CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 精神障害者の戦後 ―病院か地域か― [2015年06月03日(Wed)]
貴重な映像が見られるNHKEテレの「シリーズ 戦後70年」
2015年6月3日(水曜)夜8時からの放送は、
第4回 精神障害者の戦後 ―病院か地域か―(仮)

第4回は“精神障害”のある人がどう生きてきたのか。今、精神障害者の長期入院が大きな問題となっています。先進諸国の精神科の在院日数は平均20日程度ですが、日本では1年以上長期入院している人が20万人に上り、症状が良くなっても病院にとどまる「社会的入院」も数多くいると言われています。なぜ多くの患者が病院から出られないのでしょうか。背景には、患者の人権より治安を重視し、精神障害者を「隔離収容」してきた戦後の歴史があります。統合失調症やうつ病など精神疾患は誰でもかかりうる病。精神障害者もそうでない人も、どうしたらともに地域で暮らせるのか、当事者たちの歴史をたどり考えます。
出演は、サヘル・ローズさん(女優)
山本 深雪さん(NPO法人大阪精神医療人権センター副代表)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:12
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/2021
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml