CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月27日

【報告】クラウドファンディングへのご協力、ありがとうございました。

IMG_6963.JPG

長野市芋井広瀬地区の限界集落で食農体験の場を作るボランティア団体「天空の里 いもい農場」は、食農体験で大切にしたい「見て・聞いて・体験する」活動を発展させるために、長野県みらい基金のプラットホームを活用したクラウドファンディングに取り組みました。

▽長野県みらい基金備品納品式を開催!
10月26日の活動の冒頭、備品納品式を行いました。炊飯器は、前回の活動回で新米を炊くことで活用をはじめ、スコップは今回の活動回から早速、サツマイモ収穫で活用を始めました。そのほか、今後の活動充実につながる備品を多く追加更新をすることができました。寄付をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

▽寄付金概要
呼びかけ期間:4月25日〜9月30日
寄付人数:26人
寄付金額:191,500円

長野県みらい基金のHP

▽活用内訳
1.活用資金総額…153,200円
※191,500円(寄付総額)−38,300円(長野県みらい基金手数料(総額の2割))=153,200円(いもい農場活用資金)

2.活用明細
(1)農機具追加更新…27,626円(購入品目:シャベル・クワ・移植コテ・小鎌・摘果鋏・デルタホー・マルチ穴あけ機・温度計)
(2)調理器具追加更新…31,300円(購入品目:まな板・キッチンハサミ・ピーラー・炊飯器)
(3)備品管理環境整備…94,274円(購入品目:単管小屋工事・備品管理ケース) 
(4)その他
 ・ 学ぶ場をつくる環境整備(プロジェクター等)は、寄付総額を鑑みて、実施を見送り。
 ・ 単管小屋工事は、2019年度内に施工。
 ・ みらい基金とは別に、2人の方から20,000円の寄付をいただきました。この資金は、単管小屋工事に付帯する看板工事(19,980円)に充当して実施します。

▽備品の寄付も頂戴しました
今回のみらい基金備品納品式に合わせて、団体から寄付をいただいた物品の報告も行いました。長野市のボランティア団体「山楽会」様より、「カマ」を。生活協同組合コープながの様より、コープデリ上田センター移転にともなう備品譲渡会を通じて「大鍋」をいただきました。大切に活用をしてまいります。

▽大勢のみなさまに感謝!
この度は、大勢のみなさまから寄付を頂戴しました。天空の里 いもい農場は、みなさまの温かい寄付に感謝し、大勢の参加者と貴重な体験活動をシェアしてまいります。
posted by 西沢 at 13:05| Comment(0) | クラウドファンディング
この記事へのコメント
コメントを書く