• もっと見る

2024年03月02日

ながの推し活プロジェクト、残り1カ月となりました!

バナー.png

長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は1月1日から3月31日の期間、長野県共同募金会が進める「ながの推し活プロジェクト」で、寄付金募集の取り組みを実施しています。残り、1カ月となりました。改めて、ご協力のお願いとなります。どうぞよろしくお願いいたします。

▽寄付総額、74,300円になりました!
全国から、8人+地域まるごとキャンパス活動報告会イベント会場での寄付者から寄付をいただきました。目標としている10万円に、もう少し!目標達成に向けて、寄付をよろしくお願いいたします

寄付は、こちらから!
長野県共同募金会 ながの推し活プロジェクトのホームページ

2022年・2023年、車でしか集まれないいもい農場に、高大生が路線バスを使って集合できるよう、地域生活支援公募配分上業配分金を活用してバス代を補助してきました。
2024年、芋井地区だけでなく、広く社会に取り組みを周知し、バス代の原資のために、募金を呼びかけるものです。

この取り組みは
●農業体験では、農作物を作って味わう「食育」
●子どもの居場所作りでは、参加者の子どもたちと主体的に遊ぶことで「世代間交流」
●路線バスを活用では、往復を乗車することで、「乗降率の向上」「バス路線の維持」
につながります。

高大生の参加を増やして地域を元気にしたい、高大生に素敵な体験を届けたい、と考えています。

▼2023年度の高大生と取り組んだ活動報告
活動拠点の芋井広瀬地区周辺の94世帯と、芋井地区全ての回覧板で、活動通信を定期的に発行しています。今回、地域まるごとキャンパス特集で、代表挨拶、2023年度の取り組みの様子を報告しています。ぜひご覧ください。
活動通信6号_地域まるごとキャンパス特集_通算93号(2024年1月15日発行)表.pdf
↑表面

活動通信6号_地域まるごとキャンパス特集_通算93号_校了1222校正_使途選択募金_いもい農場_裏.pdf
↑裏面のながの推し活プロジェクトのチラシ

▼寄付金のゴール!「地域まるごとキャンパス活動報告会」
寄付金は、地域のために、高大生のために、大切に活用してまいります。
2/3に、荻原長野市長もお話を聞いていただいた「地域まるごとキャンパス活動報告会」の様子、ぜひご覧ください。

ながの地域まるごとキャンパス活動報告会・修了証授与式に参加しました
posted by 西沢 at 18:07| Comment(0) | クラウドファンディング
この記事へのコメント
コメントを書く