• もっと見る

2022年08月01日

「2022年度第7回活動レビュー」参加いただいたみなさんとともに!

長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、7月23日・24日に開催した活動で参加者から感想をお寄せいただきました。参加者の声を主役に、どのような活動が開催したのかを紹介するコーナーとして、「参加いただいたみなさんとともに!」をお届けします。ぜひご覧ください。

LINE_ALBUM_2022723朝活_220723_22.jpg
(朝5:00、夜明け前から活動開始)

▼23日の活動レビュー
(Aさん)
早起きしておうちを出たけど雨。農作業はできませんでしたが、朝早かったおかげで、道中、ウサギを加えたキツネを見ることができました。

(Dさん)
・急な雨でしたが、活動をできることで対応していただきありがとうございました。田んぼの水がどこから来るのかが分かりました。田んぼの管理の大変さを改めて知りましたが、こういった過程を知ることで、私たちの食卓に並ぶお米、大切に頂かなくてはいけないなと感じました。

・朝の新聞紙を使ったレクレーション、とても楽しかったです。体を動かしながら、頭もだんだん活動してきました。

・七夕飾り、他の皆さんの素敵な作品も見ながら飾り付けをしました。
00_IMG_3130.jpg
(飾り付けをする高校生と子ども)

・昨年の早朝草取りからの朝ごはんを経験しているので、それをぜひとも再び体験したかったです。朝ごはんが格別においしいので、それは来年の楽しみにします。(欠席した母より)

・ご飯、お味噌汁、おいしく頂きました。作って下さったスタッフの皆様ありがとうございました。(参加したご主人)

00_2300_LINE_ALBUM_2022723朝活_220723_48.jpg
(コロナの配慮をしながら作ったおにぎりとお味噌汁)

(運営スタッフの立場から)
土曜日は現地雨天のため本来の活動が出来なかった部分はありましたが、七夕飾り等で来た甲斐があった思って頂けたのではないかと思います。谷川さんから、スマホで雨雲レーダーとかいうサイトで、ごくエリアを限定して雨の予報がわかるというサイトを見せて貰いました。雨天延期の判断は非常に難しいことと思いますが、こうした情報を活用して、折角来たのに残念・・・という思いを減らすことも必要かと思います。

(Eさん)
4時に起きたことのない子どもたち。更に寝起きが最高に悪い娘が目覚めるまで約30分の戦い、すっかり出遅れ、おまけに途中からどしゃ降りになり、完全に心が折れて悶々としながら芋井に向かいました。しかし、雨の降る中での神秘的な景色を眺めたり、採れたて野菜のお味噌汁をいただくうちに、すっかり気持ちも落ち着き、改めて自然の持つ癒しのパワーを感じました。次回も5:30から参加したい!と張り切っていますが、母としては不安でしかありません…(笑)。

(Gさん)
頭首工を初めて見ました。お米が取れるまでにさまざまな工夫、作業があることを実際に見聞きできて良い勉強となりました。子どもの教室では、「玉ねぎの皮むき、包丁で切ったよ」と嬉しそうに話してくれました。また、高校生のお姉さんに遊んでもらったこと、とても喜んでいました。いつもありがとうございます。
LINE_ALBUM_2022723朝活_220723_36.jpg
(玉ねぎを切る子どもとサポートをする高校生)

(Hさん)
朝5時集合ということで、早起きのため、前日夕方からイベント状態でした。早めに子どものお迎え、早い時間からお風呂と夕飯。早めに消灯。当日はなんとか集合時間に間に合いましたが、残念ながら雨で畑へ行くことができませんでした。それでも子どもたちは、田んぼのお話を聞いたり、みんなで遊んだりしたのが楽しかったと言っていました。
解散したのが朝8時過ぎだったため、そのまま家族でお出かけする事にしました。1日がとても長く感じられ、充実した1日を過ごす事ができました。
たまにはこんな1日の過ごし方もいいなと思いました。


▼24日の活動レビュー
00_IMG_0354.jpg
(蝶の採り方を教える天尾先生)

(Aさん)
探ちょう会。良い名前ですね。先生の子どもの頃からの話や質問に答えてくれている話。聞いているのもとっても楽しかったです。母も初めての蝶採り。虫網を振り回しながら、意外と楽しかったです。

(Bさん)
天尾先生から蝶々探しのフィールドワークに「探ちょう会」と素敵な名前を付けてもらい、すでに、来年の会が楽しみです。

(Cさん)
蝶の教室は2回目でしたが、去年聞いていて忘れたこと、新しく聞いて知ったこと、いろいろありました。

(Dさん)
・草の成長に驚きながら頑張って作業をしました。子どももだいぶ飽きずに草取りが出来るようになり、少し成長を感じました。

・高校生との交流も子どもたちは喜んでいました。高校生は写真部で活躍されている方もいたので、子どもたちのイキイキとしたいもい農場の姿も撮って頂く機会があれば嬉しいです。

・探ちょう会では、我が子のあまりに夢中な姿に驚きました。名前を知りたいというより、とにかく捕まえたいといった感じですが、毎日蝶を見つけると大興奮で捕まえようとしています。また来年先生とご一緒できる機会を楽しみにしています。

00_IMG_3161.jpg
(ズッキーニのところまで、すすめ!行進をする子どもたち)

(Fさん)
・6才の息子が、草取り大変だったけど楽しかった!頑張ったよ〜って、体調不良で欠席した母に嬉しそうに報告してくれました。

・蝶々探し、本当に楽しみにしていて、当日もめちゃ楽しかったと言っていました。蝶々も捕まえられて、ミヤマクワガタも捕まえて頂いて、昆虫に対する興味がますます深まる息子です。ありがとうございました。


次回もお楽しみに!
posted by 西沢 at 20:50| Comment(0) | 参加者レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く