CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント
小室佳代遺族年金“詐取計画” [2021年04月22日(Thu)]
小室佳代遺族年金“詐取計画”

−文春−
「週刊文春」がX氏と佳代さんの金銭を巡るやり取りを精査

*お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事
*その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事
*パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事

先ずは以上を実践する=事実婚をします。そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する

佳代さんがX氏と生計を一にしながら、同時に、亡夫の遺族年金ももらい続け、圭さんを含めた3人で生活していくことを計画していたことが分かる。

 だがこれには問題がある。遺族年金の制度について、税理士の蜿タ隆氏が解説する。

「遺族年金は、一時期でも再婚したり、入籍せずとも事実婚の関係になると、その時点で受給資格が失われます。内縁関係にある人物が、それを隠して受給を続けていたならば、遺族年金の“詐取”にあたります」

 また、計画が実現した際の違法性について、佳代さんも十分に認識していた疑いがあることが下記のメールからは読み取れる。

考えた結果、正式に入籍する時迄は友人や会社には事実婚の事は内密にします(9月6日)

私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。
万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません

◆ まさかね〜こんな人物一家が「日本国民の象徴」なんて有り得ないよね〜

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:15 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
親台湾の陰で! 台湾が中国に支配されたなら「どうなるか」 [2021年04月22日(Thu)]
台湾との友好は良いのですが、眼を見開いてセキュリティーもしっかりしていないと大変なことになります。
もし!
台湾が中国に支配されたなら「どうなるか」
日本は台湾を護る力があるのかどうか?

楽天・郵政の連携なども結構づくめに見えるが?
楽天の後ろにいる中国を見ていない日本政府の欠陥等々、防衛力に不安!

と言う話です・・・

https://www.facebook.com/photo?fbid=1916064391875525&set=a.678639025618074
−安楽氏− 記事から一部転記

(6) 安楽 卓己 | Facebook
https://www.facebook.com/takashi.anraku.77

一人で闘う「女戦士」深田萌絵氏️

今、戦っている女戦士と言ったら「台湾TSMC問題」で、米国の公聴会に臨んでいる「深田萌絵氏」では、ないでしょうか️
しかも一人で️勇敢な方です️
氏は、この前の「バイデン・菅総理会談」に対して、失敗であったと断言されています。
日本のマスコミや、提灯政治家・官僚は、自画自賛しているようですが。。
深田氏の憂いは、日本の半導体産業の行く末です️
このままでは「台湾TSMC」の後ろにいる中国に飲み込まれてしまうと、切実に訴えられています。


台湾TSMC」が中国と繋がっていなかったとしても、台湾が中国領土になってしまうと、結局は中国のものとなってしまいます。

しかも、能天気な日本の政治家・経産省官僚は、日本の半導体産業の再興・強化という名目で、日本の企業を育成するのではなく、国の税金を、世界をリードする半導体ファウンドリー(製造工場)となった「台湾TSMC」を、日本への「研究拠点誘致」に使おうとしています。
なんと「危険な愚策」️

台湾は親日国という、それだけのイメージで捉えると、見間違うと、深田氏は訴えています。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:12 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
全世帯太陽光発電義務化→危険! [2021年04月22日(Thu)]
小泉元凶大臣?が進める全世帯太陽光発電義務化の背景! か?

「太陽光パネルを使ってはいけない理由」が増えましたね。

ソーラーパネルの半分が、シナ共産党によって強制労働(タダ働き)させられているウイグルで生産されているわけです。

イコール、太陽光パネルの大半は「中国製」だという事だ。

太陽光パネル=『人権侵害の象徴』なのです。

旧ブログの頃から言っていますが、ソーラーパネルは「環境汚染の塊」です。
−パラメキア皇帝のブログ−

陽光パネルの部品には、人体や環境に『害』となる、「カドミウム」「セレン」「鉛」などの有害物質が多数、含まれています。


【カドミウム】
「カドミウム中毒」の原因となる物質。「イタイイタイ病 」とも呼ばれる。
腎臓の障害、骨や関節の障害、貧血、嘔吐、腹痛、下痢などを起こす。

【太陽光パネルに含む有害物質の危険性(カドミウム)】


【セレン】
毒劇法の毒物、化管法の第一種指定化学物質等に指定されている、極めて毒性の高い化学物質。
爪の変形や脱毛、胃腸障害、下痢、疲労感、焦燥感、末梢神経障害などを起こす。

【セレンは - 食品安全委員会】


【鉛】
「急性鉛中毒(脳の損傷による脳症)」の原因となる物質。
激しい嘔吐、精神錯乱、痙攣発作など起こし、昏睡状態や死に至ることも。

【鉛は人体と環境へ悪影響を及ぼす】


さらに、新疆ウイグル自治区で生産されるポリシリコンは、安価な『石炭火力発電』に依存している。

要するに、ポリシリコンの生産過程で、大量の「二酸化炭素」が大気に放出されているわけだ。
そして、太陽光パネルの生産や廃棄をする際にも、「温室効果ガス」が発生し、大気を破壊している。


どこのメーカーも「ソーラーパネルは地球に優しくてエコ」みたいな事をホザいているが、「大嘘」だ。

そして、いざ設置しても、役に立たない。

曇りや雨の日はまったく発電しない。 台風や地震ですぐに壊れる。 壊れたパネルから有害物質が流れ出る。

家の屋根に設置した料金のモトを取るのに20年かかるのに、10年もしないうちに老朽化して交換が必要。

街の景観を破壊するどころか、地盤が不安定になり、大雨や台風の際に「土砂崩れ」の原因になる。

太陽光利権で太陽光パネルをゴリ推しして儲けているのは、シナチョン企業と糞パヨク。

そして、「超」がつくぐらい大量に設置しないと、充分な電力供給ができない。

太陽光パネルで「原発1基分」の電力を作るには、『山手線内側とほぼ同じ広さのパネル設置』が必要。

【池田信夫氏 原発1基分=山手線内側分面積の太陽光パネル】

あちこちで作られている「メガソーラー」1基の発電量は、原発1基の平均発電量の「たった3000分の1」。

あれだけの敷地を使ってソーラーパネルを設置しても、原発1基の『3000分の1』の電力しか作れないのだ。 しかも、晴れの日だけ。



いかに、太陽光パネルという存在が『ムダ』かが分かると思います。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:02 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
皇室醜聞に日本が壊れるのか? [2021年04月21日(Wed)]
醜聞に日本が壊れるのか?

「28ページの言い訳書?」

「秋篠宮さまとしては、話し合いにしろ解決金にしろ、金銭トラブルをスピーディーに解決させ、国民にも理解してもらい、納得される雰囲気醸成を期待下のでしょうが!

宮内庁の責務・長官のミス!

宮内庁は皇族を保護する目的で入っているのです。それを怠ったのですから、大問題なのです。そんなことをやっている間に、「秋篠宮家は如何にいい加減か」ということが国民に広がりつつある。

ここに至り、皇室を護るためには魔子さまが自ら身を引くこと以外にないのではないか?
それも・・・結婚を諦めて、しかも皇族離脱!
そのくらいの覚悟が必要かと、そういう事態まで進んでしまったのでは・・・

壁に耳あり障子に目あり!
最大のセキュリティーは「問題なき行動」
ですかね?

−八幡 和郎−さまFBから転記

皇族であるとか政治家であるとか芸能人、その他有名人はいまどきすべての会話は録音されていると覚悟しておいた方がいいと思うがそんなことも秋篠宮家はできてなかったのであろうか。そっちの方が問題だ。


「隠し録りしていたかも…」宮内庁が抱く小室圭さんへの深刻な懸念 (msn.com)


https://www.msn.com/.../%E9%9A%A0%E3%81%97.../ar-BB1fMXkP...

Posted by 余生を憲法改正に! at 08:27 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
漁業関係者が自らつくる風評被害 [2021年04月20日(Tue)]
◆日本のマスコミと漁業関係者が自らつくる風評被害ではないかなぁ〜


国際原子力機関(IAEA)のラファエル・マリアーノ・グロッシ事務局長は、「海洋放出はどこでもやっている。目新しいことではなく、スキャンダルでもない」と言及している。

 また、米国のプライス報道官も「この特別かつ厳しい状況で、日本は選択肢と効果を検討し、その決定に関して透明かつ国際的に受け入れられる核安全基準を満たしてアプローチを採択したものとみられる」と述べている。

 そして、アントニー・ブリンケン国務長官も「我々は、日本が福島第一原発から出た処理水を処分する決定をする上で、努力をしてくれたことに感謝する」と自身のツイッターに投稿している。

 国際原子力機関事務局長の発言通り、日本が予定している処理水の海洋放出はどこの国でも行っていることで、日本より濃度の高い処理水を放出している国も多くある。韓国もそのうちのひとつだ。

 韓国が放出している処理水よりも低濃度の処理水を放出するだけであり、国際機関からもお墨付きを得た科学的事実に基づいた方針であるにもかかわらず、文在寅政権が必要以上に騒ぎ立てたため、一般市民や企業にブーメランとなって返って来ているようだ。


◆そして、お笑いは!
韓国の農協が運営するハナロマートでも「われわれの売り場では日本産の水産物を取り扱いも販売もしません」という横断幕を掲げ出した。

−備忘録−
文在寅の大誤算…日本に対する強い反発が“から騒ぎ”に終わった事情(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1869e3833669728904596b100dfa8d4878ad344?page=3

Posted by 余生を憲法改正に! at 13:00 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
菅さんの表情が暗く疲れ切っていた [2021年04月20日(Tue)]
アメリカから帰った来た菅さんの表情が暗く疲れ切っていたようだが・・・
(アメリカの本質は多国間、他組織を利用する代理戦争だ!)

その危機感への焦燥なのか?
そして中国への怖さなのか?

分かりませんが、冴えなかったですね・・・
もっと分からないのは?
「本当にアメリカ大統領立ったのか?」
分かりませんね〜

遠藤健太郎オフィシャルブログ ≫ Blog Archive ≫ 実は失敗した日米首脳会談 (shinhoshu.com)

http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post7923/
宮内庁が抱く小室圭への深刻な懸念 [2021年04月19日(Mon)]
自己責任を既に通り越してしまった国難!
相手はスパイ行動を地で行くような紛い者。
先に見えてくるのは脅迫罪か?


結婚問題が暗礁に乗り上げてしまった場合、小室さんが自らの“正当性”を示すために、その時の録音を持ち出すこともあるのではないか。今回の文書を見ていると、そんな懸念すら覚えます」

「隠し録りしていたかも…」宮内庁が抱く小室圭さんへの深刻な懸念(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce2f3d3a3e21f0935f1dcd63758a91a0473bb3ed?page=3

風評被害は「こうして造られる」 [2021年04月18日(Sun)]
在日局TBS「報道特集」(令和3年4月17日)で金平茂紀がこう言った。
風評被害は「こうして造られる」捏造印象操作

−サクラの花びらさん−


「福島第一原発から出た”処理された汚染水”。海に放出すると政府は決めました。多くの反対の声が出ています。そこに含まれている放射性物質トリチウムが復興庁によって、まさかゆるキャラまがいに扱われていたとは呆れてしまいます。原発を巡る歪んだ光景を見た思いです。皆様どうお考えでしょうか?」

福島を本当の意味で不幸にしているのは、こういう煽り報道をしてきたバカマスコミの金平のような日本人じゃないやつらだ。

今回も一番騒いでいるのはシナ・朝鮮という日本人じゃない連中で、それに同調するように日本のバカ左翼どもが「危険だ」「反対だ」と言う。

しかもいまだに「処理水」と言わずに「汚染水」と言って不安を煽り、「放射性物質トリチウム」と言って、飲み水にも含まれているトリチウムを危険のように報じるやり方。

「原発を巡る歪んだ光景を見た思いです」と言うのはそっくり金平に返す。

福島の処理水は消毒や殺菌をすれば飲めるレベルの濃度で、これは世界の常識である。

イギリスのBBC は「水は処理され、希釈されるので、放射線レベルは飲料水に設定されたものを下回ります」と報じた。

宮内庁の判断は甘いです。 [2021年04月18日(Sun)]
小室皇賊!
宮内庁の判断は甘いです。
国民離れ? なんて甘いものではありません。皇室の終わりです。

「宮内庁は結婚によって国民の皇室離れ≠ェ起きないか心配しています。国民に寄り添ってくれた皇室のイメージが壊れてしまうかもしれない。それだけは避けなければなりません」


国民総保護者! 小室圭さん「10月結婚」強行で宮内庁が恐れる皇室離れ=i東スポWeb) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e3dbcfd687f01693d061589921728bb883289a2
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:13 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
新たな時代における日米グローバル・パートナーシップ [2021年04月18日(Sun)]
富国強兵を願うおり、歓迎します。

「新たな時代における日米グローバル・パートナーシップ」
−日本会議提供−

4月16日、菅総理大臣は米国ホワイトハウスを訪問し、バイデン大統領と日米首脳会談を行い、「新たな時代における日米グローバル・パートナーシップ」を発表しました。

 声明では、大戦ののちに構築された日米同盟が、現代ではインド太平洋地域の平和安定の基礎となっているとした上で、拡大する中国を念頭に危機感を共有しました。

 台湾問題については、報道によると52年ぶりの言及となりました。
 菅総理は記者会見で、中国問題が議題となったことに触れ「東シナ海や南シナ海における力による現状変更の試み、地域の他者に対する威圧に反対することでも一致した」と語りました。

共同声明の主なポイントは次の通りです。

「主権及び領土一体性を尊重」
「国連海洋法条約に記されている航行の自由の推進」
「日本自ら防衛力を強化」
「日米安保条約が尖閣諸島に適用されることの再確認」
「尖閣諸島に対する日本の施政を損う一方的な行動に反対」
「ルールに基づく国際秩序に合致しない中国の行動に懸念」
「東シナ海での一方的な現状変更の試みに反対」
「南シナ海での中国の不法な海洋権益に関する主張・活動への反対を改めて表明」
「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調」
「香港及び新疆ウイグル自治区における人権状況への深刻な懸念を共有」

(共同声明抜粋)

自由で開かれたインド太平洋を形作る日米同盟

・日米同盟は揺るぎないものであり、日米両国は、地域の課題に対処する備えがかつてなくできている。日米同盟は、普遍的価値及び共通の原則に対するコミットメントに基づく
自由で開かれたインド太平洋、そして包摂的な経済的繁栄の推進という共通のビジョンを推進する。
・日米両国は、主権及び領土一体性を尊重するとともに、平和的な紛争解決及び威圧への反対にコミットしている。
・日米両国は、国連海洋法条約に記されている航行及び上空飛行の自由を含む、海洋における共通の規範を推進する。
・日本は同盟及び地域の安全保障を一層強化するために自らの防衛力を強化することを決意した。
・米国は、核を含むあらゆる種類の米国の能力を用いた日米安全保障条約の下での日本の防衛に対する揺るぎない支持を改めて表明した。米国はまた、日米安全保障条約第5条が尖閣諸島に適用されることを再確認した。

・日米両国は共に、尖閣諸島に対する日本の施政を損おうとするいかなる一方的な行動にも反対する。
・日米両国は、困難を増す安全保障環境に即して、抑止力及び対処力を強化すること、サイバー及び宇宙を含む全ての領域を横断する防衛協力を深化させること、そして、拡大抑止を強化することにコミットした。

菅総理とバイデン大統領は、インド太平洋地域及び世界の平和と繁栄に対する中国の行動の影響について意見交換するとともに、経済的なもの及び他の方法による威圧の行使を含む、ルールに基づく国際秩序に合致しない中国の行動について懸念を共有した。

・日米両国は、普遍的価値及び共通の原則に基づき、引き続き連携していく。
・日米両国はまた、地域の平和及び安定を維持するための抑止の重要性も認識する。
・日米両国は、東シナ海におけるあらゆる一方的な現状変更の試みに反対する。
・日米両国は、南シナ海における、中国の不法な海洋権益に関する主張及び活動への反対を改めて表明するとともに、国際法により律せられ、国連海洋法条約に合致した形で航行及び上空飛行の自由が保証される、自由で開かれた南シナ海における強固な共通の利益を再確認した。
・日米両国は、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す。
・日米両国は、香港及び新疆ウイグル自治区における人権状況への深刻な懸念を共有する。
・日米両国は、中国との率直な対話の重要性を認識するとともに、直接懸念を伝達していく意図を改めて表明し、共通の利益を有する分野に関し、中国と協働する必要性を認識した。
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:11 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
私心優先では日本破壊工作に加担したと受け取られかねないですね。 [2021年04月17日(Sat)]
皇室・皇族の方々もご覧になっていると思います。
国家国民のための賢明なご判断をお願いします。

私心優先では日本破壊工作に加担したと受け取られかねないですね。


「眞子さまが小室さんとの結婚を強行すれば、秋篠宮家への不信感が増す」
皇室緊急アンケート2万8641件の声〈dot.〉
4/17(土) 10:00配信

「眞子さまが小室さんとの結婚を強行すれば、秋篠宮家への不信感が増す」皇
室緊急アンケート2万8641件の声〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/069e4e583764a14f5659f68b27e7eeacaf919b30?page=2

解決金の財源を明確に説明しないと、皇室が払ったのではないかと捉えられる恐れがあります。もし皇室が金で解決させたという認識が広まれば、人々の支持を失う可能性は大きい。さらに、きちんと国民に説明することなく、金で解決したという見方がされれば、これまでの皇室との断絶を感じる人もいるしょう。このような解決の仕方では、秋篠宮家に皇位が移ることへの懸念も出てくるのではないでしょうか」

■  「情けないとしか…」眞子さまへの厳しい視線

 アンケートではこうした眞子さまの対応やコメントについて、どのように感じたかを尋ねた。アンケートの回答者には偏りはあるものの、総じて厳しい反応が大勢を占めた。
「民間人同士の金銭トラブルに皇族が介入し、一方の肩を持つような行動は、皇室の品位を著しく落とし、皇室の存在意義を揺るがした」(40代・女性)

「眞子さまが一般人を責めているともとれる文書に加担されているとは、情けないとしか言いようがない。人の信頼や尊敬の気持ちを踏みにじるような態度が、皇室のふるまいなのかと疑問に思います」(50代・女性)

「文書発表に眞子さまが同調しているのかと思うと、非常な失望を覚えた。これは、皇族である眞子さまが、小室さんと一緒に一国民である元婚約者の方を追い詰めているような図式になっているのに、ご本人は全く気がついていないのだろうか。眞子さまには幸せになって頂きたいとは思っていたが、ここまで盲目的になってしまったのなら、もう勝手にすればと匙を投げたい気持ちです」(40代・女性)
 アンケートの回答者は皇族のふるまいとして眞子さまのコメントに落胆しただけでなく、一般人との金銭感覚の乖離を強く意識してしまったようだ。

「眞子さまの生活や教育に税金が使われてきたと思うと腹立たしくなります。どの親だって自分の子供に充分な生活や教育を与えたいと思っています。でもそれが叶わない人もいる。それでも納税しています。ご自身に与えられている環境を当たり前のものだと思わないでほしいです」(40代・女性)

「小室さん親子だけでなく、相談に乗られた眞子さまにも、元婚約者の方に対する配慮がないことが残念でなりません。(眞子さまと婚約が内定している小室さんは)今や純粋に一般人とは言えない立場であり、一方的な内容の文章を公開されても、元婚約者の方には対抗する手段は少ないでしょう。何年にも渡って弁護士を雇う金銭的な負担がどのくらいになるか、眞子さまは理解してらっしゃるのでしょうか」(50代・女性)
■ 「あまりよい予感がしない」 秋篠宮家の今後

 結婚は当事者二人の「合意」が大前提ではあるが、現実社会では家族の問題となることが多い。報道によれば秋篠宮ご夫妻は今回の文書について、「小室家側が、この問題を解決するために行ってきたいろいろな対応が、見える形になるよう努力したもの」と受け止めているという。秋篠宮家についての意見も紹介しよう。

「秋篠宮ご夫妻がはたしてきちんと『そもそもの問題』に気が付いているのか心配です。私は、小室さんは助けてくれた人に対し誠実な行動をとろうとしていないと感じた。そもそも、そう感じさせる小室さんの考え方や態度の問題であり、皇族に関わる可能性のある人間のふるまいとしてふさわしくないと多くの国民が感じているのです」(50代・女性)

「小室さんの文書は『見える形になるよう努力したもの』であることは間違いない。しかし、秋篠宮ご夫妻は、その内容・主張を全て正しいとお認めになったとはおっしゃっていない。お立場上ギリギリのご回答と思った。万一、白紙の場合でも、民間人の小室さん親子を貶めて終わる事はできないだろう」(70代・女性)

「『見える形』。この言葉の真意によると思います。良い形という意味ならば、国民の感覚とはずれているなと思います」(30代・女性)

「眞子さまがお育ちになる過程で、皇室の役割や責務を親として説くのも秋篠宮ご夫婦の責任と思います。こんな状態になる前に、もっと話し合いの場を持つなど、積極的に動かれるべきだったと思いますし、今からでもご対応いただきたいです」(40代・女性)

「多くの国民が『納得し喜ぶ状況』とはあまりにもかけ離れている。ご結婚を強行なされば、秋篠宮家への不信感が増し、国民からの敬愛を失うと思う」(60代・女性)
「毅然としたところが感じられない。公人なのだから、ときには私情を捨てなければならない。それが出来なければ皇室とはいえないのではないか」(70代・女性)

 夫婦・家族問題の専門家は一連の問題をどうみているのか。4万組近くの夫婦のあり方を見てきた夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏は懸念を口にする。

「将来、秋篠宮家の長男、悠仁さまが天皇陛下になる可能性が高い。もし眞子さまと小室さんが結婚した場合、小室さんは将来の陛下の義理の兄になるわけです。そのことも含めて、大丈夫かなと心配になります。本当の問題は、元婚約者から受けとったお金が借金か否かではなく、小室さんと彼の母親の考え方やふるまい、個人としての姿勢の問題だとみています。とても悲しいことですが、4万人近くのご夫婦を見てきた経験から、あまり良い予感がしません。ご結婚後の方が問題山積になると危惧します」

 10月23日に30歳を迎える眞子さま。このまま結婚に突き進むのか。国民は不安と期待の入り混じる目で推移を見守っている。

(AERAdot.編集部/岩下明日香、飯塚大和)
Posted by 余生を憲法改正に! at 11:18 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
小室なる疑惑の温床 [2021年04月17日(Sat)]
小室なる疑惑の温床

皇族入り?
とんでもない!

小室文書 遺族年金不正受給疑惑など都合の悪いことは書かれていない(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/7e03013e55066830cc1ac5cd677d604af2311bdd


「私は主人の年金を受け取っている間は(Aさんと)内縁の関係にはなれません。(中略)ですので私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません」

 佳代さんは、地方公務員だった夫・敏勝さん(享年38)を2002年に亡くしたので、相当額の遺族年金を受け取っているとされる。だが、夫と死別したのち、新しいパートナーと再婚したり、事実婚でも生計を一にしている実態があれば、役所にそれを申告して遺族年金の受給資格をストップさせなければならない。そうでないと、不正受給が疑われることになる。

「だからこそ、佳代さんはAさんに“事実婚をバラさないで”と工作を持ちかけたわけです。今回の文書では、小室家にとって都合のいい部分はふんだんに書いてありますが、そうした遺族年金の不正受給のように都合の悪いことは、どこにも書いていないのです」(前出・皇室記者)



世界一の清廉潔白将校
陸軍情報将校、明石元二郎の孫

小室さん文書問題を上皇さまの同級生が嘆く「皇室の時代は終わった」〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba95b977a1785787841675df9ce6ade9ee1d16fe

「もう、生まれながらにして特権的な身分を持つ王室や皇室が存在できる時代は、終わったのでしょう。それどころか、もう取り返しのつかないところまで来ている。眞子さまの結婚問題を通じて、わたしはそう感じました」

 お金でトラブルを起こし、自分たちの要求だけを28枚の文書にまとめた小室さんという男性の生き方。そうした男性を魅力的だと受け止める内親王のふるまいからは不安しか感じない、と明石さんはため息をつく。

 国民の幸せを祈り、世界の平和を願う――。

 それが皇室の人間の大切な務めであるはずであった。
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:15 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
土地利用規制の不透明な区域設定 [2021年04月16日(Fri)]
【菅政権考】なぜ沖縄と市ケ谷の規制緩める 土地利用規制の不透明な区域設定 自公政権の抜け穴 - 産経ニュース (sankei.com)

https://special.sankei.com/a/politics/article/20210416/0001.html

外国資本などによる安全保障上重要な土地買収への対策として、政府が今国会で成立を目指す土地利用規制法案は、与党調整で公明党の主張を取り入れる形で、市街地を除外できるようにするなど規制対象区域が大幅に縮小されることとなった。政府は「成立できれば一歩前進」(内閣府幹部)と開き直るが、結果として区域指定のあり方は不透明になり、かえって「恣意(しい)的」との批判も招きかねない事態となっている。

■基地近くに中国系企業
 「自衛隊基地のすぐ近くに怪しげな中国系企業が入っている」

以下は有料記事と言うことだが・・・

愚老は、政府内の親中勢力、特に
二階某・公明党の存在が大きく国益を棄損していると思う。

言いたいことを言えない・・・どころか、中国の利益を代表している者が政府の統治を、否、日本人の平和を脅かしているとしか思えないのですが、
取り越し苦労、思い過ごしでしょうか?
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:10 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
眞子さま結婚問題 [2021年04月16日(Fri)]
眞子さま結婚問題アンケート
1万3057回答で「反対」9割 
宮内庁元幹部ため息〈週刊朝日〉
3/20(土) 8:02配信
表記のようなアンケート結果が(週刊誌)報道されたらしいが・・・

一方、「小室さん文書問題でなぜ、皇嗣職大夫は眞子さまを庇わなかったのか?」
というヤフー報道もある。

加地隆治皇嗣職大夫ご発言

・秋篠宮家を支える宮内庁の加地隆治皇嗣職大夫が同日、定例記者会見で説明した。文書は眞子さまと小室さん側が相談した上で、8日に公表された。母親と元婚約者の金銭トラブルに際し、話し合いをせずに金を渡して解決する選択を取らない方針が記されている。加地大夫はこの方針を「(眞子さまの)意向が大きかったと聞いている」と述べた。

宮内庁担当記者であった石井勤さん発言

「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきだと考えています」−秋篠宮−

 この発言を多くの人は、長女の結婚を許すという意味にも受け止めた。
しかし、朝日新聞の宮内庁担当記者であった石井勤さんは、根源的な問いを娘に突きつけた会見であったと指摘する。憲法は結婚の自由を保障する。

だがその前に、
第1条は天皇の地位を「主権の存する日本国民の総意に基く」と定めている。
「天皇を支える皇族も常日頃から憲法をよりどころにしています。

秋篠宮さまが会見で憲法を持ち出したのは、

『あなたは、国民の総意というものをどう考えるのか。

私たちは皇族の一員として、憲法をよりどころにしてきたのではなかったか。
国民の意見が賛否で大きく分かれるような結婚をあなたはどう考えるのか』と、
眞子さまに暗に問いかけたのだと思っています。


皇族としての原点をただす、厳しい問いだと、私は感じました」(石井さん)
さて、男系天皇とともに日本の歴史文化、そして日本人の誇りを護り育む日本会議は政府に申し入れをした。(画像)


皇室男系 2.jpg
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:47 | 祖国の文化 | この記事のURL | コメント(0)
日本の技術を潰す「利権・癒着」社会 [2021年04月15日(Thu)]
日本の技術を潰す「利権・癒着」社会から抜け出したいですが?

コロナ防疫上でもいろんなヒントが殆ど隠されてしまいます。
マスコミも決して報道しません!

なぜなのか?

日本の「闇」

以下、元記事含みシェアーさせていただきました。

これらはすべて本当です。
でも、どれもこれも利権勢力によって潰されてきました。
それが悲しい現実なのですね。


改めて再度、投稿します。
日本には様々な天才日本人がいます。
素晴らしい発明、素晴らしい開発、素晴らしい技術を有している日本人がいます。
こうした天才日本人の発明や開発、技術や発見及びアイデアを世の中に放てば、たちまち私達は真に豊かになり放射能もあっという間に無害化され不安や恐れのない日本、ひいては世の中が実現できます。

しかしそれを行えば、不安や恐怖を存在させることにより存在したディープステイトの利権が失われるために今まで阻止されてきました。

放射能を分解する微生物が存在します。
耐放射線細菌と言われる微生物で、これを複合的に発酵させれば放射能で汚染された土壌は限りなく無害化される事が立証されています。


汚染水も当然ながら無害化できる技術はあります。
しかしそれを普及させれば、例えば福島県内の土壌の表面を削り取る「除染ビジネス」が利権を失うために必死で妨害します。

福島原発の汚染水を大阪湾から瀬戸内海へ放流する事を要請しようとしている日本政府や
それに応じようとしている大阪府知事は狂気の沙汰です。

例えばゴミを食べて石油を作り出す微生物がいます。
それは「オーランチオキトリウム」という微生物で、例えば仙台市のゴミ焼却場が10年前にこの微生物の実験をしていました。
恐らく圧力があるでしょう。
この微生物を世に普及させれば毎日のように廃棄される膨大なゴミから大量の石油を作る事ができますから日本はたちまち都市油田の宝庫になります。
しかし石油利権を握っているディープステイトが絶対に認めないでしょう。

また発泡スチロールやプラスチックのゴミを袋に入れてある素材を混ぜて振ると、たちまちそれらが分子分解されて石油になる発明をした日本人がいました。
もう20年以上も前にその技術が公表されていましたが、いつしか言われなくなりました。
その開発した日本人も全く出て来なくなりましたから安否が気になります。

更には30年以上前にはガソリンではなく水で走行する自動車もアメリカ人学者により発明されています。
2リットルくらいのペットボトルに水を入れてカチッと車体にはめ込むだけで400キロ以上も走行しました。
改良を加えれば水道水を入れてペットボトルをカチッと車体にはめ込むだけで自由自在に走行できる自動車が瞬く間に普及するでしょう。
しかしそれが普及すれば石油利権を握っているディープステイトが利権を失いますから必死で妨害します。

30年以上前に水で走行する自動車を発明したアメリカ人学者は祝賀会をしましょうと企画され、その祝賀会の席上で飲料に毒を混ぜらて昏倒しそのまま死亡しました。
本当は世の中には素晴らしい技術や発明がありますが、ことごとくディープステイトに
妨害されたり開発者が抹殺されてきたために世の中が止まったままになっています。


農薬リンゴを成功させた青森県の木村秋則さんも講演会を終えて会場を出た瞬間に屈強な人間数名に囲まれて拉致されそうになり、
「余計なことを講演するな。」と脅迫されています。


無農薬で健康な美味しいリンゴを作るだけでこのような妨害にあう世の中とは一体いかなる腐った世の中でしょうか。

先ずは日本に存在する放射能を無害化する技術や手法を世に放ち、もう放射能で人々が萎縮して恐れることのない世の中を実現しなければなりません。

汚染水を瀬戸内海に放流するなど言語道断です。
無害化できる技術があるのですから。