CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 映像シリーズ40年〜関西発・真夜中のドキュメンタリズム〜 [2020年11月28日(Sat)]
11月29日(日)深夜 0時50分からMBSテレビにて放送
映像シリーズ40年〜関西発・真夜中のドキュメンタリズム〜

1980年4月に「映像80」としてスタートしたMBSの報道キュメンタリー番組「映像シリーズ」。今年で放送開始から40年を迎えました。この間、戦争、障害、病気、差別、労働、教育、外国人、貧困・格差、えん罪などをテーマにその時代、その時代を映し続けて番組にし、視聴者に伝えてきた。
毎月、最終日曜日の深夜24時50分、MBSで「映像20」の放送が始まる。放送に至るまでには、およそ3か月間の取材と、2週間のポスプロ作業があり、何人ものスタッフの手により番組がカタチ作られていく。しかし、なぜ真夜中の放送なのか?いま、テレビ業界において、報道ドキュメンタリー番組の位置づけは、どのようなものなのか、MBSの編成担当者をはじめ、学識経験者などを取材。また、ローカルでドキュメンタリーを作り続ける意味とは、何なのか。同じ関西のライバル局や、東海エリアの系列局のドキュメンタリー番組制作者にも話を聞く。
番組では、40年間にわたって放送した番組の数々について、ダイジェストで紹介。進行役には「映像シリーズ」のナレーターとしても活躍する、MBSのニュースキャスター西靖アナウンサーを起用。「なぜ、番組が40年も続いているのか?」という素朴な疑問を振り出しにして「関西発・真夜中のドキュメンタリズム」の本質に迫る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:56
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/4033
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml