CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ "魔法のタオル"で大逆転! [2018年08月30日(Thu)]
2018年8月30日(木)夜10時〜 関西ではテレビ大阪での放送
"魔法のタオル"で大逆転!
倒産寸前から復活した感動物語
浅野撚糸 社長浅野 雅己(あさの まさみ)

今、女性の間で噂になっている人気のタオルがある。その名も「エアーかおる」。一般的なタオルより、吸水性、速乾性は1.5倍、洗濯をしてもボリューム感がなくならず、毛羽落ちも少ないという優れもの。
フェイスタオル1200円〜、バスタオル3200円〜と、決して安くはないが、愛用者に聞くと「一回使うと離れられない。普通のタオルは使えない」と口を揃えて言う。中でも一番の売れ筋は、従来のバスタオルの幅を半分のサイズにした「エニータイム」1800円〜。半分でも吸水性が高いので全身や髪を十分に拭け、洗濯もしやすいと主婦の間で話題となり、2007年6月の発売以来、累計販売枚数、約600万枚を超える大ヒット商品となっている。この人気のタオルを作りあげたのが、岐阜県安八町にある社員18人の中小企業「浅野撚糸」。浅野撚糸は、綿糸、化繊糸など、複数の糸をねじり合わせ、様々な「撚糸」を製造する企業だ。「エアーかおる」に使われている撚糸は、綿糸に水溶性糸(お湯に溶ける糸)を綿糸とは逆の方向に倍の強さでねじり合わせたもの。その糸をお湯につけて水溶性糸だけを溶かすと、元の方向に戻ろうとする反動で糸の間に空気の層が生まれ、それが驚異的な吸水力を生み出すのだ。業界では"魔法の撚糸"と呼ばれ、世界初の撚糸工法と評された。1969年の創業以来、撚糸の製造を手掛け、下請け企業として成長を遂げてきた浅野撚糸。しかし、かつては、売り上げが半減し倒産の危機に見舞われた時期もあった。そのどん底経営を立て直したのが2代目社長となる浅野雅己。最後まで決して諦めず、オンリーワン商品を開発し、見事、復活を遂げた小さな町工場の大逆転劇の全貌に迫る。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:05
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/3207
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml