CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月30日

ゆく年くる年、活動のベースとなる話し合いをしました

芋井の遊休農地を活用して食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、本格的に雪となった28日、23日のワーキング会議の内容を報告、具体化に向けた打ち合わせのために、芋井地区住民自治協議会と地主の和田さんのご自宅を訪問し、総会前の詰めの話し合いを行いました。

芋井地区住民自治協議会では、峯村事務局長と山口事務局次長が迎えていただき、ビデオの活動報告の視聴を行った後に、活動計画、葛山ハイキング、ぬか漬け学習会、地域の美化活動へのすすめ方について共有しました。次年度も、引き続き、芋井地区住民自治協議会の後援のもとで活動を進めていけることになりました。

地主の和田さん宅では、蔵次さんときぬ子さんが迎えていただき、活動計画を共有しました。和田さん宅での一番の議題は、地域の高齢化の進行・離農の増加により、耕作放棄地が増大する中、地域の地域コミュニティー持続に向けて、新たな参加の場の検討。総会前なので、要約して断片的に言うと、特産品のリンゴを活用した交流会を新規に立ち上げることで共有しました。

▽2018年、大変にお世話になりました。
2018年は、多くの皆さまより、たくさんのご支援、応援をいただく中で、無事、活動を終えることができました。来年もボランティア団体としてできる事で、更なる飛躍に向け、より一層の努力をいたします。2019年の活動を、乞うご期待!(西沢)

IMG_3622.JPG
(雪化粧の広瀬川。来年の活動で、川にふれあう場を作ることを計画中。)

posted by 西沢 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営会議や懇談etc…
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック