CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 やきとりと日本人 [2015年02月03日(Tue)]
おいしくて楽しい1冊
土田 美登世 (著)
「やきとりと日本人 屋台から星付きまで」(光文社新書)
780円(税抜き)

やきとり屋でなぜ豚・牛もつが出てくるのか?
驚きの歴史を知り、屋台から老舗、一つ星まで、北海道から九州まで、多種多様なやきとりを味わう。全国70軒以上のお店を紹介!

鶏肉を細かく切って串にさして焼いた、いわゆる「やきとり」が日本中に広まったのは、実は1960年代からだ。江戸の文献にも「やきとり」は出てくるが、そのほとんどが野鳥を焼いた料理のことだった。また、「やきとり」を名のりつつ、豚・牛もつが出てくる地域や店もある。なぜこのような混乱が起きるのか? 「やきとり」は日本の伝統食ではないのか?本書は、やきとりに関する初めての総合的な研究書かつガイドである。「歴史学」「文化学」「老舗学」「社会学」「名店学」「ご当地学」「こだわり学」「調理科学」「肉用鶏学」など、さまざまな切り口でやきとりの謎に迫るとともに、屋台からミシュラン星付きまで、70軒以上の店を紹介する。

【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:08
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml