CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月08日

【報告】地域の一斉清掃への参加&SDGsの取り組みについての取材

▽地域の一斉清掃に参加しました。
長野市芋井地区にある芋井社会会館を拠点に、食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は7日の朝、地主の和田蔵次さんからの依頼で、地域で開催された一斉清掃に、五味代表と運営スタッフの鋤柄の2人で参加をしました。

DSC_0116.JPG
(落ち葉と土砂を側溝から除去する五味代表と鋤柄)

内容は、昨年と同じく、芋井社会会館からいもい農場までの農道の側溝の落ち葉拾い。この地域の環境整備に、私たち2人と、天空の里 いもい農場の圃場の近くでリンゴ栽培を行う、飯綱学園の先生2人、合計4人で実施しました。

DSC_0115.JPG
(側溝掃除に合わせて、農道もはいてきれいにしました)

台風19号前後の大雨で、側溝に大量の土砂が流れ込んでいて、その除去に手間取りましたが、春を見据えた作業は、1時間30分ほどで終了。2019年の地域の活動は、すべて終了となりました。

▽長野SDGsプロジェクトで発行する「長野県版SDGsブック」掲載の取材がありました
同日、側溝掃除作業終了後、長野県版SDGsブック掲載に向けた取材で、株式会社ながのアド・ビューロの北原様にお越しいただき、五味代表・鋤柄に事務局の西沢を加え、3名で対応をしました。このブックは、さまざまなSDGsに関連した活動を、県内すべての小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の児童・生徒に紹介するもので、SDGsを「知る・考える・実行する」ための一助に発行されるものです。発行は1月末とのこと。今から発行が楽しみです。

詳しくは、長野SDGsプロジェクト実行委員会WEBサイトをご覧ください。
posted by 西沢 at 16:24| Comment(0) | 諸団体への貢献活動
この記事へのコメント
コメントを書く