CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
塚本幼稚園頑張れ! [2021年01月31日(Sun)]
塚本幼稚園頑張れ!
・日本人の矜持を育くむ教育!
・国民教育の父「森信三」の神髄を受け継ぐ教育!

辻元清美らの反日左翼が潰そうとする暗躍が今なお続いている。
しかも、その悪人仲間を潜入させてまで悪評を垂れ流している。
言わば「自分の子供たちを生贄にしてまでも潰そうとする悪魔では」

塚本教育モデル!
この事が立派な日本人を育む原動力になることは間違いない。

但し・・・政治が悪い・・・
文科省が腐り始めている・・・
政府の危機管理に難問!

保護者「教育勅語は今も掲げられている。天皇陛下御真影の前では必ず一礼している」 | さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう」 (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12653609990.html

● 内部に潜入した辻元派反日左翼によるデタラメ記事にも負けず、
塚本幼稚園は耐えている。

塚本幼稚園の状況は騒がれてきた「森友問題」の陰に隠れてほとんど取り上げられなかったが、愛国心の教育は今も続けられている。

世間の騒ぎに翻弄されてきた保護者や園児達。それでも保護者は塚本幼稚園の変わらぬ教育方針に賛同して子供達を通わせている。

以前、塚本幼稚園は「教育勅語」で広く支持されてきた。
しかしこの「教育勅語」が原因で反日左翼やマスコミから潰しの対象にされてしまった。

その「教育勅語」を今も掲げているとは驚きである。

休園に追い込まれそうになっても「教育勅語」を掲げ、最後まであきらめない塚本幼稚園

最後に保護者はこう言った。

「園がある限り通わせ続けます。 今残っている在園保護者は恐らく殆どの人がそのつもりだと思います」
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:15 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
中国が世界の覇権国家になるだろうか? [2021年01月30日(Sat)]
中国が世界の覇権国家になるだろうか?  

最近では世界の覇権国家であるアメリカと、GDPで2位になった新興の中国との対立が喧しい。
しかも日本は防衛をアメリカに依存し、貿易相手国は中国が最大であり、今後どの様に、両国と付き合って行くべきか難しい問題です。 
中国が過去30数年の様に、これからも一直線に経済と軍備を伸ばすと、アメリカを追い越すのは20年も掛からない。だからハラハラと暗い気持ちで見て居る。 
そして昨12月末には、天安門事件の時の外交文書が公開され、新聞に掲載され、殆ど忘れて居た事を思い出した。
例えば日本人の中国感だが、天安門事件で大きく変わったようで、今では圧倒的に反中国に成っている。
当時の7か国サミットでは、6対1の割合で、つまり日本だけが中国を擁護していたそうだ。
そして天安門事件の後、外国からの要人
として、最初に天皇陛下の中国訪問があり、
それが契機となり、中国が世界との再スタ
ートしたのも忘れていた。
そして将来はどうなるかを考えて見た。
結論だが、そう簡単には覇権国家に成れな
いと推測する。

理由
1 共産党の独裁政治
2 中国人の非協調性
(自分中心で我儘)
3 人口は多いが、直ぐに老人大国に成る
(日本以上の老人大国に成る)
4 資源問題(国は広いが殆どが砂漠で、水不足や大気汚染等)
5 IT等による国民監視体制や宗教の自由が無い(これ等は1の共産党独裁の問題でもある)

1 共産党の独裁政治
覇権国家に成るには、この問題が最大のハンディーとなるのではなかろうか。経済だけ自由化して、政治は共産党の独裁だ。
今までは確かに効率的であった。自由主義だと、色々な意見が錯綜し、素早い決定は出来ないが、共産党独裁で批判を許さないから非常に効率的で、今まで発展して来た大きな理由でもあった。
例えばコロナ対応だが、習近平が陣頭指揮を執って1000床のコロナ専用病院を一週間で作り上げた。
日本では、殆ど効果が期待できない非常事態宣言を出すのに大臣と4人の知事が1週間も正月の間、長々と議論していた。
だけど、或る程度経済が発達すると、何時までも中国方式が持続できる筈が無い。
この体制では、民間からの自由な発案が出ないから、イノベーションが難しく、外国の物まねしか出来ない。 
改革を進めるには、どうしても異論をドンドン出せる自由が必要で、その中から最善の方法を選択する以外に道は無い。
そうそう天安門事件までは、経済が発達すると、段々と自由主義に変わると世界中の誰もが想像していたが、結果としては全く逆で、益々自由を厳しく抑え込んでいる。
やはり最大の問題は共産党の維持だけが目的で、人類史上全ての覇者達が持って居た普遍的価値観が全く無い事だろう。 
長谷川慶太郎も言っていが、全体主義国家が最終的に世界の覇権を握れるとは思えない。
2 中国人の非協調性(自分中心で我儘)
中国人は他人の事を余り考えない自己中心が多い。何処の民族でも、そんな人は居るのだが、中国人は多いと感じる。 
日本人なら、相手の事を考えて、思った事も余り言わないが、中国人は他人の立場は余り斟酌しない。要は厳しく自分中心で言動する。
何故なのだろうか。そのベースになっているのは所謂『中華思想』でなかろうか。
要はズケズケモノを言うから他民族は忍耐強く対峙するしかない。この性格では、覇権国家は難しいのではなかろうか。
その点だが、日本人は余りに自己主張が弱過ぎるように感じる。中国人を反面教師にし、これからの日本人は多少の自己主張が必要かも知れない。
具体的には、南支那海の囲い込みを見ても、余りにも酷い。インドネシアの沖合まで、中国の海だと、舌の形の様に囲ってしまった。
そして浅瀬を埋め立て、軍事基地を堂々と作って行く。これでは世界が付いて行けない。
3 人口は多いが、直ぐに老人大国に成る(日本以上の老人大国かも)
中国の人口構成だが、余りにも人口が多かったから、長い間一人っ子政策を続けて来た。最近訂正したが、極端な少子化は変わらない。その弊害から、今後の人口動態は、日本を凌駕する。
しかも社会保障は殆ど無いから、その社会的痛みは日本の比では無い。つまり極端なお年寄り国家になる。
この人口の歪みが、経済発展の大きなマイナス要因に成るのは間違いない。
4 資源問題(国は広いが殆どが砂漠で、水不足や大気汚染等)
先ず水問題だが、黄河が海まで流れない季節が多い。あの世界的な大河なのに、水を上流でドンドン使うから、途中で水が消えてしまい、水が海まで流れない。これは大問題です。   
其処で、南の長江(揚子江)に世界最大のダムを作り、水没する100万人を移住させ、その水を北に送る運河を何本も作って居る。
またこのダムのせいで、水質が悪く成り、長江の水産資源が減少し、一切の漁業が昨年から禁止させ、40万人の漁師が路頭に迷っている。
そして他の全ての河川でも、使った水は汚いまま放流されており、環境問題が大きな問題となっている。この浄化コストを考えると、そう簡単に経済が伸びるとは思えない。
又、メコン河上流の中国内に10以上のダム建設し、水を中国内に横流しし、下流域のアセアン諸国では水位が下がり、ベトナムのホーチミン港では大型船が接岸できないまでになっている。
大気汚染も凄いモノがあり、北京の近くに別の都市を開発しているが、それもどうなるのだろうか。汚染が広がるだけかも知れない。
5 IT等による国民監視体制や宗教の自由が無い
社会を厳しい監視体制の元に置くと、どうなるだろうか?国民の反発が出て来ると思うが、その前に芽を摘んで抑え込んで居るが、何時まで維持できるだろうか。 
因みに、監視カメラだが、人口1000人当たりの設置台数が、東京で1.06台だが、北京は56.2であり、世界中の監視カメラの半分以上が中国にあるのです。
そして、こんな社会では自由な行動や発想が抑えられ、世界の覇権国家に成長するのは難しい。
また北京政府はアリババのスマホ決済や、消費者金融を締め上げが始まった。国家がデジタル通貨を出したのに、民間のアリペイの電子決済サービスが国民的人気を得て、新しいデジタル通貨を誰もが使わない。
つまり、デジタル通貨普及の邪魔になるから、抑え始めたのかも知れない。この問題も後1年位で判明するだろう。 
その点では、アメリカは健在で、此処数十年で、GAFAと言われる世界的IT企業が勃興した。余りにも巨大化したから最近は独占禁止法で厳しく制限する様にはなった。
アメリカの人口動態も、移民が多く、簡単には老人大国に成らない。米国の再生力はまだまだ健在のようだ。
そして余り言われないが、宗教規制だ。共産党だから、神を認めて居ない。実は驚く事に、民衆の墓が無いのです。 
勿論、支配者の広大な御陵はあるし、毛沢東記念堂(墓)もあり遺体を永遠に冷凍保存している。
そして民衆の昔の墓はポツポツと目撃した事もあるが、基本的に新しい墓は無い。
民衆に墓を自由に作らせたら、貴重な耕地が、減るから禁止なのです。日本では外に出ると、アッチコッチに墓を見るが、中国では見ないのです。こんな政治が何時までも続くとは思えないのだが、今は隆盛を極めている。
また、新聞では日本の民間企業が中国からの脱却を図る傾向があると掲載されたが、経済の一国集中は危険だから、徐々に中国を減らして、各国に分散するべきだろう。
そして共産党独裁が終わった暁には、日本に近いのだから、ドンドン取引を増やしたら良いと思う。


中国が世界の覇権国家になるだろうか.docx
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:37 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
天皇陛下が小室某との結婚を認める?? [2021年01月28日(Thu)]
天皇陛下が小室某との結婚を認めるとかの報道に接して、
いよいよ日本も終わりか〜・・・と、ため息交じりの絶望感に襲われた・・・

一般家庭の常識として「とっくに拒否」、或いは勘当の沙汰に及んでいるだろうがね。それを皇室に迎え入れるのだろうか?

愚老が最期の望みは天皇陛下の靖国御親拝であります。
先帝陛下に戦争責任が無いとする国際判断は尊敬する。しかし、祖国日本を守り抜いた英霊やそのご家族さま。
靖国で会おう・・・と一縷の望みを託して旅立たれた国士たちに痛恨の想いを届、今の繁栄を報告し、世界平和への新たな誓いを奉じて魂の安寧を祈って頂きたい。

とてもとても、小室がどうの、お孫さんの可愛さがどうのと言う次元で2681年の国柄に誇りを抱く日本人の心を壊して欲しくはないのです。

不敬の極み、不敬そのものへの忌避感を持たれるとは思いますが、愚民の一人ぐらいは居てもいいんじゃないか?

あと二週間もすれば旧正月…
まさか・・・小室暴が皇室入り!
そんな船出は迎えたくないですがね・・・




魔子は気が違ったのか? | 中杉 弘の徒然日記 (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12652920499.html


小室佳代さん「香典強奪事件」で取り押さえ 眞子さまも愕然…圭さん「祖父の自殺」一部始終 – 皇室 菊のカーテン (imperialism.site)

https://imperialism.site/archives/23771
我れ事に於いて後悔ばかり [2021年01月27日(Wed)]
我が人生「悔悟の山」廃墟のごとく虚しさに尽きるが
最たるものは選挙運動である。

いわゆる「立派な方」を支援して当選したときの達成感に釣られて、結果的に「体裁の良い私欲」で走り回ったという事だろうが・・・
むしろ、その「立派な方」(スカ)と同類とみなされ、或いは支援責任や指導責任を問われる「風評被害」をどれだけ被ったのか・・・
それが今にして悔悟の要因である。

さて、国会を見れば・・・まさに「どうにもならない」地団駄踏むばかりの選挙制度!
当選第一で落選すれば「元も子もない」
だからと言って当選後は「またまた」元も子もない結果で、福祉に名を借りた「選挙区の利益誘導」のみで、国家の有り様!…国体の維持、否、国政の三大義務「国防」「防疫」「防災」などは顧みる時間が無いようだ。

つまりは、「国会議員も国壊偽員」も、国民の汗(金)を吸い取るだけの吸血鬼?だったのか・・・と嘆かざるを得ない現状である。

今までつぎ込んだ数十万円の無駄遣いと時間の浪費。恩人たちを巻き込んだ地域騒乱「煽動罪」!

「我事に於いて後悔せず」タケゾウ師匠の言葉や、今にして「我れ事に於いて後悔ばかり」でありました・・・

以下、画像は日本会議「日本の息吹」に掲載された櫻井よしこ師匠の「激文」である。
勝手に引用させて頂きます。

IMG_20210127_0001.jpg

IMG_20210127_0002.jpg



国難を呼ぶだけのマスコミ! [2021年01月26日(Tue)]
国難を呼ぶだけのマスコミ!
国難・・・否、国賊と言っても過言ではありませんがね!

野党やマスコミは「緊急事態宣言は後手にまわっている」と菅首相を批判してきた。だが、昨年の補正予算の審議で、予備費を計上したときに、その金額が巨大である、国会を軽視しているなどと批判を展開してきた人たちがいた。現在の緊急事態宣言の中で、予備費から飲食店への一時協力金が出ているが、この人たちは「備え」を否定していたことになる。

 予備費を批判した同じ口で「自粛と補償は一体」と言う人も多い。まさに反政権が優先しているだけで、国民の生活目線とはとても言えないだろう。

政府のしくじり優先、娯楽的に「反ワクチン」を煽る偏向報道の罪深さ (ironna.jp)

https://ironna.jp/article/16759
日本発ワクチンに期待する。 [2021年01月26日(Tue)]
コロナ関連情報】

日本発のコロナ発症予防ワクチン既存の弱毒ウィルスにコロナの構造の一部安全な遺伝子を組みワクチンを作る年内治験予定。
天然痘ワクチンに使われたタイプで安全かつ強力に長期の免疫を獲得が期待出来ます。


142301630_1095275010935002_2889060651699292253_n.jpg
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:54 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
自己責任論! 因我にありと言う苦しさ! [2021年01月26日(Tue)]
自己責任論! 因我にありと言う苦しさ!

愚拙、自助社会を肯定するものですが、
かと言って「自己責任」を丸々吹聴するものでもなく・・・
結論には至っておりません。

よく考えたいと思います。

参考記事

自己責任の意味とは?自己責任論嫌いが自己責任を解説 | 高橋聡オフィシャルブログ バッカス (so-t.biz)

https://so-t.biz/2021/01/24/%e8%87%aa%e5%b7%b1%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e3%81%ae%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e8%87%aa%e5%b7%b1%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e8%ab%96%e5%ab%8c%e3%81%84%e3%81%8c%e8%87%aa%e5%b7%b1%e8%b2%ac%e4%bb%bb/

ネット上ではよく自己責任という言葉が飛び出します。例えば、貧困や失業、何かしらのトラブルはその人の自己責任! などの論調で使用されます。最近では自助・共助・公助の自助が自己責任の代わりに使われることもあります。

 じつは、自己責任の意味は一般的に勘違いされています。本来の意味と用法が失われ、間違った意味で使用されています。

 自己責任本来の意味や定義、自己責任論に関して解説していきます。
 最初にお断りしておきます。筆者は自己責任論が大嫌いです。そのため、全く中立でない解説も差し挟みますのでご了承ください。

目次

自己責任の意味とは
蔓延する自己責任論
自己責任論の特徴
自己責任論はいつから蔓延?
貧困と自己責任論
個人的に自己責任論が嫌いな理由
まとめ


自己責任の意味とは
 自己責任は英語で「Self-responsibility」と書き、対義語は連帯責任です。

 自己責任は一般的に3つの意味で使用されます。

リスクを承知でしたことは他人を頼らず自分が責任を負う
個人は自分の過失があるときにのみ責任を負う
個人は自分のしたことすべてに責任を負う


 「1.リスクを承知でしたことは他人を頼らず自分が責任を負う」は金融商品の取引で使用される自己責任の意味です。リスクを理解して金融商品を取引したとき、損失が発生しても自己責任が適用されます。

 「2.個人は自分の過失があるときにのみ責任を負う」と「3.個人は自分のしたことすべてに責任を負う」は矛盾しています。
 本来は2.が正しい自己責任の意味です。

 「2.個人は自分の過失があるときにのみ責任を負う」を換言すれば「自分の過失以外の責任は問われない」という意味です。
 有限責任の一種が自己責任だったのです。

 しかし、一般的には「3.個人は自分のしたことすべてに責任を負う」が使用されており、たとえ過失がない場合でも自分で責任を負うという意味になっています。
 本稿でも一般的な意味で使用します。

蔓延する自己責任論
 自己責任論の特徴や、自己責任論が蔓延し始めた時期について解説します。時代の移り変わりとともに自己責任論が蔓延し始めました。蔓延した時代がどのようなものかも含めて議論します。

自己責任論の特徴
 自己責任論の特徴は「他人に迷惑をかけない」「全部、自分で背負い込む」「苦しくても人を頼らない」などです。
 貧困だろうが生活に困窮しようがすべて自己責任! と個人に押し付けるのが、自己責任論の特徴です。

 見方を変えれば、起きた問題を自己責任に転嫁して思考停止することが自己責任論です。例えば、社会問題の多くは個人に還元できます。
 貧困は自己責任、仕事が見つからないのも自己責任、引きこもるのも自己責任。

 本来は失業率や所得の低下、非正規雇用など複雑な問題が存在します。しかし、自己責任論を使えばすべて自己責任として押し付けられます。

 要約すれば「自己責任に逃げて、複雑な問題から目を背けている」のが自己責任論です

自己責任論はいつから蔓延?
 自己責任論の蔓延は2000年代に入ってからのことでした。小泉内閣が成立し「俵百俵の精神」「国民は痛みに耐えて」と演説した頃からです。

 この奇妙な一致は偶然でしょうか。

 新自由主義は自己責任論と相性が抜群です。新自由主義を日本は1990年代から輸入し始めました。行政改革や構造改革、政治改革、規制緩和などが次々と行われました。

 新自由主義は小泉元総理が演説したように、痛みに耐えることを国民に強制します。
 規制緩和と緊縮財政で自由競争を激化させます。競争の激化とはすなわち弱肉強食です。競争に負けた国民は、痛みに耐えることになります。

 競争激化のため、規制緩和・緊縮財政・自由貿易を推し進める戦略を中野剛志は「ムチ型戦略」と呼びます。
 ムチ型戦略を国が採用して、自己責任論が蔓延しました。この一致は偶然ではありません。

 国の方針にしたがった結果が自己責任論の蔓延です。

貧困と自己責任論
 自己責任論は特に、貧困問題に向けて押し付けられます。また、貧困側も自己責任がすり込まれており、問題の解決を妨げることがあります。

 生活保護は自己責任論の押し付けの典型例でしょう。生活保護の不正受給はわずか0.4%です。250件に1件の不正受給のために生活保護全体が叩かれました。
 その中には「生活保護は自己責任! 甘え!」という意見も多く見られました。

 一方、日本の生活保護の補足率は約2割です。欧米と比較してとても低い数字です。日本の生活保護の壁が高いのも一因ですが、自己責任論とも無関係とは思えません。
 生活保護の申請には精神的に高いハードルがあり、その1つが自己責任ではないでしょうか。

 日本の貧困問題は他に就職氷河期世代、非正規雇用の拡大、平均所得の下落などさまざまです。これらは社会問題であり個人ではどうにもなりません。
 にもかかわらず、少なくともコロナ禍前まで自己責任論はポピュラーでした。

 自己責任のせいにしていては、問題は一向に解決しません。実際に失われた20年で問題は解決できず、むしろ深刻化しています。

個人的に自己責任論が嫌いな理由
 筆者は自己責任論が大嫌いです。理由は3つあります。

 1つめは思考停止の産物だからです。問題を自己責任に還元してしまえば、複雑なことを考えずに済みます。しかし、上述したとおり問題は一向に解決しません。
 自己責任論に問題を還元するのは思考停止です。

 2つめは自己責任論が単なる戯れ言だからです。コロナ禍で自己責任論はなりを潜めました。その一因は貧困などが他人事ではなくなったからでしょう。
 他人事だからこそ自己責任! と思考停止して無視できました。自分事になればそうはいきません。
 自己責任論は第三者の戯れ言だったのです。

 3つめは自己責任論を言い立てる人に知性を感じないからです。解説してきたとおり自己責任論は思考停止です。したがって、まともな知性を持っているなら自己責任論に逃げません。
 ネット上では自己責任論を言い立てて、相手を叩くことが目的化しているようにすら見えます。

Posted by 余生を憲法改正に! at 07:48 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
マスコミの横暴さ! 嘘、捏造、印象操作の背景。 [2021年01月26日(Tue)]
マスコミの横暴さ!
嘘、捏造、印象操作の背景。
端的には
火盗改め?みたいな組織なのでは・・

菅総理の言葉は隠蔽し、
「菅義偉総理の呼びかけが伝わらない」
と批判していますが、


(ネットからの拾い物です)


伝えるための特権を与えられ、
しかも法律で保護もされているのが日本のマスコミ。
おまけに記者クラブという最優先に情報を得られる独占形態になったままです。

これで「伝わらない」のは「伝えていない」マスゴミの問題であり、
万が一わざとではなくマスゴミの中の人達が本気で「総理の呼びかけが伝わっていない」
と思っているのであれば、
マスゴミの中の人達が無能すぎてお話にならないというだけのことですから


記者クラブを解散、
今後の記者クラブ結成等を政府の情報保護の観点から禁止させ、
情報はすべてまずネットで公表、
マスゴミ各社からの質問はすべてメールで受け付け、
質問とその回答は原則全て公開という対応でいいでしょう。

霞ヶ関の官僚としては記者達と癒着して
情報を記者クラブに垂れ流して世論誘導を図ったり、
国民の反応を伺ったりするのに使うというのがやりづらくなるでしょうけど、
そもそも
「記者と癒着していて省内で勝手に情報をやりとりしている」
ということが異常だっただけのことです。
真の日本国憲法を制定こそ急務 [2021年01月25日(Mon)]
ルーズベルトの再現か?

シナと共謀して日本を戦争に引き釣り込んだ共産主義者ルーズベルト!
悪夢は蘇る!


だからこそ、日本は真の独立と、真の日本国憲法を制定しなければならない。
先ず、現憲法の否定!


仮に、当面の改正で乗り切るとしても、

・前文の全面的改訂
・9条廃棄
・国家国民を護る条項の制定
・緊急事態条項の制定
・自衛隊の明記・自衛軍表記


・・・愚拙に残された唯一の夢かも知れないが・・・

反日親中に動くバイデンの外交戦略 - 太陽の国 日本 (nation-of-the-sun.com)

https://www.nation-of-the-sun.com/2021/01/blog-post_24.html


◆ 日本のメディア等をみると、バイデン政権は人権に配慮するので、対中強硬の路線は続くような見解が多いです

保守層からバイデン政権になったら、中国に対して甘くなるのではないかという懸念を払しょくするために、そうした事が言われているようにも見えます

しかし、バイデン氏の考え方からすると、明らかに親中で反日的な方向に行くでしょう

バイデンがまだオバマ政権下で副大統領をしていた時に、中国に行って習近平主席に会って協議をしています

その時に、習近平は米軍が中国を包囲しようとしているという懸念を伝えると、バイデン氏が日本について語り出し、「日本は一晩で核兵器を保有する能力がある。米中の連帯が無ければ日本が核保有してしまう」という旨の発言をしています

つまりはバイデンは日本を抑え込むために、中国と連携していく考えがある事を言っているのです


これがバイデンの本心でしょう
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:13 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
責任転嫁のプロたち [2021年01月24日(Sun)]
責任転嫁のプロたち

責任転嫁 | パチンコ屋の倒産を応援するブログ (pachitou.com)

https://pachitou.com/2021/01/23/%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e8%bb%a2%e5%ab%81/

・東京オリンピック開催決意を嘲笑う馬鹿が日本に居る!
日本に中止と言わせたいIOC
中止と言うわけにいかないJOC

・そして都知事小池百合子は
「自身への責任を回避するのが最優先」という政治スタンスであるため、
責任回避だけは本当にうまいですし、


◆ なぜかIOC元副会長が国連に委ねるなんて話をはじめたりしているのです。

IOCはすでにその莫大な放映権料などの契約を行っているなど
IOCオフィシャル契約で相当にお金を集めてきたわけですが、
これが中止となった場合、IOCはすでにつまみ食いしているこれらの話について
どう賠償するのでしょうか?

おそらく賠償となったらIOCが破綻してしまうのではないかと思います。

IOCは昨年2月に東京五輪中止に備えて約9億ドルの積み立てがあると言っていました。
2016〜2019までの4年間でIOCの歳入は約60億ドルほどのようです。

このうちの3/4は夏期および冬期五輪の放映権料という形になっています。

いくら積み立てをしていると言っても東京五輪中止となれば
放映権料を中心に種々の契約分をどう賠償するのかという話になるでしょう。

東京五輪の中止を日本側が決定したということになると
日本側が負担させられることになるでしょう。


なので日本側は意地でも
「東京五輪は開催するよ!!」
と言い張り続ける必要があります。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:25 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
ソウル中央地方裁判所の判決に対する非難決議 [2021年01月23日(Sat)]
韓国慰安婦賠償を日本政府に求める判決! 政府が何もしないから城内実議員が英文で反論!

☆元慰安婦等による訴訟に関する判決に対する非難決議.pdf (m-kiuchi.com)
日本文
https://www.m-kiuchi.com/.../%E2%98%86%E5%85%83%E6%85%B0...
◆ 元慰安婦等による日本政府に対する損害賠償請求訴訟に関するソウル中央地方裁判所の判決に対する非難決議
令和3年1月15日
自由民主 党
政務調査 会
外交部 会
外交部 会
去る1月8日、韓国ソウル中央地方裁判所は、慰安婦を巡る訴訟において国際法の大原則である主権免除の原則を否定したうえ、戦前・戦時中の日本政府の行動につき事実を歪曲し、日本政府に対し損害賠償の支払いを命じた。
昭和40年の日韓国交正常化の際に締結された日韓請求権協定は、後に韓国側により一方的に提起された慰安婦問題を含め、日韓両国及びその国民、法人の間の請求権に関する問題が「完全かつ最終的に解決」したことを確認しており、わが国は韓国に対する無償3億ドル・有償2億ドルに及ぶ、当時の韓国の国家予算の約1.6倍にあたる資金供与を実施した。
また、平成27年の日韓合意でも、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」が日韓の両政府間で確認された。これらは国家と国家との約束である。これを反故にすることは、日韓関係の基盤を根底から覆す前代未聞の行動である。
今般の判決は上記の日韓請求権協定という国際約束に明確に反するほか、二国間合意とも矛盾する。そのうえ、主権国家は他国の裁判権に服さないという主権免除の原則までも否定した。国際法上、常軌を逸したものであり、到底受け入れられず、他国を含めあらゆる二国間の戦後の賠償・補償問題に波及しかねない。
判決にある慰安婦に関する記述も、全くの事実誤認である。わが国の軍や官憲による「強制連行」といった事実は一切確認されていない。事実に基づかない判決は荒唐無稽である。
今回の判決は、戦時中の朝鮮半島出身労働者に係る韓国大法院判決に端を発する、文在寅政権による度重なる国際約束を反故にする動きであり、憤りを禁じ得ない。
依って、党外交部会及び外交調査会の総意として、

日本政府に対し、以下の速やかな対応を断固、求める。

1.韓国が国家として国際法違反を是正するための具体的かつ適切な措置を一刻も早く講じることを引き続き、文在寅政権に強く求める。
2.国際司法裁判所への提訴、新たに着任予定の駐日韓国大使のアグレマン付与の撤回や駐韓日本大使の赴任先送り等、あらゆる断固たる対抗措置を検討する。
3.日本政府の資産に手がつけられるような状況に備え、韓国との二国間関係の在り方そのものを再考することも視野に入れつつ、日本国内にある韓国の資産凍結や金融制裁を含む強力な措置を検討する。
4.わが国の主張の正当性が国際社会に正しく認識されるよう、国際社会との連携及び対外発信を強化すること。


2021-01-20.pdf (m-kiuchi.com)
英文
https://www.m-kiuchi.com/.../2021/01/2021-01-20.pdf...

ネタ元元記事
韓国慰安婦賠償を日本政府に求める判決! 政府が何もしないから城内実議員が英文で反論! | さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう」 (ameblo.jp)
https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12651946659.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:24 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
二重国籍は認めない! [2021年01月22日(Fri)]
二重国籍は認めない!
世界がどうであれ、日本は国家として主権を護る。
何でもかんでも世界に右習いするのではなく、日本は日本の国の有り様「国体」を維持するものである。

ましてや国会議員が二重国籍? あり得ない!
帰化議員の国籍や、特に蓮舫とか二重どころか三重とか四重との疑惑のままの議員は即刻失格とすべきである。
それは人権以前の話である。


以下 −鈴木信行葛飾区議会議員−

国は、
「二重国籍が常態化すると、個人をどの国が保護するか、どの国に納税するかなど、国家間や国家と個人との間で重大な矛盾が生じる。二重国籍を防ぐという理念は合理的だ」と主張している。

・米国のような移民国家が二重国籍を認めようと、日本が二重国籍を認める根拠とはならない。

・歴史の浅い国々と、皇室を中心とした文化と伝統と歴史の国日本を比較すること自体がおかしいのだ。

・二重国籍を認めない唯一の国になってもいいではないか?

・中国共産党政権に支配される国民と、日本国民を二重国籍とか危険極まりない。

※ 両国間で戦闘行為が起きた?
または、戦争が始まりそうだとなった場合、

中国共産党から日本の国内法で不法行為と思われる命令に逆らえるのか?
日本が移民国家となり、
国内が分断されるではないか。

さて・・・自民党下野止む無し!

侍蟻SamuraiAri 反米反日分子と戦うネオ親米愛国派!:『自民党』再生案! (livedoor.jp)

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52136890.html


◆ いっそ自民党は保守政党…いや、「極右政党」として再編すべく野党に転落したほうが良いだろう。

 戦後日本にあって一貫して、ほぼ与党たり得た自民党にとって第三の政権転落は同党にとって真に保守・愛国政党へと甦生するための3度目の絶好機となる。

 平成24年末に政権に返り咲いて以来、自民党のやってきたことは公約破りどころか、売国の連続。馬鹿揃いで重要法案は何も通せなかった民主党(当時)政権時代、野党として、やや保守的になった自民党だったが、政権に返り咲くや掌返し。

 如何なる売国に狂奔しても保守派層のシンパは離れないとの安心感の下、
外国人単純労働者の受け入れ拡大、
TPP推進、
ヘイトスピーチ規制法の制定・施行、
男女共同参画の推進など、左派層からの攻撃を回避するために左にウィングを広げ続けた。

 それでも保守派層は自民党による
憲法改正に一縷の望みを託したが、それとて自衛隊を明文化するという小手先のもので、その改憲さえも着手される気配はなく、
北朝鮮による拉致被害者の奪還は一向に進まない。「国防軍の創設」とやらは何処へ行ったのか?

 一度は消滅したかに思われた
「選択制夫婦別姓」がまたぞろ自民党政権で持ち上がり、しかも二階俊博幹事長は夫婦別姓の推進役である野田聖子幹事長代行を「次の総理」の候補として持ち上げる始末…。

 まさに売国政党・反日政権そのものだが、野党時代には時の自民党総裁が8月15日の終戦の日に靖国神社を参拝するなど、多少は保守色を鮮明にしていたものの、政権に返り咲いた途端に諸外国の顔色を伺って、たかが参拝にも行けないようでは話にならない。それが今現在の状況だ。


最後に、反日・・・中国に侵犯された国会議員!  リスト 画像
141447286_1865079853651358_1593475059314649320_n.jpg
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:19 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
週休三日制とか労働者貴族化(禍) [2021年01月21日(Thu)]
「働く者は報われる」という米国の建国精神に学びたいが・・・

さて、日本では週休三日制とか労働者貴族化(禍)が取りざたされているが!
愚老には精神的退化としか映らない。

恥ずかしながら・・・古い時代に取り残されたままに後期高齢者になったが、サラリーマン時代に有給休暇などはとったことが無い。反対に休日出勤は月二日はザラ・・・
20代などは残業が月150時間程度で本給より高かった・・・
全部の飲み代!
それはともかく、
休みなしの月が年に二度ほどはあった。

翻って自営業時代20年間は休日無し、仕事が無い日だけは待機状態でゆっくり出来る。
掃除や取引先訪問で英気を養う。

それが愚老の価値観である。

さて、アメリカは?
米国の司法も立法が、
中国の影響を受けた民主党や一部の共和党エリートに、都合のいいように動くようになってしまった。

いわゆるグローバル経済の落とし穴に嵌ってしまったようである。

古い価値観の愚老は、グローバルとは共産主義であり、
民主主義とは、偽善であると理解している。
そして、リベラルとは嘘つきとも理解している。
多数決だと言い、少数の声をと叫ぶ?
多様性と言いながら、益々独善性に向う共産主義?
豪邸に住み、金の亡者が弱者救済とか、格差社会を嘆いて見せ、国民に貧乏を推奨する?

アメリカが壊れて行く騒乱を見たが、日本は公共機関と言われるマスコミが社会秩序を破壊し続けている。
・・・古老には耐えがたい世に向っていると感じるが、
世間の常識では、「惚けが始まった」と言うことなのだろうか?・・・

バイデン政権は不満再燃、いずれ渇望されるトランプ政治の真髄 (ironna.jp)


https://ironna.jp/article/16717?utm_source=coins&utm_medium=push&utm_campaign=COINs

駐日韓国大使信任状を保留していただきたい! [2021年01月20日(Wed)]
天皇陛下には、姜昌一(カン・チャンイル)駐日韓国大使への信任状を保留していただきたい!

《独自》首相や外相、駐日韓国大使との面会見送りへ - 産経ニュース (sankei.com)

https://www.sankei.com/.../news/210119/plt2101190043-n1.html
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:58 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
きれいごとリベラルほど度し難い人間はいない。 [2021年01月20日(Wed)]
ネットで大炎上をしている勝ち組知識人の上野千鶴子を嗤う!
2021年01月19日 | 学問

−草莽隊日記−

特権的な地位に甘んじているくせに、少数派や民衆の味方面するのは筋が通らない。リベラルの旗手である上野千鶴子はジェンダー論の権威として知られているが、

東大の名誉教授であり、学問的なヒーラルヒーの頂点に君臨し、権威と金とをお上から与えられている。それでいて、
若者に向かって左翼活動家のように「平等に貧しくなれ」ということを口にするのは、断じて許されることではない。
高村武義氏がツイッターでその点を追及したらば、多くのネット民の共感を得て、目下大炎上中である

▼上野は都心のタワマンに住み、八ヶ岳山麓に別荘を持ち、高級外車を乗り回している。

庶民には考えられないことである。日本のアカデミズムの主流は、上野のような者たちで占められている。
権力を批判したいのであれば、野にあって叫ぶことが本筋ではないのか。

初期マルクスの『経哲草稿』を翻訳した田中吉六は、
一肉体労働者として研究にいそしんだ。
魯迅の研究家であった竹内好も、60年安保の岸内閣の強行採決に抗議して、東京都立大学教授の職を辞した

▼きれいごとリベラルほど度し難い人間はいない。

人類の歴史を回顧するならならば、額に汗して働く民衆ではなく、言葉を駆使できる知識人が特権な地位を与えられてきた。それを自己否定することなく、民衆を指導するというのは、あまりにもおこがましい。勝ち組の知識人に、民衆の労苦など分かりようがないからだ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:48 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ