• もっと見る

2024年06月08日

食農体験2024 第4回参加者レビュー「参加者とともに」

天空の里 いもい農場は、毎回、活動終了後に、参加者の皆さんから感想をお寄せいただいています。その声は、活動がどのような場だったのかを可視化する、いわゆる宣伝部長!普段は高齢者がほとんどの静かな集落ですが、そのフィールドから生まれるさまざまな声を、ぜひご覧ください。

00 (25).jpg

▼Aさん
最初は田んぼに足を入れた時「2時間もたない…」と思い、(田植え)ガッツリコースに変更した事を後悔しました(笑)
でも、田んぼの奥に行くと心地よい温度になり、田植えに集中できました。目の前の紐に集中して植えているとあっという間に2時間が経ちました!
子どもはほぼ泥遊びでしたが、すごく楽しかったそうです。(信州子どもカフェ長野地域こどもカフェプラットフォームから)頂いたお菓子と竹の笛を抱えて爆睡していました。


▼Bさん
・初めての田植え体験でした!ずっとやってみたかった事で貴重な体験をありがとうございました。今後どのように生育していくか楽しみです。
・クラフト体験、子どもは想像力膨らませ楽しく作業してました。タケノコ料理も本当においしかったです♪
・運営の皆様、この大人数を運営していくの大変だと思いますが、いつもスムーズに進行、大感謝してます。帰り道、笑顔で手を振ってくれて嬉しかったです。


▼Cさん
(田植え)体験コースで申し込みましたが、気づけば(田植え)ガッツリコースになっていました(笑)
とても疲れましたが楽しかったです。
山楽会のみなさんに作っていただいた笛で家でも遊んでいます。

00 (19).jpg
(山楽会のみなさん)

▼Dさん
田植え体験 とても楽しかったです。娘の希望で(田植え)体験コースを選んでましたが、娘と陣取りした場所が「ガッツリコース」に準ずるスペース。広い範囲を植えさせていただき大満足。娘は「もっと植えたいもっと植えたい!」と頑張っていたので、途中疲れが出てしまいやむなく離脱しましたが、親の私は「もっと植えたい!植えきりたい!」気もちでした。目印をつけたラインを引いて下さったので、苗を植える位置がはっきりしていて、迷いがなく植えられ、とても助かりました。貴重な体験本当にありがとうございます。


▼Eさん
当初の予定では子どもたちの運動会と重なっていた田植え。今年はできないものと思っていたら、日にちが変更!やった〜田植えができる(^o^)と私。今年も田植えに集中することで最高のストレス発散が出来ました!

00 (13).jpg
(竹クラフトをする子どもたち)

▼Fさん
上の子は、夢中で竹クラフトに取り組んだようです。いつもなら呼べばサッと来る食事の時間にもなかなか戻ってこないほど。ごはんお代わりしたかったのに竹クラフトに夢中で間に合わなかったと。たくさん竹の作品を持ってきてくれました。下の子は、ひたすら虫に夢中で、帰宅してからも水カマキリの話をずっとしていました。こちらはしっかりご飯とお汁をお代わりしたそうです。


▼Gさん
子どももとても楽しかったようで、作っていただいた竹のカタツムリを大事におもちゃ箱にいれていました!お料理もおいしくて、タケノコご飯、子どもはおかわりが待ち遠しい様子で、モリモリ食べました。おいしかったです!


▼Hさん
子どもが楽しみにしていた田植え、体験コースで申し込みしましたが、なんと!最後までガッツリコースのみなさまとやり切ることができました。田んぼの中に裸足で入るのが気持ちよかったようです。親も裸足で手植えは初体験で、良い経験をさせていただきました。
ありがとうございました。
いただいた竹クラフトも喜んで祖父母に自慢していました(笑)


▼Iさん
・初めての田植えで子どもたちは泥だらけになって楽しかったそうです。
・今までは通り過ぎていた道も、「あそこの田んぼは田植えが終わっているけど、ここはまだだね」と、田植え後には今までとは景色が違って見えるようになったようです。
・山楽会さんで作った動物は玄関に飾ってあります。はと笛もお気に入りで、音が出にくくなると自分で微調節出来るようになりとても楽しかったです。
・毎回楽しく、お兄ちゃんお姉ちゃんにも親切にしていただき嬉しく思っています。帰りに(見送りをする)スタッフさんたちへ、チャイルドシートから身をよじって窓から「バイバイ」と大きな声で挨拶する我が子を見るにつけ、楽しかったんだな参加して良かったなと思っています。

00(8).jpg

▼Jさん
天気に恵まれ、最高の田植え日和だったと思います。子どもたちは、去年田植えに参加して、足が抜けなかったせいか「絶対やらない」と言っていましたが、同じくらいの子どもたちが泥遊びのように楽しそうにしているのを見て、1年生の兄はチャレンジ!すっかり楽しんでいました。
竹細工も笛を作り、家でも音の違いを楽しんでいます。
身体も沢山動かせて、タケノコご飯も最高でした。
スマホ機器に囲まれて過ごしていると、季節の変化に目を向けることも少ないですが、こんな環境に少しでも身を置ける時間が必要だと思います。
いつも最後まで笑顔でお見送りしていただいて、本当にありがとうございます。


▼Kさん
この田植えをやりたいがためにこのイベントに参加したと言っても過言ではないぐらい楽しみにしていたイベントでした。
大人も初めて田んぼに足を入れました。
とても貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
上の子は去年幼稚園でペットボトルでの稲を育てたのですが、それを思い出して取り組んでいました。今から秋が楽しみです。

00 (16).jpg
(タケノコ料理の配膳コーナー)

▼Lさん
田植えは3度目の参加になります。
昨年まで、「泥の感触がイヤ」と、ほとんど田んぼに入らなかった息子が、今年は2時間植えきりました!また、最初は田植えに参加して、途中で離脱して遊び出すかと思っていた娘も、今年は最後まで田植えをやりきっていて驚きました。成長を感じました。
例年、竹クラフトの回は、学校行事のため参加できずにいて、今年は初めて参加する事ができました。竹食器に憧れがあったので、山楽会さんに作り方を教わり、竹を切ってコップと、ナタで半分に割ってお皿にしました。ペイントなどはしなかったのでシンプルに竹そのものですが、家でお刺身を盛ったり、ご飯を盛って漬物を添えてみたり、コップは箸立てとして使ったり、子どもと楽しんでいます。

00 (18).jpg
(木陰で昼食)

▼Mさん
昨年は暑かったですが、今年は雨の合間にちょうど良い天気の中作業ができて気持ちがよかったです。
田んぼのふちまで植え終わった時は大きな達成感がありました。デスクワーク中心の生活なので、田植えの後は全身筋肉痛で大変でした。
最初、子どもは田んぼに入るのを怖がっていましたが、スタッフジュニアの子に優しく手を引いてもらい田んぼに入ることができました。その後は、泥の感触を楽しみ、田植えの手伝いはそこそこに泥遊びに熱中していました。貴重な経験をさせてもらってありがたいです。
田植えはいつも以上に他のご家族と関わりながらの作業で、他のご家族の様子を見たり、話ができたりしたのも新鮮でした。
作業後に用意していただいたタケノコご飯が本当においしかったです。娘は初めてのタケノコでしたが、抵抗なくパクパク食べていました。良かったら作り方を教えていただきたいです。

00 (11).jpg

▼Nさん
田植え、冷たい水と泥の感触が気持ちよくてあっという間の時間でした!子ども2人と参加させていただきましたが、実は母が一番楽しんでいたかも?
みんなで植えた苗からお米が収穫できるのが楽しみです。

▼Oさん
田植え、やりきった充実感いっぱいでした。みなさんとお話ししながら楽しかったです。
去年は途中で疲れたと田から上がった息子が、今年は最後までやり切る姿をみて、成長を感じました。

▼Pさん
田んぼの泥の中で全身で泥の冷たさや感触を感じて、普段の生活では体験することができない大胆で貴重な体験ができました。子どもにとってもとても新鮮でかけがえのない思い出が作れたと思います。来年再来年は子どもたちも田植えの戦力として動けるといいなぁと思いますが、よろしくお願いします。

00 (12).jpg

次回の参加者レビューも、お楽しみに!
posted by 西沢 at 16:51| Comment(0) | 参加者レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く