CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月19日

2020年度のお礼と活動報告で、地域を回りました。

長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は16日、五味代表、運営スタッフの山崎、事務局の西沢で、芋井地区住民自治協議会・長野市芋井支所、地主の和田さん宅を訪問し、今年度の活動のお礼と、活動報告のビデオを視聴しながら懇談の場を持ちました。

▽芋井地区住民自治協議会と長野市芋井支所でご挨拶
ファイル_001.jpeg
(ビデオを視聴する、山口芋井地区住民自治協議会事務局長と羽賀芋井支所長補佐、運営スタッフ)
先ずはじめに、芋井地区住民自治協議会・長野市芋井支所を訪問しました。
コロナ禍の活動の様子を編集したビデオ映像と、参加者から寄せてもらったレビューをもとに報告し、来年の活動や、飯綱高原に建設される山の駅等について懇談をしました。山口事務局長から、「ぜひ、芋井地区に在住する方の他に、国内外から移住されてきた方々を巻き込んで、交流の充実を!」と、期待を述べていただきました。

▽地主さん宅でご挨拶
ファイル_002.jpeg
(フルコースでおもてなしいただいた和田さん宅での懇談)
陰ながら支えていただいている和田さん宅での懇談では、冒頭、和田さんから援農ボランティア活動へのお礼を頂戴しました。その後、今年度の振り返りに合わせて、2021年度がさらに活動が充実するよう、話し合いました。

▽訪問を通じて
コロナ禍で活動を模索して進めた2020年度、今回の懇談会が事実上最後の活動となりました。無事、報告を終えることができ、来年にバトンをつなぐことができました。2021年度は、2020年度できなかったことを具体化して、楽しい体験の機会の充実を図っていきたいと思います。


posted by 西沢 at 21:29| Comment(0) | 運営会議や懇談etc…
この記事へのコメント
コメントを書く