CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 人生は…ジグソーパズル [2021年02月28日(Sun)]
2021年2月28日(日) 24:55〜関西ではよみうりテレビでの放送
人生は…ジグソーパズル

熊本で暮らす七男三女の岸さん家族。
英治さん、信子さん夫婦の子育てはアイデアいっぱいで、笑顔が絶えません。
そんな岸家に様々な困難が襲いかかります。
自宅が全焼し、熊本地震で被災、去年は夫婦とも入院を経験。
それでもチームワークと笑顔で乗り越えます。「幸せは更新できる」と話す信子さん。
子ども達の多くが巣立ち、夫婦2人だけになる日も遠くありません。
大家族を追った20年を通して「家族の絆」を考えます。
ナレーターは、宮崎美子さん
制作は、くまもと県民テレビ 

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:24
テレビ 新発見の価値 〜研究の対価を問う理由〜 [2021年02月27日(Sat)]
2021年2月28日深夜0時50分からMBSテレビで放送
新発見の価値 〜研究の対価を問う理由〜

「僕は、空襲を免れて生まれた。その時からずっと幸運」。
京都大学の本庶佑特別教授(79)が、何度も口にするのは、「幸運」という言葉だ。少年時代から秀才の誉れ高く、37歳の若さで大阪大学教授となりその後、母校の京大教授に...。ノーベル医学・生理学賞の受賞理由は、「がん免疫治療法の発見」だった。そしてこの発見が、医療の現場に革命を起こしたと称される免疫治療薬「オプジーボ」の開発につながる。無論、「幸運」だけでは、これほどまでの業績を残すとは、誰ひとりとして思いもしないが、本人は悠然とそう語る。
とにかく、直観の働く人物だ。半世紀前には、得体のしれない存在だった「免疫」を生涯のテーマとし、第一線で活躍し続け「オプジーボ」の鍵となる分子の発見をがん治療に結び付けた。
その「幸運」な研究者はいま、共同研究のパートナー企業を訴えている。その真意はどこにあるのか...。「新発見の価値」の行く先を考える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
テレビ 3.11を忘れない82 揺らぐ てんでんこ〜それでも逃げて〜 [2021年02月26日(Fri)]
2021年2月28日早朝4時30分からABCテレビで放送
「3.11を忘れない82 揺らぐ てんでんこ〜それでも逃げて〜」

震災語り部・菊池のどかさん(25)
「津波てんでんこ」。地震が起きたら他人に構わずてんでんばらばらに逃げなさい。津波常襲地帯・三陸に伝わる教えです。10年前、その教えを守り命をつないだ人たちがいます。岩手県釜石市の津波語り部・菊池のどかさんもその一人。しかし、当日の避難行動について伝えられていることのすべてが本当というわけではないと、菊池さんは言います。人々のあの日の選択とその後の人生を通して、避難する事の意味を考えます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:22
テレビ 外食"非常事態"SP〜知られざる未来への死闘〜 [2021年02月25日(Thu)]
外食"非常事態"SP〜知られざる未来への死闘〜
2021年2月25日夜10時から 関西ではテレビ大阪で放送

すかいらーく 創業者横川 竟(よこかわ きわむ)
ワタミ 会長渡邉 美樹(わたなべ みき)
TGAL 社長河野 恭寛(こうの やすひろ)
新型コロナの感染拡大から1年...2度目の緊急事態宣言でも営業制限が行われるなど、危機的な打撃を受けている外食業界。1970年のすかいらーく誕生から50年、最大の危機に瀕する外食業界は、この1年どう戦ったのか?必死の格闘の中から光は見えたのか?"レジェンド"横川氏を招きトークを展開する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:21
テレビ 緊急事態宣言で何が? 高齢者介護のいま [2021年02月24日(Wed)]
ハートネットTV「緊急事態宣言で何が? 高齢者介護のいま」
2021年2月24日(水) 午後8時00分 〜 NHKEテレにて放送

高齢者施設でクラスターが発生しても、医療がひっ迫してすぐに入院できない。感染を恐れてデイサービスの利用を控える高齢者が増え、心身の機能が衰えてしまう。深刻化する人手不足、介護が必要でも受け入れ可能な事業所が見つからない“介護難民化”の危機…2回目の緊急事態宣言が出されて1か月半、高齢者介護の現場で明らかになったさまざまな課題を検証。どう備えていけばいいのか、専門家と共に生放送で考える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:19
新書 いじめとひきこもりの人類史 [2021年02月23日(Tue)]
正高 信男 (著)
いじめとひきこもりの人類史 (新潮新書)
720円(税抜き)

「排除」の起源から「ポストコロナ」の未来像まで――
『ケータイを持ったサル』著者による画期的論考!

野生の動物は不快なものには近づかない。危険を感じればすぐ逃げる。なのになぜ、ヒトの世界にだけ「いじめ」があるのか。その起源は、遊動・狩猟から定住・共同体へ、という劇的な生活変化にある。そこで始まった「よそ者」排除は、異界への「漂泊」「隠棲」を経て、逃げ場のない現代社会において大勢の「ひきもこり」を生みだした。500万年にわたる人類史から、ポストコロナの社会像をも見据える壮大な文明論。

目次です
第1章 遊動から定住へ 共同体の誕生
人類の定住化が「いじめ」を生み出した
人類史における定住化の意義
新石器革命という誤解
三内丸山遺跡の発見
水産資源に依存する生活の誕生
食料貯蓄の開始と定住化
そして、いじめが始まった

第2章 共有から占有へ いじめの誕生
ダンバー数の発見
秩序の維持と「異人」の排除
見せしめとしてのいじめ
傍観者の存在の意味
動物における「いじめ」の発生
血縁原理の誕生
餌付けの社会的影響
餌付けをすればサルにもいじめは生まれる

第3章 オーナーから家畜へ ヴァルクの誕生
なわばりのアユ、群れで暮らすアユ
環境変動に応じて変わる社会性と「自己家畜化」
ネポティズムの萌芽
ヴァルクの誕生
変人、変わり者とは誰のことか
発達障害とは?
「障害」という誤った認識
みすごされてきた人類の多様性

第4章 異人から職人へ バンディットの誕生
漂泊する山人
職人(しきじん)の登場
西行のドロップアウト
親鸞へのいじめ
芭蕉の、野たれ死に願望

第5章 漂泊から隠棲へ ひきこもりの誕生
逃げ場をなくした良寛
ひきこもりのパイオニア・鴨長明
吉田兼好という虚像
徒然草あるいはネット投稿の先駆け
漂泊・隠棲を愛でる日本の文化風土
ひきこもりと沈黙交易

最終章 定型から多様性へ 社交不安障害の誕生
グローバリゼーションの弊害としてのコロナ禍
社会がひきこもりを障害に仕立て上げた
CBD(カンナビジオール)の効用
社交不安緩和の効果
CBDの自閉症への効果
セルフメディケーションの可能性
ポストコロナの時代に向けて

おすすめの1冊【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:05
テレビ 「クイズ 最高の一問」 [2021年02月22日(Mon)]
【ストーリーズ】ノーナレ「クイズ 最高の一問」
2021年2月22日 午後10:45〜NHKGテレビにて放送

ナレーションのないドキュメンタリー「ノーナレ」。人気クイズ作家に“人生最高の一問”の制作を依頼したら、どんな名クイズが生まれるのか。新感覚の実験ドキュメント。
出演ha,クイズ作家の】日大介さん,矢野了平さん
日本最高峰のクイズ作家がふたり。ひらめきクイズを得意とし、謎解きブーム陰の立て役者と評される、矢野了平。膨大な知識をベースにした早押しクイズを得意とする、日大介。数々のクイズ番組を手がけてきた名コンビに、“人生最高の一問”を依頼したら、どんな名クイズが生まれるのか。クイズに取りつかれ、翻弄され、それでもクイズから離れることのできないふたり。狂気の特殊能力者たちが生み出した、人生最高の一問とは…。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:03
テレビ 「ポネオハウ ーアイヌの私ー」 [2021年02月21日(Sun)]
2021年2月21日(日)早朝4時30分からABCテレビにて放送
「ポネオハウ ーアイヌの私ー」

アイヌの家庭料理「ポネオハウ」
北海道帯広市にアイヌ料理を出す小さな屋台がある。名物は豚骨が入ったスープ「ポネオハウ」。店主の家庭に受け継がれてきた「母の味」だ。しかし彼女はこの料理に後ろめたさを感じていた。「アイヌ であることはなかったことにして生きようと思っていた」彼女が、なぜ店を始めたのか。アイヌの自分を否定してきた女性が自分らしく生きるようになった理由とは。日常に息づくアイヌへの差別意識のなかで懸命に生きる人々を追った。
語りは柴咲コウさん
制作北海道テレビ放送

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:00
テレビ 「終わらない女将(おかみ)の闘い〜新潟・老舗旅館の1年」 [2021年02月20日(Sat)]
目撃!にっぽん「終わらない女将(おかみ)の闘い〜新潟・老舗旅館の1年」
2021年2月21日 午前6:10 ~ NHKGテレビにて放送
新潟県南魚沼市にある老舗旅館は、ウイルスの感染拡大と向き合い続けてきた。経営立て直しや感染対策など積み上がる難題に挑む、女将の1年間を見つめたドキュメンタリー。
女将(おかみ)で社長の発地満子さん(72)は、この1年、新型コロナウイルスと向き合う日々を送ってきた。経営悪化の中で迫られた従業員の解雇。大切にしてきたおもてなしと感染対策の両立。それでも旅館と従業員を守るために、「いまできること」を探して懸命に歩んできた。終わりの見えない戦いの中で見いだしたものとは何か。涙と笑顔あふれる、女将と旅館の1年間をみつめた。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:58
テレビ 「世界一豪華な刑務所の内側」 [2021年02月19日(Fri)]
「世界一豪華な刑務所の内側」
2021年2月19日 午後10:00 ~ NHKEテレにて放送

世界で最も豪華で人道的とされるノルウェーの刑務所を取材。鉄格子のない刑務所内には驚きの充実した施設が整っている。罪を償うことの意味を改めて考えさせられる作品。
殺人などの凶悪犯が服役するハルデン刑務所は驚きの豪華さ。受刑者の個室はシャワー、冷蔵庫、テレビを完備、面会者を招くことも可能。充実した設備の職業訓練施設や食料品店、音楽活動のためのスタジオなど至れり尽くせりの環境だ。受刑者や刑務官のインタビューも交え、更生とは何か?刑務所は何のためにあるかを考えていく。原題:The World‘s Most Luxurious Prison/イギリス 2020年

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:57
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml