• もっと見る
最新記事
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 夏休みが終わっても〜#8月31日の夜に。〜 [2022年08月31日(Wed)]
ハートネットTV 夏休みが終わっても〜#8月31日の夜に。〜
2022年8月31日(水) 午後8時00分 〜 NHKEテレにて放送

「学校に行きたくない」「生きるのがつらい」など、悩む10代の声を受け止めてきたプロジェクト『#8月31日の夜に。』。この夏、ハートネットTVの新企画としてリニューアル。夏休みの真ん中と終わり、2回の生放送をお送りする。31日は1夜目の放送を受けて集まった声やオンライン・フォーラムの様子を紹介。長い休みが終わり学校生活に戻る9月を前に、10代が安心して気持ちを吐露できる「居場所」を目指します。

どうぞ(KB)
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:54
テレビ おまかせ! アートグッズの販売作戦 [2022年08月30日(Tue)]
ハートネットTV あがるアート(10)「おまかせ! アートグッズの販売作戦」
2022年8月30日(火) 午後8時00分 〜 NHKEテレにて放送

全国の福祉事業所が抱える大きな悩み。それは、“創作活動で生み出されたアート作品をどうやって世に出せばいいのか”・・・そんなお悩みに答えてくれるのが、奈良の福祉事業所『GoodJob!センター香芝』。「福祉発の“ものづくりの良さ”を一緒に社会へ伝えていきたい!」と販路に悩む施設とタッグを組んでグッズの効果的な販売戦略を実施!さらに創作活動を仕事につなげるノウハウも一般公開!これでお悩みも解決!?

どうぞ(KB) 
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:40
テレビ 相づちの味 [2022年08月29日(Mon)]
「相づちの味」
2022年8月29日(月)午前0時からNHKGテレビで放送

相づちの無い世界はかなしい。ひとの話をじっくり聴くときには欠かせない「相づち」にフォーカスし、相づちを楽しむ20分間。相づちはこの世界に必要だ。 俳優・和田雅成、タレント・三原勇希、ざわざわ森のがんこちゃん、三者三様の相づちを楽しみながら、「相づち」の世界をたどる。精神科医がカウンセリングで使う相づち、テクノロジーでつくるロボットの相づち、スナックママが考える相づち…。どうやら、相づちにはコミュニケーションを深めるためのちからがあるようだ。相づちってなんだろう、人の話を聴くってなんだろう。(多分)世界初の相づち専門番組。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:32
テレビ 追われた住まい〜"故郷"を描く建築士〜 [2022年08月28日(Sun)]
2022年8月28日(日)深夜 0時50分からMBSテレビで放送

追われた住まい〜"故郷"を描く建築士〜
神戸市長田区と福島県双葉町。ふたつの町を頻繁に行き来する男性がいる。゙弘利(チョ・ホンリ)さん(69)だ。
゙さんは在日コリアン3世として神戸市長田区の旧国鉄高架下のバラックで生まれ育った。貧困に苦しみ差別を受けながら、苦学の末、28歳の時に1級建築士の資格を取得。長田で建築事務所を立ち上げた2年後の1995年、阪神大震災が起きた。事務所は消失し多額の借金を抱えるが、゙さんはあることに気付く。災害に国境はない−。
それから゙さんは国内外で起きる自然災害の被災地に行き、支援活動を続けてきた。2002年のイラン地震では学校を建設し、新潟中越地震では半年間、住み込み生活をおくりながら被災者の支援を行った。建築士としての職能を活かす支援と共に、゙さんは被災地の風景や人々の姿をスケッチで「記憶」として描き溜めてきた。
2011年の東日本大震災では炊き出しやがれきの撤去を手伝ってきたが、原発避難地帯が気になり、ある町に着目する。福島県双葉町だ。福島第一原発の事故により全ての住民が町外で避難生活を送ることになった町だ。今年6月、町はようやく一部の地域で避難指示が解除されることになった。゙さんは双葉町の人々に「住まいや故郷の記憶を持ち続けて欲しい」と願い、避難指示解除時の町を記録し続けることにした。役場庁舎が帰還するまでに100枚のスケッチを完成させるという。神戸長田の復興を見つめてきださんが双葉町を記録して伝えたいこととはー。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:30
テレビ わたしの小学校 〜“新しい日常” 1年の物語〜 [2022年08月27日(Sat)]
2022年8月28日(日) 午後1時50分〜2時50分 NHKGテレビで放送
ノーナレスペシャル 「わたしの小学校 〜“新しい日常” 1年の物語〜」

ナレーションのないドキュメンタリー「ノーナレ」。昨年4月から1年間、都内の公立小学校に完全密着を許されたカメラが見たのは、感染拡大を続ける新型コロナウイルスに翻弄された学校生活。しかし対応を続ける教師たちのそばで、子供たちはこれが“日常”と懸命に日々を過ごしていた。番組では、何気ない友だちとの会話や表情を丁寧に紡ぎ、まるで学校にいるかのような臨場感で、1年間の様々な物語を伝える。誰しも様々な記憶が残る小学校の6年間。その尊い時間を共有する60分。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:29
テレビ この島で 最期まで 〜礼文島・父子でつなぐ医療〜 [2022年08月26日(Fri)]
「この島で 最期まで 〜礼文島・父子でつなぐ医療〜」
2022年8月27日(土)夜10時からNHKGテレビで放送

北海道・礼文島は夏には高山植物が咲き誇り、ウニや昆布漁で賑(にぎ)わうが、冬には一転、猛烈な吹雪がたたきつけ、フェリーは止まり文字通りの孤島となる。この島で島民の命と健康を守る医師の父子がいる。升田鉄三68歳と升田晃生36歳。鉄三は長年「生まれ育った島で最期を迎えられる医療」を地道に作り上げてきた。今年4月、父は定年退職。バトンは息子に引き継がれた。理想の医療を追い求め続ける父子の1年を記録した。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:24
テレビ “幸せな牛”の住む山で 岩手・岩泉 [2022年08月25日(Thu)]
「“幸せな牛”の住む山で 岩手・岩泉」
2022年8月27日(土)午前10時5分からNHKGテレビで放送

四季を通じて、険しい山の中で牛を放牧する岩手・岩泉の牧場。全国から10・20代の若者が次々にやってくる。69歳の酪農家がのこす信念と、若者の夢が交差するひと夏。 これまで牧場を訪れた若者は2000人以上。たった1人で山を切り開き、自然の草で牛を育てる中洞正さん(69)にひかれてやってきた。牧場に住み込みで働き「保育所つきの牧場づくり」「パティシエ」など、さまざまな夢を追う若者たち。この夏、中洞さんは70歳で引退を決めた。最後の日々で、自然を守る大切さと、開拓者精神を伝えようとする中洞さん。若者たちはどう応えるのか。牧場のひと夏を見つめる。語り・milet

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
テレビ 脱毛クリニック 僕らがヒゲと別れる理由 [2022年08月24日(Wed)]
「脱毛クリニック 僕らがヒゲと別れる理由」
2022年8月26日(金)午後10時45分からNHKGテレビで放送

横浜のオフィス街にある男性専用の「脱毛クリニック」が舞台。近年、脱毛は女性だけでなく男性にも広がり、痛みに耐え、ツルツルの肌を手に入れようと連日多くの人がやってくる。仕事上、清潔感があったほうよいと語るビジネスマン、ヒゲがないほうがモテるという学生。さらに将来、介護されることに備え、介護者を気遣って下半身脱毛をする男性など理由はさまざま。毛をなくしたい男たちの胸のうちに3日間、耳を傾ける。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:21
テレビ 夏のうた 沖縄の旅 [2022年08月23日(Tue)]
「夏のうた 沖縄の旅」
2022年8月26日(金)夜9時からNHKBSプレミアムで放送

沖縄戦の激戦地・読谷村で暮らす農家の『さとうきび畑』。大阪のリトル沖縄・大正区で遠い故郷を思う『てぃんさぐぬ花』、そして親子をつないだ『花』。沖縄球児を『ハイサイおじさん』で全力応援する兵庫県の高校吹奏楽部。石垣島の高校生が三線で歌い継ぐ八重山民謡。沖縄のラジオ局が大切にする沖縄方言と『島人ぬ宝』など「ウチナーポップス」…本土復帰50年を迎えた沖縄の、多様な夏の歌の世界と人々の暮らしを紡いでいく

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:20
テレビ 自分で動ける希望を生み出す "魔法の車いす"の秘密! [2022年08月22日(Mon)]
2020年8月25日(木)夜11時06分〜11時54分 
テレビ大阪で放送
自分で動ける希望を生み出す "魔法の車いす"の秘密!

TESS 社長鈴木 堅之(すずき けんじ)
高齢化が進むニッポンの状況は、深刻さを増している。2020年の調査で65歳以上の高齢者は...3555万人。その高齢者の5人に1人が介護を必要とする状況に陥っている。そんな深刻な事態に直面する業界で注目を集めている"リハビリ用の車いす"がある!それが足こぎ車いすの「コギー」だ。普通、車いすと言えば...腕のチカラでタイヤを回して進むものだが、コギーは、自転車に乗るように、足で漕ぐ車いす。しかも...脳卒中や事故などで下半身に麻痺が残っていても、自力で漕げるという。この常識を打ち破る、魔法の車いす"コギー"を完成させた人物こそ、小学校の教師だった鈴木堅之氏。開発資金も製造手段も、販路も持たなかった男が、たった1人で現在の形に進化させたという。「魔法の車いす・コギー」とは、どんな仕掛けの車いすなのか?「諦めない心」でコギーを世に広める男の苦難に満ちた開発の舞台裏に迫る!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:19
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml
最新コメント