• もっと見る
« 2024年01月 | Main | 2024年03月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新コメント
自民党の保守派は世代交代を加速させるべきだ! [2024年02月29日(Thu)]
ピンチはチャンス
自民党の保守派は世代交代を加速させるべきだ!
2024年02月28日 −草莽隊日記−

 自民党の保守派は世代交代を加速させるべきだろう。
清和研の5人衆は立場を失っているが、それ以外の同派の議員たちは、自分たちが中心になって勉強会を立ち上げればいいのだ。

安倍元首相がやめろと言ったことを無視し、パーティ券を裏金として使った責任は重い。政治倫理審査会で釈明に追われるというのは、政治家にとっては最悪である。
 政治は権力闘争である。隙を見せれば攻撃され、政治生命を一瞬にして失うのである。安倍元首相がテロに殺害され、それ以降の清和研は、岸田首相の思いの通りに動き、結局は保守派の猛反発を買ってしまった。

◎ たいした国家観のない5人衆などを期待せず、今はただ政策的に一致する高市早苗さんの旗の下に、一致結束すべきときなのである。そして、11月の総裁選に向けて走り出せばいいのである。それまでに、岸田首相が解散に踏み切るとは、まずは考えられないからである。

 政治家は一度信頼を失ってしまえば、二度と元に戻ることはない。新しい酒は新しい革袋に盛れといわれる。

自民党内の保守派若手の時代を迎えたのである。
媚中派の長老などの意見を聞く必要はない。
岸田首相の二番煎じのような総裁が選ばれれば、そのときは自民党は終わりである。

 自民党などなくなってもいいが、日本が大変なことにならないようにするためにも、是非とも頑張ってもらわなくてはならない。悲観材料ばかりしかないように思えるが、自民党を立て直すには、今がチャンスなのであり、日本のチカラを発揮する上でも、政治がしっかりするしかないのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:24 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
国家生存権 [2024年02月22日(Thu)]
国家生存権
安倍氏暗殺後、岸田氏による安倍派の弱体化は成功しました。
−◎ 浮輪浮遊録 ◎− 抜粋転記

これにより安倍派からの新総理実現は現在のところ遠退きました。
しかしながら、旧安倍派系諸氏が自民等総裁選に「勝てる候補」を立てて「リモコン総理」を実現する目は残っております。
政治は勝ってこそ官軍であるゆえ、旧安倍派が他の旧派閥とともに「大同団結」できるか、注目されるところです。

・憲法改正は望ましいものの現時点では困難です。

・自民党にとっての急務は、創価系政党を切り捨てることです。

・問題は衆議院では自民党単独過半数は確実なものの、参議院ではわずかに届かないことです。

・しかしながら、不足は「旧同盟系労組支援による政党」を取り込み過半数を確保したいものです。

◆ 当然、憲法改正は夢の又夢に遠退きます。
しかしながら、憲法改正がないから国を守れぬなど戯言で、

☆☆☆☆☆ 「国家の生存権」の存在こそが憲法に勝る大前提です。

《 国の安全に資する法の改廃新設こそ、優先しなければなりません。》

※ 果てしなき夢は一度蓋をして、最後の望み! 着地点は?

派閥は失くすわけには行きません。派閥を否定するならば政党も成り立ちません。
派閥の運営は法に依って厳格にすることは当然です、しかも倫理・徳を基調として国家経営「国家生存権」に邁進して欲しいと願うばかりです。


Posted by 余生を憲法改正に! at 06:47 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
正邪真逆の日本を正そう! [2024年02月11日(Sun)]
嫌酷記念日?????
−拾い物につき真意不明− 原文転記

泉健太はマスゴミが守ってくれるからと
自分たちの事を棚に上げて「辞職しろ!」とかドヤ顔でやっている状態です。
まともな人間なら恥ずかしくてできない事ばかりやっています。

泉健太
「自民党の裏金議員は辞職しろ!」
(※立憲民主党はパーティー券収入不記載を「裏金」と言い続けている)

立憲民主党は昨年暮れにパーティー券収入不記載が発覚した
安住淳や辻元清美は全く処分していないどころか、
裏金問題追求の看板として抜擢している。

「過去に統一教会との関係がー!辞任しろ!辞職しろ!更迭しろ!」

立憲民主党は安住淳、岡田克也、枝野幸男らは
統一教会の機関紙に独占インタビュー記事で出ていた。
その他統一教会から献金やパーティー券購入をされている議員多数

「政治とカネ問題とは自民党とカネ問題のことだ!自民党を引きずり下ろして政権交代してクリーン・フェア・オープンな政治を!」

◆ そもそも現行の抜け穴だらけの政治資金規正法を作ったのは
現在立憲民主党に所属している小沢一郎。


陸山会事件の21億円や政党を潰すたびに
党に溜め込まれた多額の政党助成金が小沢一郎の政治団体に横流しされ、
事務所費だって1年で4億円ずつちょろまかしていたり、
儲けた政治資金から小沢一郎は不動産だけでも約20億円分購入していたりと
「政治とカネ問題の原点にして頂点」
そう言っていいでしょう。


本日皇紀2684年2月11日「建国記念の日」
正邪が真逆現象を起こしているかの日本…
祖国日本の建国、大いなる和の国「大和」文化に触れて真正保守勢力による「道義立国」日本再建を求めたいと思います。

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:47 | 日本の闇 | この記事のURL | コメント(0)
泉くん、まずは隗より始めよですよ [2024年02月03日(Sat)]
立憲民主党の泉代表は、31日新たに、岸田内閣の小森総務政務官と加藤国交政務官に派閥パーティー資金のキックバックについて不記載が判明したことについて岸田首相に「不誠実だ」と迫った。

泉くん、まずは隗より始めよですよ
-パチンコ屋の倒産を応援するブログ-(pachitou.com)

https://pachitou.com/2024/02/02/%e6%b3%89%e3%81%8f%e3%82%93%e3%80%81%e3%81%be%e3%81%9a%e3%81%af%e9%9a%97%e3%82%88%e3%82%8a%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%88%e3%81%a7%e3%81%99%e3%82%88/

また、自民党全体で「現時点で40人近くの裏金の議員が発覚している、異次元の裏金だ」と指摘し、岸田首相に対し、「すべての裏金議員に議員辞職を求めてはどうか、離党勧告や除名処分は行われるのか」と迫った。

その上で、実態解明のため、
@不記載議員のリストを2月5日までに提出
A全派閥を対象に不記載の実態に関する調査結果の提出
B二階俊博議員、塩谷立議員、萩生田光一議員、松野博一議員、高木毅議員、西村康稔議員、下村博文議員の政治倫理審査会への出席
C過去5年より以前の裏金の有無と額の調査と公表
D派閥による資金集め、所属議員への分配の禁止、派閥幹部による所属議員への分配の禁止
を求めた。

泉健太
「立憲民主党は次の内閣を設置した。政権を担うためのクリーンで有能な人材を多数揃えている。国民の皆さん、次期総選挙で政権交代を果たそうではありませんか。まずは裏金一掃政治改革救国内閣です。自民党を下野させ新政権発足を」
「裏金議員全員辞職しろ!

長妻昭
「立憲は100%記載している、もし不記載があるなら責任を取った上で、全部話して頂きたい!」

そもそも立憲民主党というのは
個人では戦後最高額の脱税を行っていた鳩山由紀夫が作り、
巨額のお金の横領が何度も指摘されてきた小沢一郎が大きくした民主党が
政党助成金を使わないくせに国に返すこともせず
200億円以上もの巨額のお金にしたものを
民主党分裂のタイミングで所属議員にばらまいて一気に使い込み、
それでもなお100億円近く残ったものを
国民民主党と合併という名目で吸い上げるなどしてきた銭ゲバ政党です。

裏金議員は全員辞職しろというのなら
立憲民主党の議員たちがまず辞職して手本を示すべき立場です。

小沢一郎 21億円
(ただし政党助成金など数十億の横領については時効扱いのためここにカウントされず)
西松建設からの裏金問題では重要参考人が電柱で首つりなど関係者が次々に死亡
西松問題を議員時代から追っていた元共産党国会議員が調査に訪れたソウルで客死

安住淳
パーティ券収入不記載
1人約1800円の会費でのホテルニューオータニでの支持者との食事会
(安すぎて持ち出しになっているのなら買収に当たる可能性がある)

辻元清美
パーティー券収入不記載
韓国人からの献金が判明、献金主の韓国人も政治献金だと認めているのに「後援会費ということにし忘れてました」と誤魔化した

蓮舫
事務所費架空計上を繰り返していた

鎌田さゆり
バックの電機連合と行った公選法違反で最高裁まで争うも有罪確定で公民権停止の過去あり

小西洋之
政治資金で自著爆買い

菅直人
現金がマイナスになる裏金がなければありえない収支報告書
北朝鮮の工作団体の市民の党に多額の政治資金環流
代表時代には党のお金も市民の党へ環流

枝野幸男、福山哲郎
ブルージャパンへ約10億円もの党のお金を環流させていた

その他いろいろありますよ。

今回は立憲民主党の重要基盤の一つである日教組、
その日教組の議員に注目してみたいと思います。

日教組の組織内議員である立憲民主党の水岡俊一議員の
令和4年度、つまり昨年の後援会の収支報告書を見ると
九段下にある日本教育会館という日教組の巣の7階に事務所があることになっています。

実際に行ってみればわかりますが、
後援会事務所とわかるような案内はゼロで
大部分が貸し会議室になっている7階のどこにも
後援会事務所と思われるようなものは見つかりませんでした。

これについては同じく立憲民主党の日教組議員である
古賀千景の後援会も全く同じで
後援会があるはずの設定ですがそのようなものは見当たりませんでした。

9年ほど前ですが、
安倍晋三総理(当時)が民主党の日教組系議員らが
日本教育会館からお金をもらっていると誤って発言したことがあります。

これに同党所属の山井和則が
「教育会館からの献金なんてない!嘘をついたことを謝罪しろ!」
と国会で謝罪と訂正を要求しました。

すると安倍総理は
「教育会館からの献金ではなくて日教組から直接献金されてました」
と訂正発言しました。

山井和則の見事なアシストにより
反日団体日教組との関係を
よりはっきりした形で国会議事録に残される事になりました。

その時にブログ主はちょっと気づいたことがありまして。

◆◆◆「裏金議員は全員辞職させなければならない。」

泉健太は立民についてはマスゴミが報道しない自由で守ってくれるので
このような発言をしているのでしょう。

ですが、立憲民主党所属議員には
政治とカネ問題の頂点に君臨していた小沢一郎を筆頭に
多数の政治資金問題が存在していたわけですし、
今回取り上げた日教組議員の事例のように
疑わしい事務所費計上の話もあります。

マスゴミは政治とカネ問題が自民党だけのように報じていますが、
それは立憲民主党にとって都合の悪い話をスルーし、
報道しない自由で隠しているからというだけに他なりません。

日本共産党にしてもれいわ新選組にしても
カンパとしてそこかしこで金を集めたりしていますが、
わざわざ現金で集めた分は本当に表向きの主張通りの数字なのか?
どこかに消えていないか?
政治資金パーティーを行いながら政治資金パーティーではなく集会と言い張って

収支報告書上の処理をごまかす動きを取っていることはどうなのか?

系列の反基地や反原発活動をしている自称市民団体の活動費用を
どのようなルートで回しているのか?
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:28 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
公明党が、また足手まといになっている [2024年02月02日(Fri)]
公明党が、また足手まといになっている
防衛装備品の輸出ルール緩和問題だ。

−とある憂国の士さまブログから転記−

◆ 故石原慎太郎氏には国会議員当時、その豊富で知的な語彙力を駆使した名質疑を遺したが、なかでも有名なのは、
2013年4月の安倍総理との党首討論で出たひと言である。憲法改正に関連し、石原氏はこう断言した。

「公明党は、必ずあなたがたの足手まといになりますよ」

 議場からは「失礼だ!」とのヤジも飛び、名指しされた公明党の山口那津男は「石原さんの見識が問われる」と強い不快感を示したが、

・石原氏の見識は問われるものではなく、再認識されるべきものだ。現下の政治情勢がそのことを物語っている。

・(与党政府へのブレーキ役というよりも)
-本質は邪魔をするだけのもので、やっていることは、自民党批判でしか生きられない特定野党と、根本的に変わらないのだ。



◆ 今回の自民党の権力闘争の背後には、財務省の影が見え隠れするという。

そこ出身の橋洋一氏がいうのだから、まんざら嘘ではないのだろう。
財務省の目的は言いなりになってくれる総理大臣をつくることだ。岸田派が消滅して麻生派に吸収されて、そこで大宏池会が誕生し、
上川外相が総理大臣にでもなれば、財務省は万々歳なのである。


・国益などはどうでもよく、省益が優先され、自分たちの既得権益を守ればいいのだ。

・岸田総理が駄目なのは、財務省に逆らえないことだ。
積極財政派の保守派を一掃されてしまえば、日本経済はメチャクチャである。

政治家が財務省に意向に反して、どこまで抵抗できるかである。
その目安が高市早苗総理総裁の誕生なのである。
官僚政治から脱却しなければ、いつになっても国民は浮かばれないのです。


※ 小石河はダメだと言うことは事実だが、どうやら上様もダメ候補に入れる必要がありそうですね・・・「小石河上」阻止、しかし…上様は活用はしたいがね!
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:54 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
安部さん路線を支持する [2024年02月01日(Thu)]
自民部会で公明批判続出 
防衛装備移転で「連立を解消してでも」
1/31(水) 毎日新聞

 自民党の国防部会・安全保障調査会合同会議は31日、防衛装備移転三原則の見直しについて議論した。出席議員から連立相手の公明党に対する反発が相次ぎ、「連立を解消してでも進めるべきだ」といった声が上がった。

【 三原則とその運用指針の見直しを巡っては、日本、英国、イタリアで共同開発する次期戦闘機を念頭にした国際共同開発品の第三国移転の結論が持ち越しとなっており、政府は与党に対し、日英伊3カ国の作業分担の交渉が本格化する2月末までに合意するよう要請したが、公明は慎重姿勢を崩していない。

 この日の会合では、「国益のためには、公明党の反対を押し切ってでも進めなければならない」「連立を解消してでも進めるべきだ」といった厳しい意見が出たほか、
「首相が直接、(公明の)山口(那津男)代表と話し合い、前に進めるべきだ」などと、首相のリーダーシップを求める声も上がった。【源馬のぞみ】

■ 自民党は一から出直さなければなりません。いい機会だ、公明と連立解消することです。選挙の結果、連立の組み替えをすればいい。
安保、防衛、憲法改正等々、公明とはやりにくいはずです。
自民は公明と手を切れば、また戻ってくる支持者もいるはずです。
他の宗教団体票とか、創価・公明嫌いな人たちが戻ってきますよ。その上で、
◎ 女性総裁で次の選挙を戦うべきだ。

◎◎◎◎◎ 次の総理総裁は保守の切り札である高市さんしかいない

 自民党の国会議員は勘違いしているようだ。コップの中の権力闘争によって、日本の政治のリーダーを決めれると思っている。しかし、世の中はそんな甘くはない。自分たちだけの数の論理で、押し切ろうとすれば、自民党は下野することになり、臍を噛むことになるだろう。

※ 岸田自民党は党員無視の議員選挙のみで次期総裁を決めたいだろう? と思うが、それは自民党の終わりを迎えるだろうね・・・

 最後の切り札は高市さんしかいないのに、大宏池会の復活を狙う勢力や、無派閥の菅義偉前総理周辺は上川陽子外務省を担ごうとしているようだが、いくらそんな画策をしても国民は納得しないだろう。

※ 上川おばさんは、確かに素晴らしい官僚能力を持っている。しかし、トップ力「棟梁運」が有るとは言いませんがね・・・

● とくに、上川氏の安全保障上の主張は「平和主義」の堅持であり、交戦権をどうするかの議論を避けており、明らかに護憲派に属する。さらに、靖国神社に関しても、やたらと「進歩」を口にするようでは、日本の国柄への配慮があるとは思えない。

 自民党が高市氏以外を総裁に据えるならば、その段階で、保守党としての幕引きをすることになるだろう。日本を取り巻く安全保障環境の急激な変化に対応するためには、米国との核のシェアリングか、さもなければ核武装は避けては通れなくなってしまった。この期に及んでもまた、国連中心主義や、アメリカの核に依存することは、非現実的な平和ボケでしかない。

 日本が国家として身構えなければ、「日本のチカラ」を発揮しなければ、日本が亡国の道を歩むことになるのだ。日本が瀬戸際に立たされていることを少しでも理解するならば、自民党の国会議員は、これまでのような数合わせに加担すべきではない。派閥を解消するということは、政策を中心にした党にすることではないか。そのことを肝に銘じるべきなのである。

※ 岸田さんは「憲法改正」を人質にして続投を画策するだろうが、まやかしだろうね…愚老は信じない。何しろ狡知会ですからね!

※ いわゆる安部派ですが、安部さんが目指した日本再生純化路線を旗印にして、上川さんを活用し、女性活躍政治路線も大義に据えるなら新党結成も期待したいのですがね。
勿論、保守新党、日本の尊厳と国益を護る会とも連携するなら、活路は大いにありますね!
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:45 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)