• もっと見る
« 2023年12月 | Main | 2024年02月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
今回の自民党のパーティー券収入不記載問題について [2024年01月24日(Wed)]
偏向報道が問題の全体構造を見えなくしている

◆ 今回の自民党のパーティー券収入不記載問題について
不記載なだけなのできちんと収支を説明できる資料と
収支報告書の訂正ができれば基本問題ありません。

立憲民主党は党事務方の大物、
秋元雅人が天下る予定だったブルージャパンに
党のお金を10億円も還流していた問題で説明責任を果たさず、
またマスゴミも立民を守るために追求せずにフェードアウトさせました。

日本共産党だって数々のダミー団体の活動資金をどこから融通させているのか、
その不透明なお金の流れやカンパ集めなど、
冷静に考えれば所得税法違反や政治資金規正法違反の疑いが濃いのに
日本のマスゴミは徹底して無視してきました。

集会ということにして実質は政治資金パーティーであることを誤魔化し
収支報告書への記載を回避しようという
胡散臭いお金集めをしていたりする問題だってあります。
(日共、れ新)

さらには票の取りまとめを受ける地方議員が報酬を求めるのが当たり前になってますし、
いまでも選挙となれば金をせびる老人が湧いてくる地方なんてのもあるわけです。

鳩山由紀夫なんて選挙では奥さんの幸氏や後援会が
お菓子やビール券などを配っていたことが指摘されていましたが、
マスゴミはこれも徹底して報道しない自由でスルーしてきました。

民主党政権のときに
加藤紘一が鳩山由紀夫の初出馬の時の事を国会で語り、
巨大な資金力を背景にバラマキで選挙を戦っているのを目の当たりにして
「これは(鳩山には)勝てないと思った」
とかなり踏み込んだ発言をしています。

政治とカネ問題は自民党だけの問題かのように
これまでもずっとマスゴミが騒いできました。

自民党で金権腐敗政治の頂点にいたのが小沢一郎とその仲間たちでした。

小沢一郎が総理候補面接なんてことをやっていた当時、
本当に小沢一郎はやりたい放題で
ゼネコンなどを恫喝して献金させる
ということをやって金丸を呆れさせたほどです。

何度も書いていますが小沢一郎の「剛腕」のあだ名は
建設業界に脅しをかけて短期間に巨額の献金を集めさせた事から
金丸信が付けたあだ名であって、
改革者小沢一郎という意味のものではありません。
マスゴミは情報独占を悪用して
自分たちに都合の悪い言葉を乗っ取って
意味を書き換える事をしばしばやりますが、
小沢一郎の「剛腕」はその例の一つと言っていいかと思います。

法務省(検察)とマスゴミと一部反社会的団体の癒着の問題だって指摘しなければなりません。

今回の自民党のパーティー券収入不記載問題について
不記載なだけなのできちんと収支を説明できる資料と
収支報告書の訂正ができれば基本問題ありません。


むしろそうしないと収支報告書の不記載で
小沢一郎の巨額の資金問題を検察は不問にしようとしましたし、
(最終的には検察審査会で起訴相当が2度でて起訴となりましたけど)
直近では安住淳がパーティー券収入の不記載がバレて修正申告してそれでお咎めなしとなっています。

正義とが善悪とかそういう話ではなく、
お金の流れはきちんと可視化して透明性があるようにしましょうねとそういうルールです。

この政治資金規正法の考え方で言えば、
集会などと言って現金でカンパ集めを行ったりして
不透明化させる動きを積極的に取っている連中はどうなんだ?
と、ここも問題視されるべきでしょう。

今回の不記載問題では収支報告書の訂正がきちんとできない。
不記載を悪用して裏にお金が消えていて誤魔化しの効かなくなっている人たちが
起訴や議員辞職や離党などの話になっているわけで
彼らには違法行為の分の罰をきちっと受けていただきましょうという話でしかありません。


ですから当初からその線引はわかりきっているので
マスゴミがやたらと大騒ぎして
自民だけが悪みたいに印象操作を続けているのと
検察側もこれに対して逐次リークでマスゴミとともに自民攻撃を行う
ということがそもそもズレていたのです。
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:04 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
狂乱日本政治 [2024年01月22日(Mon)]
敗戦後の
日本國の政治 ?
日本人の不幸 !

狂乱日本政治
自民党を叩けば済むとか、派閥を失くすれば良しとする程度の話ではない。
戦後政治の総括と今後の政治を求めなければ日本存在そのものが危うくなる。
日米問題とメディア問題。そして野党の存在意味はどうなのか?
もっと深刻なのは国民意識の問題ではないか?

【自由民主党】とは、吉田茂系譜+鳩山一郎系譜の保守合同で結成された。

「憲法・経済成長・福祉・防衛・教育・日米同盟・格差・構造改革」
国民の求めるものすべてに対処しようとする総合商社的存在!


◇ 吉田 茂 (保守本流自由党) 木曜クラブ・経世会・宏池会・・・ 
            池田勇人・宮澤喜一・田中角栄・竹下登・岸田文雄 
       平和主義・経済発展・福祉重視 

◇ 鳩山一郎 (傍流日本民主党) 清和政策研究会
岸信介・福田赳夫・安部晋三
       日本の自立・国防、教育・自主憲法

◆ その他野党 「政治とカネ」を持ち出して自民党の体質批判、糾弾する以外に無し
その結果、独自の政策論は無く、マスコミに便乗したスキャンダル追及政党化し政局を目指すだけで日本の政治を貧弱にするだけだった…

◆ 自民党の本流と傍流の区別も意味を成さなくなり。党として目指すべきものを見失ってしまい、派閥さえも政治的信条が薄れ「選挙目的の人とカネの集合」となったしまった

◆◆◆ 原因と結果

・戦後日本の政治的課題=現実主義
 対米関係によって規定され、一方ではメディアが主導する国民世論に縛られ、「アメリカ」
と「世論」に苦慮するだけの政治に陥ってしまった!

◇◇◇ 今後の政治=国民政党
・日本の向かうべき方向を国民に提示して世論を動かす、「本当の政治」を取り戻すことが求められているのではないか!

※ −佐伯敬思氏− 岩手日報に投稿された現論から抜粋







Posted by 余生を憲法改正に! at 08:01 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
特捜問題に絡み過去を振り返る [2024年01月20日(Sat)]
さて…ふと忘れていたが…
25年ほど前から10年くらいかな? 吾輩も政治資金規正法に絡む収支記録を県の選管に出していたなぁ・・・・・・・巷騒がれている報道にストレスを抱えていたが、そうだった・・・
吾輩も、一歩間違えば会計責任者として全責任を負う危ないことをしていたんだなぁと思う。市議さん後援会、国会議員後援会、政党支部等の収支報告。一人でつくって一人で選管に行く。勿論政治家さんや、政党本部等々にチェックしてもらうこともなく、監査を受けるものでもなく、まったく個人的レベルで届けていた。
県選管でも内容チェックは無い。形式さえ整っていれば良いのである。

連座制とか言うものがあるとかで、一人の全責任で処理する。それが組織を守る手段であったのかなぁ〜・・・しかも! である。身銭手弁当で手当は無し。しかし、それに不満を感じたこともなければ、疑問も無かった。
尊敬する議員さんの言う「政治は最高のボランティア」を地で行く。それが大きな遣り甲斐であった。
その間に一つだけ事件があった。国会議員の公設秘書さんが所謂使い込みと言うのか? 不祥事を起こし逮捕されるなど国レベルの政党本部でも大事件になった・・・
当然?…我が家にも捜査関係者や新聞記者が突然来て「預金通帳」の提出を迫られたが、断った。出納簿ならば見せるが、通帳は見せる理由がないとして断り、押し問答の末に結局は支部総会資料を見せただけで終わった。
押し問答したのは、何一つ間違いが無いと言う自信であった。

それから数年後、或る「会」を立ち上げた吾輩宅に県公安の訪問を受けた。よもやま話に終始したが、人物査察にでも来たのかなぁ〜
そして11年ほどは某署の警察官が年5回ほど立ち寄っていたなぁ〜
こちらは、選挙情報やら世相とか、結構生々しい話まで立ち入り、吾輩も不謹慎ではあるが楽しんで居た。が・・・毎年代わるお巡りさんのうち、最後の方は厭な御仁だったなぁ?
今まで尊敬さえ感じていた方々と違って、心がつながらないのである。捜査感が漂うのである。

思えば・・・結構危ない道を歩いていたんだなぁ・・・政治は最高のボランティア・・・
地域活動の最終版として意気揚々と取り組んでいた政治との関わり。
6年前に病魔襲撃を受けて、すべての役職をリタイヤすると同時に吾輩はロスタイムに入った「落人」となり、世相を意地悪く眺める厭な爺となり「思い出と言う杖」に縋りついているだけである・・・・・・・・・

各派閥会計責任者が軒並み追訴されるとかの今般の自民党潰し!

◆ 資金法改正するならば、すべての収支報告は公認会計士の手を経たものとして、受領する立場の選管も責任を伴う「審査」体制とすべきではないか。
制度の不備が、結果的に日本国家国民にとって有能な政治家を排除し、失うことこそ勿体ない国の損である。



Posted by 余生を憲法改正に! at 07:16 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
日本人の心 [2024年01月18日(Thu)]
日本人の心

安倍元首相が仰った『誰かのために、地域のために尽くしたいという日本人の心』

−山口敬之−

◆「アメリカの臆病さが日本を踏みつけにした。
日本人が死を厭わずに国家のために突撃して来た理由が米軍には分からなかった。
その理由は天皇陛下だと分り、『君が代』や『教育勅語』を禁止した。」

当時、国旗掲揚も出来なかったと記憶している。
東京の上野を初めとして、親や兄弟姉妹を失ったいわゆる「浮浪児」達で溢れた。

焼野原は誰が地主か分からなくなり、誰かが「バラック小屋」と称する小さな、板を張った、今でいうテントのような家を建てた。

その後、駅前の一等地に建てられパチンコ屋は韓国資本だった。
その韓国がパチンコを禁止し、日本だけで繁盛しているというのは皮肉だ。

◇ 話を戻せば、パイプを加えて飛行機のタラップから日本に降り立ったマッカーサー元帥と対談した昭和天皇陛下は「自分の命は惜しまない、国民を救って欲しい」と述べられた。

その後、マッカーサーはクビになり「大東亜戦争は日本の自衛のための戦争だったと東京裁判を否定したのはご承知の通り。

−佐波優子−
「昭和20年12月に宮城県から突然上京して来た60人位の青年団が皇居の坂下門外に来て、侍従達に「自分達は宮城県から来た青年団ですが、皇居に瓦礫や雑草があると聞いて凄く心を痛めていて、是非、掃除をさせて欲しいと言った。

自分達は、こんな事をしたらマッカーサーに捕まって処刑されるかも知れないと思って、60人の中には親兄弟と別れの盃を交わして来た者も居ると。
その覚悟で来たと言った。

その話を聞いた侍従が心を打たれて『それでしたら、是非明日から奉仕をして頂けませんか』と言って、翌日から奉仕をお願いすることになった。

自分達の宿を確保した青年達は、その日は泊まって翌日から清掃奉仕をすることになった。

早速、皇居の中で雑草を取ったり瓦礫の整理をしていた時に天皇陛下のお出ましがあった。

陛下は『宮城県の状況はどうですか』とか色々な事をお話になった後に、『どうも有難う御座います』と仰って、陛下が住まわれている所に戻ろうとされた時に、突然60人の青年団の中から『君が代』の歌が起こった。

当時禁止されていた『君が代』が自発的に起こった。
部屋に戻られかけていた陛下が足を御止めになって、身体を青年団の方にまた向けて、その『君が代』の歌を聴き入っていた。

そうすると、青年団の人達は『陛下のお足を止めてしまった』と『陛下の時間をこんな風に使わせてしまっては申し訳ない』と一早く終わらせないといけないと早口で歌った。

早口で歌っていた声がどんどん涙声に変わって行って、最後は嗚咽の声に変わってしまい、歌えなくなってしまった。

◇ その時の近くの侍従次長が・・・

「見ると、真っ黒な手拭いを顔に押し当てていた。
万感胸に迫って君が代が歌えないのだ。
私も悲しかった。誰もかれも悲しかった。
しかしそれはただの虚しい悲しさではない。
何か言い知れぬ力の籠った悲しさだった』

・・・と後に文章に書いている。

午後には天皇皇后両陛下お揃いで青年たちにお会いになって、それが引き継いで今、皇居の勤労奉仕をした人達に天皇皇后両陛下のお出ましがあるということが続いている。

◇ 安倍元首相が仰った『誰かのために、地域のために尽くしたいという日本人の心』そのものではないかと思う。」

「自分の居場所が無い」とか「自分探しの旅に出る」とか愚痴をこぼす今時の若者に伝えたい。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:09 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
令和6年、日本の最大課題は? [2024年01月16日(Tue)]
令和6年、日本の最大課題は?

◆ 戦後日本は米国の属国である。
真の独立は国民がそれを知ることから始まる

戦後日本は米国の属国である。妄想だと嗤う人もいるだろうし、戦後日本を卑下するものだと怒り出す人もいるかもしれない。
しかしこれは厳然とした事実なのだ。認めたいわけではないが、事実は事実として認めないとそこから抜け出すこともできない。

◆ 戦後日本がなぜこれほど歪んでしまったのか。それは未だに米軍に支配されているからだ。それを知った上で、その状態から真の独立を達成することが今後の課題だ。
まずは経済的に痛め付けられている国民を救うべきだと考えているが・・・

さて…日本は風呂桶の水を押し合うような仮想政治(ごっこ)をやっているが、すべては日米合同委員会で決まる。

◆ 1960年、日米地位協定で締結された合同委員会。それこそがすべての日本の政治・政策を左右する現実を国民がどうするか?

現状に甘んじて暮らすのか?
真の独立を目指すのか?

その選択、日本が日本人の手で日本のための土台づくり「自主憲法制定」の必要に気づくのかどうか?  緊急事態の一環として「憲法改正」をするのか?

それが令和6年の最重要課題だと愚老には思えてならない。
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:25 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
木原稔防衛相 「任に非ず」 [2024年01月14日(Sun)]
陸自幹部らの靖国参拝巡り木原稔防衛相 「任に非ず」

「誤解を招く行動は避けなければならない。通達違反なら厳正に対処」←馬鹿!「時代遅れの通達こそ見直すべき」山田宏!当然!

◆.集団で参拝したのは小林弘樹陸上幕僚副長らで一部が公用車で移動した。いずれも時間休を取得し、自衛隊の制服ではなく私服だったという。防衛省は参拝時の公用車の利用を禁じる規定を次官通達に加える方針だ。…お得意の事後法で処分でもするのか?

◇ 山田宏参議院議員
自衛官が安全祈願のために靖國参拝したことを、防衛省が問題視するとは何事か。
しかも50年も前の事務次官通達に違反する恐れがあるという。
防衛省がこんな体たらくでは国が滅びる。
こんな通達は、時代に合わせ早急に見直しなさい!

◇ この通達事体が憲法違反だ!

日本人なら、初詣をする!
日本人なら、ご先祖様の墓参りをする!
日本人なら、靖国神社を参拝する!
首相や国会議員や自衛官の場合、靖国神社参拝は責務!

『誤解を招く行動は避けなければならない。通達違反なら厳正に対処』と妄言を吐いた木原稔防衛相は馬鹿!万死に値する!
山田宏議員が言うとおり、時代遅れの通達こそ見直すべき!

山田宏参院議員は半世紀前の昭和49年に出された通達の見直しを訴える。

◇◇◇◇◇ 国のために尊い命をささげられた英霊を、自衛官が参拝するのは当たり前だ。50年前の時代遅れの通達を見直さず、放っておいたことが問題だ。もちろん参拝の強制はあってはならない。ただ、隊員が自由意思に基づいて皆で参拝することは、現通達からも問題ないと考える。世界の常識だ。

昨年4月には陸自ヘリコプターが沖縄県の宮古島周辺で墜落し、隊員10人が死亡した事故が起きた。

今回、靖国で安全を祈願した陸自幹部や隊員は事故を調べた航空事故調査委員会のメンバーだ。
痛ましい事故を二度と起こさせまいと皆で祈願して何が悪いのか。
国のために尽くした英霊に安全を祈願するのは、英霊への慰霊でもある。


防衛省は釈明に追われているようだが、萎縮しないかを危惧する。
こんなことで有事の際に自衛隊は戦えるのか。
50年前に比べ、日本の周りは軍事的な脅威ばかりだ。現在の日本の安全保障環境に合わせて、自衛官の靖国参拝のあり方も他国の軍隊のあり方と同様に国際標準にすべきだろう。(聞き手 奥原慎平)
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:10 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
自衛隊が部隊で國参拝したらダメ? [2024年01月13日(Sat)]
????防衛省自体が部隊を調査する????

自衛隊が部隊で國参拝したらダメ?
そんなレベルで騒いでるうちに世界から取り残されてしまう。
日本が滅びてしまう。

防衛省は11日、陸上自衛隊の小林弘樹陸上幕僚副長(陸将)ら数十人が9日、東京都千代田区の靖国神社を集団で参拝したと明らかにした。小林副長は時間休を取得しながら公用車を使用していた。同省は1974年の事務次官通達で、宗教の礼拝所を部隊で参拝したり、隊員に参加を強制したりするのを禁じている。今回の参拝は、この通達に違反する可能性があり、事実関係を詳しく調べる。調査結果を踏まえ、処分も検討する。

◎ 自衛隊幹部の靖国神社参拝問題で、「時代遅れの通達を見直せ」と自民党の山田宏参院議員が発言した。

産経新聞が取材し、報じた。同感である。

自民党の山田宏参院議員は半世紀前の昭和49年に出された通達の見直しを訴える。

「国のために尊い命をささげられた英霊を、自衛官が参拝するのは当たり前だ。50年前の時代遅れの通達を見直さず、放っておいたことが問題だ。もちろん参拝の強制はあってはならない。ただ、隊員が自由意思に基づいて皆で参拝することは、現通達からも問題ないと考える。世界の常識だ。」

防衛省は釈明に追われているようだが、萎縮しないかを危惧する。
こんなことで有事の際に自衛隊は戦えるのか。

50年前に比べ、日本の周りは軍事的な脅威ばかりだ。
現在の日本の安全保障環境に合わせて、自衛官の靖国参拝のあり方も他国の軍隊のあり方と同様に国際標準にすべきだろう。

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:24 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
官と民の上下関係の壁 [2024年01月13日(Sat)]
さて・・・石川県の大災害に思いをいたすとき・・・
我が町の自主防災はどうなっているのだろうか? と頭が飛んでしまう。
鉄は熱いうちに叩け! という言葉がある。
つど都度思うのだが、自主防災の自主が泣いてはいないかと言うことである。

岩手日報さん論壇に投稿があった。
その中から二つの指摘

1.「災害時に実働不可能な休眠団体が多いように感じる」
2.「行政機関が管理運営に積極的に関わり、継続的で総合的な支援を行うことが必要不可欠である」

1. に関してはそこなんですよね。

役員諸氏には申し訳ないが、ほとんど自主性が感じられず、行政からの指示待ち程度に見えてしようがないのである。
各地の災害を教訓に
1)仮に当事者として受け止めて、取り組み方のマニュアル化機会を活かせないのか?

2)遠隔地だとして、我々の地域ができる支援がないか? 受け皿としての取り組み研究である。

2. に関しては、防災に限らず常々「諸般」行政との関わりの盲点を感じてならない。

1) 行政は地域に投げかけるとそれで一巻の終わり。あとは地域の問題だとする距離感に地域役員は途方に暮れる。地域力を上げるにはそれも有りではあるが、役員は任期期間中の我慢とする一過性程度の責任感である。問題を把握したとしても、行政に伺いを立てて要望する。許認可を得るための手続きが煩わしい。

2) つまり、官と民の上下関係の壁である。本来、持ちつ持たれつの協働が大事なのだが、
自助、共助、公助の括りであくまでも地域社会の努力の先に、公助→行政が手続きを経て重い神輿を上げる・・・(失礼)
ここが問題なのである。
持ちつ持たれつつの関係・・・あるべき姿は「共助は住民が主体ではあるが、行政共助を形成するための一員である。という認識が欲しい。
どうも、それが欠けていて公助だけが行政の仕事だと見えてしまうのである。

この感覚のズレは行政だけではなく、農協もそうである。上下関係が定着してしまって「餅つもちれつ」の日本古来の「結い文化」が消えてしまったのではないか・・・と思った次第であります。