• もっと見る
最新記事
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 介護奮戦 [2017年11月29日(Wed)]
リハビリ・介護を生きる 介護奮戦
2017年11月29日(水)30日(木)2夜連続
NHKEテレにて、夜8時から

好きな仕事と気ままな独身生活、ところがひとり人生を謳歌していた母親に突然異変が…サイエンスライターの「50代独身男」が認知症になった母親を介護しました。その経験をリアルに描いた著書『母さん、ごめん。』が評判です。
医者を嫌がった母の診断に遅れ、後手後手に回った介護、そして進む症状と体の衰え。母との葛藤と介護ストレスで息子は精神のバランスも崩してしまいます。そして失禁とトイレの失敗と過食…。松浦さんの体験記に基づいて、認知症介護の実際と課題を2回にわたって考えます。

(1)母さん、ごめん
松浦晋也さん(55歳)が実家の母と同居したのは2011年、その3年後、母の異常に気づきます。部屋が片付けられない、料理を手抜きするようになった。しかし母の症状を認知症だと認めたくなかった松浦さんは、医者の診断など必要な手立てに遅れをとります。そして母は介護する松浦さんに抵抗し衝突するようになります。
「何で私が病院に行かなくてはいけないのか」「きちんと私の面倒を見ないお前が悪い」「オムツなんかはかない、いやのものは絶対いや」
松浦さんは介護の疲れとストレスから「自分が壊れはじめた」と語ります。
そしてついに母親に手を挙げてしまいます。そして……
高齢化と少子化、いまや一人で親を看る男性介護者は全体の3割に上るとされています。認知症介護の実際を松浦さんの体験記から考えます。

(2)何しろ他人事ではないのだ
松浦さんは、母親が祖父の介護をする姿を見てきたため、「親の介護は自己責任」と考え、当初は公的介護保険制度を利用することが頭に浮かばなかったと言います。母の介護を一人で抱え込み、認知症の症状が悪化し、ようやく地域包括支援センターに助けを求めます。そこで松浦さんはケアマネジャーなど介護のプロのノウハウに接します。デイサービスを拒む母をうまく連れ出してくれたり、要介護認定の引き上げを相談すると、主治医の変更を提案。母に手を挙げてしまった時には、二人を引き離すべく2週間のショートステイ利用を手配してくれました。
介護保険制度に助けられた著者は実感します。
「高齢者の介護は事業だ。感情とは切り離して考えなくては、完遂は覚束ない」
自宅介護が限界と感じた松浦さんは2017年1月、母をグループホームに入居させます。「最後は後悔と安堵が入り交じった気持ちだった」松浦さんの体験を公的介護サービスとの関わりで考えます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:40
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/2933
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml
最新コメント