CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 ドキュメント 感染症利権 ――医療を蝕む闇の構造 [2021年01月03日(Sun)]
山岡 淳一郎
ドキュメント 感染症利権 ――医療を蝕む闇の構造 (ちくま新書)
840円(税抜き)

救命か、金儲けか。新型コロナ感染爆発に際して露わになった、危機下における医療と政治のせめぎ合い。政官財学の構造的絡まりによる邪悪な「利権の闇」「見えない壁」が立ち現れ、救命のための公平な医療を阻む。明治・大正期の公衆衛生の草創期、「七三一部隊」にみる医学の暴走と悪用、戦後医療界に残った細菌戦人脈、官僚主義と隔離政策の誤謬、グローバル化する薬の特許とバイオテロ…。近現代日本とともにあった感染症のウラで蠢く黒い構造を、白日の下に暴く。

第1章 新型ウイルスをめぐる権謀―政治主導(殺人ウイルスの猛威
空疎な「日本モデル」 ほか)
第2章 司令塔は官か民か―後藤新平と北里柴三郎の反逆―学閥(時代の激動期に感染症あり
学閥医学の萌芽 ほか)
第3章 「七三一部隊」は消えていない―医学の両義性(大衆の誕生と感染症の襲来
このマスクは「いつか来た道」 ほか)
第4章 差別の壁‐結核、ハンセン病患者のたたかい―官僚主義(偏見という敵
「信州の上医」の来歴 ほか)
第5章 利権か救命か‐特許、癒着、バイオテロ―グローバリズム(WHOの迷走
製薬利権の萌芽 ほか)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:56
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml