• もっと見る
« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
米英の情報機関さえも安倍氏暗殺への日本の対応に疑念 [2022年08月19日(Fri)]

米英の情報機関さえも安倍氏暗殺への日本の対応に疑念を持っている。
統一教会隠れ蓑作戦!

中国が、いかに安倍氏を恐れていたか。驚愕(きょうがく)情報を報告する。以下、日米情報当局からに入手した情報だ。
 「中国は『安倍氏を台湾に行かせるな。強行するなら報復する』と、日本を水面下で脅迫していた。中国やロシア、北朝鮮の工作員まで動いていた。安倍氏も、官邸も、警察当局も把握していた。一方で、奈良県警の手抜き警備≠ヘ前代未聞だった」
 米国や英国など、各国の情報機関は、安倍氏の暗殺を「山上容疑者の単独犯行」
で終わらせようとする日本の当局に、重大疑念を持っている。

マスコミの異様な「統一教会」騒ぎ。
しかも話の元はと言えば、奈良県警がリークした山上容疑者の話だけ。
予めストーリーを仕込んでいたと考えてもおかしくない異様さ、そして早くから言われているのが「中国」の関与?

 安倍元総理は李登輝さんの命日である7月30日に台湾を訪問することが決まっていたが、これに対して「中国」はもの凄い警告を発していた。

【大拡散】郭 文貴氏
●安倍氏暗殺に駐日中国大使館が深く関与
●安倍氏のペロシと一緒に台湾訪問中止を要求
●あらゆる手段で阻止すると安倍氏や日本政府を脅迫

【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む闇∴タ倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか (1/3ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

https://www.zakzak.co.jp/article/20220802-5KWKSYSHGFNAZKSUADUFN56KMM/



Posted by 余生を憲法改正に! at 06:52 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
小野田紀美議員 に期待する [2022年08月18日(Thu)]
公明党の山口那津男代表 妄言!
『ロシアのウクライナ侵略は戦前の日本の有様!戦前の日本はそれ(国際秩序)を蔑ろにした』発言は、真っ赤な嘘、出鱈目、妄言!

「ロシアのウクライナ侵略で、戦前の我が国の有様に重ね合わせて見る人も多い!日本の歩みの経験、今のロシアの振る舞いの教訓、戦前の日本はそれ(国際秩序)を蔑ろにした!」
さすが、反社会的勢力の朝鮮カルト「創価学会」の政治部の部長(公明党の代表)だけあって、歴史認識が朝鮮人並みだ!

しかし、正しい歴史事実、正しい歴史認識は、反社会的勢力の朝鮮カルト「創価学会」の政治部の部長(公明党の代表)の妄言とは全く異なる!
戦前の日本は、世界平和のための模範的国家だった!
事実を述べると、満州事変や大東亜戦争の前に条約や国際法を破りまくっていたのは、支那や米国などだった!

一方、戦前の日本は徹底的に条約や国際法を遵守し、とことん世界平和を追求していた!
それでも、支那や米国や英国やソ連などによって好き勝手に国際法違反を繰り返しやられ続けたら、日本にも我慢の限界があった!

ましてや、米英蘭が「日本に石油を売らない」と言ったら、当時それは日本に1滴も石油が入らなくなることを意味し、この経済封鎖は戦争行為そのものだった!

☆☆☆☆☆ 小野田紀美議員
しがらみは断ち切った!

「今年1月のツイートよりもずっと前から創価学会(公明党)とは縁を切っていた。マスコミは何にも分かってねぇ」
「自民党公認は物凄い組織の支援になるので組織について完全に“ノー”とは言わないが、組織票は嫌いだ」

「安倍元総理も“(公明党が推薦しない)この選挙区で圧勝することが日本を守る政策をより強力に前に進めることができる力になる”とおっしゃっていたように、
自民党が挙げた公約に投票して頂いて、1人でも多く勝てて初めて連立だと思う。

やはりまずは自民党が強くあるべきだし、支援者の思いをしっかり受け止めることは譲ってはいけない一線だ」
「神道政治連盟からは"靖国に行ってください"くらいだ」
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:57 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
高市経済安全保障担当相の個人技≠ナ難局突破を [2022年08月18日(Thu)]
小泉純一郎、安倍晋三両元首相という「正面突破型のリーダー」が表舞台から去った後に現れた岸田首相の政治手法は、妥協を重ね、調整を繰り返して、互いの落としどころを探る「旧来型の自民党政治」である。

【日本復喝!】

第2次岸田文雄改造内閣は本格始動したが、国民の反応はイマイチのようだ。報道各社の世論調査でも、改造直後のご祝儀はなく、内閣支持率が下落しているものもある。中国の軍事的恫喝(どうかつ)が激しくなるなか、「政界屈指の親中派」である林芳正外相を留任させたうえ、岸田首相が派閥均衡型の布陣にした面もありそうだ。こうしたなか、産経新聞論説副委員長の佐々木類氏は人気連載「日本復喝」で、凶弾に倒れた安倍晋三元首相の遺志を引き継ぐ、高市早苗経済安全保障担当相に期待を寄せた。日本の最先端技術を盗み出す「スパイ排除」と、「台湾との関係強化」が注目される。

高市氏は今年5月、経済安全保障推進法が成立したことを受け、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で、「残る課題はセキュリティー・クリアランス(適格性評価)だ。これをしっかりやらないと日本が欧米のサプライチェーンから外される可能性もある」「スパイ防止法に近いものを入れ込んでいくことが大事だ」と強調していた。

経済安全保障担当相に就任当日(10日)、高市氏は「経済安保は今から法律に魂を入れる非常に重要な時期だ。精いっぱい働かせていただく」と記者団に語った。中国やロシアのスパイが絡んだ先端技術・機微技術の流出を防ぐため、法整備に乗り出すとみられる。

閣内に取り込まれて身動きがとりにくくなった面もあろうが、何よりも非業の死を遂げた「安倍元首相の遺志を継ぐ」と明言している。

高市氏はまた、政調会長時代に「台湾との関係強化」を公約している。入閣して立場が変わったとはいえ、政治信条までは変えるまい。

ーヤフニュースー 「聞く力」はもはや限界、高市経済安全保障担当相の個人技≠ナ難局突破を 「宰相狙う器」の見せどころ「スパイ排除」と「台湾との関係強化」
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:48 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
マスコミの劣化を物語る社会現象! [2022年08月17日(Wed)]
噛みつき蓮舫と妄言橋下現象
蓮舫炎上と、橋下出すな! 世論。

https://www.youtube.com/watch?v=9fhIfWbbnAU

そして・・・
フェイク世界・・・前岸防衛大臣の名を騙るフェイクニュース
IMG_6082.JPG
◆ マスコミに依る信憑性に掛け報道の垂れ流しや、マスコミ自身の「印象操作」氾濫が招いた、「マスコミの劣化」を物語る社会現象! ではないか?
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:53 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
負けるな日本! 敵は反日マスコミ! [2022年08月16日(Tue)]
負けるな日本!
敵は反日マスコミ

日本のマスコミは自らがやってきた洗脳報道を隠す事をせず、
それまで以上の徹底的な大音量で特定方向へゆがめた誤った情報だけを連呼し、
視聴者にまともに判断できる情報を一切与えず、
視聴者を思考停止にさせるという手口をより露骨にしました。

そうしてマスゴミが実現させたのが民主党政権でしたが、
民主党政権が旧社会党からの伝統である全く勉強しない人達であったため、
その度を過ぎた無能さによって自滅していきました。

マスゴミは明らかに無能どころか有害でしかなかった!

マスゴミが作った反日革命政権である民主党政権を守ろうと、
報道しない自由や偏向報道など報道犯罪をより強化しましたが、
民主党政権の無能さがあまりに酷すぎて有権者を誤魔化せず、
民主党政権は崩壊、2012年の総選挙で下野ということになりました。

「政権交代すればすべて良くなる」

今ならばほとんどの有権者はこんなことはないと知っています。
ですがマスゴミはこの間違った処方箋を一斉に大声でがなりたて、
それ以外の選択肢は存在しないように見せかけることで
この間違った処方箋を国民にすり込むことに成功したわけです。

以来・・・
モリカケ・・・統一・・・
あの手この手の印象操作!
その手口は
1.事実無根の疑惑の火種を発生させる
2.火種を元に炎上させる
3.テレビで連日の特番
4.野党が国会で疑惑だと追及
5.政府答弁→答えていない→疑惑は深まった
6.延々と繰り返して国民を洗脳する

これが日本の現状・・・アベガー風潮で大成功→暗殺事件誘導

以下 −パチンコ屋の倒産を応援するブログ−

◆ 安倍晋三という宰相によって
マスゴミが守ってきた反日野党連合は国政選挙6連敗となり、
反日革命政権を再び作るどころか分裂する始末です。

これに我慢できなくなったマスゴミどもは、
メディアスクラムを悪用した報道犯罪をさらに悪化させ、
なんとしても日本国民に集団ヒステリー状態を作って国を混乱に陥れ、
反日革命を再び実現させるぞという姿勢をむき出しにしています。

マスゴミが一斉に騒ぎ立てて国民を洗脳してすり込もうとしてきた処方箋が
適切だった事があったでしょうか?
正直、まともなものはないと思います。

特に安倍晋三はマスゴミにどもが第一次安倍政権で再起不能に潰したはずの人間なのに、
それが復活してきて大宰相として世界の多くの国々から高い評価を受けています。

マスゴミにとっては自分達が政治的に殺した人間が立ち上がってきて、
しかもマスゴミの報道犯罪にも倒れずに
次々に政策を実現していったことは

もはやマスゴミと反日サヨクが日本の世論の支配者では無くなったことも示す事になり、

長年やりたい放題やってきたマスゴミにとっては恐怖でしかなかったと思います。

だからこそモリカケなんてあからさまな報道犯罪で5年も誹謗中傷を続け、
亡くなったと思ったら死人に口なしとばかりに、

モリカケ疑惑を晴らさずに逃げきった安倍晋三等の中傷を行っているのでしょう。

あげくに山上達也なるテロリストによって命を奪われたというのに
悪いのは山上ではなく、
テロを起こされる安倍晋三というキャンペーンを一斉に行っています。

マスゴミだけでなく反日野党も一緒になって
「殺人犯は悪くない、殺された方が悪い」
というキャンペーンを行っているのですから呆れるしかありません。

こんな連中が力を持ちつづけているのです

◆ マスコミの告げ口戦略 特定アジアへのご注進!
靖国参拝を悪とする印象操作

一国の元首が、そして総理大臣が、国の為に命を落とした人の霊を敬い、お参りすることに文句を言う外国のせいでそれをやめるなんて、アホか、なんですが、それをやったのが中曽根康弘でしたね。愚かの極みでした。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:17 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
重大な「闇」 [2022年08月15日(Mon)]
重大な「闇」
令和の時代に、こんな「ケネディ暗殺事件」のような事が白昼、大衆の目前で起こり得るのか?

しかも、責任者不在で犯人擁護!
統一教会へのすり替え!
林は「ヤッター」・・・岸田はほくそ笑んだとかなんだとか?・・・

間違いなく警察はウソをついています。まさか、アホの奈良県警だけの判断でそんな大それたことができるはずがないと思います。そしたら一体誰が
シナリオを書いてるんや?
と考えると、空恐ろしくなります。日本国民全員が、この凶悪な事件の真犯人を知りたいと願っています。

心臓に穴が開いてたのにそれは無かったと言う警察。こんなインチキ法医解剖を許したらあかん。 | ナニワの激オコおばちゃん (naniwakawaraban.jp)

https://naniwakawaraban.jp/2022/08/14/%e5%bf%83%e8%87%93%e3%81%ab%e7%a9%b4%e3%81%8c%e9%96%8b%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%ab%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%af%e7%84%a1%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%81%86%e8%ad%a6/

◆ 警察発表では、心臓に損傷はなかった、弾は1発見つかった、というのがトンデモなポイントですね。何度も書きますが、安倍さんの蘇生に死力を尽くした奈良県立医科大学付属病院の福島英賢教授はたしかに「弾は見つからなかった」、「心臓には大きな穴が壁に開いていた」と言うてはりますね。

 こんなもん、同時に見ている20人の医師や40人ものスタッフが見逃すはずがあらへん。それを、後から弾が見つかった、心臓には損傷がなかったというのは無茶過ぎますね。

安倍元首相殺害の深層 その2 (tanakanews.com)

https://tanakanews.com/220808abe.htm



Posted by 余生を憲法改正に! at 07:48 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
宗教法人法改正案 [2022年08月15日(Mon)]
宗教法人法改正案
高市早苗・経済安全保障相(前自民党政調会長)は、8月12日午後10時過ぎに、自民党政調会長としての【心残り】についてツイートし、「宗教法人法改正案」をまとめていたことを明かした!

高市早苗は、フランスの「セクト規制法」を読み込み、宗教関係の霊感商法対策として「宗教法人法改正案」の概要をまとめていたが、文部科学部会長に検討を依頼する前に自民党政調会長を離任となってしまった!

高市早苗がフランスの「セクト規制法」(詳細関連記事)を読み込み、霊感商法対策としてまとめた「宗教法人法改正案」は残念ながらお蔵入りとなったが、
反社会的カルト極悪犯罪集団を日本から完全追放するために実効性の高い法律の制定を実現しなければならない!

図中、E〜I などはまさに反社会的行為!
2022080207592135c_20220814100137bab.jpg

カルト認定以前に国家統治の観点で重罪指定しなければならないものだ!
反社会的極悪犯罪集団を日本から完全追放するために実効性の高い「法律の制定を実現」しなければならない!

「思想・信条の自由」にも制約が伴うものだ。
当然、フランスの「セクト規制法」に準ずるならば、公明党の親団体である「創価学会」も明らかに反社会的宗教団体と認定せざるを得ないようだ!

高市早苗氏 @takaichi_sanae
私が考えた「宗教法人法改正案」は、文部科学省・文化庁の所管ですし、閣僚は議員立法案を出せないので、残念ながらお蔵入り。でも、河野消費者担当大臣が消費者庁に霊感商法検討会を立ち上げて下さると知りましたので、期待したいと思います。
午後10:49 ・ 2022年8月12日
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:35 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
なぜ日本だけがここまで統一教会の食い物にされたのか [2022年08月14日(Sun)]
なぜ日本だけがここまで統一教会の食い物にされたのか
山口広氏(弁護士、全国霊感商法対策弁護士連絡会代表世話人)、
- Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc9f46cb4acde375125eb6d803148f49399f8404?fbclid=IwAR2Tj-cLM0dY-lLmlePL5eN5gSlQKFjGzU0VZ53ltsvhX2iFOret_eHDJv4


我、呆けなるが故に我あり・・・勘違いかも知れないし、単なる妄想かも知れないが・・・

統一教会問題は被害者になるかならないかは自己責任能力があるかないか? では?

と…思い始めている。40年近く前に・・・
私の知り合いの娘さんが教会に誘惑されて入会してしまった。それを知った父親が、以後一年近くも娘さんの外出を禁じ、仕事も休ませて隔離状態にして、自らも退職してずーっと寄り添い、その壁を越えて普通の暮らしに戻ったことを目の当たりに見た・・・

10年ほど前に、私も世界平和何とか…と言う所から来賓要請案内を受けて出席したことがある。居並ぶ方たちや活発な女性陣の運営に気を取られ、出版物も購入し入会も有かなと「ふと思った」
そこで知り合った方はとても良い方だった・・・
自分の役職上プラスになるものと確信もした。
が…そこで立ち止まった。40年前を思い出しからである。
知り合った方は決して悪い人ではなく、ある意味で敬意感すら抱く。しかし、それだけであって特別用事があるわけではないのでそれだけである・・・

また、二回りほど若い方で優秀で政治家にしたい程に魅力のある方と知り合った。今は某放送局に入って活躍されている・・・が、某放送局は言わずと知れた「韓流」で、韓流を通さないと出世はおろか、職も失いかねないらしい。「入ってしまった・・・」とご本人は言う。知らなかった・・・とも。
しかし頑張って居る。良いジャーナリストだ。

愚老は、泥の中から綺麗に咲く蓮の花の様に、組織が悪いから悪くなるのではなく、個々人が「どう生きるか」ではないかなと(甘く)思う。そこは自己責任である。

但し!
政界始め、マスコミ・芸能界・はたまた法曹界や公務員までも、いわゆる「韓流」の進出が激しく日本独自の文化や秩序が破壊されて居るのではないかとの不安、疑心暗鬼が生じている。

さらに、支那流被害はさらに恐ろしく、日本滅亡を招く事態まで想像される。こちらは国家統治や有地識者社会にまで侵食されて国家機密の垂れ流しさえ予見される。

こちらは、ハニトラ大臣とか誹謗されるような事態や、国土侵食への斡旋利権まで現象として現れ始めているようだ。

しかも、外国人参政権の関わりで首長さんまで神経が冒されているようだ。
恐ろしい世が目の前に広がる悪夢。あくまで「悪夢」あって欲しいと願んずる日々である。

アベガー風潮・自民党を叩き!
それらの根っこは「其処にある」

とても統一教会を叩いて済む話ではない。
日本人としての魂、矜持が試される意味で「自己責任意識」こそが必要な危機、国難を迎えている・・・・日本滅亡の危機なのではないか?


そして、まさに!
◆ この流れに危機感を持ち、戦後レジーム脱却に命を賭けたのが安倍元総理ではないか!


Posted by 余生を憲法改正に! at 06:59 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
りっけん共産党の反省! [2022年08月13日(Sat)]
りっけん共産党の反省!

立憲は10日、臨時の常任幹事会を開き、先の参議院選挙の総括を決定したそうだ。

それによると、改選前から6議席減らし、比例代表の得票でも日本維新の会を100万票余り下回ったことについて、「勝利できず厳しい結果で、執行部に大きな責任がある」と明記。

敗因として、
「提案型野党」を掲げたため、

◆ 「何をやりたい政党かわからない」

という印象を有権者に与えたことを挙げている・・・

つまり、自らの印象操作に失敗したと言うのですが?

否、明確に伝わっていますよね。りっけん共産党は「何をやりたいか政党か?」

◆◆◆ 答え

1. 〇〇対策本部を設置しては政府に反対する策動
2. 日本を駄目にする策動

有権者もそれが分かったから支持率だ低迷しているのですとか?

それを脱却したいのであれば

まずは手始めに蓮舫と辻元を追放してみたらいかが・・・?
この二人が品質低下の最大貢献者!

みんな分っているようです・・・・がね?

今こそ、心根を入れ替えて「立派な野党」を目指しましょう。
日本の! 国益を土台に据えて、自民党の左翼を攻撃しましょう・・・
力をお貸し下さい・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:40 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
高市早苗経済安保相「機密資格制度(セキュリティ・クリアランス)やる」 [2022年08月13日(Sat)]



高市早苗は、内閣府特命担当大臣(知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策、経済安全保障)、経済安全保障担当に就任した。


◆ 高市早苗経済安保相「機密資格制度(セキュリティ・クリアランス)やる」!経済安保推進法を改正へ

「内閣府特命担当大臣」とは、財務省や外務省などのように定まった省庁の大臣ではなく、その時期に必要と考えられる任務を遂行するために設置される大臣ポストであり、人事権がなく、特定の部下(職員)を持たずに内閣府にいる部下(職員)や様々な省庁の寄せ集めの部下(職員)しか使えないし、決まった予算の割り当てもない!
余ほどの能力とやる気がなければ、殆ど何もできない大臣だ!

しかし、能力のある高市早苗・経済安全保障大臣は、やる気満々だ!
高市早苗経済安全保障相は、8月10日、就任後の記者会見で安全保障分野を巡る国の機密情報を扱える資格者を認定する「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」制度の導入に意欲を示した!

「セキュリティ・クリアランス」(適格性評価)とは、機密情報へのアクセスを一部の政府職員や民間の研究者・技術者に限定する仕組みだ!

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8729.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:21 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
暗ら〜い世相・・・ [2022年08月12日(Fri)]
暗ら〜い世相・・・
さて・・・どんな事が進んでいるのか?
分からない・・・


統一教会と安倍ら自民党のつながりは大昔からのもので、日本のマスコミはこの20年以上、統一教会をほとんど批判せず、言及すらしなかった。ところが安倍が殺されるや、マスコミは統一教会と親しかったことを理由に、安倍や自民党を急に猛然と批判し始めた。マスコミのこの展開は、明らかに他意がある。私から見ると日本のマスコミは、これから書くもう一つの異常さである安倍殺害時の状況の不可解さから目をそらすための目くらましとして、統一教会と安倍の関係を喧伝している。

 異様な「統一教会」叩き、どう考えてもおかしいですよね。そして、私が何度か書いてるのと同じく、警察の発表がおかしい、と指摘してはります。圧巻はここからで、そんなシナリオを遂行させる黒幕は一体誰やねん?という話ですね。

安倍を殺した黒幕は、日本の敵の側でなく、味方の側、それも警察など日本の当局を内側から操れるほどの力を持った外国勢力だ。そんな外国勢力は一つしかない。米国だ。米諜報界は国防総省や国務省などを傘下に持ち、日本の官僚機構に横入りして日本国内の指揮系統に従わない筋を作って動かすことができる。日本の外交官たちは、自分たちの独力で安倍を殺そうとは思わないが、米諜報界が安倍を殺すなら、その後の日本で権力を取り戻せるかもしれないので喜んで機密情報の提供などの協力をする。

安倍は死んだ。岸田の露中敵視もいずれ破綻する。その後の日本は弱体化し、経済的に露中敵視を継続できなくなり、米国も金融破綻や国内混乱で弱体化するので、いずれ日本は再び米中両属への道を模索するようになる。それを自民党の誰が主導するのか、まだ見えない。岸田自身が露中敵視の強化が自滅策だと気づいて方向転換を図るかもしれない。左翼リベラルなど野党やマスコミが事態の本質に気づく可能性はほぼゼロなので、そちらからの転換はない。マスコミ権威筋が頓珍漢なままなので、日本人のほとんども何も知らないまま事態が転換していく。

◆ さて!
銃撃事件について・哲夫が熱弁
- ライブドアニュース (livedoor.com)

https://news.livedoor.com/article/detail/22660405/

岸田内閣???? [2022年08月11日(Thu)]
岸田内閣????
統一教会外しはアリバイ工作程度の話

反日メディアは旧統一教会を目の敵に連日報道しているが、それをいうなら創価学会も霊友会も、その他の新興宗教も似たようなものだ。
連立与党の公明党などまさしく政教分離違反だろう。
反日メディアの報道に騙されてはならない。

親中の林外相と茂木幹事長を留任

★ 外相&防衛相に米国が重大警戒

◆ 林ハニー大臣閣下
安倍元総理訃報にヤッター・・・?
言葉の意味は分からないが?
FZt_FC_aUAIm-_X.jpg

◆ 防衛大臣になった選択的夫婦別氏早期実現議連会長の浜田靖一
o0791044015158792769.jpg

◆ 高市さんの安倍派(清和政策研究会)への復帰を安倍さんが驚くほど頑なに反対していた萩生田

高市さんが政調会長になってからというもの、「政調会長室」にめっちゃ多くの保守系の議員が集まるようになって来ていて、もはや一大勢力?みたいな雰囲気やったみたいです。逆に言うと、今回の人事はこの「政調会長室」潰し、ということになります。

◎◎◎

しかし、萩生田経産相が政調会長という党役員に留まったのはひとまず良!
極道の妻野田少子化相の退任は大歓迎。

もともと日本の少子化対策に役立つ大臣ではないからだ。

高市政調会長が経済安保相として再入閣したのは良!
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:04 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
「被選挙権資格」について徹底検証を願う! [2022年08月10日(Wed)]
さて・・・
信教の自由が無視されて統一教会でのささやかな縁が問題にされる中に!
暴力団関係者は許されるのか?

神聖な国会には相応しくないがね。
と、同時に前科者なども排除すべきものと思うが!
統一教会絡みで、この際「被選挙権資格」について徹底検証を願う!


最高裁で判決確定 野田聖子大臣の夫が「元暴力団員は真実」
(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/77a5f3134f495975710935e2e72d5df7993415dd

野田聖子地方創生相(61)の夫・野田文信氏が、過去に暴力団員だったなどと報じた「週刊文春」の記事は事実無根で名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めていた訴訟。最高裁判所第一小法廷は8月8日、文信氏の上告を棄却。文信氏が元暴力団員と報じた点について、「真実である」とする東京高等裁判所の判決が確定した。


さて、噛みつき蓮舫さんは統一教会との縁に噛みついたが・・・
曖昧な国籍問題は許されるのか
被選挙権資格に国籍条項も厳しく制定を!


金子恵美氏、反論の蓮舫氏に再反論「ノウハウご教示頂きたい」のチクリ
(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:04 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
国家の危機! [2022年08月09日(Tue)]
盲管銃創?消えた銃弾?安倍さん銃撃の真実は暴かれるんやろか。
警察の言うてることもおかしすぎ。
ナニワの激オコおばちゃん (naniwakawaraban.jp)

https://naniwakawaraban.jp/2022/08/06/%e7%9b%b2%e7%ae%a1%e9%8a%83%e5%89%b5%ef%bc%9f%e6%b6%88%e3%81%88%e3%81%9f%e9%8a%83%e5%bc%be%ef%bc%9f%e5%ae%89%e5%80%8d%e3%81%95%e3%82%93%e9%8a%83%e6%92%83%e3%81%ae%e7%9c%9f%e5%ae%9f%e3%81%af%e6%9a%b4/

安倍元総理、救命の努力をした医師の記者会見では、穴は心臓にも開いていたと確かに言うてたのに、その後6時間かけた法医解剖では、心臓には損傷はなかったことになっています。

 さらに、弾の1発は見つかった、とか。ええーっ。もう無茶苦茶ですね。警察は何かを隠そうとしてる、と言われてもおかしくないですね。日本のマスゴミは今や、完全に朝○人に乗っ取られてるんやと考えた方がわかりやすいですね。そしてそこに「中国」が入り込んでる、という形でしょうか。そして残ってる日本人も自分のアタマで考えることのない、ウスノロばっかりやということですね。

 容易に敵国の工作に乗ってしまう日本のマスゴミは、安倍さんの暗殺事件を山上容疑者一人の犯行に仕立てようとしていますね。しかも「統一教会」の話をわざとリークして、マスゴミと共謀してそれを政権批判につなげようともしてる、と。「モリカケさくらに統一教会」と。こいつらホンマに消えて無くなってほしいですね。





本当か嘘かは分からないが、念のため!

林芳正が支那ハニトラ野郎の根拠話す・大王製紙前会長が暴露・
&スマホ盗撮疑惑 (deliciousicecoffee.jp)

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8726.html

林芳正は、支那ハニトラ野郎(スパイ、工作員)として真っ黒けだ!

支那のハニトラ工作員・スパイである林芳正に、これ以上日本の外務大臣を続投させてはならない!

とは言っても、岸田文雄も、支那の工作員である可能性が高いから、林芳正の外務大臣続投は、岸田の強い意志が働いていると考えるべき!林芳正は、背広の胸ポケットのスマホのカメラレンズを出しており、これは大事な会議や会談などの様子をビデオ動画撮影して、支那に情報提供していると推察されている!


メディアの敗北と、これからの保守の在り方
小坪しんやのHP〜行橋市議会議員 (samurai20.jp)

https://samurai20.jp/2022/08/abe-9/


情けないのは自民党の国会議員も同様です。
明言すれば私も人間関係にヒビを入れてしまうのかもしれませんが、特に情けないと思うのは安倍派の先生です。親分を討ち取られているのだから、誰よりも安倍元総理の名誉を守るべき責務は、やはり清和会にあると思う。いま難しい状況なのは分かっておりますけれど、その動きが見えてこないのは残念です。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:45 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
神仏への信仰心こそ国家の基本! [2022年08月08日(Mon)]
自民党に欲しい「正しい宗教観」

統一教会との付き合いを攻撃されて、俄かに縁切りを叫び、統一教会悪玉論に乗る大慌ての自民党・・・まことにだらしがない・・・
愚老・・・統一教会を叩けば良いというのではなく、「半島由来」にその根っこが有り、日本文化がすべてに於いて「半島由来」に陥ってしまっている事をこそ体制変換しなければならないものと思う。
特にマスコミとりっけん共産党である。

◆ 神仏への信仰心こそ国家の基本!

日本は言わずと知れた「神国」である。
天照大御神を起源として2600有余年、皇国として天皇を抱く祖国日本なのである。
加えて仏教国・・・「仏法真理」に支えられる国であることを忘れてはならない。

その意味では、日本政治、国民の琴線を呼び起こす「宗教観」に根付くもので無ければならない。付け刃式に統一教会排除で誤魔化すようでは駄目なのだ。
その意味では聖徳太子の「17条憲法」に眼をやり!
憲法改正を果たすための「心」として、
憲法前文に「17条憲法」の精神を置くべきではないか?
それが憲法改正への国民琴線を呼び起こす・・・そうであって欲しい・・・

(本来なら、教育勅語も何らかの形で現して欲しいが、先ずは精神論としての17条でとどめ置き、具体論では教育勅語の現代版を設定して欲しいと願う!

◆ その上で「経済」で有ろうか・・・・

それはさておき・・・

◆ ロシアとウクライナ
この戦争責任はバイデンで有る。ロシアの背中を押したのが売傳アメリカに他ならない・・・
呆け故の穿った見方かも知れないが、代理戦争を経済の基盤にするアメリカの伝統手法が垣間見える。
古い武器を償却し、併せて戦果を確かめる。武器開発の研究なのである。
今、アメリカがすることは「和平努力」である。終戦の仲裁である。
ウクライナの立つ瀬!
ロシアの名誉ある撤退!
それが戦争を誘導したアメリカの責任である。

ロシアを支那側に追いやっては駄目だ!
ロシアにはまだまだ「宗教観」がある。支那は「無神論」で有る。
世界に道徳・・・宗教観を根っことする社会秩序を広げるために、敢えてロシアに覚醒を促す役割がアメリカの責任であり、世界人類を護道なのである。

・・・・・

と、まあ〜っ、暑さで壊れた愚老の戯言から始まる8月8日「親孝行の日」、若者たちに伝えたい朝である・・・

◆◆◆
さて、内閣改造という話があるが!

「 日本を守る意志もない政治家、ことさら官邸メンバーは、すぐさま退場してもらいたい。我々の生命、財産を預けるに値するリーダーのみが政治を主導せよ 」

と言うことに尽きますね。