CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月31日

【特別企画】干し柿を作ろう!

00_00IMG_6173.JPG
長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は31日、天空田んぼの横に生えている、放置された柿の有効活用を目的に、収穫・皮むき・干すまでの一連の干し柿作り体験を実施しました。大人11人・子ども9人の合計、20人の参加がありました。

▼地主さんの配慮で、うまい柿を収穫。
30日の夜に地主さんから電話があり、天空田んぼの横に生えている柿は自根の柿で、味が落ちるとのことでした。そこで、地主さんの別の田んぼにある接ぎ木の柿(品種:御所)収穫の了承を得て、収穫を行い、その後、芋井社会会館の縁側で皮むきを行い、台所裏の下屋に干しました。
今回の干し柿作り体験は、私たちの活動で目指す事の具体化につながる機会になりました。上手に仕上がるかどうか、見守りたいと思います。

▼干し柿作り体験の様子
00_01LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_40.jpg
(高枝切はさみと地主さんお手製の高所用柿収穫袋で、息を合わせて収穫)

00_02LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_31.jpg
(「袋に柿が入っていないかな?」袋を覗き込む子ども)

00_03LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_37.jpg
(落ちてくる柿を帽子でゲット)

00_04LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_39.jpg

00_05LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_25.jpg
(干しやすいように、柿についた枝を切りそろえる参加者)

00_06LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_14.jpg
(社会会館の裏の下屋に干す準備。畑から調達した竹を設置。)

00_07LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_11.jpg
(大人は包丁で、一斉に皮むき)

00_08LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_10.jpg
(子どもは皮むき器で、ゆっくり皮むき)

00_09LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_4.jpg
(柿を、落ちないように干す)

00_10LINE_ALBUM_2021.10.31 干し柿作り_211031_1.jpg
(柿のすだれが完成)

▼田んぼののり面の草刈
00_11IMG_6194.JPG
先週から進めている田んぼ周辺ののり面の草刈。今日は、干し柿作り体験終了後、天空田んぼののり面を実施しました。刈払い機のチップソーをナイロンカッターに変更して、初の草刈。あっという間に終わるナイロンカッターの威力、草刈が癖になりそうです。
posted by 西沢 at 20:17| Comment(0) | 活動こぼれ話
この記事へのコメント
コメントを書く