CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年11月 | Main | 2021年01月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
政治家を見る目を養おう [2020年12月31日(Thu)]
政治家を見る目を養おう

−私的憂国の書− さん

有能な宰相が、桜を見る会のような国家の一大事でも何でもない事案で、バッシングを受けるのが日本という国だ。

安倍氏のような力のある保守政治家を潰そうとするのが朝日、毎日のような守旧左派メディアやテレビメディアで、何としても自民党を政権から引きずりおろしたい立民党のような政党が、そのメディアとタッグを組む。

彼らが作った空気に驚される一部の有権者が、ひがみや妬みで、前首相を批判する。

だが、安倍前総理の落ち度は政治資金収支報告書への記載漏れという、今まで野党の側も含めて政治家が「修正」を以てクローズしてきた事案に等しい。

これを犯罪行為のように喧伝するメディアが多いが、国民がそれに踊らされたままでは、政治も、政治を選択する有権者も、決して成熟しない。

 有能な政治家を見分けるには「眼」が必要だが、その眼力を養うのは情報だ。そしてそういう眼力は、朝日や毎日の記事を読んだり、サンモニや報ステのような偏向したテレビ番組を観ることで、決して養われることはない。

そればかりか、その眼力は低下させ、喪われるだけなのだ。そもそも、そういう報道によって自分の中に妬みやひがみが植え付けられたとすれば、情けなくならないか。

 日本国民には更なる覚醒が必要だ。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:55 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
天皇陛下の靖国参拝を求める [2020年12月30日(Wed)]
皇紀2681年の新年を迎えるにあたり・・・

仏壇と神棚に正月飾りを終えました。

神棚は恥ずかしながらご覧の通り「貧乏屋」にふさわしい粗末なものです。

私が小学校に入る前は、電気も無く、朝起きると枕元に雪が積もっていて、ネズミが走り回り、夏は「シラミ」に襲われ、水は100メートルほど離れた燐家の「つるべ井戸」から汲んできました。厭な厭な手伝いでした・・・

お供えは間に合わせで餅粉でつくりました。
榊は吹雪のため取りにも行けず、買うのもためらい、省略。
まことに貧しい歳腰を迎えます・・・

しかし・・・
ここに宿ってくれたであろう神様に、我が母親はすべてをかけて祈りました。

シナ事変・南支那方面軍に従軍した父親のために、毎日祈り、近くの観音様にも朝薄暗いうちにお参りしていたと聞いています。
父は運よく帰還しました。
父の弟は戦艦陸奥で戦死!
母の兄は、昭和26年までシベリア抑留・・・

さて、新年にふさわしくも無いが、
天皇陛下の靖国参拝を求める意味で2681年はここから入ります。

天皇陛下に戦争責任があるとは申しません。

しかし、道義として靖国を参拝し「英霊に今の日本を伝え、世界平和を願う心を知らしめていただきたい」

そこからしか、日本はいつまでも敵国条約で縛られ、真の独立さえも出来ないのであります。

日本国家国民、世界人類の平和を求めるため、天皇陛下の「道義的責任」として切に切に願うものであります。


戦友よ安らかに・・・
私が「生まれて来た生に対する痛切な想い、拠り所」でもあります。



(219) 戦友よ安らかに - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=ERALiC3HB_w

Posted by 余生を憲法改正に! at 17:35 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
感染症と自然災害に強い日本を創ろう [2020年12月29日(Tue)]
感染症と自然災害に強い日本を創ろう
by 日本会議地方議員連盟

感染症と自然災害に強い日本を創ろう

1、緊急事態条項の必要性について
本年 4 月、当時の安倍総理が「緊急事態宣言」を発令されましたが、世界の国々のように、「平時のルール」から「緊急時のルール」にスイッチがONにはなっていません。他の国々のように
「人権を制限」する「ロックダウン」はできても、日本ではできません。なぜなら、世界185カ国には「人権を制限」できる「緊急事態条項」が明記されていますが、わが国の憲法には明記
されていないからです。

2、感染拡大防止には憲法論議が必要です
全国知事会は「外出規制や休業要請に伴う罰則規定など、様々な法的措置をとるべきである」と、また「権限強化は『待ったなし』であり、『必須』」だと政府に対して迫りました。それに対して西村康稔担当大臣は「人権制約には、憲法上の議論が必要になる」と答弁しました。つまり、緊急時に「人権を制約」できるためには、憲法に緊急事態条項が必要なのです。

3、給付金が迅速に国民の手元に届けることができるためには、地方自治体に認められている「専決処分の制度」を国の制度としても認めるべきです。
現在、政府は国家で予算案が議決されなければ、憲法違反となるため、国費は支出できず、定額給付金の支給が遅れる要因となっています。現憲法の83条、85条には、「国会の議決」に
基づいてとあるため、迅速に予算を支出できないのです。

4、国会の緊急対応は大丈夫か
世界では、感染拡大の対応として、例えば、米下院は1議員につき10人分までの代理投票を認められています。英議会は入場議員を50人に制限し、残りの120人はオンライン参加が認められているのですが、日本では憲法56条に規定されているため「議会の定足数は変更できず、オンラインも参加も不可能」です。憲法が壁となり、対応はできないのが現状です。
また、100以上の国・地域のうち約7割が選挙を延期できますが、わが国は国会議員の任期は憲法45条・46条により変更できません。

5、憲法に緊急事態条項が必要
千葉県の救命緊急センター長の松本医師は「幕張メッセに臨時病院の設置を計画」されたが、断念せざるを得ませんでした。
なぜなら、千葉県法務担当者が「法律でやれない理由が多々ある」という理由です。しかし、憲法に緊急事態条項があれば、細かな制約をクリアできるのです。現憲法では「国民の安全と生活を守れない」の現状です。

PRIDEOFJAPAN.BLOG10.FC2.COM
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 感染症と自然災害に強い日本を創ろう
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:48 | 国家国民を護る憲法改正! | この記事のURL | コメント(0)
暗愚「菅総理 [2020年12月29日(Tue)]
暗愚「菅総理

伊勢神宮参拝とりやめ。天照大神様を蔑ろにする結果は何を招くのか
(秋篠宮家に対する危惧だとしても・・・許せない)


菅首相は、新型コロナを理由にして、新年の恒例だった伊勢神宮への参拝を取りやめる方向で調整しているそうです

伊勢神宮はご存知のように日本の最も貴い皇祖神であられる天照大神様を祀られている神社です

今まで歴代の総理は新年には参拝に行かれる事を習わしとしていました

新型コロナの感染が広がっているという事なら、むしろ参拝して国民の安寧を祈られたら良いでしょう

感染が心配なら一人で参拝すればいいでしょう

まあボディーガードはつけていいとは思いますが

歴代の総理でご参拝されない方もかつていました

社会党の党首だった村山富市さんです

自社さ連立政権が出来て社会党の党首だった村山氏が、なんと日本の総理大臣となった時がありました

社会党は皇室についても否定的ですし、神様などを尊ぶことも否定する考えがありますので、今まで新年の習わしだった伊勢神宮への参拝はされませんでした

するとその月の1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生時しました(村山氏は慌ててジョギングのついでを装って後日簡単な参拝)。その後3月に地下鉄サリン事件が発生します

まさに災厄が日本に降りかかる年となりました

これが何を意味するか考えてみてください

もうひとり、総理ではないのですが民主党時代に農水相だった赤松広隆氏も、伊勢神宮への参拝をされなかった人です

赤松が参拝をしなかったその年の三月に宮崎県で口蹄疫が発生、流行を見せて多くの牛や豚が殺処分されました

畜産は農水省の管轄であり、赤松が責任ある立場にいます

日本の安寧や五穀豊穣を祈らず、伊勢神宮をないがしろにしてきた者たちの招いた結果ではないですか

ヤフコメを拝見していましても、取りやめは当然だという意見が多かったように思います

菅総理も参拝されないという事ですので、それは自由ですが、国民の皆様はこれからどのような災厄が訪れようともあらかじめ覚悟しておいて下さい

天照大神様を祀られる伊勢神宮をないがしろにする事が、どのような災厄をもたらすか、私は心配しております
野田や石破は、二階もですが、日本人の敵です! [2020年12月29日(Tue)]
野田聖子や石破などは野党もしくは国会外に行け!


「夫婦別姓」問題で野田聖子議員が気炎。

自民党内の保守派の努力で「夫婦別姓」の法律改正を「さらなる検討を進める」と譲歩してなんとか食い止めたのは既報の通り。

しかし、あの野田聖子議員が「さらなる検討を進める」と明記したことを「前進だ」と評価した。
その上で、(悪法の意図)「子ども家庭庁」の創設を提言した。

いまでも乱立した省庁に、更に下らない庁を新設してどうする。

時事通信(2020/12/27)
夫婦別姓、政府計画で前進=「子ども家庭庁」創設を
野田聖子氏インタビュー

夫婦別姓、政府計画で前進=「子ども家庭庁」創設を―野田聖子氏インタビュー (msn.com)

https://www.msn.com/ja-jp/news/politics/e5-a4-ab-e5-a9-a6-e5-88-a5-e5-a7-93-e3-80-81-e6-94-bf-e5-ba-9c-e8-a8-88-e7-94-bb-e3-81-a7-e5-89-8d-e9-80-b2-ef-bc-9d-e3-80-8c-e5-ad-90-e3-81-a9-e3-82-82-e5-ae-b6-e5-ba-ad-e5-ba-81-e3-80-8d-e5-89-b5-e8-a8-ad-e3-82-92-e2-80-95-e9-87-8e-e7-94-b0-e8-81-96-e5-ad-9/ar-BB1cfFTa

自民党の野田聖子幹事長代行は時事通信のインタビューに応じ、政府が25日に閣議決定した第5次男女共同参画基本計画で、選択的夫婦別姓について「さらなる検討を進める」と明記したことを「前進だ」と評価した。
一方、政府の従来の少子化対策は「ピントがずれている」と指摘。司令塔となる「子ども家庭庁」を創設し、まとまった財源を確保して包括的に取り組むよう訴えた。


◆ 本質的な議論がなく、ピントがずれている。このままだと
少子化で国がぺしゃんこになる。
だが、男性議員が不妊治療政策を手掛けるなど様変わりしてきた。皆が女性政策だと思っていたものが、

実は国民政策だと気付き始めている。

夫婦別姓で少子化に歯止めが掛かるとはお馬鹿でしかない。
論外  ―党総裁選へのスタンスは。

 総裁選にはいつも「出る」と(言っている)。だが、
女性だというだけで味方がいないし、(馬鹿には応援できないだけ)
無派閥で孤立している。「野党に来れば」とよく言われるが、自民党を変えなければ国は変わらない。

※ 10名の推薦人が集まらないので総裁選に出られない議員は野党に行けばいい。
石破茂議員と同じ。

女性の味方を装っているが、決して味方ではない。
権力への執念があるだけだ。
いまは二階幹事長の添え物になっているが、一刻も早く野党に行くがいい。
間違っても首相にさせてはならない。

間違う事は無いだろうが。

敢えて言う
野田や石破は、二階もですが、日本人の敵です!
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:33 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
菅さん、支持率は落ちるわけですね! [2020年12月29日(Tue)]
日本人には自粛を要請しておきながら、
外国人は入り放題、
コロナに罹ってたらタダで治療してあげる、
いったいどこの国の政府や?というわけですね。

菅さん、支持率は落ちるわけですね!

菅さんだけの責任たせけれではんいだろうが?
どう見てもフラフラしてるようにしか見えないね!

一事が万事!


青山繁晴先生 奮闘


ぼくは自由民主党の部会でこう発言しています。

「ビジネストラックと政府は言っているが、要は商用。その商用で入国する、中韓を含めた一部の国からの入国者は、日本の空港に着いたときにPCR検査を行っておらず、2週間の隔離もない。これが非常に大きなリスクとなっています。まず、すぐにPCR検査を復活させてください」

 これを繰り返し発言し、それだけではなく、
厚労省、外務省、法務省の行政官たちに議員会館へ来てもらい、議論し、資料を点検し、部会と同じ要求を続けています。

 ◆ 変えて行くためには、自民党の中から動くのがやっぱり早い、というわけですね。それでも、政権与党でありながら、その中に二階派と言う邪魔ものがうじゃうじゃおることもようわかりましたね。

菅さんも危ないね!

 現行の「ビジネストラック」の実態は、中韓、なかでも中国の優遇です。他の国、現在は9か国(全体では中韓を入れて11か国)は、いわばダミーのようにも見えます。
 この深刻な問題の中心となる省庁は、外務省よりも、法務省よりも、厚労省だと考えています。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:22 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
私たちの憲法を書き上げる」「改憲に向け、心ひとつに [2020年12月28日(Mon)]
◆狙われた皇室 | 中杉 弘の徒然日記 (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12646146489.html


小室の親子は、親子ジゴロです。親子ジゴロなど前代未聞の大事件です。

小室問題は、天下の大事件です。この自覚を国民は持たなければいけません。
天皇の問題は、国家を揺るがす大問題です。

 日本の中心は天皇です。ここに中共が手を出さないわけがありません。これに見事に乗っかっているのです。しかし、日本の政府も公安も宮内庁も何をやっているのでしょうか?


◆入国緩和の停止に中韓を含めなかったことにネット民は猛反発!
2020年12月27日 | 感染症

−草莽隊日記−

冬になったら新型コロナの感染拡大は予想されたことだが、そこに追い打ちをかけるように、英国で新型コロナウイルスの変異種が発見されたことで、世界中が大騒ぎになっている。遅まきながら菅内閣も、全世界からの入国緩和を28日から一時的に停止したと発表した。しかし、それは表向きで、中韓などの16ヵ国・地域などを対象としたビジネス目的の往来は維持するという。短期滞在のビジネス関係者に関しては、入国後の2週間の待機なしで受け入れる方針は変えないのである▼新型コロナの変異種は日本国内でも確認されている。中韓とて同じであることは明らかだ。にもかかわらず、自由に往来させるというのは愚の骨頂である。全面的に外国人の入国を停止する決定だとぬか喜びをしたネット民は、裏切られたというので、菅内閣を見限ることになるだろう▼どうして中韓などを例外にするのだろう。まったく理解に苦しむ。ビジネス目的か観光目的かの区別だっていい加減である。国民にはGOTOトラベルキャンペーンをストップして移動の制限を行いながら、その一方で中韓には気を遣っているのだ。マスコミもこれに対しては、一言も批判しない。こんなことでは我が国は中共の属国になるのは時間の問題である。日本を守り抜くには日本派の保守が立ち上がるしかないのである。


◆【長州正論懇話会】安倍晋三前首相×櫻井よしこ氏対談詳報 「私たちの憲法を書き上げる」「改憲に向け、心ひとつに」 - 産経ニュース (sankei.com)

https://www.sankei.com/politics/news/201221/plt2012210011-n1.html?fbclid=IwAR2aFkDwiaQeX2q6NcJhCRTYvfp9sOBy_DIyFKU93QWbsxCCuOrl7aKijJc?fbclid=IwAR2aFkDwiaQeX2q6NcJhCRTYvfp9sOBy_DIyFKU93QWbsxCCuOrl7aKijJc

戦後日本は、出来上がったものを変えることに慎重だ。(昭和35年に祖父、岸信介元首相が手掛けた)日米安全保障条約の改定時も、日本に有利な条約となるにも関わらず、大変な反対運動が起きた。しかし今はどうか。7〜8割が(日米安保を)肯定している。憲法も変えるのは大変だが、変えたら「良かったな」となるだろう。盛り上がりは足りないが、自民党は先頭をきって運動を展開しないといけない。憲法改正は選挙公約の大きな柱だ。党公認で当選している以上、改正に向けて努力する義務がある。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:22 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
シナ共産党員195万人分の情報が流出 [2020年12月26日(Sat)]
シナ共産党員195万人分の情報が流出、習近平がパニック? | さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう」 (ameblo.jp)

https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12646213771.html


習近平氏“失脚工作”か 中国共産党幹部による党員195万人分の情報流出 バイデン氏は人工島基地の急襲検討、習主席はパニック状態

ドナルド・トランプ米政権は最近、中国共産党党員のビザ規制厳格化や、中国企業数十社の禁輸リスト追加など、中国への強硬措置を相次いで断行している。
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:41 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
政府は外国人ばかりを優遇して、なぜ真の日本人をないがしろにするのか [2020年12月24日(Thu)]
青山繁晴チャンネル 「ぼくらの国会」

(208) 【ぼくらの国会・第76回】ニュースの尻尾「在外邦人へのコロナ支援−閣議決定されるまでの驚くべき経緯」 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=duODWoUuT6A&feature=push-sd&attr_tag=YTtFzMkyeKEsQBxX%3A6

(コロナ対策もそうですが・・・)

先住民族でもないアイヌや反日国の留学生には何億円も使うのに、なぜ在外邦人を見捨てようとするのか?!
政府は外国人ばかりを優遇して、なぜ真の日本人をないがしろにするのか、それこそ日本人への逆差別ではないか。
青山議員の言う事はいつも正論!青山議員のような方がいて、ほんと良かった!!!

Posted by 余生を憲法改正に! at 17:14 | 輝け日本! ・・・尊厳と誇り! | この記事のURL | コメント(0)
皇賊に支配された皇室! [2020年12月24日(Thu)]
こんな事が…唖然!
皇賊に支配された皇室!


小室圭 一時金”を担保に「多額の借金」が発覚 新たな1億円借入れに眞子さま号泣

– 皇室 菊のカーテン (imperialism.site)

◆  https://imperialism.site/archives/17383

◆  https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12645747734.html


Posted by 余生を憲法改正に! at 06:01 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
朝日は学生の敵だった・・・ [2020年12月24日(Thu)]
朝日はここでも印象操作で社会不安を煽る!
朝日は学生の敵だった・・・

朝日新聞では見えにくい学生の苦悩と救い方


本質見失う朝日の釣り見出し、コロナ苦学生を救う一歩はこれしかない (ironna.jp)

https://ironna.jp/article/16528?utm_source=coins&utm_medium=push&utm_campaign=COINs


「コロナ禍で休退学5千人超」。
今年4月以降、休学や退学した大学生らに関する朝日新聞の報道に疑問の声が相次いだ。

全体で見れば昨年度より減少したにもかかわらず、コロナ禍を機に増加したかのような印象を与えかねない「見出し」だったからだ。

学生の悩みの本質を読み解くとともに、有効な救済策を提言する。

◆ すでに多くの方が指摘していますが、見出しと中身は違います。そして、あくまで現場感ですが、学生からの相談は経済的理由よりも、心の安定、さらには将来の夢が一部、壊れたことが大きいです。

常見陽平氏のツイッタ


朝日の廃刊が日本再生の第一歩です。
Posted by 余生を憲法改正に! at 05:38 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
菅さんを信じきれない「性格的なもの」 [2020年12月23日(Wed)]
菅さんを信じきれない「性格的なもの」

非礼極まる菅とバイデン、正当性薄い新政権と歩む日米関係は茨の道 (ironna.jp)

https://ironna.jp/article/16536

ロバート・D・エルドリッヂ(エルドリッヂ研究所代表、元在沖縄米海兵隊政務外交部次長)
2016年の米大統領選で、劇的な「逆転勝利」によって誕生したドナルド・トランプ政権だったが、今回は、新型コロナ禍にもかかわらず辛うじて「逆転勝利」としているジョー・バイデンが政権を発足させるだろう。

バイデンの「勝利」ついて、いち早く「お祝い」の言葉を発した菅義偉(すが・よしひで)首相は、果たして本当のバイデンを知っているのかと疑問を持たざる得ないほどの政治的な失敗と、外交非礼であったと筆者は見ている。

つまり、いくらメディアが「当確」と報じても、相手(この場合は現職の大統領)は、「敗北」宣言を行わず、制度的な手続きが完了しない限り、「勝利」を勝手に宣言したほうに「おめでとう」と言ってはダメだ。
一人の米国人として、菅首相の行動は米国への内政干渉であると感じ、強い不快感を覚え、とても残念だった。


なぜなら、バイデン陣営は、メディアやIT企業をはじめ世論や世界のリーダーたちの祝福のメッセージを利用して、争い中の選挙結果を後押ししようとしたからだ。せっかく、トランプは、安倍晋三前首相とよい関係を築いてきたのに、菅首相はトランプを無視し、政敵のバイデンと組んだのだ。
それがプラスになればよいのだが、そうなると思わない。周知の通り、バイデンは中国寄りの政治家だ。これは彼の次男のハンターに関連していることだけではなく、以前からだ。取り巻きの人物も中国絡みばかりである。

そもそも、日米中は歴史的に三者関係にある。19世紀半ばからだが、激しくなり始めたのは、第一次世界大戦中からだ。第二次世界大戦前、戦時中、そしてその後、一貫して、そのバランスは三者関係を決定してきた。
この三者関係は、どちらかのほうに傾けば、バランスが崩れる。バイデン政権になれば、中国に傾き、日米中の関係が崩れる。少なくとも対中宥和政策になり、中国寄りになることは間違いない。
とはいえ、表面的な日米関係は基本的に良好になるだろう。なぜなら駐日米国大使などには知日、親日の人物が登用される見通しだからだ。日本政府に有益な情報がもたらされ、協力関係を維持するはずだ。

ただ、2つの問題がある。まず1つは、クリントン政権、オバマ政権でリサイクルされた人物など多くの無能な人々が要職に登用され、それが日米関係に悪影響を与えることだ。
もう1つの問題は、バイデン政権が、日本の意思決定過程にかつてないほど介入することが予想される点だ。つまり日本の自由度は完全になくなると言っても過言ではない。
バイデンはどういう人物かを8年間のオバマ・バイデン(副大統領)政権(09年1月〜17年1月)で分かるはずだ。


最も知られている内政干渉は、13年12月、安倍首相が靖国神社を参拝した際、オバマ政権は日本をけん制した。

国務省で作成され、在日米大使館が発表した声明では「Disappointed(落胆した)」との表現が使用された。その対応の中心だったのはバイデンで、当時一部のメディアが報道していた。

靖国参拝を巡っては、実は在日米軍の関係者に「靖国神社に行くな」というような命令が在日米軍司令部か在日米大使館のどちらかから発されたと記憶している。その当時、筆者は文官として在沖米海兵隊司令部に勤めていたが、その指示を無視した。こうした指示は、(一般論として)信教の自由を侵害するものだったからだ。

筆者には、日本を誇り高く思っている日本人の妻と子供たちがいるため、何度か靖国神社を参拝している。また、日本の歴史や文化を専門的に研究している者として、実際に体験しなければ理解できないからだ。
本題に戻るが、バイデン政権になった場合、日韓関係の「修復」を強制させるだけでなく、日中関係にも介入してくるだろう。

最も懸念しているのは、やはり尖閣諸島問題だ。振り返れば、日本は尖閣諸島を含む沖縄が返還された1972年以降、実効支配らしいの政策をとってこなかった。
中でも象徴的なのは、2012年の衆院選を控えた当時野党だった自民党が、政権奪取目的としか思えないが、「尖閣諸島に公務員を常駐させる」と公約しながら、約8年間の安倍政権、菅政権はすでに3カ月が経過しても、いまだ実現していないことだ。
おそらく中国を意識して遠慮してきたのだろうが、著書「尖閣問題の起源」(名古屋大学出版会)にも詳述している通り、そもそも発言権がない中国になぜ遠慮しているのか不思議でしょうがない。
また、実効支配を示すチャンスを全く生かしていないのも事実だ。尖閣諸島にヘリポートや避難港、気象台、灯台を建設しておらず、これらは全て国際公共財であるにもかかわらず、日本政府が遠慮している。

これは無責任の極みだ。

なぜなら、遠慮することで、中国に自信を与え、この半世紀で徐々に規模が大きくなり、回数を重ねているが、中国の沿岸警備隊「海警」(実際には白く塗って装っている軍艦が多い)や潜水艦、飛行機、情報収集能力搭載する「漁船」などを使って領海、領空の侵犯を繰り返してきた。
既成事実を重ねているだけでなく、防空・防衛などの日本の弱い部分を試している。このままであれば、いずれ尖閣諸島を巡って戦争になりかねない。
戦争を避けたいらなら、宥和政策ではなく、上記のように、しっかりした実効支配を示すべきだ。

これこそ、日本は、尖閣諸島が自国の領土であるとの自信を世界に示すことになり、行政的な抑止力になる。
もし、それでも中国が攻撃した場合、国際社会は日本の味方になる。そうしなければ、「尖閣諸島はやはり日本の領土ではない」と捉え、日本の政治・外交・防衛上の支援をしなくなる。
これは中国の狙いであり、日本を孤立させることだ。外国人である筆者が確信しているが、日本人の「生命と財産」、日本の領土を守る義務がある為政者たちが分かっていないからだろう。早く中国の恐ろしさに気付くべきだ。

中国と深い関係にあるバイデン政権になれば尖閣諸島を巡るもっと恐ろしいシナリオもあるが、それは別の機会で述べたい。

そして、日本が尖閣諸島問題に関して自由に行動できるのは、あと数週間だけだ。来年1月20日の大統領就任式でバイデン政権が誕生すれば、日本の自由度、すなわち主権はなくなる。繰り返すが、日本は主権国家として、自由に行動できるのは、あと数週間だけだ。

さらに、バイデン政権が誕生した場合、日本政府にとってもう1つの重要な問題がある。それは正当性と世論だ。要するに、メディアや裁判が認めるか否かではなく、大統領選の投開票で不正があったことは明らかだ。

少なくとも、筆者をはじめ、多くの米国の有権者はそう思っている。そのため、バイデンは大統領になっても、正当性のあまりない政権になる。政権発足から国内外で正当性が問われ、脆弱な大統領としてスタートするということだ。

だからこそ、バイデンも、トランプ陣営と協力して、公平・公正に結果を検証すべきだったが、非協力的だっただけではなく、「次期大統領事務所(Office of the President-Elect)」を設立し、菅首相をはじめ外国の首脳たちから祝賀を受理し、電話会議を行うなど既成事実を重ねていこうとした。
だが、手続きはまだ終わっていない。少なくとも、相手であるトランプはいわゆる敗北宣言をしていない。現職大統領へのバイデンの軽視姿勢を、国民は簡単に忘れない。
面白いことに、バイデンが勝って、トランプが負けたと思う日本人も少ない。そう思わないにしても、今回の米大統領選が公平・公正に行われたと認識している日本人もあまりいないようだ。
重要なのは、この現状だ。日本人の多くが、バイデン政権の米国に違和感を覚え、離れていくだろう。これは日米関係にとってよくないだけではなく、不信を孕む日米関係を担わざるを得ない菅政権にも打撃を与え始めている。

つまり、こうした健全的な疑問を持つ日本人は、今後、いち早くバイデンに「お祝い」のメッセージを送り、バイデン「次期大統領」とベタベタな関係になろうとした菅首相に強い不信感を抱いている。

新型コロナの対応も相まって、支持率が下落し始めており、安倍前首相でさえ(多くの政策運用上で)「裏切られた」と思っている菅政権との大きな乖離に発展していくだろう。(文中一部敬称略)
非礼極まる菅とバイデン、正当性薄い新政権と歩む日米関係は茨の道
Posted by 余生を憲法改正に! at 12:46 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
櫻井よしこ氏「中国を語る」 [2020年12月23日(Wed)]
令和2年 日本会議発行「息吹」から転用

櫻井よしこ氏「中国を語る」

IMG_20201223_0001.jpg

IMG_20201223_0002.jpg

 新年に向けて「小室」事件は消えて欲しい! [2020年12月22日(Tue)]
◆ 野党の存在こそが「日本の国難です」
それは共産党と立憲党のことですよ国民の皆様・・・!


GoToたたきに御執心、無責任な野党とメディアが導く「経済死」 (ironna.jp)


https://ironna.jp/article/16354?utm_source=coins&utm_medium=push&utm_campaign=COINs


◆ 新年に向けて「小室」事件は消えて欲しい!
破断るのみ!

皇室というのは、多くの人から注目を集め、敬意を受ける『文化財』
とまで形容される国民の象徴?
冗談じゃない・・・一般社会でも通用しませんね!

「小室圭さんとは破談にするしかない」有識者が厳しく断言する理由(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/7806e0794fde93194ffb0cbf135eb607529b0f54


政府は現在、「皇女」という制度

 「もう強制的に破談にする以外ないでしょう。他人様から金銭を受け取っておきながら、『あれはもらったものです』とぬけぬけと言ってしまう。小室という人は、良識ある一般人とは、まったく感覚が違う人間なのです」

「いま皇室関係者のなかでは『もし眞子さまが不幸な事態(離婚)になったら、秋篠宮家に戻ることもできなくなってしまう。眞子さまはそれでもいいのでしょうか』という心配の声が広がっているそうです。皇族のご結婚の前に、離婚を心配する声が出るというのは異例のことです」

◆ 憲法改正全国県議会で議論の促進意見書を国会に提出
未提出は
三重と愛知、岩手、沖縄・・・だけ!   ベスト4  ?

岩手が無い・・・コロナ死亡率で全国一位の先進県はどうしたのか ?・・・

以下、

広島県議会星2で、
「国会の憲法議論の促進と国民的議論の喚起を求める」意見書が、12月議会で、共産党😈以外の全ての会派の賛成多数で可決されました️顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)
 これで「憲法改正促進」の意見書は、全国43都道府県(92%)四つ葉で決議された。

 残念ながら、国民から遊離し、一番遅れているのが「国会」ですね️
手(パー)
 来春の通常国会での「国会議員」の奮起を期待致します️顔1(うれしいカオ)
 これから、全国の市区町村でも明日の日本のために「国会の憲法議論を求める意見書」が推進されます️

日本、すべての悪夢、不幸の淵から抜け出すには憲法改正しかない。
四つ葉四つ葉四つ葉
Posted by 余生を憲法改正に! at 08:15 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
日本最大の国難は国会議員と皇室から生まれた! [2020年12月21日(Mon)]
売国国会議員が政府にいるらしい?
官邸の二階会議室あたりが巣窟かと・・・愚拙は思うがね?

迫る中国資本 
業者とつながる2人の大物議員 外資土地買収問題を追う
2020.12.21

【政界徒然草】迫る中国資本 業者とつながる2人の大物議員 外資土地買収問題を追う - 産経ニュース (sankei.com)

https://special.sankei.com/a/politics/article/20201221/0001.html

記事一部転記

 防衛施設周辺などの安全保障上重要な土地が外国資本に買収されている問題で、政府・与党が法整備へ向けた動きを本格化させている。

22日には有識者会議が提言をまとめる見通しだ。この問題をめぐっては、中国資本関連とみられる事業者が北海道稚内市の自衛隊レーダーサイト近くの土地を買収したとの情報を得て取材を進めたところ、大物政治家2人の名前が浮上した。

自民党は法整備に向け、議員立法提出を過去7年間で3度試みたが、いずれも頓挫した。その理由は、永田町の中にあるのではないかと思われてならない。



◆ さて、国難が皇室から発生してきた!
   眞子さまに届け!
そして覚醒を!

深田萌絵さんしか書けない素晴らしい文章。宮内庁の役人はこれを眞子さまにいますぐ読ませるべきです。佳子様や愛子様にも将来道を誤らないように読んで頂くべきでしょう。
−八幡和郎−

【拡散推奨】
日本人女性の平均年収は三百万円、眞子さまはもちろんその三倍以上。
そして、コロナで女性の自殺が40%以上増加したのは、女性の仕事は結婚前提モデルで低収入に陥りやすす、収入が途絶えたところの生活苦だとなんかられる。
皇族だから特別な立場とはいえ、国民が払ってきた税金で、姫君の名を利用して就職活動や奨学金を得るような人間に貢ぐ姿を見て、正直、結婚で皇族離脱の前に結婚する前に皇族を離脱し、普通の独身女性が税金納めて得られる暮らしを見てもらいたいですね。
一生懸命働いて年収二百万円に満たない地方の女性の生活を知らないでしょう。
眞子さまのお気持ち全文を読みました。
国民の批判は知ってるけど、自分の幸せのために結婚するとして自分の気持ち大事にして国民を踏み躙ったならば、自分が国民から得てきたものは辞退するべきでしょう。
お気持ち発表と同時にやるべきでした。
それをやらないのが、姫君としての傲慢さなのです。
エリザベス一世は、国を守る為に結婚しなかった。自分自身は、偶然皇族に産まれたから関係ないし、女としての幸せ追求して貢ぎたいなら、国民の血税を使わずに自ら働いて貢げばいいでしょう。
先日、取材でお二人の結婚についてコメントを求められ、お相手についての意見を求められたけれど、これは女性としての意識の問題だと思います。
お相手が自分の為に叩かれて「可哀想?」違うでしょ、皆さん「姫君を叱ると『不敬』になるので言えない」だけですよ。だから、結婚反対なら、相手を叩くしか国民には選択肢がないわけです。
お相手がメディアから酷く叩かれているのは姫君が悲劇のヒロイン気分を楽しんで日本を振り回しているのが原因です。
愛する人との結婚を阻まれる悲劇の姫君気分かもしれませんが、家族や周囲を巻き込んで、継承権までもリスクに晒して国民を動揺させ、自分がこの不幸の原因だという自覚がないというのが一番最悪なことでしょうね。
好きな人と結婚するのが女性の幸せ?
それは間違いです。
好きな男に洗脳されて、操られている女性のどこが幸せなんですか。
口に出す人はほとんどいませんが、否定派の多くはそう思っているんじゃないですか。
自分から「貴方が嫌いになりました。もう連絡しないでください」と言えば、彼は本性を表すでしょう。
今までのお付き合いは、ロミジュリごっこに過ぎません。 
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:05 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ