CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ うちもオシャレがしたいから [2020年01月21日(Tue)]
ハートネットTV「うちもオシャレがしたいから」
2020年1月21日(火) 午後8時 〜 NHKEテレにて放送

去年10月。都内で開かれた障害者が主役のファッションショ−。色とりどりのドレスを身にまとう車いすのモデルたちを舞台袖から見つめるのは、自身も車いすに乗る脳性まひの岡島美佳さん(29)。憧れのデザイナーに弟子入りして初めて衣装のデザインに挑んだ。ファッションが大好きな美佳さん。でも、オシャレにはいつも大きな壁があった。悩み、立ち止まりながらも、前を向く日々。だって、「うちもオシャレがしたいから」。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:58
テレビ 社会が激変! デジタルマネー革命 [2020年01月20日(Mon)]
2020年1月21日(火)夜10時からNHKGテレビで放送
社会が激変! デジタルマネー革命

スマホなどでやり取りされるおカネ・デジタルマネーが今、社会を激変させています。経費精算にデジタルマネーを導入した企業では、残業が激減。経理担当を営業の戦力に配置転換させる「働き方改革」も実現。また、わずらわしい行政手続きも簡略化され自治体・住民双方にメリットが生まれています。一方、現金流通量がGDP比でおよそ1%となったスウェーデンでは、通信障害や高齢者が取り残されるといった課題が生じ、法定通貨そのものをデジタル化し社会の安定を図ろうという検討が始まっています。デジタルマネーの最前線を取材、その未来を読み解きます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:32
テレビ もうひとつの家神戸母子寮の軌跡 阪神・淡路大震災から25年 [2020年01月19日(Sun)]
2020年1月19日(日) 24:55から 関西ではよみうりテレビで放送

もうひとつの家神戸母子寮の軌跡
阪神・淡路大震災から25年(仮)

経済苦やDVなどの困難を抱える母子の駆け込み寺だった「神戸母子寮」。阪神・淡路大震災で全壊し、当時5歳の鈴木佑一さん(30)は母親を亡くした。母子寮の元指導員・岡本由美さん(72)。佑一さんをある事情から、肉親の父親ではなく児童養護施設に預けることを決めたが、その判断が正しかったのか自分を責めながら生きてきた。震災から25年。佑一さんは、岡本さんとの再会を経て、思いがけない家族の真実へと辿り着く。
制作は読売テレビです

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:55
新書 痴漢外来 [2020年01月18日(Sat)]
原田 隆之 (著)
痴漢外来 (ちくま新書)
880円(税抜き)

痴漢は犯罪であり、同時にその一部は「性的依存症」という病気でもある。東京都心のとある精神科クリニックで開かれる、通称「痴漢外来」。ここでは性的依存症の「治療」プログラムによって、通常30%台と言われる痴漢の再犯率を3%にまで抑えている。痴漢行為を行うのは、どんな人なのか。彼らに共通する「認知のゆがみ」とはなにか。どうすれば痴漢をやめさせることができるのか。最新の研究成果に基づき、痴漢をはじめとする性犯罪・性的問題行動の実態に迫る。

第1章 痴漢外来の一日
第2章 「病気」としての性的問題行動
第3章 性的依存症の原因と診断
第4章 性的依存症の治療
第5章 ハイリスク性犯罪者への対処
第6章 強迫的性行動症―さまざまな性の困難を生きる人々
第7章 性犯罪の被害者

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
テレビ 調査報告・大人になった“震災の子” [2020年01月17日(Fri)]
阪神・淡路大震災25年
調査報告・大人になった“震災の子” (仮)
2020年1月17日(金) 午後10時00分〜NHKGテレビにて放送

阪神・淡路大震災から四半世紀、25年の歳月が過ぎた。この節目の年に私たちは、社会心理の専門家とタッグを組み、これまで前例のない大規模調査を行った。
対象は震災当時、小・中学生(6〜15歳)だった子ども、いわゆる“震災の子”だ。現在31〜40歳となった5000人に、震災が「その後の生き方」や「進路」などにどのような影響を与えたか聞いた。集計・分析が進む中で、専門家も驚く結果が明らかに。「家族を亡くした」「自宅が全壊」など、被災程度が高い人の6割近くが「今では震災体験を前向きに捉えている」と答える一方で、「今も思い出したくない」「触れて欲しくない」と答える人が2割近くに上った。いわゆる「二極化」が起きていたのだ。さらに、被災程度が高い人ほど「町への愛着を感じる」傾向があることも分かった。こうした結果はなぜ生まれたのか。「二極化」の分岐点はどこにあったのか。分析・取材を進めると「先生」や「近所の大人」など家族以外の「周囲の大人」の存在がカギとして浮かび上がってきた。
25年が経った今、初めて明らかになる“震災の子”の真実。神戸から全国の被災地へ新たな教訓を伝える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:52
テレビ “びっくり仰天”を探して OsakaMetro谷町線 [2020年01月16日(Thu)]
ニッポンぶらり鉄道旅「“びっくり仰天”を探して OsakaMetro谷町線」
2020年1月16日(木) 午後7時30分NHKGテレビにて放送

子どもの背丈ほどもある“守口大根”、その味は!?小さいころから刀が大好きで、40を過ぎてから専門店を開いた男性、のみならず〇〇の道場までも!大正以来の歴史を誇る天王寺動物園が最近、あるトレーニングに取り組んでいます。なんでもカバがじっと口を開けて歯磨きを受けるんだとか!その秘密は?その他、昔ながらのランプをたった一人でつくる若い女性、60歳以上しか入れない劇団。大阪の“びっくり仰天”を探す旅です!
語りは、TARAKOさん

お楽しみに【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:50
テレビ 神戸は今〜阪神・淡路大震災から25年〜 [2020年01月15日(Wed)]
ハートネットTV「神戸は今〜阪神・淡路大震災から25年〜」
2020年1月15日(水) 午後8時 〜 NHKEテレにて放送

日本の地震対策への意識を大きく変えた阪神・淡路大震災。「震災は、社会的に弱い立場の人たちが抱える課題をより深める」と話すのは、NPO法人「よろず相談室」理事長・牧秀一さん(69)。発災直後から被災者の見守り活動を続け、「震災障害者」などの課題や、被災者が直面する困難を浮かび上がらせてきた。番組では、牧さん引退前の最後の活動に密着。震災から25年、神戸の現実を見つめる。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
テレビ 「震災を詠む 2019 [2020年01月14日(Tue)]
ハートネットTV「震災を詠む 2019」
2020年1月14日(火) 午後8時 〜 NHKEテレにて放送

ハートネットTVでは毎年、東日本大震災を詠んだ短歌を募集するともに、短歌の作者と選者が語り合う歌会を開いてきた。今回は12月に宮城県気仙沼市で開催、およそ250の歌が寄せられた。復興が本格化する中、様変わりしてしまったふるさとへの戸惑いや、薄れがちな記憶を未来に残そうとするもの、苦労の末に店を再建した喜びを詠んだ歌など、さまざまな作品が寄せられた。短歌を通して、被災地の人々の胸に秘めた思いを探る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:47
テレビ 神戸を聴く [2020年01月13日(Mon)]
【ストーリーズ】ノーナレ「神戸を聴く」
2020年1月13日(月) 午後10時50分NHKGテレビで放送

日本の地震対策への意識を大きく変えた阪神・淡路大震災。被災者が直面する困難や復興への課題が次々と明らかになった。「震災は、社会的に弱い立場の人たちが抱える課題をより深める」と話すのは、NPO法人「よろず相談室」理事長・牧秀一さん(69)。発災直後から見守り活動を通して被災者を襲う課題を浮かび上がらせてきた。番組では、牧さん引退前の最後の活動に同行し、今も苦悩する被災者の声をじっくりと聴いていく。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:46
テレビ  仕事の流儀「ひきこもり支援・石川清」 [2020年01月12日(Sun)]
プロフェッショナル 仕事の流儀「ひきこもり支援・石川清」
2020年1月14日(火) 午後10時30分NHKGテレビにて放送

いま日本には、家族以外との交流を断ち、ひきこもる人が100万人いる。こうした人たちの心の扉を20年にわたってノックし続けてきた支援のエキスパートがいる。面会できなくとも何年も通い続けて信頼関係を築き、希望の明かりを灯し続ける。彼と出会うことでひきこもりを脱した人が後を絶たない。組織に属さず、たった一人で支援を続ける一匹狼の記録。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml