CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 逃げられない世代 ――日本型「先送り」システムの限界 [2018年07月22日(Sun)]
宇佐美 典也 (著)
「逃げられない世代 ――日本型「先送り」システムの限界」 (新潮新書)
800円(税抜き)

2036年。あらゆる問題を「先送り」してしのいできた日本に限界が来る。これ以上の「先送り」は
不可能になるのだ。年金、保険などの社会保障はもとより安全保障に至るまで、国家システムの破綻は
回避できるのか。危機の本質を政官のメカニズムに精通した若手論客が描き出す。
なぜ国会では何も決まらない? 財政破綻は近い? 異次元緩和の利得者は? 日米同盟は盤石か?
すべての議論の出発点となる画期的論考!

はじめに

第1章 先送り国家日本の構造と「逃げられない世代」
キャリア官僚から放浪生活へ 経産省内からの「改革」 なぜ若手レポートは世に出
たか 「明るい未来が一切見えない」 問題はどこにあるのか 「わかっているけ
ど、対策は打たない」 短期志向にしかなれない政治家 異動を繰り返す官僚「先送
り」が効いた時代 「刹那的」になるしかない野党議員 バカげた採決風景アメリカ
人が書いた憲法 人口ピラミッドの逆転 2036~40年に来る限界点 埋没する
日本 購買力平価(PPP) 「逃げられない世代」の宿命

第2章 社会保障の先送り課題について
最大の政府予算部門 財務省への大いなる勘違い 年間利払費 消費増税で解決で
きるか 社会保障費の使いみち 民主党政権はなぜ予算削減に失敗したか 自民
が仕掛けた時限爆弾 少子高齢化は自業自得 社会保障費はいつまで膨らむか
「裏の財布」年金積立金 もし株高が止まったら 「異次元緩和」とは何だったか
ゼロ金利の二つの効果 あえぐ地方銀行 限界点は20年後に 三位一体の先送り構図

第3章 迫り来る安全保障の危機
経済産業省の源流 太平洋戦争を支えた組織 安全保障に想定外は許されない 東
條英機の弁護人 希少資源と過剰人口 金本位制 軍人・永田鉄山の遺した理論
盲点だった石油依存 岸信介のドイツ視察 フルセット型産業構造 経済より国防
が格上 アメリカが描こうとした平和 「ブレトン・ウッズ2」とその限界 なぜ
70年戦争をしないで済んだのか? サービスと対価 冷戦と憲法9条を巡る議論
反米に転じた朝日新聞 佐藤栄作の危険発言 中国は「21世紀の大日本帝国」
「第一列島線」「第二列島線」 現状変更に躊躇しない アメリカの三つのシナリオ
恐れているから守る

第4章 私たちはどう生きるべきか?
未来は真っ暗なのか? まだ伸び続ける寿命 受給開始年齢引き上げ 労働→自活
→引退 会社に守られない苦しさ 「求められる」×「できる」 スキル、仲間、
ブランドが要る 『LIFE SHIFT』の予言 2倍になった余生期間
私たちはどれくらいもらえるか 「50%を下限とする」 現役時代の25%を確保せよ
財政破綻のタイミング どの税をどれだけ上げるか やっぱり消費税増税 異次元
緩和をどう「店じまい」するか 年金積立金の再登場 資源航路にあるリスク
「取引材料」にされないために わずか7%のエネルギー自給率 原子力発電を有す
る意味 自由貿易の未来 日本の未来は明るい 本当の知恵と活力

おわりに

お勧めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/3168
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml