CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ “笑われる”より“笑わせろ”―ミゼットプロレスラー・プリティ太田― [2016年09月05日(Mon)]
“笑われる”より“笑わせろ”―ミゼットプロレスラー・プリティ太田―
NHKEテレ2016年9月5日(月)夜8時からの放送

低身長の人同士がその小柄な体格を活かして戦う「ミゼットプロレス」。プリティ太田さん(38)は、その現役のレスラーだ。国内に4千人以上の患者がいるとされる軟骨の病気のため、身長140センチの子どものような身長。しかしそれは、プリティさんにとって大事な商売道具だという。芸人が“負い目”をネタにして笑いをとるように、低身長を活かしたコミカルな動きや戦いぶりで、みんなに笑ってほしいと語る。
プリティさんには、かつて自分の体に悩んだ時代があった。学校でのイジメ、周囲と同じように運動できない、仕事を選べないみじめさ。「なぜこの体に生まれたのか」と自殺を考えたこともあった。そんなプリティさんを変えたのが、26歳のときに飛び込んだミゼットプロレスの世界。小さな体を積極的に見せて観客を楽しませるレスラーの姿に心を打たれ、のめり込んでいった。しかし今、全盛期には10人以上の選手を数えたミゼットプロレスは存亡の危機を迎えている。かつての人気は影を潜め、レスラーはプリティさんを含めた2人だけ。小さな体を武器に変える舞台を守ろうと活動するプリティさんの姿を追う。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:55
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml