• もっと見る

2024年04月19日

2024年度開講準備!

20240417_160828.jpg
(小屋の壁に防腐剤を塗装)

長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は17日、運営スタッフの谷川さんと事務局の西沢で、開講準備や地主さんのお手伝いをしました。

20240417_160757.jpg
塗装を担ってくれた谷川さんは、この手のプロ。防腐剤の塗装ともに、参加者らの持ち物を置く棚もペンキを塗って化粧直し。気持ちよく迎え入れるための作業を行いました。

IMG_8616.jpg
一方の事務局は、地主さんからネギの植え溝とジャガイモの畝を作ってほしいと依頼があり、植え溝4本、ジャガイモの畝を4本作りました。高齢化で日常の作業もままならないのが中山間地の現状です。いもい農場の人的資源で少しでもお役に立てれば、と、できる人で地域応援を行っています。引き続き、活動を推進する中で、地域へのお役立ちも考えていきます。
posted by 西沢 at 21:14| Comment(0) | 活動こぼれ話

2024年04月14日

リンゴの剪定作業と4/20開講準備を行いました

IMG_8605.jpg
(剪定をする運営スタッフJr)
長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は13日、リンゴの剪定の続きと、4/20開講準備を行いました。

剪定作業は、前回途中で終了となってしまったので、その続きを行うとともに、畑ではジャガイモの植え溝作り、野草の天ぷらのタネの場所の目星をつける作業を行いました。

今年は、長野県立大学で開催された長野市子どもフェスタの参加者や、週刊長野・長野市民新聞・コープながの広報紙コピスをご覧になって申し込みいただいた新しい参加者が大勢集います。2024食農体験、いよいよ始まります!

IMG_8600.jpg
(二ホンタンポポ。これを天ぷらにします)

IMG_8602.jpg
(田んぼの横の湧き水。セリが自生。)
posted by 西沢 at 19:09| Comment(0) | 活動こぼれ話

2024年04月07日

農道清掃とリンゴの剪定作業を実施しました

IMG_8576.JPG
(剪定作業を行う運営スタッフとジュニア)
長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は6日、運営スタッフの親子13人が集まり、地域農道清掃で側溝の泥上げを行うとともに、リンゴの剪定作業、畑の植え付け準備を行いました。

IMG_8573.JPG
(林農園の林さんから指導を受ける運営スタッフとジュニア)
リンゴの剪定作業は、収量に直結する、来年・再来年の栽培に影響を及ぼす、大切で難しい作業。初めていもい農場としてチャレンジをしました。作業の残りは、来週にも行う予定です。

IMG_8579.JPG
(地域おこし協力隊の岸さんと未来談議)
それぞれの作業終了後、4/20の打ち合わせを行いました。その後、岸さんにお越しいただき、地域おこし協力隊のミッションで、未来に向けたお話を頂戴しました。いもい農場も、地域がにぎやかになれば、を願っての活動なので、協力をしていこうと話し合いました。
posted by 西沢 at 18:59| Comment(0) | 活動こぼれ話

2024年03月31日

援農ボランティア「リンゴ剪定枝の片付け」と、畑の準備を実施!

IMG_8556.jpg
(天空の畑、耕運終了!)
長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は30日と31日の両日、運営スタッフとジュニアが集まり、リンゴ剪定枝の片付けと畑の耕運作業を行いました。

▼リンゴ剪定枝の片付け
リンゴ剪定枝の片付けを力を合わせて実施しました。枝の片付けに合わせ、壊れて地面に落ちていた枝受けやゴミ拾いも行い、畑のクリーンアップをしました。

IMG_3398.jpg
(手で拾い集める運営スタッフ)

IMG_3408.jpg
(協力して運ぶ子どもたち)

IMG_3416.jpg
(集めた剪定枝)

▼苦土石灰まきと耕運作業
IMG_3419.JPEG
(計さんの畑で苦土石灰を撒く子どもたち)
昨年、計さんのリンゴの木で収穫体験をさせていただいた場所を、今年から畑に切り替えて1枚(0.4a)借りることになりました。高齢と担い手不足で、リンゴの栽培を継続することの難しさを目の当たりにしましたが、いもい農場での活用にご理解いただき、今年から規模拡大となりました。さあ、何を作ろうか、ワクワクします。

IMG_8555.jpg
(計さんの畑、耕運完了!)

IMG_8554.jpg
(天空の畑では周りから攻めて耕運。昨今、激しい雨が多いので排水溝も設置)

▼事務局の自宅では育苗中
ミニトマトのアイコは、毎年事務局が育苗しています。この苗が、子どもたちの笑顔につながると思うと、ヤル気が沸き上がります。苗の声を聞きながら、丁寧に育てていきます。
IMG_8557.jpg
(ミニトマトのアイコ。日差しをたっぷり浴びてスクスク育っています)

posted by 西沢 at 17:07| Comment(0) | 活動こぼれ話

2024年02月15日

2023年度活動報告書&2024年度参加者募集チラシ、完成しました!

IMG_8221.jpg
長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は15日、2022年度活動報告書と2024年度チラシを完成させました。

▼2023年度活動報告書
活動の様子を可視化し、内外に伝える目的で作成しました。表紙の写真は、さまざまな体験を繰り広げる子どもたちの様子が伝われば、と、厳選しました。

ご希望の方には郵送でお送りしますので、お気軽に、メールまたは、電話でお知らせください。

imoi.hirose@gmail.com
090-9358-3286(西沢)

▼2024年度のチラシ
毎年、チラシ作成で活動への応援をいただいている「株式会社アクテック」様に依頼を行いました。「天空の里 いもい農場は青いチラシ」のイメージはそのままに、「光輝く天空のフィールド」をデザインしました。今後、準備でき次第、チラシ配布、新聞紙面等で参加者を募ってまいります。

▼田畑の地主さんと活動をサポートいただいている林さんを訪問しました
IMG_8218.jpg
(冬眠中の畑)
活動推進の細かい条件の打ち合わせで、田んぼと畑の地主の和田さんと、今年新たに畑をお貸しいただく山口さん、リンゴの消毒や田んぼの耕運・代掻きなどでサポートをいただく林さんを訪ね、それぞれ打ち合わせをしてきました。地域住民の高齢化で耕作放棄地が増える中、できる事で、工夫をしていきます。
posted by 西沢 at 19:52| Comment(0) | 活動こぼれ話

2023年12月25日

クリスマスプレゼントを頂戴しました

IMG_7655.JPG
(株式会社ニッチ様より頂戴した収納ケース)
長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は25日、長野地域こどもカフェプラットフォームを通じた株式会社ニッチ様の寄付金を活用した収納ケースの寄贈を受けるとともに、同じく同プラットフォームを通じてJAながの様からお米(籾)、同プラットフォームからカレールー、サラダ油の寄付を頂戴しました。また、シニア大学生からクラフトの材料としてグルーガンやリボン、造花などの素材のご寄付をいただきました。

IMG_7658.JPG
(収納ケース導入前。ごちゃごちゃしてどこに何があるのか不明な状況)

IMG_7660.JPG
(収納ケース導入後。引き出し側面に何が入っているのか明記して分かりやすく収納)
ニッチ様の寄付金を活用した収納ケース導入に至った経緯は、文具の片付けが誰でもできる状況ではなく、参加のお子さんたちに充実した時間を過ごしてもらいたい、取り出しから片付けまで、わかりやすい整理をしたい、と考えて導入をしました。昨年の蝶々探しで使用する網に続いての寄付となります。

IMG_7869.jpg
(シニア大学生からは、クラフトの資材や材料(写真は一部)を寄付いただきました)

IMG_7874.JPG
(長野地域こどもカフェプラットフォームからは、油とカレールーを寄付いただきました)

いずれも、2024年度の活動で、有効に活用させていただきます。多くのみなさまからのお気持ちに感謝申し上げます。
posted by 西沢 at 21:49| Comment(0) | 活動こぼれ話

2023年12月10日

特別企画リンゴチップス作りを開催しました

01IMG_1812.jpg
(今年収穫したリンゴを活用したリンゴチップスの完成披露式を開催!)
長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は12/9と8の両日、活動で収穫したシナノスイートとフジでリンゴチップス作りを行いました。2月に実施したリンゴチップス・ラボの結果を活かして、サックサクのおいしいチップスが出来上がりました。

▼12/9は下ごしらえと野菜乾燥機へセット
02IMG_2104.jpg
(段取りを確認する参加者ら)
野菜乾燥機は、もともと長野市芋井支所隣接の農村環境改善センターに設置されていましたが、支所建て替えに伴い、私たちが拠点にしている芋井社会会館に引っ越してきました。これまで、収穫したリンゴは生食だけで、残りはみんなで分けて持ち帰ることしかできませんでしたが、野菜乾燥機のおかげで、活動の幅を広げることができました。

03IMG_2108.jpg
(リンゴの皮を剥き、芯をくりぬく作業)

04IMG_2111.jpg
(スライサーで厚めにカットしたリンゴを並べる作業)

リンゴを並べたトレイを乾燥機にセットし、60℃・24時間の乾燥を開始し、この日は解散しました。

▼12/10は、完成披露式
この日は、午後に集合し、乾燥が終わったリンゴチップスを袋詰めしました。シナノスイートは水分が多く、ボケていましたが、乾燥させると甘い味わいが後をひく仕上がりになりました。フジは、蜜の箇所が色の差で残って、ゴージャスな見た目。味わいは酸味があり、さわやかな味わいでした。2月のラボの成果がでて、満足いく食農体験の機会になりました。

06IMG_3036.jpg
(24時間の乾燥が終了し、乾燥機の扉を開けて覗き込む子どもたち)

07IMG_1811.jpg
(つまみ食い!)

▼たべものに対してのリスペクト!文字絵リンゴも乾燥させました
08IMG_7594.jpg
(剥いた皮を乾燥させました)
シニア大学の出会いのひろばから始まり、いいづな高原暮らしのフェスタ、ながの子育てフェスティバル、支援ネット20周年記念拡大情報市場、ボランティアの集いで、活動と芋井のPRで使った文字絵リンゴも乾燥させました。文字絵リンゴの最後のお仕事として、リンゴの皮チップスにしておいしくいただきました。今年の文字絵リンゴは、参加者のお腹の中に思い出とともにしまい込みました。
posted by 西沢 at 17:23| Comment(0) | 活動こぼれ話

2023年11月26日

援農ボランティアで「ありがとう!」

S__12697612.jpg
(11/25に対応いただいたみなさん)
長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は25日(大人6人・子ども1人)と26日(大人3人・子ども1人)の両日、活動を応援いただいている和田農園のリンゴ総取りの援農ボランティアを実施しました。25日にはシニア大学生も応援に駆けつけていただき、3世代が集ったいもい農場のメンバーと、和田農園のご親族と一緒に作業に当たりました。

S__12697608.jpg
(高いところのリンゴを収穫する北堀さん(25日))

IMG_7493.jpg
(かごが足りず、子育てフェスタでペイントしていただいた世界で一つだけのかごが活躍)

2023年度の畑の作業は、これで終了しました。和田農園からは対応への「ありがとう」、私たちからは活動を支えていただいて「ありがとう」。来年も、「ありがとう」が行き交う活動になれば良いなあ、と思います。

▼11/21に耕運作業を実施
IMG_7462.jpg
(牛糞堆肥と米ぬかを施肥して耕運、来年の準備)
この日、水分を含んだ土の状況でしたが、できる範囲でやろうと耕運機の歯を土に入れ、耕運作業を行いました。歯に土が絡みつきましたが、力づくで耕運を実施し、畑を来年につなぎました。
posted by 西沢 at 20:11| Comment(0) | 活動こぼれ話

2023年08月31日

8/26-27特別企画を2回、実施しました

IMG_5444.jpg
(ご来光に手を合わせる滝澤さん。「良い一日でありますように!」)
天空の里 いもい農場は26日と27日、特別企画を2回、開催しました。

▼特別企画「雑草から野菜を救出しよう!」
IMG_5394.JPG
(雑草に埋もれたサツマイモ)
26日は5:20〜7:30の時間、大人7人が集まり、雑草に埋もれた野菜たちを救出するために、草取りをしました。この日だけでは終わらず、翌日に順延。早朝でも暑すぎるため、無理しないで作業を進めました。

IMG_5398.JPG
(サツマイモの箇所を手作業で草取りをする参加者ら)

IMG_5399.JPG
(綿花の株元の草取りをする参加者ら)

▼特別企画「芋井社会会館 宿泊会」
8/26に第3回芋井移動居酒屋「ポテトむらパブ」が開催されました。その延長線で、初企画の宿泊会を実施しました。2017年に一度計画しましたが、大雨により中止。今回、移動居酒屋で社会会館に集まっていることから、その延長線上の企画とし、宿泊を通じ、親交を深める機会、田舎の夜と朝を体験する機会にしました。今後の企画におけるテスト開催の位置づけで、運営スタッフとそのジュニアを参加対象とし、大人4人・子ども2人で一夜を過ごしました。

IMG_5424.jpg
(真っ暗闇の中、花火をしました)

IMG_5437.jpg
(かごにペイントをする子どもたち)
9/23の活動回で世界で一つだけのリンゴ収穫かご作りを行うため、そのデモンストレーションを行いました。

IMG_5441.jpg
(24畳の広間を一人4畳使用できる計算で寝る場所を確保)

IMG_5445.jpg
(前日の残りの草取りを実施。終わりました!)
8/27の朝は、4:30起床。飯前仕事で、5:00に畑へ出発し、前日の残りの草取りと、長ネギの土寄せ、葉物野菜を植えるスペース作りを行いました。
8:00に作業を終了し、それぞれ帰途につきました。実施してみて「今後、宿泊企画を具体化していきたい」「楽しかった!」と感想が上がりました。今後、検討していこうと思います。

IMG_5496.jpg
(きれいになったサツマイモと長ネギの箇所。雑草から野菜を救出しました)
posted by 西沢 at 10:50| Comment(0) | 活動こぼれ話

2023年08月14日

夏フェス準備、進行中!

IMG_5289.JPG
(流しそうめん用に(有)青柳設備様より頂戴したビニールパイプ)
8月19日、田舎の夏を楽しもう!「天空の夏フェス」の開催に向けて、さまざまな準備を行いました。その様子をお伝えします。

【夏フェスラインナップ(予定)】
●食
・流しそうめん(いろいろなモノが流れてきます)
・お好み焼き(キャベツ・豚)
・梅シロップ(和田さんから頂戴した梅を使ったシロップで乾杯)
・スイカ(スイカ割をした後、いただきます)
●遊
・スイカ割り(屋外)
・ヨーヨー釣り(屋外)
・輪投げ(屋内)
・神出鬼没なサスケの水シャワー(屋外)

▼千曲市の(有)青柳設備様よりビニールパイプを寄贈いただきました
IMG_5294.JPG

IMG_5293.JPG
(調理室でそうめんを茹で、水で締めて、調理室から直接そうめんを流すことができるよう工夫)
流しそうめんの資材について相談に乗っていただいた千曲市の(有)青柳設備様より、ビニールパイプを頂戴しました。活動へのご理解とご協力をいただき、感謝です。楽しい思い出作りで、大切に活用してまいります。

▼ヨーヨー釣りの資材は竹を活用
IMG_5291.JPG
(田んぼの横から竹を調達)
IMG_5286.JPG
(竹を使って、ヨーヨー釣りの竿を作成)
手作りの竿で、ヨーヨー釣りを楽しんでもらおうと、浦中代表と参加者の福田さんのお二人で、竹を調達、その竹から竿を作りました。
このほか、輪投げの準備も行いました。夏フェス準備、進行中です!

▼安全な場への準備
IMG_5287.JPG
(万が一のハチの被害に備えて、準備した対策品)
今後、ハチの活動が活発化してくることに備えて、畑設置用・田んぼ設置用・社会会館設置用の3本、ハチ・アブバズーカージェットを準備しました。ハチを刺激しないで、これを使わないことが一番ですが、万が一に備えていきます。
posted by 西沢 at 20:25| Comment(0) | 活動こぼれ話