CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ りなの看取(みと)り 〜命に向き合う若者たち〜 [2020年02月29日(Sat)]
2020年3月1日(日) 午前6時10分 NHKGテレr日で放送
目撃!にっぽん「りなの看取(みと)り 〜命に向き合う若者たち〜」

末期がんの患者や、在宅死を望む高齢者の“自宅での最期の時間”に寄りそう若者たちがいる。“いのちの現場”で、悩み、葛藤しながら、成長する若者たちの姿を見つめた。
末期がんの患者や、在宅死を望む高齢者の“自宅での最期の時間”に寄りそう若者たちがいる。東京・板橋区の診療所が6年前から育成している日本初のPAという人材。医療資格も経験もない20代から30代の若者たちが在宅医療の医師をサポートしながら、患者の思いに寄り添って、その人が希望する人生の最期を叶えようとしている。一筋縄ではいかない“いのちの現場”で、悩み、葛藤しながら、成長する若者たちの姿を見つめた。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:47
テレビ “ヤンキー・インターン” 俺たち今日からスーツ着ます [2020年02月28日(Fri)]
2020年2月28日(金)午後10時50分〜NHKGテレビにて放送
「“ヤンキー・インターン” 俺たち今日からスーツ着ます」

人手不足が叫ばれる中、ある人材紹介会社が注目を集めている。紹介されるのは、かつて不良だったという若者や、集団生活になじめず不登校になった若者など、地方出身の中卒・高卒の若者たち。「ヤンキー・インターン」という再教育プログラムで、営業のスキルを実践的に学ばせ、企業が求める人材に育て上げる。卒業生はおよそ300人、大手IT企業で活躍する若者も。「真っ当に働きたい」人生の逆転劇をねらう若者たちに密着。
語りは、鈴木杏さん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:45
テレビ ミニチュアの魅惑 [2020年02月27日(Thu)]
2020年2月28日(金)夜10時からNHKEテレにて放送

ドキュランドへようこそ「ミニチュアの魅惑」
世界各国で人気のミニチュア、その極意は奥深い! 鉄道模型の隣りに、飛行機の離着陸も再現するジオラマが登場。英国各地には、訪問客がガリバーになる村の模型パークも!
極小サイズの美をめでるのは紀元前から!? ヨーロッパの洞窟で、マンモスの骨で作ったミニチュア人形が発見された。アメリカでは一般の住宅の模型が人気で、専門の博物館もある。独ハンブルクの兄弟は、世界最大の鉄道網を誇る「ミニチュアワンダーランド」に飛行場も加えた。エリザベス女王に依頼され、縫い針に乗せる極小の王冠を作ったアーティストなど、驚きの技巧にあふれた芸術作品に目を輝かせるファンの世界をのぞく。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:44
新書 AI救国論 [2020年02月26日(Wed)]
大澤 昇平 (著)
AI救国論 (新潮新書)
780円(税抜き)

個人、企業、国家――「人工知能2.0」前夜、覚醒せよ。
東大最年少准教授が示す、救国への最適解。

「ウェブ2.0」と「AI2.0」が融合する新たな時代に、私
たちはどう向き合うのか。学歴ではなくキャリアパスを読
む、エンジニアこそ文系スキルを磨く、垂直思考より水平
思考を身につける、文理融合でシナジーを創りだす――急
速に進化するディープラーニングやブロックチェーンなど
先端テクノロジーは、日本経済「失われた30年」からの復
権をもたらす可能性を秘めている。注目のテクノロジスト
が挑む日本再生へのブレイクスルー。

目次です
1日本衰退の責任は若手の実力不足にある
スキルは希少価値がないと意味がない
年功序列の逆法則=年齢補正メリット
最大の敗因は「大学受験のジレンマ」
大学生活の回り道、高専というファストパス
学歴よりもキャリアパスを読め
ICT時代にシニアも若手も関係ない

2なぜコンサルタントがエンジニアより偉いのか
日本は独自の進化を遂げた「SIer先進国」
評価基準は「どれだけカネを集められるか」
B2B型コンサルの高い収益性
コラム◆株式市場は企業の生命力を反映する
コンサルタントによるエンジニア搾取
コラム◆某AIコンサル企業の現場風景
コンサルタントにとって重要な文系スキル
理系・文系の代理戦争を生き抜くために

3水平思考で「意外な組み合わせ」を発見せよ
高まるデータサイエンティストの市場価値
コラム◆メモリ制約と戦った90年代のエンジニア
スピード重視なら「巨人の肩に乗れ」
すべてのイノベーションは水平思考の結果
コラム◆熊蜂はなぜ飛べるのか
水×ピストル/Flash×物理/YouTuber×ロボット/AI×牛丼

4AIが製造業復権と地方創生をもたらす
ディープラーニングの急速な進化
報酬を最大化するための最適方策
コラム◆勝ちパターンを発見する深層強化学習
開発者自身も驚くアルファ碁の自習能力
地銀・高専ネットワークによる地方創生
インタンジブルの価値向上を図れ

5「AI2.0」:ウェブとの融合で価値無限大
グローバルな活躍を阻む言語と送金問題
AIは言語に依存しない商材
「ウェブ2.0」から「AI2.0」へ
海外進出を担保するブロックチェーン
コラム◆ブロックチェーンの正体は分散台帳である
リブラ(Libra)――GAFAが発行する担保型ステーブルコイン
ユーザに参加インセンティブを与える仮想通貨

6「文理融合型教育」でシナジーを創出せよ
エンジニアと社会とのマッチング
誰でもAIが3ヵ月で学べる時代
MOTから有望IT企業の創業者へ
経営と技術=起業とイノベーション
コラム◆学生が本当に起業すべきケースはただ一つ
「情報経済AIソリューション寄付講座」の挑戦

お薦めの1冊です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:41
テレビ あなたのニュースで社会が変わる 〜信頼のジャーナリズム〜 [2020年02月25日(Tue)]
2020年2月25日(火)夜10時からNHKGテレビで放送
あなたのニュースで社会が変わる 〜信頼のジャーナリズム〜

今、ネットの爆発的な普及の陰で、新聞をはじめとした地域メディアが危機に直面している。発行部数と広告収入の減少により、全国で廃刊や休刊する新聞が相次いでいるのだ。こうした中、読者や市民と直接結びき、疑問や悩みを取材する「読者起点の報道」に活路を見いだそうという動きが始まっている。報じるだけでなく、読者とともに地域の課題解決を目指す「課題解決型ジャーナリズム」。この新たな報道のかたちは、メディアへの人々の信頼を取り戻すカギになるのか?地域メディアの当事者や専門家たちと一緒に、これからの地域メディアのあり方を考える。
出演は、
• 瀬尾傑さん(スマートニュース メディア研究所 所長)
• 古田大輔さん(元BuzzFeed Japan 編集長)
• 坂本信博さん(西日本新聞 記者)
• 大井美夏子さん(社会福祉士 市民の視点でネットメディアを運営)
• 武田真一 (キャスター)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:42
新書 AI兵器と未来社会 [2020年02月24日(Mon)]
「想定」は必ず覆される―。科学の歴史を遡り、AIの未来を予見する。AIを搭載した自律型致死兵器、通称“キラーロボット”の研究開発が世界中で進行している。人工知能は意志を持ち、人を殺すことができるのか?AI兵器戦争を制御することはできるのか?気鋭の人工知能学者が放つ、画期的な科学論。

栗原 聡 (著)
AI兵器と未来社会 キラーロボットの正体 (朝日新書)
750円【税抜き】

<目次>
はじめに

【序 章】 人工知能の「今」
人工知能ブーム/第二次ブーム/第三次ブーム/ディープラーニングとは何か/深層生成/正しく理解するには

【第1章】 知能とは何か
ロボット掃除機/低汎用型人工知能とは「?/強い人工知能」「弱い人工知能」

【第2章】 意識とは何か
自由意志/顕在意識システム/強化学習/顕在意識はなぜ錯覚するようになったのか?/時系列的に整理し、ストーリー的な情報に整形する/我々には自由意志はないのか?/人工知能は意識を持つようになる/あくまでも主役は人

【第3章】 人のような知能を持つ機械はどうやって作るか?
工学的製品はトップダウン型/生物はボトムアップ型/創発と群知能/蟻のフェロモン/協調メカニズム─中央集権型/協調メカニズム─直接協調型/協調メカニズム─間接協調型/断絶/蛍の群知能/蛍の同期のタイミング/スモールワールド実験/驚くべき結果/ネットワーク構造/人を超える人工的な知能は生まれるか

【第4章】 人工知能は人を殺せるのか
道具型人工知能は人を殺すのか?/自律型人工知能は人を殺すのか「?/常識」を問う/人工知能が解けない問題/完全なる自律型人工知能は危険か?/進化的手法とは何か/ガイドラインの必要性/人間力こそが要

【第5章】 キラーロボット研究開発の現状
キラーロボットとは?/タイプA:半自動型兵器/タイプB:自動型兵器/タイプB1:用途限定型の人工知能を搭載した兵器/タイプB2:低汎用型人工知能を搭載した多機能型の自動化兵器/トリガーを引くのは誰か?/暴走ではなく、「誤動作」である/タイプC:集団自動型兵器/タイプD:自律型兵器/タイプE:集団自律型兵器/国際的な現状/AI兵器攻撃における新しいルール/日本はどう対応すべきか

【第6章】 人間社会は人工知能とどう向き合うべきか
求められるのは人間力/電卓に向かう我々/AIに近づこうとする人間/創造とイノベーション/人間は進化しているか?/主役は知能/東洋的感性に期待

おわりに

お勧めの一冊です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
新書 ルポ シニア婚活 [2020年02月23日(Sun)]
篠藤 ゆり (著)
ルポ シニア婚活 (幻冬舎新書)
840円(税抜き)

還暦を過ぎて子どもがほしくなり31歳スリランカ人と成婚した61歳男性。
ピースボートの船上で72歳男性にプロポーズされた80歳女性。
65歳以上の独居人口は620万人を超え、伴侶を求めるシニアも増加の一途。
だが人生の酸いも甘いも噛み分けた世代の婚活には、複雑多岐なしがらみがあり、
ゆえに結婚の暁には極上の喜びに変わる。
本書では多くのインタビューから見えてきたシニア婚活の実態と成婚への道筋を紹介。
恋愛感情は必要か? 子どもをどう納得させる?「後妻業」への防衛策は?
幸せな老後、幸せな最期を求める人々の愛の記録。

●毎晩のLINEで愛を育んだ70代&60代カップル
●相続から性生活まで、具体的希望をすりあわせ
●「貯金を相手の家族のために使われるのが怖い」63歳男性
●国際結婚に期待を寄せる女性不信の外科医
●「子どもがほしい」裕福なシニア男性たち
●パートナーがいる幸福感はほかでは埋められない
●シニア婚活が招いた親子の亀裂
●どちらかが逝った後まで想定しておく
●お墓をどうするか ……など

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:37
新書 妻語を学ぶ [2020年02月22日(Sat)]
アドバイスしただけなのに「もういい! 」と逆上される、「仕事と私(家族)、どっちが大事なの!?」とからまれる……。男性にとって永遠の謎である女の不機嫌は18種類に分類でき、そのすべてに対処法がある。そもそも男女のコミュニケーションギャップの多くが、男女脳の相違に起因している。共感を求める女性脳を理解して、優しいひと言をかけられれば、一発で妻の機嫌はよくなる、はず。本書は、人工知能研究者が脳科学の見地からすぐに実践できる具体例を示した究極の指南書。

黒川 伊保子 (著)
妻語を学ぶ (幻冬舎新書)
780円(税抜き)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:36
テレビ 「東京 24時間営業の焼き肉店」 [2020年02月21日(Fri)]
2020年2月21日(金)午後10時50分〜 NHKGテレビで放送

「東京 24時間営業の焼き肉店」
東京の下町にある24時間営業の焼き肉店が舞台。ランチはなんと500円から。手頃な価格でボリューム満点の肉を求めて、昼夜を問わず、大勢のお客さんがやってくる。夜勤明けに立ち寄った警備員のグループ、週に1度のぜいたくだという同棲カップル。七輪を囲めば、普段は口にできない本音がこぼれる。一方で黙々と肉を焼く「ひとり焼き肉」のお客さんも。東京の下町、24時間おいしそうな匂いがたちこめる焼き肉店に密着する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:26
テレビ 障害者殺傷事件裁判 傍聴者たちの43日  [2020年02月20日(Thu)]
2020年2月20日(木)夜10時からNHKGテレビで放送
わたしたちの“答え”を探して 〜障害者殺傷事件裁判 傍聴者たちの43日〜
相模原市の障害者施設で、入所者など45人が殺傷された事件。事件を起こした植松聖被告の裁判には、多くの人々が傍聴に訪れてきた。障害のある息子を育てる父親は、裁判を通じて、自らが意識してきた“社会の目”と対峙してきた。春から福祉施設で働く大学生は、利用者との接し方を模索する中、法廷で語られる言葉に耳を傾けてきた。被告の「意思疎通のできない人間は生きる価値はない」という言葉に、“揺らいだ”社会。自らの「生き方」をめぐり自問自答を重ねる人たちの結審までの日々に密着する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 13:11
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml