• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
蓮舫の未来? 有り得ない [2024年06月23日(Sun)]
蓮舫の未来?

蓮舫営が“敵の本丸”八王子に殴り込み! 猛烈「#萩生田百合子」批判の大合唱
日刊ゲンダイ

萩生田批判の大合

都知事選2日目の21日夕、蓮舫候補がJR八王子駅北口で街頭演説。
小池知事を支援する自民党の萩生田光一都連会長の地元で猛烈な「萩生田百合子」口撃を展開した。・・・・?????????????

※ 批判・噛み付きで政治が良くなるのか?
答えはNOです。
本当の希望は、これから起こる未来のことです。過去への希望なんてありません。
良い未来がやってきて貰えるところに「今(現代)の希望があります。
未来は現在の向こう側にしかないのです。
誹謗中傷、声を張り上げて罵りを1000年続けても希望ある良い未来は訪れません。

未来への希望というのは、今この瞬間に前向きに何とか少しでも今のこの状況を改善し、良い方向に持って行こうとして皆が努力し、その皆の思いが皆の合意となって、そして皆の意見として、皆の考え方として、皆の思いとしての集合意識の向こう側にあるものです。

みんなで現在を真剣に戦った先にこそ、今より少しでも良い未来があるのです。

・・・「希望ある日本の再生」小名木先生の序文の一節です・・・
人間の尊厳、人格の罵るだけの攻撃だけでは、汚れた未来しか訪れません!


供託金を払えば何でもできると言わんばかりの、無秩序で不埒な政党や候補者が跋扈する都知事選だが、例えば安全保障分野のような、都民や首都を守るための骨太な議論もしてもらいたい。
都知事選を利用するバカどもにかまわず、骨太の議論を。



さて・・・・

☆ 天皇陛下のご訪英で、世界の歴史が変わる。日英同盟

※ 日本は天皇がしらす国、なんです。メーリングリストの主宰者さんは、実はこうも言うてはります。愛子内親王殿下は、天皇陛下のお導きによって旧宮家の方と結婚される、と。そして男子をもうけてそのお方が天皇になるんや、と。主宰者さんは形を変えた「愛子天皇」論でもええ、とまで言うてはります。うーむ。これならサヨクも文句言われへん?

 いやいや、私は旧宮家の皇籍復帰が先やと思うんですがね。いずれにしても今の「皇室会議」には肝心の天皇が排除されています。こんなん、ぜったいおかしい!そんなものに従う必要はないんです。皇室のことは天皇陛下を中心に、皇室ご自身で決める、それが二千年以上続いた伝統なんや。

 私ら下々の国民がどうこう言える話やあらへん。そしてそうやって天皇陛下が日本を、世界を救ってくれはるんかも知れません。その第一歩が今日、しるされたんかも知れません。実り多きご訪英になることをお祈りしましょう。


Posted by 余生を憲法改正に! at 06:14 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
もはや暴動領域・・・ [2024年06月21日(Fri)]
求められているのは法治国家としての法の厳格な運用だ

https://yukokulog.blog.fc2.com/blog-entry-5307.html

「日本社会秩序崩壊の危機」

東京都知事選は、公職選挙法がなんのためにあるのかということが問われる選挙となる。

あの有楽町の街宣で事前運動を指摘されているレンポウだが、その後も懲りずに、街頭演説を繰り返し、ビラ配りなどもやっているという。

北村晴男弁護士が昨日アップしたYouTube動画「【蓮舫議員に告ぐ!】都知事選における公職選挙法違反疑惑を斬る!!」では、レンポウ陣営の公選法違反を断言し、レンポウが都知事選を戦うことすら無駄だと指摘している。

正直者が馬鹿を見る世の中であってほしくないが、不誠実な者が罰則を免れる世の中であってもいけない。当局は法に厳格に対応すべきだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もはや暴動領域・・・

◆ 都知事選に向けた事前選挙運動(公選法違反)?
◆ ポスター掲示板ハイジャック?
◆ ヌード写真掲示?
◆◆◆ なんでも有り、社会秩序破壊工作→最早「暴動」


● しかも、組織政党の公選法違反

限界に挑戦し続ける立憲共産党
選挙期間、投票日も明示し、候補者も明示して投票呼びかけ。
その上でさらに金集め。

やっぱり選挙違反の日本共産党 都知事選挙.jpg

さすがは幹部達が貴族生活するために搾取を行っている日本共産党。
あの手この手でお金集めするんですよね。

「自民にお灸を据えよう」
なんて言葉に乗せられて選挙をストレス発散に使ったりとか、
お試し政権交代詐欺にまんまと騙される人々→東京都民?

我々が
「一方的に不満を煽る」
このマスゴミの手口に再び騙されないようにすることが必要です。
それで地獄の民主党政権を作って日本を滅ぼしかけたんですから。

★★★★★ 日本のマスゴミは戦後ずっと、
特にこの30年ほどは異常なほど、
ネガティブな話題だけを繰り返します。
日頃から勉強していなくて
ネガティブな話題しかできないという事情もあるのでしょうが、
不満を煽るということこそ国家転覆、革命のための最も有効な方法だからです。

多少なりとも不満のない人などまずいないでしょう。

なのでそこに付け入って「不満あるだろ?不満」と煽って不満を大きくしていくわけです。
そうして負の感情を極大化させれば
たいていの人は論理的な思考ができなくなります。

★★★ そしてマスゴミは選挙の度に感情に基づいて投票させようと煽ってきました。

煽りに煽って狙い通りの結果にならないのなら
「民主主義は死んだ」と叫び、
狙い通りに政治の衆愚化に成功して自分達が応援している反日極左を勝たせたら
「民主主義の勝利!」
などと叫んできました。

日本のマスゴミの言うことの反対が正しい。
これは何十年と繰り返されてきた中で数多くの実例によって裏付けられています。

同じ失敗を繰り返さないためにも

・日本のマスゴミが一斉に同じ事を言いだしたら洗脳目的である可能性が非常に高い
・日本のマスゴミが感情論を持ち出したら論理的根拠がないということ

都知事選が招く日本社会崩壊の危機です・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:08 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
蓮舫事務所 勘違い公約? [2024年06月19日(Wed)]
職責勘違いではある都知事選候補予定者
−きょうも拾い物からスタート− (悪しからず)

蓮舫事務所@renho_office

東京都の財政規模は一般会計だけで8.5兆円、特別会計を入れれば17兆円。このお金が本当に正しく適切に使われているのか、蓮舫に洗わせていただきたい。
長く長く続く権力は、自分に都合の良いことばかりを言ってくる人たちだけの政治が行われる。
わたしは、本気の政治改革を行います。

◆「都の予算を蓮舫に洗わせていただきたい」
だそうですよ。

やっぱり仕事ができない立民議員らしい人罪ですね。

大切な所なので書いておきますけど、
★★★ 予算についてチェックするのは都知事ではなく都議会です。★★★

★★★ また、都民がチェックしておかしいと思ったら住民監査請求を出して
それを監査事務局がチェックするのです。★★★

・知事は「予算を洗われる側のトップ」なんですよ。

・別に予算を洗うのなら蓮舫は都議会議員選挙に出ればいいでしょうし、
都議にならなくても一都民の立場から予算を洗うこともできるでしょう。


ちなみに日本共産党のやっている
「神宮外苑の再開発見直し」
はしっかりと公約の細目に入っています。

神宮外苑の再開発は「民間がやっている事業」です。
これを都知事個人の思いつきで取り消すようなことがあれば
明治神宮側から賠償訴訟が起こされることは必至です。

そして東京都が勝てる公算はゼロです。

そうなれば多額の賠償金を都民の税金で払うことになるでしょう。
それに・・・ただでさえ共産党がバックに付いていて
立憲民主党という純粋な無能集団と違い、
組織としての力は共産党の方が上ですから、
蓮舫が都知事になれば東京都は
今の沖縄県のように共産党や中核派らしき人々が牛耳ることになるでしょう。

都知事選…共産革命暴動! [2024年06月18日(Tue)]
日本侵略 生活文化そのものへの侵略 !
−拾い物−

今! 都内の火葬場が大変なことになっているが・・・・・
日本人の極楽往生も支那の手に・・・
政府役人の国家防衛・統治能力はゼロか!

中国人が寺を爆買いか。1000万円から3億円までで10年未満の墓地が併設されている寺を購入し住職は派遣サービスで済ませる手堅いビジネス用。

また、宗教法人の代表は通常の営利法人よりも帰化申請が通りやすいと中国人の間で言われているそうだ。

「帰化申請」が通りやすい…!中国人富裕層に同行取材してわかった「日本の寺」を爆買いする「驚愕の理由」(現代ビジネス)
https://news.yahoo.co.jp/articles/89053ac6bc9f855826107268a6c435a717e3dc92

日本人が中国で会社を作って商売をするには厳しい制限がある。もちろん土地を買うことはできない。

それに引き換え中国人は日本でやりたい放題。
帰化さえすればすぐに政治家にもなれる。
左翼野党には朝鮮人などの帰化議員が何人もいる。
しかも有権者にそれを隠して当選している者もいる。

そして左翼マスコミはそれについて報道しない自由を存分に行使している。
そもそも蓮舫の二重国籍がここまで放置されていたのは異常なことである。

安易に日本の領土に対する野心を隠さない中国人や在日朝鮮人に帰化を認めるべきではない。彼らに必要なのは帰化ではなく強制送還のみである。

さて・・・・
約2千人を動員したと称する蓮 舫 都知事選立候補予定者による街頭演説…
しかし、都知事選が告示前の段階より都知事選への立候補を表明した運動は「事前運動」であり、この違法性を追及するメディアは皆無である!

派閥騒動から裏金疑惑、不正続きで逆風に晒される自公連立政権がバックアップの小池知事に対し、都知事選を衆院選の「前哨戦」と位置付けるマスコミは野党系である「蓮舫一択」の蓮舫プッシュで自公・小池連合への追及の気勢を上げる。

 とりわけ共産が主体になったと思われる蓮舫陣営は違法行為の事前運動があろうと、まったくお構いなし。数で押し切れ…とばかりに聴衆を大動員しては街頭演説活動もチラシ配りもなんのその…。

 支那(中国)からの帰化だろうと二重国籍だろうと、過去の何の疑惑が暴かれて追及されようと、とにかく都知事選を押し切れとの構えなのだろう。

 さながら蓮舫陣営の都知事選は組織的に人数を動員した「共産革命」の様相であり、暴力・暴動を伴なわないが、「大々的な事前運動という違法行為を伴なう共産革命」であり、これは広義では一種の暴動である。そしてこれを正当な選挙運動(?)として演出しているのはメディアである。

公職選挙法を守れない者が公約を守れるのか?

https://x.com/FIFI_Egypt/status/1802443340815958516?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1802443340815958516%7Ctwgr%5E71d607c65dbdda8d0cbeca65aecd15b543993acd%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fyamatogusa%2Fentry-12856488736.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:35 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
醜悪都知事選 [2024年06月14日(Fri)]
嘘つきレンポウ「20年間所属していた政党 ???????
を離れます」

???? 民主党、民進党、立民党って別モノじゃなかったのか?

「 今日は20年間所属していた政党を離れます。

政党を通じた政治活動ではなく。
無所属で、全ての都民のために働いていきたいと思います。」

なそうですが〜

【「蓮舫さんを勝たせましょう」 拾い物記事
立憲・枝野氏に公職選挙法「事前運動の禁止」違反疑惑…

枝野の演説内では、明らかに『特定の選挙の特定の候補者に投票を呼び掛けるキーワード』が含まれている。

(1)『知事と国会議員を兼職することができません。みなさんの力で、知事に当選させていただきたい』

(2)『世界に開かれた日本の窓口であるこの東京の政治が真っ当なものにならなければ、日本全体が真っ当なものになるはずがない。真っ当な都政を作るために立ち上がった蓮舫さんを、みなさんの力でなんとしても押し上げていただきたい。心よりお願い申し上げます』

(3)『みんなが安心して住める東京、そして日本を作っていきましょう。そのためにみんなで蓮舫さんを勝たせましょう。よろしくお願いします』


◆『選挙運動の三要素』を満たしています。

@ どの選挙に出るのか?
→「この夏、七夕に予定されている東京都知事選挙に」

A 誰が出るのか?
→「蓮舫が挑戦します」

B 投票を呼びかけたか?
→「みなさん蓮舫さんを勝たせましょう」
→「みなさんのご支援どうかよろしくお願いします」


当然「東京都内」の「有権者」に向けての直接的な発言ですので、「事前運動」の要件をすべて満たしていますね。

どう考えても、「今度の都知事選で蓮舫に投票してください」という趣旨の発言です。


◆ この様子をニュースで流したテロ朝も『公選法違反』であり「同罪」。

「蓮舫陣営が公選法違反疑惑」という見出しで報道したのなら別だが、
ただの蓮舫の「宣伝」放送ですからね。

「放送法四条違反」に加えて「公職選挙法違反」。 放送免許を剥奪すべき案件です。

それにしても・・・
都知事選…スキャンダル競争かなぁ〜
堕ちたものだ!
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:35 | 日本の闇 | この記事のURL | コメント(0)
日本の危機を救うのは高市さんしかいない [2024年06月07日(Fri)]
総理官邸にご意見を申し上げました・・・・

まことに醜く残念ながら、岸田総理は保身のために「憲法改正」を人質にとっているような気がしてなりません。
申し訳ないですが、下記内容に大きく賛同します。
都知事選を見てください。詐称と疑惑の醜い戦いです。
こんな日本に誰がした?
日本の危機を救うのは高市さんしかいない


2024年06月06日  祖国日本を救う運動
−草莽隊日記−ブログ−

 江藤淳はかつて「崩壊からの創造」を口にした。そのときよりも事態は深刻である。権威は音を立てて崩れ落ちている。政治はその力を発揮できないでいる。

岸田首相は憲法改正すらも、自己保身に利用しようとしている。今総選挙をすれば自民党は大敗して、政権を失うことになるだろう。

 一日も早く日本国民は結束しなければならない。そのためにも岩盤保守層をまとめて、その上で多数派を形成する必要がある。

ここで崩れてしまったのでは、民主党政権が誕生したときと、同じ轍を踏むことになる。

 自民党などなくなくなってもいいが、
日本国民の命と暮らしを守るためには、挙国一致の保守政権を樹立しなくてはならない。

個人の利害や打算を捨てて、我が身を捧げるような政治家に、日本丸の舵取りをお願いするしかない。

高市早苗さんしかいないのである。

高市さんを後押しする声が日本全国に響き渡れば、日本を守り抜くことができるのだ。

まずは自民党内で多数派を目指さなくてはならない。

麻生太郎元首相と菅義偉元首相が、高市さんを首相にすることで合意すれば、それだけで日本は救われる。

それ以外に選択肢は残されていない。自民党が変わらなければ、日本は大変なことになってしまうのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:25 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)