• もっと見る
« 2022年09月 | Main | 2022年11月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
日本警察庁と岸田政治! [2022年10月31日(Mon)]
暗殺犯を擁護するのか?
それとも事件に蓋をするのか?
日本警察庁と岸田政治!

※ 安倍さん救命(蘇生)担当の医師と、警察発表の検死医の検死結果とは、重大な点で食違いがあって、今に至るもそれについて何の説明も無い

https://www.youtube.com/watch?v=pnMfmr2eKUg
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:06 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
日本政治の劣化 [2022年10月31日(Mon)]
日本政治の劣化

明日にも戦端が切られるかも知れない中に
統一教会・・・
統一教会問題は政治が介入することではなく、信者間で解決すべきものである。
それを政局に持ち込む政治家は日本に不要。


「 習指導部は異例の長期政権に突入したことで、
悲願の台湾統一と合わせ、尖閣実効支配への動きを加速させる構えとみられる」

侵略危機が高まっているのに
ー パチンコ屋の倒産を応援するブログ (pachitou.com)ー

https://pachitou.com/2022/10/30/%e4%be%b5%e7%95%a5%e5%8d%b1%e6%a9%9f%e3%81%8c%e9%ab%98%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%ab/
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:01 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
「信教の自由」に反する違法行為ではないか? [2022年10月30日(Sun)]
行き過ぎた「統一教会誹謗中傷」の渦こそ
「信教の自由」に反する違法行為ではないか?

むしろ!
共産主義における政教一致ではないか?

◆ 日本国憲法には、「信教の自由」が保障されている。
だから、「宗教を法律で縛ることは、難しい」。
何故ならば、憲法で「信教の自由」を肯定しているからだ。

※ 日本国憲法
第二十条
信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
A 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
B 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

◆ この条文の問題点をキッチリ精査する必要がある。
信教の自由には
信仰の自由と、
思想の自由とがあるが・・・
 ◆「個人が何を考えようと自由だ。人間とは、そのようなものだ」と思っている。
そこが問題かと!

そもそも「そこが問題の根っこ」

信仰の自由と、思想の自由(内心の自由) は似たようなものだが?
本当は、自由では困る。 (自由と責任の定義も精査する必要)
精神とは思いであり、思想です。

◆ 思想には正邪があり、宗教にも正邪がある。
◆ 必要且つ原点は、
「人間とはどのように暮らし、繁栄していけるのか?」
という思想です。
それが「文明」で有り、文化の存在です。
◆ 全世界の文明、文化は「目に見えない思想」というものが積み重なって出来てきたのではないか?
◆ 思想が悪い民族には、悪い文化が出来上がり、結果として最低の民族が最低の思想の自由を振りかざす野蛮国になってしまう。
◆ 世界人類には、様々な血が共存しているのです。
その「血」こそ文明・文化の「差」となり戦争が絶えないのではないか?
つまり・・・思想・信教の自由こそが人類の不幸の原点ではないか?
◆ 憲法の見直しで・・・「自由と文化」について定義し条文の精査に向わなければ、統一教会も共産主義も!
はたまた、政治も、人間社会そのものが壊れ続けるだけではないか?
・・・・と、まさに愚老が壊れた朝であります。
壊れたと言うより…惚けが完成しつつあるのかなぁ〜・・・

□ 日本文化の完成のために、
今こそ令和版「教育勅語」の制定を!
憲法に明記必要。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:17 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
狂賛化現象 [2022年10月29日(Sat)]
マスコミの「ダブルスタンダード」→ 日本分断 → 日本滅亡
立憲民主党もマスゴミ各社も、

「統一教会と関わっていた立憲民主党議員」については、いっさい追求も報道しない『隠蔽』。

◆ 統一教会と関わっていた自由民主党議員=アウト
◆ 統一教会と関わっていた立憲民主党議員=セーフ

こんな「ダブルスタンダード」で騙される国民が
「そもそもの馬鹿」
狂賛化現象・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:48 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
報道されることのない「野田元総理の追悼演説」 [2022年10月28日(Fri)]
報道されることのない「野田元総理の追悼演説」
マスコミにとってあまりにも不都合!

元朝日新聞記者の佐藤章というアベガー 佐藤 章

野田の愚劣な迷追悼演説を褒め称える人が少なくない。少し論理的に考えたらどうか。個人的な友人の弔辞ではなく国会演説である。「ウソは安倍晋三の始まり」という政治的本質を突くことはおろか統一教会のトの字も出てこない。「どじょう」が最高顧問でいる限り立民は絶望的!



何故、パヨクの連中が野田追悼演説に関する論評を避けているかは大体想像がつく。彼らの論理は、安倍総理を悪魔化することからすべてが始まる。だから、野田演説褒めてしまえば「裏切者」になってしまうのだ。狭量さこそ、パヨクの最大の特徴である。立民が維新と共闘というニュースが出ると、多くのパヨクは徒党を組んで泉バッシングのツイートを連投している。

そんな連中に支援されている左派の政治家は、藪をつついて蛇を出さぬよう、論評自体を控えているのだろう。枝野は「一歩間違えたら四方から批判を浴びそうな場面で、四方を称賛させる名演説でした」と論評したが、称賛しているのは最大で「三方」くらいなものだろう。

野田追悼演説をスルーするパヨクと、罵倒するパヨク - 政治 (fc2.com)

https://yukokulog.blog.fc2.com/blog-entry-4711.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:05 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
野田元総理追悼の辞 → 昭惠夫人涙 [2022年10月26日(Wed)]
昭恵夫人
「原稿を仏壇に供えたい」
「野田先生にお願いしてよかった。主人も喜んでいるでしょう。原稿を仏壇に供えたい」


※※※※※ 安倍元首相が本当に優しい人だったのが伝わる野田氏の演説。
本当に命を奪われる直前まで日本人の為に政治活動をしていた偉大な名宰相だった。
そして日本人が最も信用し、日本人に愛された総理大臣でもあった。
どうか安らかに。


918a5f08.png
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:56 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
瀬戸際大臣さん辞任 [2022年10月25日(Tue)]
窓際さん?・・・ではなくて瀬戸際大臣さん辞任・更迭???
岸田さん検討・熟慮??? 「失敗」

翻って
米子市の伊木市長→正論

・「支援者であろうとなかろうと、思想信条がどうであろうと、市民であれば話も聞くし、市政報告を求められれば行う。

・悪質な商法が問題ということであれば、消費者契約法に基づいて、適切に司法の手続が行われるべきであり、そこに至らない相談が必要ということであれば、市役所内に設けられた消費生活相談室でしっかり相談対応する。

・また仮に過去に犯罪歴があったとしても、社会復帰を支援する更正保護活動については、行政としても力を入れているところであり、過去の犯罪歴だけで差別することもない。

・教団側に過去、悪質商法のトラブルがあったことは認識しているが、現時点で国政や警察の側で何等かの措置が取られてない以上、市民の皆様の集会に出席することに問題はないと考えている」

と、これと同様のことを岸田がキッパリと宣言すれば、元より何の騒ぎも起きていなかった。
【 そして「信教の自由」が憲法に明記されていることも、言わずもがなの話である 】

岸田さん・・・・

馬鹿か?
馬鹿な振りか?
腹黒い策略か?
そもそも反日反自民か?
なんだろう・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:27 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
岸田総理はわざと統一教会問題を煽っている [2022年10月24日(Mon)]
「統一教会が絶対悪であるというのなら、なぜテレビ局は安倍元総理が殺される前に、その悪について全く触れようとしなかったのか。論理が破綻しており、支離滅裂である」

処士策論 岸田総理はわざと統一教会問題を煽っている、と私は以前から思っている (fc2.com)

http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/blog-entry-910.html


「悪の元凶は安倍元総理を射殺したテロリストである」
「統一教会の問題と安倍元総理の暗殺には因果関係など無い。『有る』というのであればテロリストの言い分を120パーセント認める事になり、その証言の信憑性も含めて、まったくいい加減な論理展開にすぎない」
「そのようにいい加減な論理を『全国ネットのテレビ放送』という、『数の暴力』をもって国民にたれ流しているのが、今のテレビ局である」


「安倍元総理は純粋に被害者である。そして憲政史上最長の総理の座をつとめた偉大な政治家である」
「今、統一教会問題を騒いでいるテレビ局は、その彼の功績を統一教会という『悪い噂』によって汚そうとしているだけの事」


「統一教会が絶対悪であるというのなら、なぜテレビ局は安倍元総理が殺される前に、その悪について全く触れようとしなかったのか。論理が破綻しており、支離滅裂である」
「さらに言えば、彼らテレビ局がそのような偏向報道をしている理由は、安倍元総理が生前、彼らの大嫌いな“憲法改正”、とりわけ“憲法9条の改正”に積極的だったからという、ただそれだけの事である」

こういった現在のテレビ局では絶対に語られることがない「正論」を、イラストや写真なども使って分かりやすく国民に対して放送してやれば、大多数の国民は物事の本質を理解できるはずだ。(以下略)
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:08 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
TBS デジタル献花に信者が影響 [2022年10月24日(Mon)]
テロ放送局とまで噂されるTBS「報道特集」が大炎上 
安倍元首相へのデジタル献花と旧統一教会との関係で「印象操作」か 
「だまし撃ち」的な取材の疑いも浮上
2022.10/22 −夕刊フジ−

TBS系の報道番組「報道特集」に対する疑問・批判が噴出している。

今月15日の放送で、安倍晋三元首相へのデジタル献花について、

「デジタル献花に信者が影響?」

と取り上げたため、放送を根拠に「旧統一教会が関係していた」という虚偽情報がネット上に拡散したのだ。最終的に取材対象者全員が関係を否定したが、「信者が影響?」というテロップを入れ続け、取材過程を伝える番組内容だったこともあり、視聴者の誤解が広まったようだ。
番組スタッフによる「だまし撃ち」的な取材の疑いも浮上し、テレビ放送に詳しい識者は「印象操作に近い」「許されない取材手法では」などと指摘している。



報道特集は15日、デジタル献花が「祝福二世が発案・実行」したとするメッセージが信者間で出回っていて、旧統一教会との関係の有無を探る内容を放送した。発案者とされる人物や、旧統一教会の信者らに献花を呼びかけるメールを送ったとされる男性、デジタル献花プロジェクトの実行委の男性を取材したが、全員が関係を否定した。

結論としてデジタル献花と旧統一教会との関係はなかったが、約8分間の放送中、画面右上には「デジタル献花に信者が影響?」というテロップが表示され続けた。

この放送後、SNSでは、番組を引用して「やっぱり旧統一教会が絡んでいた」などデジタル献花について否定的な内容の投稿が殺到した。放送行政を担当する総務省にも、番組内容の真偽を確認する問い合わせが寄せられた。

ネット上の騒ぎを受け、デジタル献花プロジェクト実行委は16日、公式ツイッターで、《昨日#報道特集が「デジタル献花に信者が影響?」と題して、旧統一教会の方々にデジタル献花との関係を問う取材をしていましたが、彼らは実行委員会のメンバーで無いことを断言します。「立案者が信者」も事実ではありません。このような発信をあえてしないといけないことが残念です。》と声明を出す事態にまで発展した。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:57 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
弾圧、独裁の共産主義! [2022年10月23日(Sun)]
共産・小池氏、9条論議容認の立民代表けん制 「看過できず」
10/22(土) 20:51配信

 共産党の小池晃書記局長は22日、憲法9条の改正をめぐり立憲民主党の泉健太代表が国会の憲法審査会での議論を容認する考えを示したことに対し、「看過しがたい発言だ」と批判した。

はいっ!
弾圧、独裁の共産主義!
わかり切っている事。
魂を売った党はズルズル引きづられるだけ!
旧社会党を抱き込んだ悪路かと!
・・・イヤ・・・りっけんなどどうでもいいが、こちらは?
どうなるのか?

共産党員の羽毛田が事務次官を退官後、宮内庁次長→長官に就任してから、共産党員の次官経験者が、宮内庁長官職に就任するのが制度化されてしまった。羽毛田→風岡→山本の3名は皆、学生時代「民青」の活動家であり、共産党員(天皇廃止願望者)である。この恐ろしい現実が皇室の危機を物語っている。
https://twitter.com/dankeidanshi/status/1194936623567269888
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:56 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
統一教会と保守政治と反共、ヘイトの問題 [2022年10月22日(Sat)]
統一教会と保守政治と反共、ヘイトの問題

シェアー記事です・・・ネタ元は秘匿

岸田首相の迷走ぶりも凄まじい限りだが、元より前出のカルト統一教会と自民党は北朝鮮を含め、共産国・共産勢力に対する「反共」の一点で結び付いてきたものである。

・ここまで統一教会による寄付金問題が表面化して今日の与党・自民党への追及が強まっている背景とは、ひとえに統一教会も自民党も反共という「原点」を忘却しては互いに寄付金集めと選挙協力を通じての集票に狂奔してきたことの「ツケ」であると言えよう。

・もし、ここで統一教会&自民党が反転攻勢での息の吹き返しを狙うのであれば、統一&自民のタッグで原点たる反共精神に立ち返り、朝鮮総連などの共産国(北朝鮮)に通ずる組織の本格解体に立ち向かうしか生き残りの手段・方途はない。

・北朝鮮、及び中共に隣接する我が日本こそは反共戦線にあって最大の当事国であり、特に極東アジアに位置する地理的関係上、切実である。

・目下、統一教会問題で苦境に立つ与党・自民党、及び岸田政権にとっては自民党政治にあっての原点たる反共に立ち返り、北朝鮮・中共との対決姿勢を鮮明にするしか起死回生の策はないと言っても過言ではない。

・特に! ヘイト規制なる「日本人弾圧」を野放しにしていたところで、末端の保守運動のみならず、与党・自民党までが苦境に立たされていることは現状の通り。

・反共主義に基づいて共産主義者勢力を規制していかない限り、末端の日本人のみならず、与党・自民党政権こそが首を絞められる一方で、ますます自民党政権こそが封殺されていく。

・国会での法律と各自治体での条例など、ヘイト規制の在り方を見直すとともに、その見直しのためにも反共精神に基づいて共産主義者勢力の側こそ規制していくしかないだろう。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:22 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
「いいね」ボタンを押したら罰金55万円! [2022年10月22日(Sat)]
「いいね」ボタンを押したら罰金55万円!
事件の中身は知らないが・・・
気軽に「いいね」を押せなくなったねぇ〜
「いいね」が何に対して「いいね」なのかまで注釈をつけなくてはなりませんか?
逆に「悪いね」も必要になるのでは・・・
それに対して
下記の様な記事もありましたので以後の注意力のために備忘録として転記しました。
(原文のまま)
・民事訴訟にして、しかも朝日新聞等を味方に付け、サヨク弁護士を付けたら、こうやって「賠償金」が取れるんですね。
・この訴訟と判決で、日本は「いいね」を押すだけで数十万円もの賠償が命じられる可能性がある国となったのだ。
 読者の皆さん一人一人のインターネット上での意思表示にも、今後は大きな逡巡が生じるだろう。
・私はこれまで、伊藤詩織氏との訴訟に関連して数えきれない誹謗中傷を受けてきた。もちろん限度を超えた侮蔑については複数の訴訟を提起している
 しかし私を明らかに誹謗中傷するツィートやFacebook投稿に「いいね」を押した人に対して訴訟を起こそうなどとは考えた事もなかった。
・それは、ジャーナリズムという自身の職業の地盤を危うくする自殺行為だと感じていたからだ。
・判決を出したのは石井浩くんです。余命さんの懲戒請求裁判で、サヨクの悪徳弁護士とお仲間らしく、「満額」判決を出しまくって、総計億円単位の賠償金の獲得に、全面協力してる裁判官なんです。
・判決者の石井浩氏は今、訴追請求されてるトンデモ裁判官。
・・・記者たちは情報提供者の身元を隠すことは常識なそうなので、
愚老も真似をしてネタ元は書き込みませんが、
国民は「犯罪における正しい判決こそが安心社会」の基本と捉えているものと思います。
最後の「心の拠り所」とも思えますので、日本の司法が信頼され続けることを切望します。
正しい「世」を護るのは最終的に司法の場ですからね・・・・
愚老の本意はそこにあります・・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:08 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
いいねをつけて有罪判決 [2022年10月21日(Fri)]
統治機構が壊れたかぁ〜
それでいて!
凶悪暗殺犯に「いいね」どころか、共感・支援・擁護は問題にならない壊れた社会!
「この世の闇」


ー小川 榮太郎氏ー


【いいねをつけて有罪判決が出る社会】を悪夢という。

世界が独裁政治型の全体主義とリベラルイデオロギー全体主義という二種類の全体主義へと、人類史上で類を見ない世界同時の抑圧社会化へと急激に傾斜している。

 特定の政治家を葬るためにFBのいいね機能まで使う程度の低い悪辣なイデオロギー戦が、安倍晋三氏亡きあとに司法の判決も巻き込んで進んでいる。

 連日、安倍氏の遺志を微力ながら継ぐための基盤作りと岸田政権を支える仕事で、忙殺の上にも忙殺され、物思う余裕もない有様だ。私に力を与えてほしいと切に願う。

 今日から福岡で研修会2日、講演1日、京都で収録という日程。
 この2週間結局まるで手が付けられなかったバーク論に出張先で再帰できればと思う。

 それにしてもフランス革命におけるバークのイデオロギー戦の高尚さから、世界人類はなんとすさんだ暴力的でレベルの低いところまで落ち込んだものだろう。
そう言えば昨晩は久しぶりにフルトヴェングラーのヴァグナーを少し聴いた。ヨーロッパよ、イデオロギーに屈するな。この響きに戻れ。誇り高き教養と礼節に戻れ。
 私も世に隠れて文藝と思想の仕事のみに専念できるなら、今日からでも切にそうしたい。それでも余りのイデオロギー的な暴力の蔓延に古典的な人間観の側から戦う人の世界中にないのを嘆き、呆れて、ボロボロになりながら戦いを継続している。安倍氏の死によって私はこの汚れた戦場に舞い戻らざるを得なくなりました。神々よ、ご加護を。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:42 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
チャーニーズドラゴン [2022年10月18日(Tue)]
大手マスメディアでは報道されていないようですが、昨日池袋のサンシャインの58階で100人以上の乱闘騒ぎが起き警察が出動していました。

喧嘩騒ぎしていた人たちはチャーニーズドラゴンという準暴力団体の反社組織です。
チャイニーズドラゴンは中国残留孤児の帰国時の2世の中から生まれた反社組織と言われています。
昨日の大乱闘についてはSNSなどで拡散されていますのでそちらの方が詳しい情報が流れていますが、すこしチャイニーズドラゴンが生まれた背景から派生して少し歴史にまで言及してみたいと思います。
中国東北部と現在呼ばれている地域が歴史上で漢民族の支配下になったのは1949年に中華人民共和国が生まれるまで歴史上ありませんでした。
それ以前に理解していなければならない事として「漢民族」が中国で統一王朝を作り上げたのは「漢」と「明」の王朝だけです。
そして「漢」も「明」も現在の中国東北部を領土として持っていませんでした。
随や唐はウィグル人による征服王朝であり、元はモンゴル人による征服王朝です。そして清は女真族による征服王朝でした。
その女真族の皇帝を立て生まれた国が現在の中国東北部にあった満州国でした。
この満州国には多くの日本人も開拓民として移住していました。
この満州国は日本の敗戦と同時にロシア軍に侵攻されます。日本人は陵辱され殺されるのを逃れるために日本へ帰国しようと逃げました。
その時に帰国できるかどうか分からない旅ではなく現地人に多くの子供たちが預けられ養子として預けられました。
この人々を「残留孤児」と呼びます。残留孤児の年齢は1945年の敗戦当時の子供達です。今では75歳から90歳ぐらいの年齢の世代です。
日本人の子供の養子は当時は非常に人気がありました。なぜなら日本人は満州で働き者として認識されていました。
その働き者の日本人の孤児を養子とすると親孝行として子供が成人すると親を助けてくれると思われ喜んで向かい入れられたそうです。
そして30年ほど経ち日中国交正常化で日本と中華人民共和国が国交を結ぶことになります。
そして1970年代から80年代に向け残留孤児の帰国事業が行われます。
戦後の子供たちは30歳から45歳になっています。その中で昔の記憶や残された遺品などをたよりに多くの残留孤児が日本に帰国しました。
当然、既に家族を持っていた人は家族と一緒に日本に帰国しました。帰国しなかった人も日本にいる親族からの仕送りで中国での生活を豊かにしていきました。
さて、日本は既に壊れていますが中国は家族社会であり社会保障は国ではなく一族の中で出世した人物に親戚中が養われるというのが伝統です。
当時の社会は日本は世界第2位の経済大国でした。既にフランスもイギリスも抜いて高度経済成長を終えて世界2位の経済大国でした。
そして当時の中華人民共和国は世界最貧民国の中の一つでした。中国統一後の大躍進政策の失敗、その後の文化大革命と社会は混乱を続け、やっと文化大革命が終わったばかりの貧民国です。
そして当時はDNA鑑定という化学的な身内の証明方法もありませんでした。
そこに残留孤児の帰国事業が開始されたのです。微かな日本語を覚えて日本に帰国した残留孤児もいました。しかし、遺品や昔話を聞いていた周りの家で日本人になり代わり残留孤児のふりをして日本に帰国した「偽物」の残留孤児も大勢いました。
現在の調査でDNA検査により多くの残留孤児が血のつながりのない孤児だったことが判明していますが当時は判別方法などありません。
そして当時の中国の農民が日本に帰国できるという切符は宝くじで1億円が当たったかのようなプラチナチケットでした。
このプラチナチケットを得ようと残留孤児に成り済まし日本人になった人も大勢混ざっていたのです。
さて、日本に家族ごと入国が許され生活も許された人々の生活は決して豊かではありません。最貧国から経済大国に移住しても努力しないと生活は向上しません。
まして言葉の通じない国です。その帰国者の子供の世代が半グレして反社勢力として広がったのが1980年代以降です。
それから2000年代になり暴走族のような半グレから準暴力団として組織は拡大していきます。
昨日、サンシャインの58階で百人以上で大暴れした事は地上波では取り上げられていないようですが、これが現在のマスコミです。全くカオスな第乱闘をマスコミは報道などしません。
ゲームの龍が如く以上のノンフィクションを伝えないのがマスコミです。このニュースもSNSで流していると「陰謀論」のレッテルで一笑にふされるのかもしれません。
日本語には「帰化人」と「渡来人」という二つの言葉があります。
「帰化人」とは日本の価値観に従い日本人となることを選んだ人たちです。日本人となった理由は日本の文化や伝統などを尊びその価値観に従うためです。
「渡来人」は日本の価値観などではなく経済的なメリットや政治的メリットの恩恵を天秤にかけ利益のために日本人となることを選んだ人たちです。
「帰化人」と「渡来人」は日本人になる目的も、そして日本人となった後の行動も真逆です。
そして現在、多くの渡来人が日本で問題を起こしていますが、日本人には厳しいマスコミは「渡来人」が引き起こした社会問題には寛容です。
さて、少し歴史を遡りますが「菅原道真」が広く民衆に愛された政治家で偉人となった理由もこの「帰化人」と「渡来人」問題です。
菅原道真は天神様です。藤原氏により失脚された後に藤原氏に祟りが起きた事により祟りを払うために学問の神様として祀られたと広く言われていますが、それは庶民が菅原道真を尊敬しており、それを失脚させた当時の権力者の藤原氏をよく思っていなかったからです。
菅原道真が広く民衆の人望を得ていたからこそ、失脚後に藤原氏で起きた不幸を「祟り」だと民衆が言いふらしたのです。
この菅原道真が広く民衆に慕われた原因が「渡来人」問題の解決です。当時、遣唐使により多くの人々が唐に派遣されましたが、それ以上に船の大きさも、規模も、そして回数も多く行われていたのが「遣日使」です。
菅原道真は「遣唐使」を廃止した人物として教科書に載っていますが、庶民が菅原道真を支持していたのは「遣日使」の廃止です。
「遣唐使」を廃止と同時に「遣日使」も廃止したのです。つまり今風に言えば中国との国交を停止したという事です。
平和ボケの平安時代、軍どころか警察も穢れだと治安維持活動が劣化していた社会で渡来人による暴力事件が社会問題化していました。この問題を「遣唐使」を廃止という国交停止により治安回復させる判断をしたのが菅原道真であり、だからこそ死後に天神様として庶民は信仰を支えたのです。
日本人に国籍を変え日本に貢献する人々を帰化人、そして日本人の国籍を得て反社として混乱させるのが「渡来人」です。
そして昨日の事件は刑務所から出所した犯罪者の出所パーティの場で起きた団乱闘事件です。現在の渡来人問題です。
マスコミはこのニュースはマイナー報道をして大きくは取り扱わないのだと思いますが、日本の社会は一般人も出入りする有名ビルのワンフロアで渡来人による百人規模の第乱闘が起きるほど治安が悪化しているのです。
遣唐使の廃止、遣日使の廃止は大きな政治判断です。遣唐使、遣日使による経済的恩恵の利権により富を得ていた藤原氏は菅原道真を無実の罪に陥れ失脚させました。
しかし治安を取り戻した菅原道真を庶民は死後も慕い続け天神様として祀りあげました。
現在の日本は平安時代の日本の様に平和ボケが起きています。渡来人問題が起きている現在、中国との経済恩恵を得ている人々は当時の藤原氏の様に日本お庶民の治安や生活より自身の利益の為に政治圧力を行使しています。
現代の天神様候補の一人だった安倍晋三元総理は凶弾に倒れ暗殺されました。安倍晋三元総理の人気は天神様信仰の日本人の信仰心でした。
与党、野党問わず保守政治家への期待は現代の天神様の登場を願う庶民の願いなのではないでしょうか。
そして当時の藤原氏の様に庶民よりも利権を優先し庶民の為の政治家を失脚させてきたのも権力者なのです。
1000年前も現在も科学技術が進歩しても人の心はあまり変わらないのだと思います。
昨日のニュースを聞き、その様に感じました。

−上野氏−
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:44 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
マスコミの劣化! [2022年10月18日(Tue)]
マスコミの劣化!

羽鳥慎一モーニングショーにおける妄言により、玉川徹は謹慎させられ、19日といわれる復帰日に、画面上で何を言うかが注目されている。記者経験がない玉川は当然ながら取材もしていないのに、物知り顔で時事問題を斬っていく。歯に衣着せぬ玉川のなんちゃって論評がウケていたというが、Izaが取り上げた朝日新聞の川本裕司記者が言う通り、「視聴者が求めているのは、テレビの作法や芸を身につけた反射神経のコメントではなく、知識に基づいた確かな助言」が正論だろう。玉川のような電波芸者を第一線で活用していたテレビ朝日の姿勢の根本部分が問われている。


 TBS報道特集が報じた「デジタル献花に信者の影響?」と題した放送では、キャスターが「こんなところにも影響を及ぼそうとしていた教団関係者の影がありました」と、旧統一教会メンバーのデジタル献花プロジェクト参画を断定するようなコメントで、VTRをスタートさせている。番組は事実を断定せず、あいまいな形で終わらせる「逃げ」を打っているが、それなら「こんなところにも影響を及ぼそうとしていた教団関係者の影がありました」というコメントは嘘だということになる。「安倍という属性」がつくものなら、片っ端から貶めようとするTBSの報道は、もはや放送犯罪というべきものだ。

テレビというメディアが全く信用できないという確信をさらに強くする。ケント・ギルバート氏率いる「一般社団法人放送法遵守を求める新・視聴者の会」は、玉川徹の虚偽発言を総務省とBPOに告発するそうだ。こういう動きを支援したい。守旧メディアに憤怒する人は、偏向報道があったら遠慮なくSNSで拡散していただきたい。

さて・・・
マスコミがひた隠し論点ボカシ

旧統一教会で問題にすべきは朝鮮総連との関係だ
−草莽隊日記−

 岸田首相が、旧統一教会をめぐって、永岡恵子文部大臣に対して、宗教法人法にもとづく調査を命じたというのは、見当違いもはなはだしい。宗教的なことをいくら調査しても、何も出てこないのではないだろうか。解散に追い込むことなど、端からできるわけがないのだ。

 旧統一教会をめぐって問題にすべきは、朝鮮総連との関係ではないか。巷間いわれているように、北朝鮮の核開発などを金銭的にバックアップしたかどうかであって、それは外交や公安のレベルなのである。

 あくまでも、我が国を敵視し、拉致問題を解決する気のない北朝鮮とどうなっているかである。そこを徹底的に究明することで、安倍元総理がずぶずぶでなかったことも、明らかにされるからだ。

朝鮮総連との深い付き合いのあるそれ以外の団体や、個人にも、厳しい目が向けられることになり、日本の安全保障上もプラスに働くのである。

 そっちの方が重要ではないだろうか。なぜそこに手を触れず、宗教と政治の問題にすり替えてしまうのだろう。岸田内閣はやった振りをしたいだけなのであり、朝鮮総連には触れたくはないのだろう。

 旧統一教会に関しては、公安当局も調べ上げていると思う。その情報に岸田首相は接していないのだろうか。それを公表すれば決着がつく。旧統一教会叩きのバカ騒ぎは、ここらで終止符を打つべきなのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:37 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ