• もっと見る
最新記事
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ “あの日”を語る料理店 [2024年03月11日(Mon)]
“あの日”を語る料理店
2024年3月11日(月) 午前0:00 〜NHKGテレビで放送

東日本大震災から13年。当時の体験や思いと結びつく、思い出の食事がある。「砂まじりのおにぎり」「味のしない高級ステーキ」など8つの物語を紹介▽出演ムロツヨシ 東日本大震災から13年となる3月11日。ある料理店を舞台に、案内人・ムロツヨシが語り始めるのは、当時全国各地にいた人たちの“思い出の食事”のメニュー。つらい記憶と重なる味もあれば、優しく寄り添ってくれた味もある。「砂まじりのおにぎり」「分け合ったお土産」「味のしない高級ステーキ」「最後に食べた目玉焼き」「先生が作ってくれたロコモコ弁当」など8つの料理を軸に、あの日のさまざまな物語を伝える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:00
テレビ 語れなかったあの日 自治体職員たちの3.11 [2024年03月10日(Sun)]
語れなかったあの日 自治体職員たちの3.11
2024年3月10日(日) 午後9:00 〜NHKGテレビで放送

宮城県庁や気仙沼市などで1000人を超える自治体職員たちに行われてきた聞き取り調査がまとめられた。発災直後、自らも命の危険にさらされながら手探りで救出活動にあたった消防士。被災現場から数多くの遺体を搬送し、土葬という非常措置への対応を迫られた市の職員。被災者の極限的な心情に向き合いながら奮闘した自治体職員たちが語る生々しい言葉には、大規模災害が相次ぐこの国の未来に伝えるべき教訓が詰まっている。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:16
テレビ 「3.11を忘れない92 命を守る言葉」 [2024年03月09日(Sat)]
2024年3月10日(日)早朝4時50分からABCテレビで放送
「3.11を忘れない92 命を守る言葉」

東日本大震災発生当日緊急放送にあたる山田理
「今すぐ高台へ避難を始めて下さい」この言葉は適切だったのかー。2011年3月11日、大津波襲来時に避難を呼びかけた山田理(岩手朝日テレビ)は自問自答を繰り返していた。訓練や過去の想定をはるかに上回る大災害発生時に、アナウンサーの言葉は人の命を救うことが出来るのか。東日本大震災から13年、再び大きな地震が元日の能登半島を襲った。度重なる自然災害を前に、緊急放送と向き合うアナウンサーたちの葛藤を追った。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
テレビ 福島 真冬のアイスクリーム店で [2024年03月08日(Fri)]
福島 真冬のアイスクリーム店で
2024年3月8日(金) 午後10:45 〜NHKGテレビで放送

福島県の山中、厳しい冬でも人気のアイスクリーム店がある。牧場のオーナーが30年前に開店して以来、搾りたてのミルクで作るアイスが地元の人に愛されている。ここには、さまざまな人が訪れる。ツーリングの途中に立ちよった人、温泉に行った後だからと、外で食べる人、子どもの時に家族と来たと思い出を語る人。30年にわたって福島の人々を見つめてきたお店で3日間、訪れる人々の声に耳をかたむける。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:51
テレビ 「抵抗の“種”をまく メキシコのキュートで過激なイラストレーター [2024年03月07日(Thu)]
「抵抗の“種”をまく メキシコのキュートで過激なイラストレーター」
2024年3月8日(金) 午後11:00 〜NHKEテレで放送

女性が日常的に暴力の犠牲になっているメキシコで、その理不尽さを訴える作品を発表し、同年代の女性たちを勇気づけているイラストレーター、マールの創作と葛藤を見つめる

マールは29歳。フェミニズムやLGBTQ+をテーマとした作品をネット上で発表。ポップながら反骨心溢れるメッセージが込められた作風は多くの若者の心をつかむ。1日に11人の女性が殺されているというメキシコだが男性優位の警察や政府には女性差別の視点が希薄だ。男性を恐れて生きる女性たちにとって、マールは憧れ。原題:Draw for Change! We are Fire−Mexico/ベルギー・2023年
(C)Clin d’oeil films.

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:50
テレビ 誰も取り残されない復興へ 東日本大震災から13年 [2024年03月06日(Wed)]
誰も取り残されない復興へ 東日本大震災から13年
2024年3月6日(水) 午後7:30 〜 NHKGテレビで放送

家が壊れたのに仮設住宅に入居できない人。故郷を離れ避難先を何度も転々とせざるをえない人。いつまでたっても復興できないのはなぜか?能登半島地震でも翻弄される被災者が目立ち始めている。背景には、国の復興政策が被災者の個別事情に応じた生活再建に十分に踏み込めていない現実があると専門家は指摘する。どうすれば「誰も取り残されない復興」を実現できるのか。どこまでが自己責任なのか?国や行政が果たすべき役割は?

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:48
テレビ イーロン・マスク ツイッター買収の波紋 [2024年03月05日(Tue)]
「イーロン・マスク ツイッター買収の波紋」前編と後編
2024年3月5日(火) と6日(水)どちらも午後10:40 〜NHKBSで放送

イーロン・マスクによるツイッター買収の裏で何が起きていたのか。前編ではツイッターを長年愛用していたマスク氏が「言論の自由」を掲げ、買収に至るまでの経緯をたどる。

ツイッターをテスラ社やスペースX社の宣伝に利用してきたマスク氏は、コロナ禍でテスラ社の工場が休止に追い込まれると「ロックダウンは憲法違反」と表明。以後投稿は政治色を強めていく。連邦議会乱入事件後にトランプ大統領のツイッターアカウントが停止されると、批判の矛先はツイッター社に。マスク氏は、ひそかに株の買収を始める。原題:ELON MUSK’S TWITTER TAKEOVER(アメリカ 2023年)

イーロン・マスクによるツイッター買収の裏で、何が起きていたのか。後編では、突然の大量解雇やツイートの規制撤廃など、マスク氏の行動について元社員らが証言する。

“表現の自由”を掲げたマスク氏がCEOに就任。トランプ氏や極右のアカウントを復活させ投稿内容の規制を緩めると、悪質な投稿が激増する。大企業は続々と広告を停止。テスラ社の株価も大幅に下落する。一方マスク氏は自分に不都合なアカウントを次々削除。“表現の不自由”と批判される。マスク氏の衝動的で矛盾に満ちた言動を追う。 原題:ELON MUSK’S TWITTER TAKEOVER(アメリカ 2023年)

(C)REUTERS/Andrew Kelly

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
テレビ ナイト ライト ライド [2024年03月04日(Mon)]
ナイト ライト ライド
2024年3月4日(月) 午前0:00 〜NHKGテレビで放送

突然現われた不思議なバスで、いざ真夜中の音楽旅行へ。音を探して途中下車。旅路で生まれる新たなメロディー。乗客はCHOCOPACOCHOCOQUINQUIN。 アーティストの前だけに現われる不思議なバス。今夜乗り込むのは、東京発のバンドCHOCOPACOCHOCOQUINQUIN(チョコパコチョコキンキン)。路上での音楽制作が話題の3人組が曲作りの旅へ出る。BGMはメンバーが選んだ名曲たち。夜の効果音スタジオや、誰もいない遊園地で停車し、理想の音を集めて曲を形にしていく3人。夜明けの終着地でどんな新曲を聞かせてくれるのか。新型ミュージックドキュメント。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:00
テレビ 記者たち〜多数になびく社会のなかで〜 [2024年03月03日(Sun)]
2024年3月 3日(日)深夜 0時50分からMBSで放送
記者たち〜多数になびく社会のなかで〜

新聞もニュースも、なくなる日が近づいているのだろうか。過酷な現実は見たくない。エンタメに心地よく浸っていたい。日本の新聞の発行部数は、20年前の半分近くに激減した。
社会の成熟度は、腐敗する権力を適切にチェックできるかどうか、よりマシな方向へ修正できるかにかかっている。だが、主権者である国民の判断を左右するニュースは弱っている。
PV数など過剰な数字主義に走って、ニュースを「コンテンツ」扱いする。取材に時間をかけた調査報道より、炎上狙いのお手軽なコンテンツがネット言論で大量拡散される。記者たちを軽蔑し、叩く声がSNSに溢れる。言葉が軽く飛び交う社会でマイノリティーたちには差別が襲いかかる。
こうしたなか、思いを託される記者たちがいる。隠される情報を掘り起こし、理不尽なことに真正面から闘って記者本来の仕事から撤退しない人たちだ。
「自分のなかで客観報道や表現の自由ってことは、ぜんぶ方便だったわけですよ。さぼってきた自分というのを忘れずにいたい」(神奈川新聞 石橋学)
「苦しんでいる人たちをほっておくことは、自分たちの首を絞めていると言いたい」(元毎日新聞 小山美砂)
「(本土の多くの人は)沖縄を苦しめていることに自覚すらない。深い断絶を感じる」(琉球新報 明真南斗)
ジャーナリズムとは何なのかー。それぞれの記者たちの姿から伝えたい。この時代にこそ、忘れてはならないその軸と土台を。この多数になびく社会のなかで。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:32
テレビ 私は いぶりがっこ〜秋田・横手〜 [2024年03月02日(Sat)]
「私は いぶりがっこ〜秋田・横手〜」
2024年3月3日(日) 午前8:25 〜NHKGテレビで放送
雪深い秋田に伝わる漬け物「いぶりがっこ」。とびきりおいしいと評判の80歳の名人がいる。食品衛生法の改正や猛暑に直面する中、笑顔を絶やさず作り続ける、そのワケは? 橋朝子さん80歳。手作りのいぶりがっこは、すぐ完売。大根を種から育てて収穫、3日間弱火でいぶし、家庭に伝わる味で漬け込む。実は販売を始めたのは60歳の頃。「おいしいから譲って欲しい」と言われたのがきっかけ。「誰かに認められる喜び」を知ったという。しかし食品衛生法改正に夫の体調悪化が重なり一時は廃業も考えるまでに。そんな時、ある出来事が。模索しながらのいぶりがっこ作り、その先に待っていたのは?

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:31
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml
最新コメント