CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ ナウシカ誕生〜尾上菊之助が挑んだ新作歌舞伎〜 [2020年01月23日(Thu)]
2020年1月25日土曜
午後11時00分〜 午前0時00分
NHKEテレで放送

「ナウシカ誕生〜尾上菊之助が挑んだ新作歌舞伎〜」
ひとつの新作歌舞伎に大きな注目が集まった。原作はあの宮崎駿が13年かけて描いた大作漫画「風の谷のナウシカ」全7巻。独創的な登場キャラクターや壮大な舞台設定、そして複雑に展開する物語をどう歌舞伎にするのか。この前代未聞の試みに挑んだのは、5代目尾上菊之助。彼は伝統的な古典歌舞伎の手法を駆使し、古典歌舞伎の文法で「ナウシカ」を描くことを目指した。この歌舞伎界を震かんさせた一大プロジェクトの行方を追う。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:35
テレビ 神戸は今〜阪神・淡路大震災から25年〜 [2020年01月15日(Wed)]
ハートネットTV「神戸は今〜阪神・淡路大震災から25年〜」
2020年1月15日(水) 午後8時 〜 NHKEテレにて放送

日本の地震対策への意識を大きく変えた阪神・淡路大震災。「震災は、社会的に弱い立場の人たちが抱える課題をより深める」と話すのは、NPO法人「よろず相談室」理事長・牧秀一さん(69)。発災直後から被災者の見守り活動を続け、「震災障害者」などの課題や、被災者が直面する困難を浮かび上がらせてきた。番組では、牧さん引退前の最後の活動に密着。震災から25年、神戸の現実を見つめる。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
テレビ 「震災を詠む 2019 [2020年01月14日(Tue)]
ハートネットTV「震災を詠む 2019」
2020年1月14日(火) 午後8時 〜 NHKEテレにて放送

ハートネットTVでは毎年、東日本大震災を詠んだ短歌を募集するともに、短歌の作者と選者が語り合う歌会を開いてきた。今回は12月に宮城県気仙沼市で開催、およそ250の歌が寄せられた。復興が本格化する中、様変わりしてしまったふるさとへの戸惑いや、薄れがちな記憶を未来に残そうとするもの、苦労の末に店を再建した喜びを詠んだ歌など、さまざまな作品が寄せられた。短歌を通して、被災地の人々の胸に秘めた思いを探る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:47
テレビ 「北極圏でラクダとくらす」 [2020年01月10日(Fri)]
2020年1月10日金曜 夜10時から NHKEテレにて放送
「北極圏でラクダとくらす」

ノルウェー北部の北極圏の島でラクダを飼育することになった家族。ノルウェーの壮大な風景の中、家族とラクダの絆を子供の繊細な目線を通じて描く心温まる物語。
ノルウェーの北極圏の島に暮らす一家が、動物と触れ合える観光施設を作ることを計画、島にラクダを連れてくる。いつかラクダに乗ることを夢見て、世話に励む子供たち。しかし、ラクダの調教が思いのほか難しいことが分かった家族は、調教師を探しにモンゴルのゴビ砂漠で開かれるラクダ祭りに参加する。その後、モンゴルから調教師が島にやってきて、ラクダの訓練が始まるが、モンゴル式のスパルタ調教法が思わぬ事態をもたらす。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:01
テレビ NHK障害福祉賞2019「うさぎと一緒に」 [2020年01月07日(Tue)]
NHK障害福祉賞2019「うさぎと一緒に」
2020年1月7日(火) 午後8時 〜 NHKEテレで放送

障害のある人やその家族などが体験をつづる「NHK障害福祉賞」。今回は優秀賞を受賞した石川洋子さん(34)の作品「うさぎと一緒に」を紹介する。明るく好奇心旺盛な幼稚園児の娘だが、時にかんしゃくを起こし暴言を吐いてしまう…。このままでは誰にも理解されなくなってしまう、と焦り、きつく叱っては後悔する母。発達障害があると診断された娘とどう向き合うか悩み苦しんだ末に、新たな道を歩み始めた親子の体験記を紹介。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:56
テレビ 未来への分岐点 [2020年01月01日(Wed)]
2020巻頭言 10 years after  未来への分岐点 (仮)
2020年1月1日(水) 午後9時〜NHKGテレビにて放送

“これからの10年が人類の未来を決める”いま、世界の様々な分野の研究者が口をそろえる。地球温暖化、食糧や水の問題、そしてAIや生命工学など進化し続けるテクノロジー…。こうした難題に、これからの10年どう向き合っていくのか。それが人類にとって、大きな“分岐点”になるというのだ。もしも対応を誤れば、世界は後戻りできない“ディストピア”となってしまうかもしれない…。番組は、深刻化し始めている問題の最前線をルポするとともに、最先端のコンピューターグラフィックスで未来の姿を映像化する。番組MCは、武田真一アナウンサーと、いま注目の若手実力派女優、清原果耶さん。豪華ゲストとともに、世界の“知の巨人”たちや、未来を切り開こうと奮闘する若者たちの言葉にも耳を傾ける。そして、次の世代に確かな未来をつないでいくためにわたしたちに何ができるのか、考えていく。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 17:21
テレビ 令和家族 幸せ探す人たち [2019年12月26日(Thu)]
令和家族 幸せ探す人たち
2019年12月28日(土)
午後9時00分〜NHKGテレビにて放送

19世紀のロシアの文豪・トルストイは、「幸福な家庭はどれも似ているが、不幸な家庭はそれぞれに不幸なものである」と語ったが、今や家族という固定した枠組みは崩れ、幸せの形も一様ではない。この番組では、家族の形が多様化する中で、葛藤を抱えながらも、それぞれの幸せを見つけようとする家族とそこから何かを得ようとする著名人の姿を同時並行で描く、言わば二重構造のドキュメンタリーである。
番組は、2組の家族の幸せを求める姿を追う。虐待やネグレクトなど、様々な理由で実の親と一緒に暮らすことのできない子どもたちが暮らす里親家族。訪ねるのは、自らも幼い頃に両親が離婚し、祖父母のもとで育てられた経験のある関ジャニ∞の横山裕さん(38)。横山さんは、血縁のない人たちが、親子になろうとする里親家族に何を見るだろうか。もうひとつは、30年以上前に夫をがんで亡くしながらも、伴侶を亡くした孤独を乗り越え、94才の今も精力的に活動を続ける脚本家の橋田壽賀子さんの日常を、一昨年、長年連れ添った妻を亡くした元プロ野球監督の野村克也さん(84)が見つめる。生きる意味を見いだせず、抜け殻のような状態になったと言う野村さん。橋田さんと出会うことで、残りの人生を生きる支えを見つけることはできるだろうか。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:08
テレビ ハートネットTV「B面談義 #12」 [2019年12月23日(Mon)]
ハートネットTV「B面談義 #12」
2019年12月23日(月) 午後8時 〜 NHKEテレでの放送

ちまたのニュースをテーマに濃すぎるゲストが独自の視点で赤裸々トーク!2019年締めくくりの話題は、「双子のベビーカーバス乗車拒否問題」「“リチウム電池の父”ノーベル賞受賞」「“薬物依存”と報道」など。あけすけなろう者の女子を新メンバーに加え、千原ジュニアも真っ青の、エッジの効いたトークで、スタジオ大盛り上がり!
司会は千原ジュニアさん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 11:03
テレビ キャッシュレス×障害者 [2019年11月21日(Thu)]
キャッシュレス×障害者
NHKEテレにて放送
2019年11月21日(木)夜8:00から

10月の消費増税に伴い、クレジットカードなど「キャッシュレス」で支払えばポイントが還元される制度が始まり、キャッシュレス化が急激に広がっている。現金での支払いに時間がかかっていた視覚障害者の中には、スマートウォッチまで使いこなし快適なキャッシュレス生活を送る人も。一方で、知的障害や発達障害のある人は「見えないお金」が苦手な人が多いためクレジットカード自体をもってない人も少なくない。国も推し進めるキャッシュレス化は、障害のある人たちの生活にどんな影響をもたらすのか?
出演者は秋元才加さんほか

視覚障害がある人にとってキャッシユレスは便利!? 最新のキャッシュレス生活を送る野元和明さんに密着

“ダウン症のイケメン”あべけん太さんはクレジットカードを 持たない現金派。それには大きな理由があった…

秋元才加さんが最後に語った「意外な発見」とは?

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
テレビ 心が躍る生物教室 [2019年11月19日(Tue)]
ハートネットTV「心が躍る生物教室」

2019年11月19日(火) 午後8時 〜 NHKEテレにて放送
「この植物は何?」と先生が聞くと「良くもみ杏仁豆腐!」「つるカタ光沢!」と生徒たちが答える。視覚障害のある中1の生物授業だ。よくもむと杏仁豆腐の香りがするのは桜の葉、表面がツルツルで縁のギザギザが痛いのはクスノキの葉だ。生徒たちは触覚、嗅覚、聴覚で感じたままを言葉にして植物を特定する。蚕の学習では0・3ミリの卵から成虫の交尾を経て卵を残すまで、巡る命の全てを「観る」。生き生きとした授業に密着する。

もうひとつ 同じく夜10時からNHKGテレビにて放送
車上生活 社会の片隅で…

「車しか行き場がない」と道の駅の駐車場などで暮らす車上生活者たち。トラック運転手の職を失い、亡き妻との思い出が詰まった車で、食うや食わずの生活を続ける60代の男性。幼少期の虐待が原因で対人関係がうまく築けず、各地を転々とする20代の男性。認知症の妻が徘徊をするため「誰にも迷惑をかけたくない」と高速道路のサービスエリアで車上生活を送る70代の夫婦も。社会の片隅で車上生活を送る人々の実態を追う。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml