• もっと見る
最新記事
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 野外芝居集団“水族館劇場”の日々 [2021年06月30日(Wed)]
ハートネットTV▽演じることは生きること〜野外芝居集団“水族館劇場”の日々〜
2021年6月30日(水) 午後8時00分 〜 NHKEテレにて放送

お寺の境内に突如現れた仮設の巨大な野外劇場。空中ブランコや大量の水が降り注ぐ壮大なスケールの芝居が、見る者を釘づけにする。野外芝居集団「水族館劇場」。演じるのは、建設現場など非正規の労働で生計をたてる役者たち。舞台の設営から稽古、公演、撤収までの数か月間、共同生活を送り芝居を披露する。突然の病や身内の死…不測の事態に見舞われた5月の公演。演じることで生きる意味を見いだそうとする者たちのこん身の舞台

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
新書 やばいデジタル “現実”が飲み込まれる日 [2021年06月29日(Tue)]
NHKスペシャル取材班 (著)
やばいデジタル “現実”が飲み込まれる日 (講談社現代新書)
860円(税抜き)

あなたの人生は、わずか2.74GB(ギガバイト)。
2020年の1年間で生み出されたデータ量は「50,000,000,000,000GB」。
デジタルは、私たちの社会をさらに自由に、豊かにしてくれるーー。
しかし、それが実にはかない願望であったことを、私たちはいま実感させられている。
SNSの広がりは「真実」と「フェイク」の境界をあいまいにし、私たちは「フェイク」に踊らされるようになった。
文脈を失い、断片化された情報は、それがデマであってもまるで真実であるかのように、「いいね」がつけられ、世界中に拡散されていく。
ビッグデータに蓄えられた検索履歴は、私たち以上に私たちのことを知り尽くしたデータ=「デジタルツイン」となり、私たちのプライバシーを丸裸になりつつある。
にもかかわらず、私たちは、デジタルの恩恵から逃れられない。
フェイクが横行し、プライバシーが剥奪され、リアルはデジタルに侵食されるーー。不自由で非民主主義的な世界を、私たちはどう生きるべきか?

◇フェイクは真実よりも20倍速く拡散する
◇一般女性が次々と「フェイクポルノ」の被害に
◇世論操作の天才=メキシコの「フェイク王」
◇台湾の「天才IT大臣」オードリー・タンの手腕
◇「フェイクウォーズ」アメリカ大統領選の行方
◇もう一人のあなた=「デジタルツイン」の誕生
◇「9年間で3万5765回」検索履歴で素性も年収も丸裸
◇香港の若者が「デジタル断ち」する理由
◇自殺をリコメンドするアルゴリズム
◇監視カメラの映像をシェアして楽しむ人々
◇議論を呼んだ「追跡アプリ」の是非
◇Z世代のプライバシー意識は溶けつつある  ……など
目次です
第1章 フェイクに奪われる私 −情報爆発と「ディープフェイク」
第2章 デジタル絶対主義の危険 −フェイクが民主主義を脅かす
第3章 あなたを丸裸にする「デジタルツイン」 −ビッグデータはすべてを知っている
第4章 さよならプライバシー −恐怖の「デジタル監視」時代
第5章 あなたのデータはだれのもの? −市民の主導権、企業の活用、政府の規制

面白い1冊です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:37
テレビ “好き”を心の支えに〜発達障害と共に〜 [2021年06月28日(Mon)]
ハートネットTV「“好き”を心の支えに〜発達障害と共に〜」
2021年6月28日(月) 午後8時00分 〜 NHKEテレにて放送
.
発達障害の特性をきっかけに不登校やひきこもりなどで苦しんできた子どもたち。どん底の中で心の支えにしてきたものがある。それは夢中になれる“好きなもの”。アニメだったり、絵を描くことだったり、勉強だったり。今では大学へ進学したり、一人暮らしを始めたり、アルバイトしたり充実の毎日!スタジオでは信州大学医学部・本田秀夫教授による解説も!“好き”を通じて自己肯定感を育む大切さや前向きに生きるヒントを探る。
出演者 精神科医・信州大学医学部教授…本田秀夫,ほか

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
テレビ 検証“医療先進国”(後編)なぜ危機は繰り返されるのか [2021年06月27日(Sun)]
パンデミック 激動の世界(12) 「検証“医療先進国”(後編)なぜ危機は繰り返されるのか」

約90万もの病床を持ちながらコロナ用病床は数パーセント!?日本で「医療危機」「医療崩壊」が叫ばれる背景が明らかに▼「コロナの患者は受け入れられない」…病院の本音とは?医療の歴史から見えてきた構造的課題▼「感染が怖くて病院に行けない」…コロナ禍の“受診控え”から医療の未来を考える▼医療費膨張・少子高齢化…課題山積の中で医療をどう守るのか▼ワクチン接種が進む中で次なる有事に備えるために打つべき手とは

2021年6月27日(日)午後9:00からNHKGテレビにて放送

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:40
テレビ 球磨川と生きる〜球磨村神瀬 豪雨1年の記録〜 [2021年06月26日(Sat)]
「球磨川と生きる〜球磨村神瀬 豪雨1年の記録〜」
九州各地を襲った記録的大雨から一年の記録。熊本県球磨村神瀬では、今も多くの住民が避難生活を続けている。数年に及ぶ大規模な治水対策、雨への恐れ、帰れない故郷…

九州各地で甚大な被害をもたらした令和2年7月豪雨。熊本県球磨村神瀬では1/3の家屋が全壊、300人余りが避難生活を余儀なくされた。それでも被災直後から住民組織を立ち上げ8割が集落に戻ることを希望した。しかし自治体は大規模な治水対策を検討、復興のめどはなかなか立たない。さらに今年の梅雨入りで水害の恐怖がよみがえる。あれから一年、現地再建希望者は2割となった。豪雨が相次ぐ今、人はどこに住むべきなのか。

2021年6月27日(日)午前6:10からNHKGテレビにて放送

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:38
テレビ 京都 コーヒー豆スタンドで一息を [2021年06月25日(Fri)]
「京都 コーヒー豆スタンドで一息を」
舞台は、京都の町中にあるスタンド形式のコーヒー豆専門店。和のイメージの強い京都は、実はコーヒーの消費量が日本一で、自家ばい煎された豆を求めて多くの人がやってくる。勉強のスイッチとして欠かせないという大学教授。生豆を自らばい煎するときが冷静になれるという男性。店ではコーヒーも売っていて、この1杯が慌ただしい毎日の支えという人もいる。このご時世、みんなどんな一息をついているのか。3日間、耳を傾ける。

2021年6月25日(金)午後10:45からNHKGテレビにて放送

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:36
テレビ 人を幸せに!地域を元気に!スタバ信念の経営術 [2021年06月24日(Thu)]
カンブリア宮殿【人を幸せに!地域を元気に!スタバ信念の経営術】
2021年6月24日(木) 夜11:06〜11:55  テレビ大阪で放送

競争が激しいカフェ業界の中でトップの座に君臨し、順調に売り上げを伸ばしてきたスターバックス コーヒー ジャパンの独自の戦略に迫る。
スターバックスは日本全国で約1600店舗を展開、競争が激しいカフェ業界の中でトップの座に君臨し、順調に売り上げを伸ばしてきた。しかし、コロナ禍の昨年4月から1200店舗を一斉休業に踏み切ると、売り上げが大きく下落。しかしその後の1年、業界2位のドトールの店舗数が横ばいの中、スターバックスは約100店を新たに出店した。
なぜスタバは強いのか?今年で25周年を迎えるスターバックス コーヒー ジャパンには、アメリカ本部にはない、独自の戦略があった。
出演者 
【ゲスト】スターバックス コーヒー ジャパン CEO 水口貴文
【МC】村上龍 小池栄子

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:34
新書 デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か [2021年06月23日(Wed)]
伊藤 亜聖 (著)
デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か (中公新書)
820円(税抜き)

デジタル技術の進化は、新興国・途上国の姿を劇的に変えつつある。中国、インド、東南アジアやアフリカ諸国は、今や最先端技術の「実験場」と化し、決済サービスやWeChatなどのスーパーアプリでは先進国を凌駕する。一方、雇用の悪化や、中国が輸出する監視システムによる国家の取り締まり強化など、負の側面も懸念される。技術が増幅する新興国の「可能性とリスク」は世界に何をもたらすか。日本がとるべき戦略とは。

目次
序章 想像を超える新興国
第1章 デジタル化と新興国の現在
第2章 課題解決の地殻変動
第3章 飛び越え型発展の論理
第4章 新興国リスクの虚実
第5章 デジタル権威主義とポスト・トゥルース
第6章 共創パートナーとしての日本へ

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:32
新書 データ立国論 [2021年06月22日(Tue)]
宮田 裕章 (著)
データ立国論 (PHP新書)
900円(税別)

●今こそデータの力で、日本の「停滞と分断」を乗り越えよ!
●新しい民主主義の形をつくる「データ共鳴社会」のグランドデザイン

 昨今データを活用した社会の在り方が各所で議論されているが、中央集権的なディストピアの到来を危惧するなど、不安の声も根強い。
 しかし、LINE×厚生労働省「新型コロナ対策のための全国調査」などに携わり、データサイエンティストとして科学を駆使した社会変革に挑む著者は、データは「価値=貨幣」というこれまでの大前提を覆し、多様な価値が交換可能になる「産業革命以来の大変化」をもたらすと言う。
 したがってむしろデータは、人々を経済合理性至上主義から解放し、多種多様な価値観が共存する「新たな民主主義の礎」を築くと語る。
 そこで本書では、この「データ共鳴社会」の未来図について、様々な事例をもとに解説。読めば、ポスト資本主義における、データ社会のグランドデザインが見えてくる!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:30
テレビ ネット中傷・絶望からの生還 スマホで心病んだ女性の逆転劇 [2021年06月21日(Mon)]
「ネット中傷・絶望からの生還 スマホで心病んだ女性の逆転劇」
ネットで中傷され生活が一変、死の淵(ふち)をさまよった元アナウンサーが登場。彼女が命を守るためにとった“選択”加害者たちと向き合った末にたどり着いた“境地”とは

SNSやネットで浴びせられる心ない言葉に追い詰められ命すら奪われかねない時代。今回の主人公はネットで中傷されて死の淵をさまよった元女性アナウンサー。彼女が命を守るためにとった意外な“選択”そして加害者たちと向き合った末にたどり着いた“境地”とは?スタジオでは山里、ゆきぽよ、カンニング竹山が真剣トーク。スマホの画面越しに届く言葉の刃(やいば)がいかに人の心を傷つけるか、どう向き合えばよいかを話し合う

2021年6月21日(月)午後10:00〜NHKGテレビに手放送

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:28
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml
最新コメント