• もっと見る
最新記事
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 調査報道・新世紀 子どもを狙う盗撮・児童ポルノの闇(前編) [2024年06月08日(Sat)]
調査報道・新世紀 子どもを狙う盗撮・児童ポルノの闇(前編)
2024年6月8日(土) 午後10:00〜NHKGテレビで放送

現代社会の様々な闇・謎に迫る大型シリーズ。今回は「SNSコミュニティー」で広がる子どもへの性的搾取の実態だ。最近相次ぐ教師や塾講師による子どもへの性加害や盗撮事件。潜入取材から見えてきたのは未成年者をねらうコミュニティーがSNS上に無数に広がり数千人規模のグループも存在する衝撃の実態。そして仲間同士の結びつきが悪質な性犯罪へと駆り立てていく構図だった。この危機的な状況に社会に何ができるのか問う。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:21
テレビ 医療崩壊を防げ!救える命を守る [2024年05月31日(Fri)]
ガイアの夜明け【医療崩壊を防げ!救える命を守る】
2024年5月31日(金) 夜10:00〜テレビ大阪で放送

救命3年目の女性医師に密着!“命の現場”で人命と働き方をどう両立?いまも過酷な医療現場…医師不足をITで解決する秘策とは!?
建設業界や物流業界で進んでいる「働き方改革」。それが、長時間労働が当たり前だった医療業界にも広がっている。大学病院などに勤務する医師らが対象で、これまで無制限だった時間外労働に、年間960時間の上限が設けられる。ただ、医療現場は生死の瀬戸際にある患者も運ばれてくる、いわば「命の砦」。救える命は何としても救わなければならない。医師たちはいかにして、この逆風に立ち向かうのか、その最前線に迫る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:11
テレビ eKoes 合理的配慮 [2024年04月09日(Tue)]
ハートネットTV eKoes 合理的配慮
2024年4月9日 午後8:00 ~ NHKEテレで放送

みなさんから番組WEBサイトへ寄せられた投稿をラジオ形式でとことん紹介する新企画「eKoes」。初回のテーマは、対話を通じて困り事を取り除く「合理的配慮」です。
社会学者の岸政彦さんが、WEBサイトに寄せられた投稿をラジオ形式でとことん紹介する新企画「eKoes」。第1回目は、障害のある人との対話を通じて社会の中の困りごとを解決する「合理的配慮」について、インクルージョン研究者の野口晃菜さんと一緒に考えます。学校や職場におけるお悩み・体験談・解決策。4月から事業者にも合理的配慮の提供義務化が始まる中で知っておきたい考え方など、様々な角度から語り合います。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:18
テレビ 裁判に参加する〜京アニ放火殺人事件〜 [2024年02月11日(Sun)]
2024年2月11日(日)早朝4時50分からABCテレビで放送
「裁判に参加する〜京アニ放火殺人事件〜」

殺害された寺脇(池田)晶子さんは京アニの看板アニメーターだった
2019年、京都アニメーション第一スタジオに男が侵入し、ガソリンに火を付けて放火。36人が死亡した。遺族となった寺脇譲さんは「息子に人を恨んでほしくないという」思いから、妻を殺めた人間を「青葉さん」と呼んでいる。寺脇さんは事件から4年後に始まった裁判に「被害者参加制度」を使って参加し、被告への質問を重ねた。しかし、聞きたかったことの多くは、質問をすることが許されなかった。裁判と向き合った遺族の記録。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:56
テレビ 兄と妹〜北新地放火殺人事件2年〜(仮) [2024年01月27日(Sat)]
2024年1月28日(日)深夜 0時50分からMBSで放送
兄と妹〜北新地放火殺人事件2年〜(仮)

2021年12月、大阪北新地の「西梅田こころとからだのクリニック」で起きた放火殺人事件。容疑者を含む26人が亡くなった。犠牲者のなかには院長の西澤弘太郎さん(享年49)もいた。番組を制作するディレクター(当時入社1年目)が西澤院長の妹の伸子さんに出会ったのは事件から3カ月後。最初の印象は意外にも「明るい人」だった。伸子さんは事件直後から自分にできることを考え、クリニックの元患者と交流を続け、メディアとも向き合ってきた。後に聞くと「悩んでばかりいても仕方ない、兄はきっと私に笑っていてほしいだろう」そんな思いだったという。
一方で、容疑者死亡で事件の動機はわからないままだ。唯一の手掛かりとも言えるのが2019年に起きた京都アニメーション放火殺人事件。70人が死傷したこの事件で被告の男は一命をとりとめた。2023年9月、被告の裁判員裁判が始まり、伸子さんは事件の動機の手がかりを得たいとの思いから傍聴に行く。傍聴を終えて伸子さんは号泣した。そして大量殺人を起こした2人の男の共通点を見つける。
伸子さんが出した一つの答えは加害者支援の道だった。
被害者に寄り添い続けながら、罪を犯した加害者の心の奥を知る。犯罪被害者である伸子さんの2年間の歩みを伝える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
テレビ 「“差別の壁”を越えて〜京都・崇仁地区〜」 [2024年01月07日(Sun)]
「“差別の壁”を越えて〜京都・崇仁地区〜」
2024年1月7日(日) 午前8:25 〜NHKGテレビで放送
去年10月、京都市立芸術大学が被差別部落として複雑な歴史を抱える崇仁地区に移転。地域と向き合うことになった芸大生はここで何を学び、どのようなものを生み出すのか。 崇仁地区に移転した大学の新たな方針は、土地の歴史や文化とつながり芸術を生み出すこと。この地域で長年続いてきた「皮革業」に関心を持った芸大生は、革を使って作品づくりに取り組む。しかし、住民との交流を通して、差別が続いている現状を知ることに。差別や偏見にさらされ続けてきた人との対話を通して、芸大生は作品づくりにどのような意味があるのか考えを深めていく。“差別の壁”と向き合う先に、何があるのか。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:12
テレビ マザーシップ 地中海“死のルート” 難民救助船の日々 [2023年12月25日(Mon)]
2023年12月25日(月) 午後10:40 〜NHKBSで放送
「マザーシップ 地中海“死のルート” 難民救助船の日々」

地中海で活動する難民救助船に同乗し、危険なレスキューの現場と難民を一時受け入れ国に送り届けるまでを記録。リビアから欧州を目指す「死のルート」で何が起きているのか
「マザーシップ 地中海“死のルート” 難民救助船の日々」 〜2023年 仏・ベルギー Temps noir/Thank You&Good Nightproductions/France Televisions/RTBF他制作〜
(C)Temps noir – Thank you and good night productions 2023

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:04
テレビ ほとぼり〜1926 木本事件を追う〜 [2023年12月23日(Sat)]
2023年12月23日(土)早朝4時50分からABCテレビで放送
「ほとぼり〜1926 木本事件を追う〜」

犠牲になった朝鮮人らによって建設された木本トンネル
1926年1月、三重県木本町(現・熊野市)で、朝鮮人2人が集団化した町民によって虐殺された。町民とトンネル工事に従事していた朝鮮人のトラブルで朝鮮人が負傷。「朝鮮人が町に火を放つ」とのデマが流れ、それ信じた町民が武装。20代の朝鮮人男性2人が殺害された。関東大震災で起きた朝鮮人虐殺と似た構図で、2年以上もあとになって起きた「木本事件」。事件が風化している実情と、事実を後世に伝えようとする人々の願いを伝える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:19
テレビ 歪んだ“正義”か“世直し”か 〜私人逮捕系動画の波紋〜 [2023年12月13日(Wed)]
歪んだ“正義”か“世直し”か 〜私人逮捕系動画の波紋〜
2023年12月13日(水) 午後7:30 〜NHKGテレビで放送

痴漢や盗撮など、犯罪行為をしたと主張して取り押さえ、その様子をネット上に投稿する「私人逮捕」系と呼ばれる動画。主に30〜40代に人気となる一方、投稿したユーチューバーが相次いで逮捕されるなど、大きな問題になっている。なぜ動画が拡散するのか。取材を進めると、収益のために再生回数を増やそうと過激化している実態や、警察・行政への不信感、さらに社会の閉塞感も浮き彫りに。「私人逮捕」系動画の波紋を追う。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
テレビ 若者たちと旧優生保護法 [2023年12月06日(Wed)]
ハートネットTV #ろうなん 12月号 若者たちと旧優生保護法※字幕スーパー
2023年12月6日(水) 午後8時00分 〜 午後8時30分 NHKEテレで放送

1948年に成立し1996年まで続いた法律・旧優生保護法。「不良な子孫の出生を防止する」ことを目的に障害者への強制的不妊手術を行うことを認めていた。被害者は約25000人にも上り、今38人が国に謝罪と賠償を求めて裁判中だ。そんな中、被害者を支援する、ろうの若者たちがいる。自分たちが生まれる前の出来事にどんな思いで関わるのか。コーダで「この問題は他人事ではない」と語る五十嵐大さんがリポートする。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:58
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml
最新コメント