• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント
安倍さんの国葬は心ある日本人でやればいい [2022年09月10日(Sat)]
岸田首相が国会で「国葬」について説明した。

岸田首相は、国葬の費用が全体でおよそ16億6000万円にのぼる見通しであることについて、「過去の様々な行事との比較においても妥当な水準だ」と述べた。

事実を述べると、経済効果や外交効果を考慮すれば、「妥当な水準」どころか、超割安であり、コストパフォーマンス(費用対効果)は圧倒的に良い!

経済効果や外交効果などの国益(メリット)を考慮せずに、費用(コスト)の方だけ取り上げて異議を唱える奴ら(特定野党やマスゴミや普通の漢字が書けない市民団体など)は、かなり頭が悪い!

▼まともな日本人の声▼

・国葬反対より外国人生活保護反対

神戸市会議員・うえはたのりひろ「国葬に16億6000万円。外国人生活保護に神戸市だけで年間59億円… これこそ廃止すべきです!」

・日本国民党(鈴木信行代表)「外国人に生活保護1,200億円って、おかしくない?」

・高須克弥
安倍晋三先生の功績をたたえるには安すぎだと思います。
この程度でもめるなんて国民として悲しいと思います。
もし許されるなら香典として私財を全額寄付したいです。


▼「なぜ国葬を行うのか?」4つの理由▼

(1)首相在任期間が憲政史上最長の8年8カ月。東日本大震災からの復興など大切な時期に長期間にわたって重責を担った。

(2)歴史に残る業績を残したこと。「日本経済6重苦」と言われた厳しい経済状況から日本経済再生に努めた実績。普遍的価値や法の支配に基づく国際秩序をつくり、自由で開かれたインド太平洋など外交で実績を残した。

(3)諸外国からの敬意と弔意があること。国葬には、アメリカのハリス副大統領、インドのモディ首相、オーストラリアのアルバニージー首相、シンガポールのリー首相、ベトナムのフック国家主席、EUのミシェル欧州理事会議長、カナダのトルドー首相、オーストラリアは、ハワード元首相、アボット元首相、ターンブル元首相の参列の意向が示されている。

(4)暴力に屈しない国としての姿勢を示すこと。選挙運動中の非業の死であり、我が国は暴力に屈せず、民主主義を断固として守り抜くという決意を示す。



◆◆◆◆◆ 立憲民主党の辻元清美参院議員、蓮舫参院議員がツイッターに、岸田文雄首相からの案内状の写真をアップしたうえで、「欠席します」と表明 

愚挙! 日本人としての最低限の矜持「村八分」さえ理解できない人物!

国際政治学者の三浦瑠麗氏
「はしたない!」と指摘

 「個人的には、お弔いにも出ないというのは冠婚葬祭からすら関係を切ろうとする『村八分』の論理のように思いますが」
「客観的にはむしろ警備費用は少なすぎるくらいだし、
『在任期間等の具体的基準が示されない』
という論理だけで欠席するのは、あまりに評判を落とす気がします」との考えを示した。

 三浦氏はツイッターで続けて「あと、個々の議員が自分宛の招待状の写真をアップして欠席を表明するのは、はしたなく見えるのでやめた方がいいと思いますよ。余計なお世話ですが。ほんとにそんなことしても票は増えませんよ」と記した。

※ 辻元蓮舫は「票獲得に手段選ばず」・・・統一教会より始末に負えないね

----------------------------------------------

◎◎◎◎◎ 安倍さんの国葬は心ある日本人でやればいい。

バツ1バツ1バツ1バツ1バツ1 そういう中、日本人とは思えない投稿で昭恵夫人を誹謗中傷している輩がいる。

安倍昭恵さんに「国葬辞退して」誹謗中傷!
「恥ずかしい」「正気ですか」
まともな声「諭す声」で救われるが・・・汚い者たちが多すぎる!



高井康行氏

「高井康行「統一教会の意見と同じだから政策がねじ曲がったんだと。自分の政策が正しい前提で、通らないからねじ曲がってると言う理屈自体間違ってる。そもそも不毛の議論。政策が国益に合致してるなら誰の影響を受けた政策でもいい。結果は国民が選挙で判断する」 / Twitter

https://twitter.com/RamenReiwa/status/1568244320972701697?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1568244320972701697%7Ctwgr%5Ebbfa48621438f2deba86334202be1975a72d05ee%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fmoja_gd%2Fe%2F2f6b79df7a5d2a630481c13827d13a42

「統一教会の意見と同じだから政策がねじ曲がったんだと。自分の政策が正しい前提で、通らないからねじ曲がってると言う理屈自体間違ってる。そもそも不毛の議論。政策が国益に合致してるなら誰の影響を受けた政策でもいい。結果は国民が選挙で判断する」


「日本はいつの間に全体国家になったんだ。法律家として言えば合法的な存在、宗教法人格を持って。統一教会の人達は政治から排除しろと。あの人達だって有権者だし基本的人権を持ってる。民主主義国家のやる事か。地方議員も調査しろって思想調査じゃないか。極めて違和感がある」

「一部の政党・勢力・マスコミは被害者を救済して統一教会の実態を明らかにして国家社会の為に寄与しようと思ってるのではなく、上手く利用して反自民・反安倍・反憲法改正をやり遂げようと政治的キャンペーン。このまま続いたら日本は全体主義国家になってしまう」

「日本はいつの間に全体主義国家になったのか。自由主義、民主主義はいったいどうなったんだ。自由主義や民主主義は異端の存在を認めるか認めないかなんですよ。異端の存在を認めないということに自由主義も民主主義も否定される



エリザベス女王陛下の気高さ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022070900189&g=int

天皇陛下宛に

『突然の痛ましい訃報に私と家族は深く悲しんでいる』
『彼の日本への愛情と
英国と更に緊密な絆を築こうと願う彼の気持ちは明白だった』
『困難な時期に当たり
ご遺族と日本の方々に最も深い同情とお悔やみをお伝えしたい』



Posted by 余生を憲法改正に! at 07:21 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ