CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ がんをぽんと呼んでみたら ジャズピアニスト・国府弘子 [2018年03月21日(Wed)]
リハビリ・介護を生きる がんをぽんと呼んでみたら ジャズピアニスト・国府弘子
2018年3月21日(水)夜8時から NHKEテレにての放送

国府さんに乳がんが見つかったのは2009年。部分切除による乳房温存手術を行いましたが、再発を防ぐため女性ホルモンの働きを抑える術後のホルモン療法に苦しみました。体のだるさや疲労感に加えて、激しいうつ症状に悩まされました。「朝起きた瞬間、激しい絶望感に襲われるんです」自分のピアノなんかお金を払って聞きに来る価値がないと思い、心が沈みました。
そんな時、編曲家の夫が提案した「がんという響きがよくない。がんのことをウチではポンと呼ぼう」
ブログにその話を書いたら、ファンから「私もポンでした」「母もポンで治療中です」と打ち明けられます。いろいろな思いを抱えた人がいることを知り、闘病生活で、ものの見方が変わったといいます。
5年間のホルモン療法が終わって8年ぶりのアルバム『ピアノ一丁』を出しました。心身の不調に悩んだ時期、自ら癒やされたいと作った組曲「ピアノテラピー」が収録されています。
「うつを経験したことで、ピアノの弾き方が根底から変わった」病気を経験したからこそ、届けられる音色があるといいます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:04
テレビ どう向き合う“子ども同士”の性暴力 [2018年03月20日(Tue)]
どう向き合う“子ども同士”の性暴力 ―児童養護施設の現場から―
2018年3月20日(火)夜8時から NHKEテレにての放送

いま、全国の児童養護施設で、子どもたちの間に起こる性暴力が問題になっています。
注目されているのが、三重県内の児童養護施設で6年前に発生した“子ども同士”の性暴力事件。被害にあったのは当時7歳の少女。相手は13歳の少年でした。その裁判の過程で、三重県は県内の児童養護施設などで実態調査を行いました。その結果、2008年からの5年間にのべ144人の子どもが性暴力に関わっていたことが公表されました。
まだ幼い子どもたちが、被害者となり、加害者となってしまう現実。子どもの頃に受けた性暴力は、心を深く傷つけ、その後の人生に、さまざまな後遺症を残すこともわかってきています。
しかし、性暴力のただ中にいる子どもたちは、被害を打ち明けることができないことも多いといいます。年齢が幼く、被害にあっていること自体が分からない場合や、分かっていても脅されていたり、恥ずかしい気持ちから、話せないことがあるからです。
明らかになってきた子ども同士の性暴力の問題。被害を受けた子、加害をしてしまった子の声なき声に、私たち大人はどう向き合えば良いのでしょうか。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:03
テレビ 2人の#「#就活やめた」 [2018年03月19日(Mon)]
2人の#「#就活やめた」
2018年3月19日(月) 午後11時からNHKEテレにて放送

お互い見ず知らず。でも「ひとつの#(ハッシュタグ)」を共有する2人が主人公のドキュメンタリー番組。同じ境遇・状況・考え方の2人のストーリーが同時進行で進んでいく。まるでSNSをブラウジングしているかのように、今の時代の若者たちが“どう生きようとしているのか”を見つめる、新しい感覚のドキュメンタリー番組。

初めての放送となる今回の2人が共有するハッシュタグは「#就活やめた」
稲勝栞(美大4年生兼アパレル企業経営) × 仲陽介(株式会社NEET代表取締役)

稲勝栞さんは、美大の4年生でありながら、2年前に“ハヤカワ五味”というデザイナー名で起業した22歳。胸が小さい人向けに作ったブラがヒット商品だ。しかし去年の春には本気で就活をしていた。憧れのゲーム会社にどうしても入りたかった。しかし結果はまさかのES落ち。就活の理不尽さを目の当たりにし、ショックを受けていた矢先、舞い込んだのが、実店舗オープンのオファー。稲活さんは、店舗に尽力することとし、就活は終止符を打った。それから半年。店舗は2月下旬にオープンする予定だが、課題も山積だ。起業家とはいえ、決して「キラキラ」とは言えないリアルの中で奮闘する日々。不本意ながらも「就活しない」道を選び、人生の大きな節目を力強く渡っていこうとする姿をドキュメントする。

仲陽介さんが就活に違和感を覚えたのは、5年前。まさに就活している時だった。みんながスーツを着て、感動もしていないのに頷いたりメモを取ったりしている姿を見てイヤになった。「就活は個性を認めてもらえる場ではない」と感じたのだ。そんな彼が選んだ道は、ニート。誰にも雇われない。自分が好きなときに好きなことだけをする生き方をすると決めた。そしてNEET株式会社に“入社”。社員はみな好きなことをして暮らしている。仲さんの主な仕事は1時間1000円でなんでもしますという「レンタルニート」のサービス。はじめは斬新な会社だとマスコミから取材も殺到したが、それから5年。今はシェアハウスの3万円の家賃も払えない状況だ。就活を積極的にやめて始めた生き方。しかし、このままでいいのか、葛藤も感じはじめている。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:09
新書 「身体が生み出すクリエイティブ」 [2018年03月18日(Sun)]
諏訪 正樹 (著)
「身体が生み出すクリエイティブ」 (ちくま新書)
840円(税抜き)

お笑い芸人はなぜ面白い一言を言えるか? 彼ら自身も言語化できないように、お笑いは暗黙の身体知である。プロから一般人まで、人はふとクリエイティブなことをする。そのメカニズムは未解明だが、身体とことばを上手に共存させて発想することが、クリエイティブの源ではないだろうか。日常生活において着眼と解釈のこつを身につけ、なんでもまずは試してみることを習慣にすることが、いまよりもクリエイティブになる秘訣である。それは現在のAIにはまだできないことである。

[目次]
第1章「クリエイティブ」とはどういうことだろう
第2章「考える枠」を超えることの難しさ
第3章 デザイナー 着眼と解釈に長けた人たち
第4章 お笑い芸人も長けている
第5章 クリエイティブの源――身体を入れ込み世界に触れる
第6章 身体で世界に触るとはどういうことか
第7章 AIが直面するクリエイティブの壁
第8章 日常に溢れるクリエイティブ

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:05
テレビ 「食と罪 〜摂食障害と万引き〜」 [2018年03月17日(Sat)]
2018年3月18日(日)早朝4時55分〜5時25分の放送 ABCテレビで
「食と罪 〜摂食障害と万引き〜」

拒食や、過食嘔吐など、食行動の異常が表れる摂食障害。この病の患者に万引きを繰り返してしまう人たちがいる。窃盗罪で山口刑務所に服役中の男性も摂食障害を患っていた。やせたいために過食と嘔吐を繰り返すうち、食べる金に困り、何度も食品を万引きし、ついには刑務所に入ることに。出所後、介護施設に就職し再起を誓うも、再び過食嘔吐が始まった。そして再び過ちに手を染める…。摂食障害と万引きとのつながりに迫る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:26
テレビ 「渋谷 梅の花から物々交換」 [2018年03月16日(Fri)]
2018年3月16日(金)午後10時50分〜 午後11時15分
NHK?Gテレビにて
「渋谷 梅の花から物々交換」

1本の花を手に町へ出て、偶然で会う人たちと「物々交換」を3日間続けたら、どんな人やモノに出会えるか。今回は「72時間・物々交換の旅」にチャレンジ。10年間使い続けた急須を取り出す役者志望の若者。「好きなことをやり続けたい」と語るユーチューバー。新品のメモ帳を取り出した若者は、何を書き込もうとしていたのか。「物々交換」から見えてくる意外なドラマ。72時間後にどんなモノへとたどり着くのか。
語りは、吹石一恵さん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:00
テレビ マイクロフォンの魔法〜人生を録音する〜 [2018年03月15日(Thu)]
2018年3月15日(木)午後10時00分〜 午後10時45分
NHKEテレ
マイクロフォンの魔法〜人生を録音する〜

15年前、ひとりのラジオディレクターが発案したストーリーコア。大切な人を誘って録音ブースを訪れ、会話を録音する。認知症の父と娘が交わした最後の会話。前に進むために辛い過去を告白した夫婦。40万人が参加し、貴重な「声の歴史」が刻まれている。テキサス州で行われた録音ツアーに同行しマイクの前で起きる「魔法」に立ち会う。また日本でも島根県で録音に挑戦。私たちのすぐそばにあるかけがえのない物語に耳を傾ける。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:58
新書 「欲望の民主主義 分断を越える哲学」 [2018年03月14日(Wed)]
丸山 俊一 (著),‎ NHK「欲望の民主主義」制作班 (著)
「欲望の民主主義 分断を越える哲学」 (幻冬舎新書)
800円(税抜き)

世界の知性が見る「民主主義の限界と現実」とは? 大反響のNHK異色教養ドキュメント、 待望の書籍化! 世界中で民主主義が劣化している。アメリカのトランプ現象、イギリスのEU離脱、フランス極右政権の台頭など、多数の民意を反映した選択は、目先の利益のみを優先し、自国の生き残りを賭けたものばかりだ。協調、共和といった精神からかけ離れたむき出しの欲望が民主主義と結びつき、社会の分断は加速する。今、世界の知性たちは何を考えるのか──?若き天才哲学者、マルクス・ガブリエルら六人が考察する政治変動の深層と民主主義の混迷。世界の現実を知る必読書。

目次です
1 迷走する「民主主義」―世界を覆う分断(三つのシナリオの先に―ヤシャ・モンク)
2へのイントロダクション ホッブズが迫る人間の本質を考える
2 アメリカの激情 フランスの憂鬱―人々の心の底を暴き出せ(ただすべてを焼き尽くしてほしかった―ジョナサン・ハイト)
民主主義のイノベーションのために―シンシア・フルーリー
3へのイントロダクション 「五月革命」とは何だったのか?空転したエリートたちの想いと大衆の本音
3 「二つの革命」の負の遺産―「歴史の終わり」は来ない(生き延びるためにゲームのルールを知れ―マルセル・ゴーシェ
パイロットがいない飛行機のゆくえ―ジャン=ピエール・ルゴフ
4へのイントロダクション ヨーロッパ知性の真価が問われる時
4 民主主義の定義を更新せよ(世界は存在しない 民主主義は存在する―マルクス・ガブリエル)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:57
新書 ルポ 不法移民――アメリカ国境を越えた男たち [2018年03月13日(Tue)]
田中 研之輔 (著)
ルポ 不法移民――アメリカ国境を越えた男たち (岩波新書)
820円(税抜き)

「不法移民の強制送還」を唱えるトランプ政権のアメリカには、一一三〇万もの不法移民が存在する。しかし、彼らはどんな人間なのか?その答えを知るために著者は二年間、彼らとともに働いた―強制送還される危険性におびえながら、母国への仕送りのため路上で仕事を探し、劣悪な環境でも逞しく生きる不法移民の素顔。

はじめに
 「不法移民を強制送還せよ」/不法移民とは?/未知の世界へ――日雇い労働者として不法移民とともに働く/エスノグラフィック・ルポルタージュ
第1章 住宅街の職場
バークレーへ/異様な光景/ハースト通りの観察/同じ目線で/仕事待ち初日/「ここで何をしている」/フェルナンドとの出会い/挨拶まわり/日雇いの観察/なぜ,この場所なのか/はじめての日雇い
第2章 日雇い労働の稼ぎ
朝の仕事/ルイスの運?/一五年間の日雇い/口約束の仕事/誰が日雇い労働者になるのか/日雇いの稼ぎ/ラモンとの仕事待ち/寡黙なバルバス/「雇い主を見極めろ」/偽造IDで働くリノ/黒人の雇い主/忘れられない臭い
第3章 切り離される家族
死と隣り合わせ/コヨーテへの資金源/出稼ぎの夢と現実/フェルナンドの暮らし/バルバスの生き様/アンドレスとトレスパティネス/アメリカン・ドリーム?/ルイスの母親/結婚したジョニー/断ち切れる絆
第4章 快楽と暴力
トラブルメーカー・チコ/殴り合い/隻腕のデュレク/公園での炊事/仲間の信頼/洗濯とシャワー/セントポール教会のランチ/違法営業のタコス店舗/マリウスの鬱/ペンチで歯治療/暴行の被害/生還したパポ/下着泥棒マリオ/売春婦とのセックス/クラック・アディクション/「お前は何者だ」
第5章 収監後の日常
ラティーノ・マーケット/フライングディスク・リサイクル/できることは何か/雇い手のリスク/うろつきの罰金/認識による分断/「国へ帰れ!」/被害者か,犯罪者か/強制撤去された寝床/路上での取り調べ
第6章 刑罰国家を生きる
不法移民の動向/社会的周縁の底辺/刑罰の強化/懲罰産業による統制/厳罰化の行方/カルロスの苛立ち/アルベルトの逃走/仲間の帰還/線路脇の十字架/再訪――「社会的な死」
あとがき
参考文献

おもしろい一冊【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:56
テレビ どんな時も、そばにいる 地域医療 医師・長純一 [2018年03月12日(Mon)]
2018年3月12日(月) 夜10時25分からNHKGテレビにて放送

どんな時も、そばにいる 地域医療 医師・長純一

東日本大震災から7年。死者・行方不明者3,976人(平成30年1月現在)を出した宮城石巻市。その地で病に苦しむ人々を支え続ける医師がいる。長純一(51)。震災から約1年後にそれまで働いていた長野・佐久総合病院を辞職し、単身石巻に移住。東北最大規模の仮設住宅団地の一角にある診療所(石巻市立病院開成仮診療所)の所長として働いている。長は佐久総合病院の院長であり、「地域医療の父」と称される故・若月俊一医師の弟子だ。戦後の貧しい農村での医療活動に生涯をささげた師のように、長もまた被災地に身を埋める覚悟でやってきた。被災地では震災のつらい経験で心に傷を負うPTSD(心的外傷後ストレス障害)や、生活不安やストレスなどからアルコール依存症となる患者が続出。長は被災地が抱える課題と日々向き合いながら、復興の陰で人知れず苦しむひとの人生の最後までを支え続ける。「医師とは“寄り添う人”」という信念を胸に、東北の地で格闘を続ける長純一の日々を追う。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:09
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml