CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 筆を折った“幻の女性作家” [2020年07月31日(Fri)]
目撃!にっぽん「筆を折った“幻の女性作家”〜沈黙の人生をたどる旅〜」
2020年8月2日 午前6:10 ~ NHKGテレビにて放送

直木賞作家・大島真寿美さんの小説「ツタよ、ツタ」。モデルはデビュー作への激しいバッシングで筆を折り、沈黙を貫いた女性作家・久志芙佐子。孫がその人生をたどる旅へ。
昭和初期、沖縄初の女性作家として注目を浴びながら、わずか1作品を発表しただけで筆を折った小説家がいた。久志芙紗子。沖縄の現実をありのままに綴り、同郷の人から激しいバッシングを浴び絶筆。いま、彼女をモデルとした小説が話題となり、再び脚光を浴びている。家族にも過去を語らなかった芙紗子。祖母はなぜ筆を折ったのか。孫が祖母の人生をたどる旅に出た。芙紗子のまっすぐな生き方は私たちに何を問いかけているのか。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:20
テレビ 東京・井の頭公園 池のほとりに引き寄せられて [2020年07月30日(Thu)]
2020年7月31日金曜  午後10時45分〜 NHKGテレビにて放送
ドキュメント72時間「東京・井の頭公園 池のほとりに引き寄せられて」

東京・井の頭公園が舞台。緊急事態宣言の解除から1か月経った6月末。大きな池と豊かな緑に囲まれた公園に、少しずつ人が戻ってきた。久しぶりの再会を喜ぶ友人同士。夢に向かって稽古を続ける漫才コンビ。自粛疲れを癒そうと何時間もベンチに腰掛けるサラリーマン。どんな人がどんな思いを抱えて、公園にやってくるのか。3日間、池のほとりをぐるぐるまわって、出会った人たちの声に耳を傾けた。
語りは、吹石一恵さん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:19
新書 あぶない法哲学 常識に盾突く思考のレッスン [2020年07月29日(Wed)]
住吉 雅美 (著)
あぶない法哲学 常識に盾突く思考のレッスン (講談社現代新書)
900円(税抜き)

【ロンドンブーツ1号2号・田村淳氏 大絶賛!】
答えのない問い、だから面白い!!
こんな授業を受けたかった!!

クローン人間はNG?
私の命、売れますか?
あなたは飼い犬より自由?

激動の時代だからこそ、常識を疑う知性が求められるーー!
法と道徳、功利主義、人権、自由、平等、アナーキズム……答えのない問いに挑み私たちの常識を激しく揺さぶる、悪魔の法哲学教室!

目次です
第1章 社会が壊れるのは法律のせい?−−法化の功罪
第2章 クローン人間の作製はNG?−−−自然法論 vs. 法実証主義
第3章 高額所得は才能と努力のおかげ?−−正義をめぐる問い
第4章 悪法に逆らうワルにあれ!−−遵法義務
第5章 年頃の子に自由に避妊させようーー法と道徳
第6章 大勢の幸せのために、あなたが犠牲になってくださいーー功利主義
第7章 人類がエゾシカのように駆逐される日ーー権利そして人権
第8章 私の命、売れますか?−−どこまでが「私の所有物」か
第9章 国家がなくても社会は回るーーアナルコ・キャピタリズムという思想
第10章 不平等の根絶は永遠に終わらないーーどこまで平等を実現できるか/するべきか
第11章 私には「誰かに食べられる自由」がある?−−人はどこまで自由になれるか

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:17
テレビ 闘いは、始まったばかり〜感染症専門医・笠原敬〜 [2020年07月28日(Tue)]
プロフェッショナル「闘いは、始まったばかり〜感染症専門医・笠原敬〜」
2020年7月28日 午後10:30 ~ NHKGテレビにて放送

新型コロナウィルスとの闘いの最前線となった大学病院で、何が起きていたのか?次々に搬送されてくる患者たち…そこは戦場だった。「記録に残したい」という病院の意向もあり、ディレクターが2か月にわたって常駐し、小型カメラで撮影した。陣頭指揮を執っていたのは、感染症のスペシャリスト・笠原敬。日々摩耗していく現場にあって、笠原は常にひとつ先の景色を見ていた。未知のウィルスに立ち向かう医療従事者たちの記録。
【出演】【奈良県立医科大学感染症センター病院教授】笠原敬,【語り】橋本さとし,貫地谷しほり

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:03
テレビ 相対的貧困 〜扉の中のSOS〜 [2020年07月27日(Mon)]
2020年7月27日(月)に日付が変わってすぐ 0:55〜 関西ではよみうりテレビの放送
相対的貧困 〜扉の中のSOS〜

「子どもにおなかいっぱい食べさせてあげられない」そんな切ない思いを抱える母親が、この令和の時代にも多くいる。新潟県新発田市の「フードバンクしばた」は、経済的に苦しむ家庭へ定期的に食料品などを支援している。活動を追うと、見えにくい現代の貧困の実態、そして困窮する家庭を追いつめる季節の存在が浮かび上がる。“飽食の時代”の陰でいま何が起きているのか。声をあげられない人たちのSOSに耳を傾ける。【制作:テレビ新潟】

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:34
テレビ 絶対あきらめない 元ニート派遣会社 コロナとの闘い [2020年07月26日(Sun)]
目撃!にっぽん「絶対あきらめない 元ニート派遣会社 コロナとの闘い」
2020年7月26日 午前6:10 ~ NHKGテレビで放送

新型コロナウイルスと闘う派遣会社の熱血社長。社員たちの多くが元ニートで長い間、家にひきこもり、働く自信を失っていた若者たち。働く居場所を守るための闘いに密着。
新型コロナウイルスで相次ぐ派遣切り。派遣した社員を「絶対にクビにしない」と奮闘する熱血社長がいる。実は、社員の多くが元ニート。長い間、家にひきこもり、働く自信を失っていた若者たちを「もう一度社会に送り出したい」と社長自ら寄り添い、励まし続けてきた。やっと見つけた彼らの居場所を守るためには負けられないとあがく社長。しかし経営は次第に悪化し、追い詰められていく。そんな時、思いがけない出来事が起きた…。
【語り】原田知世

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
新書 ドラえもんを本気でつくる [2020年07月25日(Sat)]
大澤 正彦 (著)
ドラえもんを本気でつくる (PHP新書)
880円(税抜き)

子供のころから漠然と「ドラえもんをつくりたい」と夢見ていた著者。小学生のころからロボットをつくり始めて大学在学中から本格的に研究を行い、「みんなとドラえもんをつくる」ことを決意する。単なるロボットとしてではなく、人とのかかわりや人間がもつ感情や心に注目。「人間」を徹底的に研究し、現在は最新のAIやHAIをもとに、本気でミニドラづくりに取り組む。各分野のエキスパートや仲間の力を借りて、誰にも相手にされなかった夢を一歩ずつ現実に近づけていく。新進気鋭の研究者が語る人とロボットの未来論。

●序章 人を幸せにする心をもった存在 
●第1章 現在のAIはどこまでできるのか? 
●第2章 ドラえもんはこうしてつくる 
●第3章 ミニドラのようなロボットを、みんなで育てる 
●第4章 仲間とつくるドラえもん 
●第5章 HAIのテクノロジーが日本から世界へ

お薦めの一冊です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:33
新書 閉ざされた扉をこじ開ける [2020年07月24日(Fri)]
稲葉 剛 (著)
閉ざされた扉をこじ開ける 排除と貧困に抗うソーシャルアクション (朝日新書)
790円(税抜き)

「大人の貧困は自己責任」という不寛容が日本社会を覆っている。日々の寝泊まりにも困り、生活に困窮している人々が自ら声をあげにくい風潮はますます強まっている。住居を喪失した人が失うのは、生活の基盤となる住まいだけではない。その果てにあるのは、生存そのものが脅かされる恐怖だ。20年以上、現場を見て歩いてきた社会活動家が「社会的に排除された側」からこの国を見つめ直す。

目次です
第1章 2020年東京五輪の陰で排除される人々(都市空間からの排除;池袋西口公園から消えた路上生活者 ほか)
第2章 世代を越えて拡大する住まいの貧困(今晩から野宿になるとブログで報告した若者;「ネットカフェ難民」調査が明らかにした実態 ほか)
第3章 最後のセーフティネットをめぐる攻防(「私は人間だ、犬ではない」;就労可能か不可能かという「線引き」 ほか)
第4章 見えなくさせられた人たちとつながる(『路上脱出ガイド』を作成、無償配布;『路上脱出・生活SOSガイド』への名称変更 ほか)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:31
テレビ 感情のままでいいじゃない〜緑の髪のガーデナー〜 [2020年07月23日(Thu)]
2020年7月23日(木) 午後6時05分 NHKGテレビにて放送
ひとモノガタリ「感情のままでいいじゃない〜緑の髪のガーデナー〜」

真理子さんが生み出す、緑重なるナチュラルガーデン
仕事は遅刻ばかり。冬は家にひきこもり。好きなことしかやらない。そんな緑の髪のガーデナーが作り出す庭が今多くの人の心を癒やしている。ワクワク生きるヒントがそこに。
日本有数のガーデニングコンテストの大賞を20代で受賞した山形在住の青木真理子さん。今、その庭がコロナ禍のストレスを抱える人々の心を癒やしている。「物語のあるナチュラルガーデン」と言われ、人がこまめに管理しなくても、植物が自ら成長して四季折々の表情をつくり出す。彼女の素顔は実に破天荒だ。仕事は遅刻ばかり。冬は家にひきこもり、春と秋しか働かない。そんな彼女がどうやって庭を造るのか、1年間追った。
【出演】ガーデンデザイナー…青木真理子,【語り】千葉雄大

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:30
テレビ 新型コロナと“貧困” [2020年07月22日(Wed)]
ハートネットTV「新型コロナと“貧困”」
2020年7月22日(水) 午後8時 〜 NHKEテレにて放送

さまざまな背景を抱えて困窮した人たちを、必要な支援につなぐ自立支援窓口。そして子どもの貧困対策や地域とのつながりを生もうと取り組む子ども食堂。新型コロナが経済や雇用に大きな影響をもたらす中、官民それぞれの支援現場に密着。すると制度の狭間で支援からこぼれ落ちたり、つながりを持てずに孤立した人たちが数多くいることもわかってきた。既存の支援の現状と新たな教訓から、コロナ後の支援のあり方を生放送で考える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:29
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml