CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 悪のAI論 あなたはここまで支配されている [2019年03月31日(Sun)]
平 和博 (著)
悪のAI論 あなたはここまで支配されている (朝日新書)
850円(税抜き)

テロリストを判定するAI。
人気アイドルのフェイクポルノ動画を自動生成するAI。
「いいね」のデータからユーザーの性格的な特徴を判別するAI。
さらには、あなたが将来、犯罪をおかす可能性を予言するAI。
夫婦の会話を盗み聞きするAI。
そして、暴走する自動運転車のAI――。

日常の風景を、時に不気味なものへと変化させる「AIの事件簿」を、次々と目にするようになってきた。新卒採用の書類審査をAIに委ねる「AI選考」はすでにソフトバンクやサッポロビールが導入。検討中の企業も10%にのぼる。神奈川県警は犯罪予測を行うAIを、東京五輪の2020年までに試験導入することを表明し、セコムや綜合警備保障(アルソック)もAI搭載の警備ロボット普及に乗り出す。防衛省もAI利用の検討を始めている。

世界的にAI社会をリードするのは、グーグルやアマゾンなどのITの巨大企業だ。その強力で安価なAIサービスが、国防システムや犯罪対策にも利用されている。検索履歴、購買履歴、「いいね」の履歴。さらにはスマートスピーカーとの会話のやりとり。それらのデータをIT巨大企業が支配し、AIによって、人々のプライバシーがむき出しにされていく。

2016年の米大統領選をめぐる「ケンブリッジ・アナリティカ」疑惑では、AIの判定が、民主主義の手続きにまで入り込んでしまった可能性も指摘される。現実社会の中に、AIはどのように浸透しているのか。グーグルやアマゾンのサービスの裏側で、AIのやっていることは何か。我々はどこまでAIに判断を委ねるのか。
SFの未来ではなく、すでに噴出し始めているAIをめぐるリアルな事件簿から、AI社会に開いた「落とし穴」の実像をさぐる。

目次
【第1章】監視される――あなたはAIの目から逃げられない
【第2章】差別される――就職試験もローン審査もAI次第?
【第3章】殺される――米IT大手が軍事協力
【第4章】騙される――あなたの「ポルノ」が作られる
【第5章】AIを「邪悪」にさせないために

お薦めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:03
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml