CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
大阪重粒子線センターオープン [2018年03月01日(Thu)]
スワンのお店を出させていただいている大阪国際がんセンターの隣に、がんの新しい放射線治療を行う「大阪重粒子線センター」が3月オープン
重粒子線は放射線の一種で、従来の放射線治療より高い効果が期待できるという。同種施設は西日本では兵庫県たつの市と佐賀県鳥栖市の施設に次いで3か所目だが、交通の便のよい都心部での立地は初めて。
センターには、直径17メートルの円形加速器が設置され、炭素イオンを光速の約70%まで加速した重粒子線を作り出す。患者は、重粒子線が照射される3台の治療台にそれぞれ横たわって治療を受ける。対象は外来患者のみで、年間800〜1200人を想定。頭頸部や肝臓、肺などの様々ながん治療が可能で、4月に保険適用が始まる前立腺がんは3週間の通院治療で済むという。外来患者を受け入れ、診察や検査を行い、10月に照射を始める予定。
なお、毎週月曜日には大阪国際がんセンター1階ロビーで、大阪手をつなぐ育成会がスワンのパンを引き続き販売します。お立ち寄りください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:18
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/3025
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml