CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 傷ついた“脳” 見つけた“力” [2016年09月27日(Tue)]
2016年9月29日夜8時から
NHKEテレでの放送
傷ついた“脳” 見つけた“力”
ディジュリドゥ奏者・画家 GOMA×脳科学者 茂木健一郎

「僕の脳は今、どうなっているのか」記憶の壁と向き合いながら活動を続ける、ディジュリドゥ奏者で画家のGOMAさんが、脳科学者の茂木健一郎さんとともに、自身の脳の不思議を探ります。
世界最古の管楽器といわれる、オーストラリアの先住民族“アボリジニ”の楽器「ディジュリドゥ」。その世界的奏者として活躍するGOMAさんは、国内外のライブに多数出演するなど、順風満帆なキャリアを歩んでいた2009年、交通事故で脳を損傷。高次脳機能障害をおいました。一時は、自身がディジュリドゥ奏者だったことをはじめ、事故前10年の記憶の多くを失った。今も、新たな記憶を長く保てない、注意力が散漫になりやすい、極度の集中や緊張で突然意識を失うなど、さまざまな症状と闘っています。
一方、事故をきっかけに突如「絵の才能」が開花。描かずにはいられない衝動にかられるようになり、自身が見ている世界を、点描画に落とし込み続けています。今年2月には初の海外個展を開催するなど、その作品は高く評価されています。
事故から7年、傷ついた“脳”で生きる中で見つけた、新たな“力”とは。GOMAさんが、茂木健一郎さんとの対話を通し、自身の“脳”と向き合います。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:54
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/2503
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml