CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
平成25年度第1回大阪府障がい者自立支援協議会 [2013年11月06日(Wed)]
平成25年10月31日(木)午後3時から、大阪赤十字会館の会議室で平成25年度第1回大阪府障がい者自立支援協議会が開催されました。

議題は、
(1)第4次大阪府障がい者計画及び第3期大阪府障がい福祉計画の実施状況(平成24年度実績)について
(2)自立支援協議会各部会の検討状況について
(3)大阪府域における障がい者支援に関する課題について
など。

ケアマネジメント推進部会
地域支援推進部会
就労支援部会
重症心身障がい児者地域ケアシステム検討部会
高次脳機能障がい相談支援体制連携調整部会
発達障がい児者支援体制整備検討部会
障がい者虐待防止推進部会
アートを活かした障がい者の就労支援事業企画部会
身体障がい者補助犬貸与候補者審査選考部会
社会福祉施設等施設整備費補助金等審査部会
と、全体会のもとに10の部会がぶら下がりそれぞれ熱心な検討が行われているのですが、この検討状況そのものに不安を抱きます。
熱心であっても場当たり的な検討に、部会相互の重複や欠落を点検する必要があります。

それと、「大阪府」としての広域の観点から求められている役割も後回しになっているのではと危惧します。当日は事務局からの説明で大半の時間を費やし協議会としての「協議」はあまりできませんでした。
各地域で実施されている「地域自立支援協議会」の実態を収集し地域に資料提供するベーシックな活動と、多くの課題の中で何を優先的に検討し全体の中で調整する機能が事務局ないし「総合企画部会」として不可欠な印象です。
各々の部会がマニュアルや人材育成のプログラムなどを作成中ですが、整合性をとることと、実務に有効なものを期待します。

単に国に要望します、その資料にしますという結論ではなく
各地域・市町村の状況を一覧表にすること
取り組みとしての好事例を取りまとめること
マニュアルや指針を作成し配布すること
人材育成のプログラムを作成し実施すること
テーマごとの支援機関を組織化すること
などが当面の役割でしょうか。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml