CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月13日

新企画!「絵文字リンゴ作り」

00_IMG_0865.jpg

長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は12日、絵文字リンゴで芋井地区の美味いリンゴを広く周知し、地域の賑わいの貢献につなげようと、「絵文字リンゴ作り」に初めて取り組みました。

▽天空の里 いもい農場のリンゴの木で「絵文字リンゴ作り」
リンゴの木のオーナー制度の目的は、「美味しいリンゴを周知して、地域の賑わいに貢献する」こと。今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止としたリンゴの木のオーナー制度の代替え企画として「絵文字リンゴ作り」を実施することにしました。

「絵文字リンゴ」は、オーナー制度の圃場で収穫するリンゴ(シナノスイート)を、36玉5,500円(送料込み)で斡旋し、36玉のうち1玉を絵文字リンゴにしてお届けするもので、芋井の観光パンフレットも添えて発送を行います。今回、長野市きらめき隊(長野市芋井支所支所長補佐の羽賀様)との協働企画として具体化にこぎつけました。

芋井シールを張り付けたリンゴは、10月中旬に収穫予定です。くっきり文字が浮かび上がる芋井リンゴとなるのかならないのか、今から楽しみです。

この企画に合わせて、食農体験の一環で、参加者とともに任意の絵文字リンゴを作成し、リンゴ栽培に関心を寄せるきっかけづくりも、栽培時期の遅いフジの品種で実施を予定しています。


09_5_IMG_0801.JPG
(リンゴの木の前で趣旨説明を行う五味代表(左から4人目)と、長野市きらめき隊の羽賀様(一番左))

10_5_IMG_0802.JPG
(リンゴに張り付けたシール)
このシールは、「山の稜線は、芋井地区のシンボル飯縄山。そのふもとに位置する芋井地区」をデザインされたものです。

11_5_IMG_0803.JPG
(シールを参加者に配る羽賀様)

12_5_IMG_0806.JPG
(大人の手助けを受けながらシールを張り付け)

13_5_IMG_0805.JPG
(集中してシールを張り付け)

14_5_IMG_0854.JPG
(貼り付け終わったリンゴ)


▽和田農園のリンゴ販売について
天空の里 いもい農場でお世話になっている和田農園のご厚意で、オーナーさん他、一般の方もお買い求めいただけます。芋井地区でも、南向き斜面でおいしいリンゴが育つ環境の和田農園のリンゴ、ぜひ、ご利用ください。

・価格:1箱5,500円/36個入り(36個の内、1個が文字絵リンゴの予定)・送料込み
・申込:メールでご入用の箱数の注文を受け付け。送り先は、メールでやり取り。
・発送:10月中旬
・品種:シナノスイート
・支払い方法:いもい農場の口座に振込で支払い。

【お問合せ】
090-9358-3286(運営事務局 西沢)※電話に出られない時があります。
imoi.hirose@gmail.com
この記事へのコメント
コメントを書く