CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
二階某、恫喝紛いの身勝手横暴さ [2021年06月30日(Wed)]
世界人類の敵・親中派二階某対する日本人の怒りは並大抵ではないが!
さらに、衆院選に向う公認争いでは、
自派は問題視せず、他派の対立候補予定者に対して除名処分を匂わせる
「恫喝紛いの身勝手横暴さ」

には党員の怒りが増すばかりだが、
我々は、傲慢且つ中国共産党の属国「禍」さえ想像される「国難」に絶望するしか無いのだろうか!

怒りの構図

山口  3区  二階派・河村建夫  & 岸田派・林芳正元
群馬  1区  二階派・中曽根康隆 & 細田派・尾身 
新潟  2区  二階派・鷲尾英一郎 & 細田派の細田健一氏
北海道 7区  二階派・伊藤良孝   & 竹下派議員・鈴木貴子
静岡  5区  二階派 細野 豪志 & 岸田派・吉川 赳 
高知  2区  二階派・   & 石破派・

取り越し苦労の愚老ですが、しかし、30数年来の自民党党員として、こんな理不尽さに声を挙げなければ生涯の悔いを残すのです。
退会も辞さない覚悟です。
日本国家国民の明日のために、二階派の増長を許すわけには行かないのです。

勿論、個々の人格どうのこうのではなく、
あくまでも、日本文化破壊組織化と見間違うほどの二階派が
自民党を牛耳る姿を見たく無いからです。


『かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂』

圧力、弾圧は覚悟の上です。

(画像、大変勝手ながら日本会議「日本の息吹」から転用させて頂きます。
中国共産党の実態を知って欲しいからです)


IMG_20210630_0002.jpg

IMG_20210630_0001.jpg
Posted by 余生を憲法改正に! at 12:28 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
中国の恐怖! [2021年06月29日(Tue)]
中国の恐怖!

ある方のFBから転記

始まった「第三次世界大戦」と日本の「生き筋」️

3700万人を殺した「武漢ウイルス」、日本に落とされた原爆の37発分にあたります️
実は中国が15年前から緻密に計画し研究された「ウイルス兵器」であったということです。
私たちは、中国の「コロナウイルス」による世界支配計画の野望を知り、日本の「生き筋」を掴んで戦っていく必要があります️

大丸2《中国の世界支配計画のシナリオ》

@中国はすでに1000種類以上のウイルス変異株を
 用意している️
A世界に変異株を投入し続けコロナの流行を終わ
 らせない️
B敵対する国をウイルスで弱らせ「中国製ワクチン」
 でしか治らないようにする️
大丸2《中国の野望を打ち砕くには》
@日本が腹をくくってG 7(カナダ、フランス、ドイ
 ツ、イタリア、日本、英国、米国)の側につき人
 権に関して中国を非難する声を上げること️
Aロシアに関して北方領土は棚上げしてでも、大き
 な外交をし、ロシアと協力体制を築くこと️
B中国に強い態度で臨むことが「世界を救う道だ」と
 日本のリーダーは自覚し、行動していくこと️
C宇宙の視点から見た地球の「あるべき姿」と「成す
 べきこと」を理解し行動すること️
Dコロナ禍という人類最大の危機は、人類全体の
 「目覚めのチャンス」でもあると自覚し、正しい
 信仰心に目覚めていくこと️

大丸2《秋の総選挙でのチャンス》

@櫻井よしこ氏の主張される「親中議員」の排除
A深田萌絵氏の主張される「背乗り議員」の排除
という唯一のチャンスを逃してはなりません️
Posted by 余生を憲法改正に! at 15:51 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
森友捏造事件と「赤木ファイル」 [2021年06月29日(Tue)]
森友捏造事件「赤木ファイル」

森友学園問題に絡み、亡くなった元近畿財務局職員赤城さんが残した文書、いわゆる「赤木ファイル」が、訴訟を起こしている赤城さんの奥様に提出された。その翌日、朝日新聞は1面トップ、2面ほぼ全面、社会面トップ、第2社会面で大々的に、この赤城ファイルを取り上げていたそうだ。産経新聞の阿比留瑠比記者は、それについてこうつぶやいた。

だが、あれほどアベガー、アベガーと騒いでいたのに、安倍前首相の関与は見つけられず、ほとんど記述もない。さぞがっかりしていることだろうと同情する。


 朝日新聞や立民党などの特定野党にとって、森友問題は安倍問題だった。このスキャンダルを掘り下げ、真実が出てくれば、阿部前総理を議員辞職に追い込めると、勝手に考えていたからだ。だが、赤木ファイルは彼らにとって、期待したものと大きく異なっていたのだろう。

阿比留瑠比の極言御免 財務省文書改竄 忖度説の決壊 (産経)

≪ まず押さえておきたいのは、赤木氏がこう明確に記していることである。

 「現場として(森友学園)を厚遇した事実はない」

 国会やマスコミはこの点に関して、延々と売却に際して森友学園側への配慮や当時の安倍晋三政権への忖度があったと追及してきたが、赤木氏自身がそれを否定している。この言葉からは併せて、赤木氏が国有地の売却価格の減額自体に、特に問題はないと考えていたこともうかがえる。(抜粋) ≫


ー私的憂国の書さんー
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:22 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
世界中が恐れた日本人の大和魂 [2021年06月29日(Tue)]

世界中が恐れた日本人の大和魂 (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12683284584.html

「玉音放送」の前日の昭和20年8月14日、御前会議で天皇陛下が述べられたお言葉。

「世界の現状と国内の事情とを充分に検討した結果、これ以上戦争を継続することは無理だと考える。陸海軍の将兵にとって武装の解除なり占領ということは誠に堪え難いことで夫等(おのら)の心持ちは私にはよくわかる。
しかし、自分はいかになろうとも、万民の生命を助けたい。この上、戦争を続けては結局、我が方が焦土となり、万民にこれ以上の苦悩を舐めさせることは実に忍び難い」

日本国では「十七条の憲法」の第三条に「承詔必謹(しょうしょうひっきん)」とある。


そして、ソ連占領下奉天!

・ 竹田宮殿下は満州に赴くため、飛行機で向かうと途中から4機の「隼」が護衛してくれた。この時、護衛した4名全員が、若くて優秀な教育飛行隊教官で、生き残った戦闘機操縦者の中では相当な技量を持っていた。

竹田宮殿下が満洲から本国に戻るに当たり、護衛した彼らに厚く礼を述べられ、一人一人と握手を交わし、「今後、いろいろの情勢になろうが、くれぐれも自重して日本の再興に尽くしてほしい」と言われた。

「その直後、4人は真新しい下着に着替え、整列して遠く東の空に向かい宮城遙拝し、「天皇陛下万歳」三唱をした」

彼ら4機の「隼」は満州の奉天の飛行場に戻ると、そこはすでにソ連軍に占領されていた。
しかし彼らはソ連占領を知っていたから先に「天皇陛下万歳」をしたのだった。

隼4機は超低空で転回し、ソ連が占領した飛行場のど真ん中で急上昇し、上りつめた4機は編隊を組んだまま真っ逆さまにその飛行場の中央に突っ込んで自爆した。

この時の四烈士の名は以下の通りである。

鎌田正邦大尉(大分県出身陸士55期)

西谷眞六中尉(青森県出身陸士57期)

福田滋中尉(岡山県出身陸士57期)

後藤宰久中尉(熊本県出身陸士57期)

この壮絶な自爆を目の前で見たソ連軍の指揮官達は動揺して固まった。

ソ連の指揮官が「これはどうしたのか?」と近くにいた日本の将校に聞くと「日本では古来、武運拙く負けいくさとなった場合、武士として腹を切る。今のは飛行機乗りによる腹切りの作法である」と言った。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:13 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
天皇陛下の政治利用 [2021年06月28日(Mon)]
天皇陛下の政治利用

宮内庁長官が陛下の御心を勝手に「拝察」:破壊工作の可能性もささやかれる!
今!

街の声は・・・
−ブログ散策 他−

天皇陛下は、
五輪・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がることについて、ご発言を全くしていない! (天皇陛下が感染拡大をご懸念・ご心配されるのは当たり前だ!)

宮内庁長官の西村泰彦
「天皇陛下は、五輪・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないか、ご懸念、ご心配であると拝察する。私の拝察だ。私が肌感覚でそう感じている。私の受け取り方で、陛下から、そういうお言葉を聞いたことはない」
(つまり、西村泰彦は自分で勝手に『天皇陛下のご懸念、ご心配』を拝察して、記者会見で自分の拝察について発言し、天皇陛下を政治問題に巻き込んだ!)

多くのマスコミは、
西村泰彦の「私の受け取り方で、陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはない。そこは誤解がないように。」
と説明した部分を隠蔽して偏向報道し、思いっきり政治利用している!

櫻井よしこ氏
「天皇陛下を政治利用するのは日本にとって不幸だ。やるべきでない事をやった意味で宮内庁長官として大きな責任を問うべきだ」
https://twitter.com/mi2_yes/status/1408026492768972802?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1408026492768972802%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=http%3A%2F%2Fdeliciousicecoffee.jp%2Fblog-entry-8311.html


麻生太郎氏
「通常、宮内庁長官っていうのは、天皇陛下のおことばを直々に伝えたり、代わりに伝えるなんてことは普通はないけどね。

ワシントン・ポストは
「天皇陛下から重要な不信任決議を得た。天皇が話した。彼の言葉は重要だ。」などと報道している!

※ 大日本帝国憲法の第三条に「天皇は神聖にして侵すべからず」という規定があり、これは天皇の政治的無責任(無答責)を意味しており、天皇が実際に権力をふるってしまえば責任が生じるため、国論を分ける政治問題には一切ご発言をしないことになっていた。

だから、天皇主権ではない日本国憲法の現在において、天皇陛下は当たり前のご懸念やお喜びについてはご発言をしているが、国論を分けて政治問題化している事項については断じてお考えやご意見を述べることはない!

これがルールなのだ。

イギリスのガーディアンも
「天皇が予想外の介入をした」と報じました。

一色正春氏
誰も確認する術のない天皇陛下の大御心を勝手に拝察して、メディアに発表するのがどれほどか危険な事なのか

仮にこの手法がまかり通るのであれば、「陛下は北京オリンピックでの日本選手の活躍を楽しみにされている」などと勝手に発表されれば、我が国に不参加という選択肢はなくなってしまいます

五輪阻止団体
「天皇陛下の東京五輪の御聖断が出ましたが、まともな日本人なら直ちに東京五輪は中止し、内閣総辞職で総理が切腹するレベルの話しだと思います」

天皇の言葉を否定する官邸の横暴と五輪開催の杜撰さ。
不敬罪の存在まで自民党は検討対象にはしてはいないようであるが、自民党改憲案なら立派な不敬罪に当たる。(と、憲法改正阻止と結び付け)


※ 一官吏が天皇陛下の御名を騙り政治的主張を行う。そして、それを諸手で悦ぶ左派メディア。戦後日本に刻まれた爪痕は、極めて大きい…。
日本の憲法では、天皇は政治的役割を持たない「国の象徴」と定義されている。

西村宮内庁長官による、云わば「大御心 (おおみこころ)」の拝察は 仮に知り得たとしても表にしてはならない事であり、それを行うは 天皇陛下が政治的役割を担われた様に見られかねない危うさを孕んでいるといえるのではないか。

加藤官房長官は、この件に関する会見にて「憲法との関係で問題があるとは考えていない」旨を表した様だが、到底誠実さに欠けるものだろう。放置すれば、陛下が政治的言及をされたとも受け取られかねず、諸外国向けにも間違った発信となりかねない。

菅現内閣は 手間を要しても 西村宮内庁長官の発言真意を糾し、その相応の処分と共に 天皇陛下による政治的言及がなかった事を 改めて誠実に表明すべきではないか。「拝察」発言を放置すれば、一部の外国や国内左派容共勢力から好い様に利用されかねないリスクにも想いを致すべき。







Posted by 余生を憲法改正に! at 06:30 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
皇紀2681年 日本国家国民の誇りとともに生きる! [2021年06月27日(Sun)]
皇紀2681年 日本国家国民の誇りとともに生きる!
日本人の心は此処に・・・

我が国の「輝く誇り」とは何か? 
さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう」 (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12682973106.html


国がさくらの花ならば、ひとりひとりが花びらだ 輝く誇りを持っている

これはシンガーソングライターの山口采希さんが歌っている国民の歌「若い日本」である。



ここに出てくる“輝く誇り”とは何か?

◎ 我が国が世界に輝く誇りとは、万世一系の男系126代続く皇統である。


ではなぜ我が国は126代も皇統が続いてきたのか?

【爆撃にたふれゆく民の上をおもひいくさとめけり身はいかならむとも】
    これは昭和20年の停戦時の昭和天皇の御製である。

この御製が国民に紹介されたのは昭和43年であるから、昭和20年当時、国民は誰も知らなかった。

「昭和20年8月14日の御前会議の陛下の御発言「朕の一身は如何にあろうとも、これ以上、国民が戦火に斃れることは忍び難い」を翌8月15日の新聞各紙が報じた。」


この御発言が先ほどの御製に繋がり、陛下がこれを実践されたのが9月27日のマッカーサーとの会見であった。

「自分はどうなってもいいから、国民を救ってほしい」

陛下は国民の知らないところで、国民のために命を差し出されていたのだ。
まさに、我が国の輝く誇りが続いているのは、この天皇陛下の「無私」であり、
「君臣一体の国柄」にあるように思う。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:55 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
国家危機、否「世界的社会秩序破壊」への対処、解決策・最善策はあるのでしょうか? [2021年06月27日(Sun)]
https://news.yahoo.co.jp/.../fc42f119e798d5c67023b46e4985...

この類を心配します。

・東京オリンピック開催阻止になれば良し!
・宮内庁長官の天皇利用は長官の責任、別な世界の事!
・天皇陛下が発言したとして、憲法違反になっても別な世界の話!
・それで天皇陛下、皇室と日本国民の断絶が起きれば望むこと!
・どっちに転んでも日本の歴史文化に一太刀入れた! 
 美味しい結果だけが残る・・・
・既に政府と皇室の分断空気が形成された!
・今後も使えますね〜同様手法が・・・

人権、弱者、少数意見、多様性、世界基準・・・云々!
伝統文化や日本人の誇り国柄を否定し、
日本の統治機構を破壊し続け、転覆消滅までを企む勢力の「罠・仕掛け」は恐ろしいばかりです。
戦いは泥沼化するばかり。
それも当然の狙い通り。
この国家危機、否「世界的社会秩序破壊」への対処、解決策・最善策はあるのでしょうか?
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:33 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
西村泰彦宮内庁長官が勝手に陛下の発言のように発表しただけ [2021年06月26日(Sat)]
【「陛下は開催で感染拡大しないか懸念と拝察」宮内庁長官】

結論は

・テレビ朝日、朝日新聞は 「陛下が五輪開催による感染拡大を懸念」
という事で大々的に記事を出していましたが、
速攻で記事を削除しました。

そして出してきた記事がこちらでした。

・西村泰彦宮内庁長官が勝手に陛下の発言のように発表しただけで
「私が肌感覚として受け止めているということ」
「直接そういうお言葉を聞いたことはない」
「そう言う意味だと思った」

などと言い訳報道訂正・・・

● 臣下が陛下の発言や御心を勝手に解釈して自らのイデオロギーを広める
天皇陛下の政治利用であり、決して長官がやってはいけないことです。

◆ 世が世なら西村長官は断罪打ち首もの。

・この西村長官は小室圭がなし崩しに結婚まで持っていきたくて発表した文書を真っ先に褒めていたもののその内容がクソすぎることが批判されて小室側が文書を無かったことにしてはしごを外された間抜けですからね。

・小室圭のあの文書を評価するって事はなし崩し的にでも小室圭を結婚させたいという思惑があったのではないか?
という疑いを持たざるをえません。


臣下として相応しくない西村長官はいますぐにクビにすべきです。

● そして野党のクズ発言
今回の西村長官の天皇の政治利用に繋がりかねない勝手な発言をやっぱり政治利用してきたクズがいた。
りっけんとーの安住某は
「西村氏個人の意見だと思っている国民はいないと思う。そう思い込んでるのは菅義偉首相をはじめ閣僚だけだ。恥ずかしい」などと述べた。


※ 天皇陛下に政治的発言が許されていないのは、政治的に利用すれば国民の断絶を招く恐れがあるからだ。「拝察」が正確なものであったかどうかは関係ない。
国民を分断するような形で天皇陛下を利用することは、厳に戒めなければならないのである。そのことをわきまえなかった西村長官の責任は重大だ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:48 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
赤木夫人利用の報道テロ! [2021年06月25日(Fri)]
マスコミの印象操作が日本人に不幸を招く!

政府ガ〜…アベガ〜…と叫ぶが、
悪質なのはマスコミと野党であります!
拡散すべき国難です!

報道テロ

「赤木氏は明確に記している。

「現場として(森友学園を)厚遇した事実はない」
この証言が所謂「報道しない自由」によって握り潰されています。

先ずは赤木夫人が、この事実を受け止めていただきたいです。
結果的に野党やマスコミに利用されている事に気づいて欲しい!
Posted by 余生を憲法改正に! at 10:04 | マズゴミ現象 | この記事のURL | コメント(0)
天皇陛下を利用する西村宮内庁長官 [2021年06月25日(Fri)]
不敬ながら「暗澹たる気持ちです」

宮内庁は「日本国にかかわる大事件を起こして」、今度は五輪断念を迫るのか?
・・・小室事件はコロナウイルスよりも、もっと根深い問題です。
小室との結婚、日本の尊い皇統が途絶えてしまうのです。
皇室を守ることが、今は一番大事なことなのだが、
その想いが高じての不敬の極み。
お許しを・・・・・・・


◆ 西村泰彦宮内庁長官は大馬鹿者である。

眞子さん(もう眞子内親王殿下とを呼ぶのは止めた)の恋人である女たらしの小室Kの自己弁護に満ち下らない反論文書を「非常に丁寧に説明されていて、よく理解できた」とベタ褒めした。
こんな男が宮内庁長官をやっていたら、皇室は崩壊し、日本も崩壊する。

西村がベタ褒めした小室Kは「借金ではない。貰った金だ。借金だとして将来自分の家族になる(眞子さんの)ためにも良くない」と言った舌の根も乾かぬうちに、「解決金」と称する借金の返済を申し出た。

これで小室Kは全ての日本国民を敵に回した。

その敵を事もあろうに西村宮内庁長官が受け入れたのである。

売国奴と呼んでもいい長官は天皇陛下まで「五輪反対」の政治利用しようとした。


反日勢力を斬る 天皇陛下を利用する西村宮内庁長官をクビにせよ (fc2.com)
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-6223.html
夫婦別姓禁止は「合憲」 最高裁 [2021年06月24日(Thu)]
夫婦別姓禁止は「合憲」 最高裁
最高裁大法廷の判断にとりあえず安堵。

日本の家族制度・戸籍制度は「国家としての不易制度」です。
それは皇室典範、天皇の男系維持同様「日本国家国民の根幹」を成す基本中の基本です。

しかし、これからが本当の闘い。
もともと反日左翼は令和8年の最高裁大法廷にて違憲判決を目指している。

政府は、
日本の国柄をまもるために、夫婦別姓の学習を各議会で推進することが肝要」だと思います。

重要なことは「家族の絆を守る」「憲法に家族制度」の明記ですね。
細則には、適宜「通称使用」条項を明示することは厭わないがね・・・
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:29 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
不祥事に関し、リッケントーがとった態度がこれだ。 [2021年06月24日(Thu)]
身内に甘く!
反省もせず! 開き直る・・・
マスコミはスルーで報道せず!

ー私的憂国の書さんー

りっけんと〜ら野党は、与党の不祥事をこっぴどく批判するけれども、彼らも彼らで相次いで不祥事を起こしていることは周知の事実だ。緊急事態宣言下でセクキャバ通いが発覚した議員もいれば、警察に因縁をつけて「オレは国会議員だぞ!ビビっただろう」と啖呵を切った議員はいまだ党で現役だ。

中韓でまかり通る「反日無罪」と同じ発想だ。こんな規律の微塵もない党運営の政党に政権を渡すなど、有権者にとってはあり得ない選択だ。政権どころか、国会議員としての資質が問われるべきである。


◆ 不祥事に関し、リッケントーがとった態度がこれだ。

 セクキャバ高井 ⇒ 除籍処分
 俺は国会議員だぞ(ゲイ石川) ⇒ 不明
 本多平直 ⇒ 陳さんが口頭厳重注意
 石垣「大事な時にバージョン」 ⇒ 陳さんが口頭厳重注意
 石垣「事務所私的使用事案」 ⇒ 森ゆう子が注意

 身内に甘いとの批判は当然だが、りっけんと〜というのはそういう政党なのだ。


6月17日(木) | 鈴木宗男オフィシャルブログ「花に水 人に心」Powered by Ameba (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-12681178986.html

3月10日の参議院予算委員会で、立憲民主党の小西洋之委員が質問している立憲民主党の田島麻衣子議員に「嘘でもいいから口頭で質問通告したと言え」とそそのかしている。「嘘でもいいから」というのは許されない発言だ。
3月12日の参議院予算委員会では、立憲民主党の森ゆうこ委員が自民党との青木一彦理事とのやり取りで「武田さんは嘘つきだ」そして「嘘だ、嘘だ」と連発している。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:10 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
足立区議会(自民会派)の大英断!! [2021年06月23日(Wed)]
☆足立区議会(自民会派)の大英断!!

事実上の「北朝鮮糾弾」の啓発条例!!
『日本人の権利を守る市民の会』の奔走が実る全国初の快挙!
「外国人学校補助金」廃止を求めた裁判には敗れたものの…?

地方分権とか地方の時代と言われて「国家・国民」が二の次、否、否定され、地方の反乱が国家を滅ぼすような事態を危惧する昨今!

◆ 東京都の足立区議会にて、北朝鮮による「日本人拉致事件」を啓発する新条例が定められると報じられた。


侍蟻SamuraiAri 反米反日分子と戦うネオ親米愛国派!:快挙! 日本の自治体としての新条例! (livedoor.jp)

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52144225.html


Posted by 余生を憲法改正に! at 06:16 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
佐川宣寿氏が丁寧さ欠いた背景 [2021年06月23日(Wed)]
佐川宣寿氏が丁寧さ欠いた背景
国会とは何か?
酷会の実態 → 言論テロ???

【森友最終結論】野党による財務省に対するパワハラが原因。

「当時、局内は私も含めて連日連夜、朝までという日々で、本当に休むこともできないような、月曜日から金曜日まで毎日ご質問を受ける中で、そうした(確認の)余裕はなかった。全く余裕がなかったのが実態で、相当、局内も騒然としていた」(自民党の丸川珠代参院議員への答弁)
 「局内の騒然とした状況の中で、やはりそれ(確認)を怠ったということだろう」(公明党の横山信一参院議員への答弁)

 「レクチャーを受ける時間もほとんどなく、原課で作った答弁資料を入れてもらい、順次読み込んでいるという状況だった」(日本維新の会の浅田均参院議員への答弁)
「昨年、例えば予算委員会7時間コースだと、ほとんど全員の質問者が森友の質問をされるケースもあった。本当に何十問なのか、100問を超えるのか分からないが、(答弁準備が)事実上間に合わないケースもあった。それぞれ協議をしているという余裕もなかった」(民進党の小川敏夫参院議員への答弁)

 「何月何日に現場で職員と業者と会ったとか、極めて実務的な話で、そういうものを首相官邸と調整することは通常は考えられない」(共産党の小池晃参院議員への答弁)
 そして、立憲民主党の逢坂誠二衆院議員が「局内はなぜ混乱していたか」と尋ねると、こう強調した。
 「国有財産の部局は個別案件の話も多いし、そんなに毎年国会でたくさん質問をいただく部局ではない。そういう中で毎日月曜から金曜まで毎週何十問も通告され、資料の利用もあり、外部からも情報開示請求をされ、いろいろなチェックをしないといけない。大変だったことは事実だ。これまでにない状況だった」


 何のことはない。野党議員らによる質問攻めや資料請求などへの対応に忙殺されたため理財局内に混乱が生じ、丁寧さを欠く答弁になった−というのである。

【阿比留瑠比の極言御免】佐川宣寿氏が丁寧さ欠いた背景(1/3ページ) - 産経ニュース (sankei.com)
https://www.sankei.com/.../20180330.../



鳩山元首相の土下座が! 少女像と安倍前総理に [2021年06月22日(Tue)]
鳩山元首相の土下座が!
少女像と安倍前総理に・・・捏造」

捏造文化国の非道。

丸山穂高議員が“謝罪する安倍前首相像”の東京展示計画に憤慨「鳩山元首相がいつのまにか安倍前総理に」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/74001c0fbf1fb95079e314d2fce3c85cf8f20352?fbclid=IwAR2DJSioczodB8yJ6B79058o6qQqyO_n7nhYxvAjIPVqcEK7g6YgA7zB4no
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:51 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ