学園グリーンヒルズ小・中学校の太田先生と直江先生の4人で分担して実施しました。


▽平和学習会準備
17_IMG_0040.jpg
(コープながのからお借りしたパネルを張り付けるスタッフ)
7:00までネット張りと一斉清掃を行い、30分、朝食休憩の後に、平和学習会の準備をしました。

00_IMG_0053.jpg
(エントランスのパネルボード)
天空の里 いもい農場のロゴマークのデザイナーが所属するマルサン工芸様から、デザイナーの皆さんが描いたアマビエステッカーをお分けいただきました。エントランスに張って、新型コロナウイルス感染症対策の一つにしました。

18_IMG_0047.JPG
(12帖一間をパネル展示スペースにしました)



posted by 西沢 at 18:52| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年08月02日

【開催報告】8月6日ヒロシマで何が起こったか。原爆被害の実相と知り、平和と未来を考える

8月1日(土)天気:晴れ 参加人数:大人18人・子ども1人(合計19人)
内容:平和学習会

00_IMG_0053.jpg
長野市芋井地区で食農体験の場を作るボランティア団体「天空の里 いもい農場」は1日、活動拠点の長野市芋井社会会館を会場に、「平和」と「未来」を考える場となることを願い、原爆パネル展示と広島平和記念資料館所有のDVD上映会を開催しました。

▽原爆パネル見学とDVD視聴で学びました。
03_IMG_0272.jpg
(主催者挨拶を行う五味代表)
9:30〜12:30までの時間は、パネル(コープながの貸し出しパネル/日本原水爆被害者団体協議会作成))展示を行い、10:30〜11:30の時間にDVD(The A-bombヒロシマで何が起こったか/46分、ヒロシマ 被爆者からの伝言/22分)の視聴を行いました。

01_IMG_0051.jpg

02_IMG_0052.jpg
(パネルを見る参加者ら)

04_IMG_0054.jpg
(ビデオを視聴する参加者)

パネルでは、絵画や写真で原爆被害の惨状の紹介があり、DVDでは、被爆者の証言、原爆被害の実情を紹介。リアルに伝わる映像から、より具体的に原爆の怖さを実感出来る内容で、あっという間のDVD視聴の1時間でした。

▽参加者の感想を共有する機会も設けました。
05_IMG_0058.jpg
(感想をお話いただいた和田さん)
限られた時間でしたが、参加者の感想を共有し合う機会として、いもい農場の地主の和田蔵次さんと、最近、フランスから芋井地区に移住されたタイロンさんの感想をいただきました。

▽参加者それぞれの「平和」と「未来」を考える機会になった様子でした。
DVD視聴後、参加者はパネル展示の方に移動し、その場でも参加者同士の交流が行われていました。コロナ禍の影響もあり、参加者を絞っての企画ではありましたが、被爆体験の重さ、原爆投下直後に何の症状がなかった人が、次々と亡くなっていく怖さ。参加者それぞれ、核兵器の悲惨さと戦争の本質を考えるきっかけとなった様子でした。

企画終了後の運営スタッフ振り返りで、多くの学校の児童や生徒に見てほしい、政治家の皆さんにも見てほしい、と、多くの意見が出されました。(鋤柄)


▽開催フレーム
主催:いもい農場
後援:被爆体験を聴く会実行委員会・芋井地区住民自治協議会 
協力:コープながの


▽参加者アンケート(アンケート提出分のみの抜粋・要約)
【20代2名、50代2名、60代1名、70代4名、80代1名】

Q1:原爆パネルを見て、感じたこと、考えたこと。
・ヨーロッパの終戦が1944年、何故日本は1年後まで継続したのか、その説明に、パネルの内容は非常に説得力があったと思う。
・原爆の恐ろしさがよくわかるパネルでした。
・生々しい写真に、心が痛みました。
・1983年に初めて広島に行き、原爆記念館に行き、衝撃を受けたのを思い出しました。
・毎年パネルは様々な所で見ていますが、何度見ても原爆は殺人兵器で、人々の平和をおびやかすものと思う。地球から核をなくしたい。
・ゆっくり読めてよかった。
・瞬間をとらえ、伝えていくことの大切さを感じました。
・改めて悲しさを覚えた。

Q2:75年前ヒロシマで起こった現実をビデオで見て、感じたこと、考えたこと
・同様のことを歴史はくりかえしていないだろうか・・・。
・初めのうちだけ見させてもらいました。
・忘れてはならない日本。世界の悲しい歴史を繰り返し観る必要がある。その機会を頂き、感謝します。
・当時は新型爆弾と言われていたそうですが、元気だった人がいきなり亡くなる。本当に怖かっただろう、と思います。
・ビデオはリアリティーがあって、とても良い学習になりました。また良くこれだけ資料を集めたものだと改めて感心しました。
・死んだ子とわかってても呼びかけ続ける母の姿。これが人、本来の姿。今の子どもたちに見てほしい。
・今まで写真や、アニメ映画ではみていたが、今回のDVDで現実として、身にも心にも迫ってきました。
・知らない事ばかり。本当に平和の尊さを実感した。
・映像で全体を知らされた。

Q3:被爆伝承者が高齢化して警鐘が困難になった今、何が必要だと思いますか?
・「伝えなければいけない」と思う。
・2017年に広島を訪れたときに、20代のガイドの方と出会いました。彼は広島の出身で大学在学中に自らガイドを始めたそうです。彼のように当時を知らなくても、戦争について伝えていく人材は必要だと思います。一方で戦争の当事者がいなくなることで、初めて中立の立場で事実に基づいて第2次大戦についても考えられるのでは、とも思います。
・原爆資料館がリニューアルされました。新しい資料館を通じて、日本の歴史を知る機会を増やすPRが必要だと思います。。
・今、行われていることですが、語り部としての体験を継承、こうした記録ビデオを広く視聴してもらうこと。
・まだ達者な高齢者から学び、これからの子どもたちに我々が伝えるため、勉強していく事が必要と思う。
・中学生、高校生に見てほしい。
・生の体験を出来る限り、聞き、次の世代に私たちが伝える努力が必要だと思う。
・どう平和を守るために一人に伝えることが大切だが、政府の取組、またメディアの力が大きいと思う。どう展開するか?
・芋井、広瀬という地域の大小さまざまな戦争体験を「記録化」すること

Q4:今回のイベントについて、感じたこと、ご意見など
【とても良かった5名、良かった4名、普通4名】
・参加者が少なく、残念!
・お誘いくださり、ありがとうございます。
・もっと多くの人に見て欲しい。企画してくださってありがとうございます。
・忘れていた原爆の恐怖を思いだしました。核は廃絶すべきという思いを新たにしました。
・全ては人々の平和と幸せのために、このような事を開催する事は必要であり、大切な事です。ありがとうございました。
・もっと多くの人に共有できたら良かった。
・昨年も参加したが、本当によい取り組みをしている。ありがとうございました。

Q5:次回もこのようなイベント(学習会)に参加したいですか?
【ぜひ参加したい5名、出来たら参加したい3名、参加したくない0名】

06_IMG_0061.jpg
(被爆体験を聴く会実行委員会の土田さんを中心に記念写真)
posted by 西沢 at 20:42| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年07月23日

あらかじめ、雨にも負けず。

天空の里 いもい農場は23日、畑の土手崩落防止と雨水流出防止のための排水溝を掘る作業を行いました。

IMG_9901.jpg
(15メートルの溝を掘る五味代表と運営スタッフの山崎)
この作業は、
@3年前の集中豪雨でサツマイモ側の畑の下部の土手が崩落しているため、土中への雨水の浸透を減らすため。
A強い雨が降ると、いもい農場から雨水が流出し、下のYさんの畑に雨水が流れ込んでいるため。
BYさんの畑の土中に地下水脈があり、雨水を多く含むと地滑りの可能性があるため。
この@〜Bの理由から、少しでもYさんの畑にご迷惑をおかけしないよう、運営スタッフ3人で溝堀をしました。


▽山の斜面から水が噴水のように噴き出す現象を視認
IMG_8456.jpg
(写真下部の地面にあいた穴から水が染み出している様子※4月18日撮影)
4/18の強雨で水脈の存在を視認しました。雨上がり直後は噴水のように噴き出していて、時間がたって、写真のように水量が少ない状況になっていきました。地面の草の様子から、かなりの水量があふれ出たようです。夕立や集中豪雨の頻度が多くなる季節に向けて、気は抜けませんが、少しの安心を得たような作業となりました。


▽作業のご褒美はダイコン♡
IMG_9903.jpg
(害虫の被害もほとんどなく、無農薬で立派に育ったダイコン)
土を掘り起こすと、ミミズがたくさん出てきて、土の状態が良いことを確かめる機会にもなりました。今日のご褒美として、ダイコン1本を収穫し、持ち帰りました。
posted by 西沢 at 09:05| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年07月02日

JAM甲信ハート基金 助成金を頂戴しました

7月1日(水)、芋井社会会館(長野市芋井広瀬地区)を会場に、2020年度JAM甲信ハート基金贈呈式(事務局:(公財)長野県みらい基金)が開催され、助成金を頂戴しました。
1_IMG_0072.jpg
(JAM甲信長野地区協議長の木村様より目録を頂戴しました)

4_IMG_0074.jpg
(JAM甲信の木村様と五味代表)

▽贈呈式の場で、お互いの理解を深める懇談をしました
2_IMG_0065.jpg
(JAM甲信について説明をされる佐野様)
冒頭、JAM甲信組織部長の佐野様より、
「『JAM』は、連合を構成する産業別労働組合の中で、5番目の勢力を占めている「ものづくり産業の労働組合」とのことで、そのJAMの中に、長野県と山梨県を活動区域とするのが『JAM甲信』です。JAM甲信の社会貢献活動の一つとして始めた『JAM甲信ハート基金』は、長野県みらい基金の冠基金として2016年に開始。原資は、JAM甲信の組合員が年末カンパで集めたお金です。毎年、長野・山梨両県の地域を変えながら「次世代育成」「子どもの健全育成」「若年層の就労支援」に取り組む団体を助成することで、地域の活動の充実につなげています。今回、数ある応募の中からいもい農場さんを選定させていただきました。」と、概要説明をいただきました。

3_IMG_0068.jpg
(2019年度活動報告ビデオを視聴)
佐野様の説明の後、いもい農場からは、資料と活動報告のビデオを使って活動概要の説明を行いました。ビデオ視聴後、JAM甲信の木村様から「大人も子どもも笑顔で感銘を受けた。子どもたちが参加できる活動を支援していきたい」との言葉を頂きました。

▽目録贈呈後、五味代表からお礼をお伝えしました
5_IMG_0076.jpg
(挨拶をする五味代表)
「当初の活動目的は、遊休農地が荒廃し、畑が荒れていく。それを何とかしていきたいという思いだった。そんな思いの中で、親子たちと一緒に活動していると、その子どもたちの間で自然に成長し合えるような集団ができてきて、子どもの健全育成の場になっている。今は、子どもたちの学びのきっかけを提供できていることを、自信もって言える。今回、活動の充実につながる助成を頂戴することができて、ありがたいです。」とお伝えしました。

▽活動のフィールドである圃場の見学をしました
6_IMG_9512.jpg
(地主の和田さんも加わって、記念撮影)
贈呈式後、圃場見学を行いました。栽培している野菜や、天空の里いもい農場の命名由来、農作業方法など、運営スタッフで手分けして説明を行いました。

▽助成金、有効に活用させていただきます!
頂戴した助成金で、マイク・スピーカーを購入し、8月8日のジャガイモ収穫イベントでデビューさせる予定です。助成金をお寄せいただいたJAM甲信の皆様、おつなぎいただいた長野県みらい基金様、本当にありがとうございました!

JAM甲信様のHP
http://www11.plala.or.jp/jamnagano/
posted by 西沢 at 17:14| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年06月28日

梅雨の畑の様子ときずな塾野外活動への参加

食農体験の場を作る、天空の里 いもい農場は27日、飯綱高原大座法師池畔(長野市芋井地区)で開催された「きずな塾野外活動」に、いもい農場の3役がお手伝いで参加しました。

▽梅雨の晴れ間、畑の様子
大座法師池に向かう前に、いもい農場に立ち寄り、雑草に負けていないか、梅雨時の野菜たちの様子を確認しました。

IMG_9381.jpg
(ダイコンの花)
ダイコンの花が咲いていました。花が咲いてしまうと、根の部分が固く筋ぽくなってしまい、商品価値がなくなってしまいます。本来は咲かないはずなんだけど、秋まきの種を間違えた?このタネだけ気温の感じ方で春と秋を間違えた?イヤイヤ、他のダイコンは大丈夫だから、なんで?と思いつつ、原因がはっきりしないお花見となりました。花言葉は、「潔白」・「適応力」だそうです。

IMG_9382.jpg
(ミニトマトの茂み)
前回の活動で、1本仕立てにしてわき芽を取ったミニトマトのアイコ。雨を受けて、元気いっぱい、茂みになっていました。引き続き、手入れを頑張って、”奇跡の甘いアイコ”を味いたいと思います。

IMG_9386.jpg
(ミニ・バズーカーズッキーニ)
2週〜3週おきにしか収穫できない、いもい農場の「バズーカーのようになっちゃったズッキーニ」。前回の活動から1週間、まだミニサイズの実りですが、量販店に並ぶズッキーニからするとかなり太く大きいものが実っていました。きずな塾野外活動で作るカレーの材料に、最適サイズを含めて収穫を行い、差し入れさせていただきました。


▽きずな塾野外活動
IMG_9414.JPG
(畔の水上ステージで遊ぶ参加者ら)
きずな塾野外活動では、カレー作り、子どもたちと遊ぶ、場の安全確保等、山楽会さんをフォローする形で参加しました。今後も、子どもたちの居場所づくり活動を、いもい農場でできることで検討していきます。
posted by 西沢 at 10:37| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年06月09日

「JAM甲信ハート基金」助成団体に決定しました

IMG_9117.jpg

「こどもの健全育成」「若者の就労支援」分野の活動を行うNPO等の公共団体に、活動の推進に必要な資金を助成する「JAM甲信ハート基金」。この度、天空の里 いもい農場の活動充実を願って、この冠基金に応募を行い、審査の結果、助成団体に決定しました。

https://www.mirai-kikin.or.jp/crown-program/1032/
長野県みらい基金のHP

今回の助成金、新しい生活様式が求められる社会情勢の中で、新たな活動を充実させていく「勇気」も、合わせて頂戴したように感じています。助成金を活かして、活動の質の向上につなげてまいります。
posted by 西沢 at 21:14| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年05月03日

綿花のお話3

天空の里 いもい農場は2日、綿花の苗づくりを行いました。

IMG_8545.jpg
(綿をほぐすと出てくる種。水につけて発芽しやすいようにしたのち、ポットに種をまきました)

この間、長野県長寿社会開発センターの紹介で、立川さんが育苗された苗を譲っていただき、育ててきましたが、綿花のご縁を、来年につなぐために、今年から、自前で苗づくりを行うこととしました。この綿花は、ポットで育苗したのち、畑に定植して、成長過程を鑑賞しながら育てて、クラフトの材料として活用していく予定です。


▽綿花がつなぐ「偶然の出会い」
立川さんは、偶然にも、事務局の西沢の小学校時代、教頭先生でした。西沢、背がクラスで一番低かったことから、卒業アルバムの集合写真で、一番前に座る自分の隣に写っているのが、立川先生。30年ぶりの再会で、綿花のご縁が無ければ出会うことはありませんでした。先生やご家族の方から聞くところによると、その小学校の教頭先生時代に、地域の方から綿花の作り方を教えてもらい、それ以来、ずっと、育ててこられたとのこと。このタネひとつに「つなぐ」というキーワードを感じます。

▽綿花のお話バックナンバー
綿花のお話2

綿花のお話1

このほかに、このBLOGで「綿花」と検索すると、楽しい思い出作りに活躍している綿花の様子を見ることができます。

posted by 西沢 at 18:34| Comment(0) | 活動こぼれ話

2020年04月12日

レポート 畑の修復作業「畑の若返り大作戦」

天空の里 いもい農場は11日、運営スタッフ会議、畑の修復作業、地域応援活動として林農園の圃場のせん定枝の片付けのお手伝いをしました。12日には、地域の一斉清掃に合わせ、芋井社会会館から畑までの農道の側溝掃除を行いました。

▽レポート 畑の修復作業「畑の若返り大作戦」
2016年に耕運機を導入して、作業の省力化が図れた一方、斜面ゆえに、耕運機で畑を起こす度、重力で土が斜面の下へ移動していってしまいます。2019年までの4年で、備品小屋と畑の間に40センチの段差が生じてしまい、圃場面積も狭くなってしまいました。今回、その段差解消を、気合を入れて実施しました。

▽2015年。道具は、クワだけの手作業時代
IMG_7268.JPG
クワで畑を起こしていたため、土の移動は最小限でした。まだ、写真右、草でおおわれている箇所と畑の段差はありませんでした。(写真は、2015年8月)

▽断層のように成長した段差
4496.jpg
斜面下に少しずつ土が移動し、約40センチの段差ができてしまいました。段差ができた分、圃場も1メートルほど狭くなり、1畝分栽培できなくなってしまいました。

▽そこで、畑の若返り大作戦!
IMG_8293.jpg
(畑下部にたまった土をケースに入れるところ)

DSC_0058.JPG
(畑上部の段差を埋めているところ)

IMG_8295.jpg
(斜面を均しているところ)

IMG_8298.jpg
(段差解消後(写真右)と解消前(写真左))

IMG_8301.jpg
(段差解消!)

▽作戦終了!?イヤイヤ、ゼロからのスタートっす。
畑下部・畑中央部の表層土を剥いで、畑上部に移動したため、畑下部・中央部から現れたのは、微生物の力で、フカフカになっていない、固い粘土質の土。土づくりが、リセットしてしまったとも言えます。この作業、2019年の暮れにしておくべきだった、と作業を終えて気づく始末。今年の野菜の栽培は、全く違う畑で農作業を行うのと同じ状況となりましたが、地主の和田さんから、「農業は毎年1年生」といわれる言葉を思い返して、今年の状況に対処していこうと思います。
posted by 西沢 at 21:30| Comment(0) | 活動こぼれ話