CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 私は産みたかった〜旧優生保護法の下で〜 [2018年07月21日(Sat)]
2018年7月21日(土)午後11時00分〜 午前0時00分
NHKEテレでの放送

「私は産みたかった〜旧優生保護法の下で〜」
“不良な子孫の出生を防止”するため障害者への強制不妊手術を認めていた旧優生保護法▽優れた命と劣った命を分ける“優生思想”の広がり▽人生を翻弄された人々はいま…
もしも、16歳に戻れるなら…自分でも知らないうちに子供を産むことができなくなった70代の女性は、悔しさと共に人生を振り返る。“不良な子孫の出生を防止”するため障害者に不妊手術を強制していた旧優生保護法。その数は16000人以上とされる。背景にあったのは、優れた命と劣った命を選別する“優生思想”。戦後日本で、なぜ優生思想は広がったのか。旧優生保護法を契機に、障害者の命をめぐる知られざる歴史に迫る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:38
テレビ 悲劇を越えて  “相模原殺傷事件”2年の記録 (仮) [2018年07月20日(Fri)]
悲劇を越えて  “相模原殺傷事件”2年の記録 (仮)
2018年7月21日(土) 午後9時00分〜9時49分 NHKGテレビにて放送

相模原市の津久井やまゆり園で、重度の知的障害者19人が殺害され、27人が重軽傷を負った事件から7月26日で2年になる。「意思疎通できない障害者は不幸しかもたらさない」。植松聖被告が語った動機は社会に大きな衝撃を与えた。
いま、植松被告に直接向き合うことで、事件を乗り越えようとしている人たちが相次いでいる。重度の知的障害のある娘を育ててきた学者や、福祉を志す女子学生など・・・。それぞれが植松被告と、接見や手紙のやりとりをしながら事件と向き合おうとしている。
さらに、事件が福祉の現場に突きつけた重い課題を乗り越えようと、実際に行動を起こし始めた人たちもいる。NHKでは、やまゆり園の入所者や家族を事件直後から取材。“見えにくかった”障害者の意思を丹念にくみ取り、本人が望む日常生活を送れるようにしようと、新たな取り組みを始めている。
“戦後最悪の大量殺傷事件”の教訓をどう受け止め、未来につないでいけばよいのか。被害者や家族、そして事件と向き合った人たちの2年を記録し、きれい事ではない本当の意味での共生とは何か、考えていきたい。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:36
テレビ 「人体:成長の秘密」 [2018年07月19日(Thu)]
2018年7月20日(金) 午後10時〜 NHKEテレにての放送

ドキュランドへ ようこそ!「人体:成長の秘密」

人間は、ほかのどの生物より長い幼児期そして思春期を経て大人へ成長。その間、脳とボディーでは劇的な変化が起き続ける。そのメカニズムを最新科学と鮮烈な映像で読み解く
多くの謎に満ちている人体。母乳に含まれるオリゴ糖の驚異の役割に助けられ、赤ちゃんは1年で体重が3倍、身長は2倍になる。4歳頃には身体の成長が緩やかになるが、一方で脳の活動が急増。“シナプスの取捨選択”のさま、そして大人が恋した瞬間の不思議な“火花”も映像に捉えられた!老いてなお成長を続ける人体の仕組みも徹底観察。双子の医師クリスとザンド・ヴァンタルケンが、BBC最新の科学シリーズの案内役をつとめる

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:32
テレビ 写真家・大西暢夫が撮る精神科病棟 [2018年07月18日(Wed)]
ハートネットTV▽ひとりひとりに向き合って〜写真家・大西暢夫が撮る精神科病棟〜
2018年7月19日(木) 午後8時からNHKEテレで放送

写真家・大西暢夫さん(50)は、18年前から全国の精神科病棟の入院患者を撮影している。統合失調症などの患者の、生き生きとした表情やありのままの生活を収めた写真の数々。撮影では一人一人に声をかけ、会話をしながらシャッターを切る。病気について聞くことは少ない。最後まで病名を知らない人もいる。「病気の○○さんではなく、その人本来の人間らしい姿や表情をとらえたい」とシャッターを切る大西さんの日々を追った。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:30
テレビ 運命の分岐点「日本が揺れた!消費税導入の舞台裏」 [2018年07月17日(Tue)]
アナザーストーリーズ 運命の分岐点「日本が揺れた!消費税導入の舞台裏」
2018年7月17日(火) 午後9時からNHKBSプレミアムでの放送

今でこそ、買い物のときに消費税を払うのは当たり前になっているが、始まったのは平成元年、29年前のことだ。この新しい税金は、当初「天下の悪税」と言われ、評判は最悪だった。国の財政を安定させたいと考える大蔵省、国民に負担を強いる政策にはしり込みする政治家、そして暮らしへの不安から反対運動に加わった…。その導入の舞台裏で何が起きていたのか?トップ官僚や国会職員の、今だから語れる生々しい証言の数々!
司会は、沢尻エリカさん,語りは濱田岳さんです

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:28
テレビ 仕事の流儀「宇多田ヒカル スペシャル」 [2018年07月16日(Mon)]
プロフェッショナル 仕事の流儀「宇多田ヒカル スペシャル」
2018年7月16日(月) 午後10時〜
NHKGテレビにて放送
プロフェッショナル 仕事の流儀「宇多田ヒカル スペシャル」

シンガーソングライター・宇多田ヒカル。15歳の鮮烈なデビューから20年、音楽制作の現場に初めてカメラが入った。作詞、作曲、そして編曲まで、曲作りの全てを一人で行う宇多田。ロンドンの自宅やスタジオでの日々は、ひたすら自分の内面の奥深くをみつめ、そこにある“感情”や“真実”という自分にしか分からないものと向き合う、途方もないものだった。悩み、もがきながらもチャーミングな素顔を見せる宇多田ヒカルに迫る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:42
テレビ 欲望の時代の哲学〜マルクス・ガブリエル 日本を行く [2018年07月15日(Sun)]
BS1スペシャル「欲望の時代の哲学〜マルクス・ガブリエル 日本を行く」
2018年7月15日(日) 午後10時からNHKBS1にて放送

「欲望の民主主義」「欲望の資本主義」での新鮮な言葉が大きな反響を呼んだ、ドイツの哲学者マルクス・ガブリエル。著書「なぜ世界は存在しないのか」も話題の彼が、6月中旬来日。東京、大阪、京都と、研究機関、大学などで講演、様々な対話を繰り広げ、日本を駆け抜けた。
深まる分断、人々の様々な想いが錯綜し、欲望が蠢く時代に、哲学の言葉はどこまで届くのか?若き哲学者の滞在に密着、思索のヒントを探った、異色ドキュメント。
今、必要な思考法とは?思索の旅から見えるものは?

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:40
テレビ アインシュタイン  消えた“天才脳”を追え [2018年07月14日(Sat)]
アインシュタイン  消えた“天才脳”を追え
2018年7月15日(日) 午後9時〜
NHKGテレビにて

天才物理学者アルバート・アインシュタイン。その類いまれな知性はどのようにして生まれたのか、最新の脳科学からその一端が見えてきた!
アインシュタインの脳は、1955年の死後密かに解剖されたが、今どこに存在しているのか、詳しくは分かっていない。今回番組では、新たに発見した手がかりをもとに、日本、アメリカ、カナダ、アルゼンチンなど世界各地を取材。辿りついたのは、切断された100以上もの脳片を持つ人物、解剖時に撮影された数百枚の写真、そして、アインシュタインの脳を手にしたことで数奇な人生を辿ることになった研究者たちの姿だった。番組では、研究者たちの協力を得て、アインシュタインの脳を初めて3DCG化、さらに、相対性理論などを生み出した20代の頃の脳を再現することに成功した。アインシュタインの脳を世界に探し求めるロードムービーと最新の脳科学で、知られざる天才脳の秘密に迫る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
テレビ 「カノン〜家族のしらべ〜」 [2018年07月13日(Fri)]
2018年7月14日(土)午後11時から、NHKEテレにて放送
「カノン〜家族のしらべ〜」

特別養子縁組で結ばれた親子。思春期を迎えた娘と不器用な父はすれ違い、ぶつかり合うようになる。揺らぐ親子の絆を3人はつむぎ直せるか?“家族”の意味を見つめる。
貧困や虐待などさまざまな理由で実の親と暮らせない子どもたちを家庭的な環境で育む方法として注目されている特別養子縁組。番組では特別養子縁組で結ばれた3人の親子を1年間にわたって取材した。思春期を迎えた高校3年生の娘。口うるさい親への反発。ふとした時に頭に浮かぶ実母への思い。やがて娘と親はすれちがい、ぶつかり合うようになる。揺らぐ親子の絆を3人はつむぎ直せるか?“家族”の意味を見つめるドキュメント。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:38
テレビ 人間を撮る 自分を見つめる〜元町プロダクションの人々〜 [2018年07月12日(Thu)]
ハートネットTV 人間を撮る 自分を見つめる〜元町プロダクションの人々〜
2018年7月12日(木) 午後8時 〜 NHKEテレにての放送

今年2月、神戸に「一般の人がドキュメンタリーを作るプロダクション」が誕生した。メンバーは20代から80代までの主婦や学生など約25名。主催するのは数々のドキュメンタリーを手掛けてきた映画監督の池谷薫さん。「何を撮りたいのか、どうして撮るのか」問いかけられながら、撮影に臨むメンバーたち。そこには震災で娘を喪った夫婦や、カメラを通して母と向き合おうとする娘がいた。彼らが撮影の先に見つけたものとは。
出演は、映画監督 甲南女子大学教授…池谷薫さん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:36
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml