CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月23日

備品管理小屋工事のお話

天空の里 いもい農場では、長野県みらい基金の寄付金を活用した環境整備事業の一環で、手狭になった備品小屋の増改築工事を実施しています。工事の様子をお伝えします。

▽やりながら形にしていきます!
IMG_8185.jpg
(四方に杭を打ち付け、風で吹き飛ばないよう対策を実施)
工事をお願いした松山工務店様(長野市北長池)。設置場所が、圃場の中で、唯一平地に近い場所であるものの、微妙な傾斜があるため、柱の角度、壁、すべてに、経験と勘、チームワークで工事をされていました。「やりながら形にしていきます!」とおっしゃる松山工務店の皆さま。まさしく、チームビルディングでした。

IMG_8186.jpg
(背面の壁を設置する様子)

▽備品小屋に設置する看板です
マルサン工芸様(長野市篠ノ井)に作成を依頼した備品小屋に設置する看板。工事の円滑化のために、事務局の西沢が受けとり、いもい農場の工事現場にお届けしました。明日以降に、備え付ける予定です。
IMG_8187.jpg
(畳約1枚分の大きさの看板)
IMG_8188.jpg
(みらい基金の事業趣旨と寄付者の名前が記されています)

▽ミニトマト、順調に育っています。
IMG_8183.jpg
(温室で芽が出そろったミニトマトのアイコ)
3/14に種まきをしたミニトマトのアイコ。温室の効果で、常に25℃を保っていることから、順調に芽が出そろいました。昨年の水のやりすぎ(吸水障害)の失敗をしないよう、丁寧に管理していきます。
posted by 西沢 at 18:29| Comment(0) | 活動こぼれ話
この記事へのコメント
コメントを書く