CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年08月12日

芋井 戦争と平和資料展 見学報告

今回は、天空の里いもい農場が位置する長野市芋井地区で開催されている「芋井 戦争と平和資料展」に、今年、家庭の事情で活動をお休みしている広報担当のクロこと、鋤柄が見学してきたので、その報告をさせて頂きます。

「芋井 戦争と平和資料展」は、天空の里いもい農場の地主である和田さんが中心となり、戦後71年目にして初めて開催されました。内容は、芋井地区の戦争に関わった歴史について振りかえり、平和について考える場です。芋井地区に在住で戦没遺族の方々に資料提供を呼びかけ、、「戦没者の遺影」「名簿」「手紙」「日章旗への寄せ書き」「海軍服」「戦前運行していた善白(ぜんぱく)鉄道に関する資料」などが展示されています。



今回、和田さんから、貴重な歴史のお話をたくさん伺うことができましたので、その内容について報告します。

★和田さんの戦争体験と芋井の歴史
和田さんが鮮明に覚えているのは、終戦の2日前(8月13日)に起きた長野空襲。和田さん在住の芋井広瀬地区は、長野市の市街地をV字に見下ろす景観の良い場所であるが故、米軍の空襲と燃える長野市の光景は忘れられないものだそうです。

日露戦争と十五年戦争(満州事変からポツダム宣言受諾まで)で志願兵と応召(召集に応じて軍務につくこと)で約500人が戦争に行き、112人が戦死。会場にはその全員の名簿に犠牲となった場所、年齢などが、記載されています。年齢は16歳から38歳まで、日露戦争の激戦地となった二百三高地、満州、中国、東南アジアなど、かなり広域です。



戦後、シベリア抑留となった人も7、8人いて、全員が帰国。芋井広瀬地区からも1人いたそうですが、死ぬまで、抑留されたことについて、家族にも一言も喋らなかったと和田さんは話していました。

「口にしたくないほど過酷な体験だったんだろう」と和田さん。

「資料提供の呼びかけでたくさんの資料が集まった。手紙なども記録として残していきたい。そのままにしておくと散逸してしまう」と、記録として残していくことの大切さを語っていました。



★わずか7年の営業だった善白鉄道

資料の中に、長野盆地(別名:善光寺平)と白馬村を結ぼうとした善白鉄道について、当時の写真が展示されています。昭和11年に南長野(長野市中御所)と善光寺温泉東口が開業し、17年に裾花口まで延長したものの、昭和19年1月に、国の事業整理で休業。レール等の資材は鉄の供出でオランダ領インドシナのセレベス島に送られたとされています。

大本営は、敗戦濃厚な中で戦争目的を国体護持に変更しました。その関連で天皇や国の重要機関を、海から遠く、爆撃対して攻めずらいと考えられた長野に移す計画が密かに進められました。天皇やNHK、電電公社(NTT)、軍司令部は、長野市松代にある松代大本営地下壕を中心に移転準備がすすみ、皇太子(現:今上天皇)、皇太后(大正天皇の貞明皇后)を疎開させる施設として、旧・善白鉄道第3トンネルに建設する計画があって、終戦間際、資材は善光寺温泉まで運び込まれていたそうです。

「V字型の狭隘な地形で爆撃も難しかったから、疎開先として選ばれたのだろう」という和田さんの話に、うんうんと納得。

和田さんの話によれば、戦後も駅は残っていたそうで、長野市、白馬村が善白鉄道を復活させる運動を行ったものの、昭和45年に裾花ダムが完成し、路線が水没することになってしまい、善白鉄道復活は幻となってしまいました。

それにしても、長野から、芋井、戸隠、鬼無里を抜けて白馬まで行くという鉄路計画が戦前にあったことには驚きです。 



★65年ぶりにアメリカから帰還した日章旗

出生時の寄せ書きが書きこまれた2つの日章旗。左側のものは、戦後、無事に帰国して持ち帰ったものだけれども、右側のものは、昭和20年4月にレイテ島の激戦で亡くなった方のもので、この日章旗をアメリカ兵が本国に持ち帰って保管していました。

日章旗は本人が帰国したものが残されているのが殆ど。戦死した兵士のものが遺族のもとにあるというのはどういうわけでしょうか。その理由はこういうものでした。

たまたま東京在住の方が、アメリカにホームステイした際、偶然、ホームステイ先に、この日章旗があったことに驚き、存在を確認。ホームステイ先から遺族に返したいとの意向を受け、65年ぶりに返還されることになったそうです。

資料展初日に取材に来た信濃毎日新聞の記者も「これは珍しい」と言っていたそうです。



和田さん曰く、「芋井村と書かれてあったからだよ。名前だけだったら、分からなかっただろう」とも。

貴重な資料が展示されている「芋井 戦争と平和資料展」。今は平和な芋井も、かつては多くの若者が出征し、多くの若者が帰らぬ人となった負の歴史があります。無言で語りかけてくる貴重な資料を前に、平和について考える機会となりました。この場を借りて、取材にお応えいただいた和田さんに御礼を申し上げます。

展示は、8/10〜20の9:00〜17:00まで。芋井公民館の場所は?(リンク先)。ナビをお持ちの方は、026−235−5778で検索して頂ければ。

貴重な資料が展示されていますので、是非、お越しください。


最後に、今企画開催趣旨全文を転載します。


「芋井の戦争の遺品、戦没者の遺影から学ぶ」

 戦後70年となる2015年(平成27)、芋井住民自治協議会・地域振興部会は、地域の戦争の記憶を整理し、その記録を後世に残すべく、関連資料を発掘、提供を区民に呼びかけてきました。戦後70年という長い時間の経過と平和が当たり前という社会環境の中で、当時の根本資料は散逸したり無用として処分されたりして、ほとんど収集出来ませんでした。しかし、数は少ないものの、寄せ書きされた日章旗や軍服、満蒙の地からの手紙など遺品などは残されていることが判明しました。これらの遺品は、保持者個人はもとより、地域共有の歴史資産としての価値を内包しています。
 戦没者全員の遺影は揃えられませんでしたが、協力いただきたご遺族の皆さんに心より感謝と御礼を申し上げます。また法学寺様のご協力をえて会場でささやかな法要を営ませていただきました。
 本資料点が、ふるさとへのおもいと地域建設にいささかの寄与ができれば幸いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック